DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(109)

前回の続きから。

ヒーローの戴冠式が終了し、画面が暗転します。

ゴータ52

「The coronation celebrations continue long into the night.」

「戴冠式の祝賀会は夜まで長らく続いた。」

「Everyone joins in the fun, with singing and dancing and merriment.」

「皆が皆、陽気に歌い、踊り、その歓楽に酔いしれた。」


「merriment(陽気に騒ぐ、楽しさ、嬉しさ)」


「But then...」

「だがしかし…」



ゴータ53


突如城の1階で、ヒーローは目覚めます。

宴の後なのでしょう、城内は薄暗く、人々はそのまま床で眠りについています。
BGMは、非常に静かですが、どことなく不安に駆られるようなものになっています。

2階、3階と上がってみても、起きている人はいません。
ビアンカと子供たちがいる城の寝室まで上がっていきます。


ゴータ54

なんと、ベッドは空で、居る筈の妻も子供たちの姿も見当たりません。
しかし……



ゴータ55

*:「Oh, Your Highness!
I-I'm so sorry!」

*:「ああ、殿下!
ま、誠に申し訳ありません!」

*:「Her Highness, Lady Bianca...
She's been kidnapped by monsters!」

*:「妃殿下が、ビアンカ様が…
モンスターに攫われてしまいました!」

*:「I did everything I could! I took the twins and hid under the bed, but I couldn't save...
I'm sorry, Your Highness! Please forgive me!」

*:「出来る限りのことはしたのです!双子のご子息ご息女と共にベッドの下に隠れたのですが、
ビアンカ様まではお守りすることが出来ませんでした…
申し訳ありません、殿下!どうかお許しを!」



彼女を責めることは出来ないでしょう。戦う術を持たない侍女ですからね。
双子を守っただけでも大したものです。

しかし、とんでもないことになってしまいました…



しばらくすると、目を覚ましたサンチョが階下から駆けつけてきます。



ゴータ56

Sancho
「Friend! No, I mean, señor Majesty...」

サンチョ
「坊ちゃん!いえ、陛下…」

Sancho
「Thees estrange esilence een the castle was making me worry,
so I went to esee what ees the matter. 」

サンチョ
「城の中がやけに静かなので、不安に駆られて、
何か問題でも起こったのではないかと来てみたのです。」

Sancho
「Wait. Where ees your wife, friend?
Was eshe...?」

サンチョ
「待ってください。奥様はどうなさいました、坊ちゃん?
彼女はいずこへ…?」



Sancho
「Ees the esame like eet happened twenty years ago.」

サンチョ
「まるで二十年前と同じだ…。」

Sancho
「No! Sancho, he no gonna let the esame theeng happen!
Wake up everyone who ees esleeping een the castle!」

サンチョ
「いや!このサンチョが、同じようにはさせませんぞ!
眠りに落ちている皆を起こしましょう!」

Sancho
「We gonna esave your wife, friend!
We gonna rescue Bianca.」

サンチョ
「我々で奥様を助けるのです、坊ちゃん!
ビアンカちゃんを救い出しましょう!」






…そして夜が明けます。

2階の会議室に集ったメンバーが、今後について話し合いをします。


ゴータ57

Prince Albert
「You mean to say that monsters stole into the castle while everyone was fast akip?」

アルバート公
「つまり、皆が早々に眠ってしまったその間に、モンスターたちが盗みを働いた、と言うのだな?」


「akip」=「sleep(眠る)」の代わりに使われることがある。常用外。


*:「That's right. But Her Highness, Lady Bianca sensed something was wrong straight away.
I took the children and hid, but...」

*(侍女):「そうです。でも妃殿下は、ビアンカ様はすぐに何か悪い予感を感じられていました。
私は子供たちと身を隠したのですが…」


「straight away(すぐに)」


Soldier
「Still, it's strange that no one woke up.
The monsters must have made quite a commotion.」

兵士1
「だとしても、誰も起きなかったというのは奇妙ですな。
モンスター達が城に襲来したなら、騒ぎになってもおかしくなさそうですが。」


「commotion(騒ぎ、動乱)」


Soldier
「It's almost as if somebody put sleeping potion in the drinks
everyone was having at the coronation celebrations.」

兵士2
「誰かが、戴冠式の祝賀会での皆の飲み物に、眠り薬を忍ばせたのではありますまいか。」



Prince Albert
「Hmm... Now where the devil has Jeeves trundled off to at a time like this, eh?
Have any of you seen him?」

アルバート公
「ふーむ…ところで、こんなときにジーブスのヤツはどこをほっつき歩いているのだ?
誰か見たものはおらぬか?」


「trundle(ゴロゴロ転がす)」


Soldiers
「...」

兵士たち
「…」

Prince Albert
「Well. How's a fellow supposed to get on without his chancellor?」

アルバート公
「そうか。大臣無しで、どうしたものかのう?」

Prince Albert
「I'm terribly sorry, Hero, old boy.
I know how desperately worried you must be.」

アルバート公
「誠に申し訳ないな、ヒーローよ。
そなたはとてつもなく心配していることだろうな。」


「desperately(必死に、遮二無二)」


Prince Albert
「We can't afford to waste any time.
We must initiate a search for Her Majesty The Queen at once!
Let's go, men!」

アルバート公
「事態は一刻を争う。
我々は直ちに王妃殿下の捜索を開始しなければならん!
行くぞ、皆の者!」


「afford(与える、もたらす)」
「waste(無駄な)」
「initiate(開始する)」
「at once(直ちに、すぐに)」





アルバート公の掛け声を合図に、兵士たちは退室していきます。


Prince Albert
「Of all the rotten luck! You just become King of Gotha,
and some ghastly business like this comes along and spoils the show!」

アルバート公
「まったく、非道いことになってしまった!そなたがゴータ国王になったばかりだというのに、
このような凄絶な出来事がもたらされて、お披露目も台無しにされてしまうとは!」


「rotten(腐った、とても嫌な、不愉快な)」
「ghastly(凄絶な、嫌な、恐ろしい)」
「spoil(台無しにする、だめにする、興をそぐ)」


Prince Albert
「Well, this puts me in a bit of a rum predicament.
I'm not entirely sure what I should do.」

アルバート公
「うーむ、しかしこれは少々難しい局面だな。
私は何をすれば良いのか、皆目見当がつかんよ。」


「rum(おかしな、難しい、危険な)」英国口語表現。
「predicament(苦境、窮地)」
「entirely(完全に、一切)」


Sancho
「Your wife, señora Bianca, I know eshe gonna be found. Of thees, I am esure.」

サンチョ
「奥様は、セニョーラ・ビアンカ様は、きっと見つかりますよ。私が保証いたします。」




…アルバート公は、本当に今まで大臣に頼りきりでやってきたようで、
ここでもリーダーシップを上手いこと発揮できないでいるようです。

兵士たちは探しに出かけ、サンチョも気休めを言っていますが、
現状ではビアンカの行方に関しては全くもって手がかりがなく、どこをどう探せばよいかもわかっていません。

それでも、愛する妻を攫われたままにしておけません。



何故モンスターはこんなにも簡単に城に潜入してビアンカを攫えたのか?
「戴冠式の準備を行う」と言ってどこかへ行ったきり、行方がわからないジーブス大臣はどこへ行ったのか?

この辺りがこの事件の鍵を握っています。

では次回、まずはゴータ城内で情報収集をしたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: