DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(97)

さて、ヒーローの故郷と思われる「Gotha(ゴータ)」を目指したいと思いますが、
その前にもう少しだけ、ヘルムナプトラについての話を聞きます。

ヘルムナプトラ12

*:「Long ago, one of our ancestors accompanied the legendary hero on his quest.」

*:「昔、私たちの祖先の1人が、伝説の英雄と共に冒険の旅をしたのよ。」


「accompany(同行する)」


*:「When together they restored peace to the world,
he settled here, and Helmunaptra was born.」

*:「世界に平和を取り戻した後、
彼はこの地に腰を据え、そしてこのヘルムナプトラが生まれたのよ。」



上記のセリフは、このヘルムナプトラの成り立ちですね。

「伝説の英雄(the legendary hero)」は、前作「DRAGON QUEST IV」の主人公であり、
彼に同行した仲間たちは、「the Chosen Ones(選ばれし者達)」と言われた7人の男女です。

日本版「ドラゴンクエスト4」では、「勇者」と「導かれし者達」でした。

このヘルムナプトラを建国したのは、「he(彼)」ですから、男性というわけです。
日本版では、「仲間の一人」だったはずなので(うろ覚え)
7人全員の内の誰かだったわけですが、北米版では女性の仲間3人を除いた
男性4人の内の誰か、と性別が確定しています。

これは、英語では、人物の単数形三人称代名詞には男性詞か女性詞を用いて、
性別を明確に区別することが多い、という特性によるものです。

性別が明確でない場合には「he or she」と言うことが多いので、
「建国の祖は男性である」というなんらかの歴史的な根拠があるのでしょう。

ま、これは大して重要ではないし、ゲーム中で具体的に「誰が建国者であるか」ということは明かされません。
ただ、北米版では日本版よりも人数が絞られているので、
妄想をより具体的にしやすい
というだけです(笑)

前作未プレイだと全く関係のない話なわけですが^^;
いずれこのブログで北米版DQIVのプレイ日記を書くかもしれません。

とにもかくにも、「the legendary hero(伝説の英雄)」の仲間の一人が、
「Zenithian Helm(ゼニシアン・ヘルム)」を英雄から譲り受けるか何かして、
この場所に国を築き、「Helmunaptra(ヘルムナプトラ)」という名前を付けたのでしょう。

言うまでもないとは思いますが、「Helmunaptra」には「Helm(兜)」が冠されていますね。



脱線が長くなってしまいました。

さっそくゴータを目指して出発します。

Bianca
「I want to go to Gotha. We can go, right, Hero?
I feel like I might find somethin' new out about you if we go there, see.」

ビアンカ
「ゴータに(早く)行きたいわ。行くんだよね、ヒーロー?
ゴータに行けば、あなたについての何か新しい事実が、きっと見つかる気がするの。」


というわけで船を東の大陸に向けて進めます。

大陸の南側に、なにやら小さな小屋のようなものがあります。

ゴータへ

中に入ってみると、何故かバニーガールがいます^^;

宿屋1

*:「Hey, man. Peace, and welcome to the Knot Welcome Inne!
We've got some kinda offer-type thing goin' on right now.」

*:「あら、旅人ね。あなたに平和を、そしてようこそノット・ウェルカム・インへ!
ただ今いろんなタイプのサービス実施中よ。」


「peace」=挨拶
「kinda」=「kind of(一種の)」の口語表現。
「offer-type(提供型の)」
「going on(続けている)」
「right now(今現在、ただ今)」



「the Knot Welcome Inne」はこの場所の固有名詞ですが、
直訳すると「縁を結ぶことを歓迎する宿」というような意味で、
「Inne」はおそらく「inn(宿)」のことでしょう。


Bianca
「It's a bit of an odd place.
I don't think I've bin to an inn where a bunny girl greets you before!」

ビアンカ
「なんだかちょっぴりヘンな所ね。
バニー・ガールが出迎える宿屋があるなんて知らなかったわ!」


「odd(奇妙な)」
「greet(出迎える、挨拶する)」



確かに…^^;

これも一種のサービス(some kind of offer-type thing)なのでしょう、男性客向けの(笑)


宿屋2
宿屋3

写真ではわかりづらいかもしれませんが、この宿屋は大きな木の幹に建てられています。
いわゆるツリーハウスというもので、結構趣のある建物です。



この宿屋は、日本版では「ネッドの宿屋」という名前でした。
北米版では「Knot(ノット)の宿屋」です。

日本版の「ネッド」は人名(宿屋の主の名前)ですが、
実は北米版「Knot」も同様に人名です。

ただし先にも書いたように「knot」は「縁、絆、結び目」という意味もあります。
「宿泊客との絆(knot)を歓迎し、大事にするノット(Knot)さんの宿屋」ということでしょう(笑)
ネーミングが凝っていますね(笑)



さて、せっかくなので宿屋に入り、まずは宿泊客に話しかけてみます。

宿屋4

*:「Peace. If you head on over north from here, I guess you'll come to Gotha eventually.」

*:「あなたに平和を。もしここから北のほうに向かえば、ゴータに行くことが出来ますよ。」


「eventually(最終的には)」


*「You have to climb over some pretty high mountains on the way, though. Tough work, huh?
If you're thinkin' of doin' it, you should try to take a rest here first. Just chill, man!」

*:「しかしながら、かなり高い山々を登らないといけませんがね。結構つらいですよ?
それでも行くと言うなら、まずはここで休んでいかれたら良いでしょう。まずは落ち着くことですよ!」


「climb(クライム)」=「登る」
「chill(冷やす、冷ます)」
「Just chill!(落ち着いて!)」


ここから更に北にある山を登った先が、目的地ゴータのようです。
まあ夜も遅いので、お勧めに従い、今日はここに一泊することにします。




では次回、ゴータへ向かうために登山開始です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: