DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(11)

もう無理です(笑)
開き直って、だらだら行きます(笑)

ブログ名通りです^^;


前回、村人たちからセレブレーションを受けましたが、この人もいます。

ウィールブルック5

Sancho
「Señor! You have returned!
Ees eso good to esee you!
I have been waiting for you weeth
bated breath.
Come! Come eenside, señor.」

サンチョ
「セニョール!おかえりなさいませ!
また会えて良かった!
(今か今かと)固唾を呑んでお待ちしていました!
さあ中へ!どうぞ中へお入りください、セニョール。」

相も変わらず、スペイン訛りですね(笑)
以前説明した、「i」を「ee」で表記していることに注意してください。
加えて、英語では本来必要の無い「e」が「s」の前についています。
(英語での「so」が「eso」になっている、など。)
スペイン語は正直よくわからないので^^;、
この「s」の前の「e」は発音するのかしないのかも不明ですが、
法則がわかれば、基本英語なので、読むことは可能です。


写真上の家は、パンクラス、ヒーロー、サンチョの家です。
この台詞の後、パンクラス親子は2年ぶりに我が家に入ります。

1階のテーブルに着くと、2階から金髪の女の子が降りてきます。

我が家1

*:「Welcome home, Mr Pankraz!」

*:「おかえりなさい、パンクラスさん!」


でも、パンクラスには、彼女に覚えが無いようです。

「誰かね?」と言う台詞の後、「あたしの娘だよ!」との台詞と共に、
おばちゃんが降りてきます。

パンクラスはおばちゃんのことは覚えていたようです。

おばちゃんの名前(苗字)は「Mrs Whitaker(ウィテイカー婦人)」。
「Mr Whitey Whitaker(ホワイティ ウィテイカー氏)」の妻であり、
この村の近くの、「Roundbeck(ラウンドベック)」と言う町から、
夫のための薬を取りに来たんだとか。
え?誰?


日本版に出てくる彼女は、「ダンカンのおかみさん(だったと思います^^;)」。
そう、「Mrs Duncan」なんですが、
何故か北米版では「ウィテイカー」になっています。
(夫は日本版では、ただ「ダンカン」と言う名前で、それが苗字かファーストネームかはわからない)


なぜ改名されたのか?
これは本当にわかりません^^;

「Whitaker」も「Duncan」も英語圏の苗字として、どちらも違和感はないようですので、
あえて改名する必要あったのか?
この辺は、ネイティブでないとわからない感覚があるのかもしれませんし、
ただなんとなく変えたのかもしれません。


ゲームに戻りましょう。

金髪の少女が、ヒーローを2階に連れて行き、
「Bianca(ビアンカ)」と名乗ります。

日本版での彼女の名前も「ビアンカ」。

娘は改名されてないのかよ。

まあ、彼女は重要人物なので、あえてそのままなのかもしれませんが、
彼女の名前についての詳細は時が来たら触れます(笑)。


彼女とヒーロー君は、面識があるようで、ビアンカちゃんはヒーロー君を覚えていたようです。

彼女は8歳で、ヒーロー君より2歳年上とのこと。
つまり、ヒーロー君は6歳ということが、判明しましたが、
この情報はストーリー上、大して意味はありません(笑)。

おねえさんのビアンカちゃんは、ヒーロー君にご本を読んであげようとしますが、
難しすぎたようで、ほとんど読めませんでした。

そんなことをしている間に、ウィテイカー婦人に呼ばれ、
ビアンカちゃんと婦人は村の宿屋に帰っていきました。

1階に降りて、パンクラスに話しかけると、
「しばらく出かけるから、いい子にしてなさい。」と言われ、
パンクラスはどっかに行きます。

ここで、ヒーロー君はようやく村をほっつき歩けるようになります(笑)。


次回、またもや、ゲーム進行と関係ない話で終わる予定です^^;
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: