DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(119)

前回マダの故郷ロフティ・ピークの場所を聞き、次の目的地が決まりました。

しかし今回は、ゴータで準備を整えます。


まずは新たに使用可能になったこちらを訪れます。

ゴータ準備1

Patty
「Welcome to Patty's Party Planning Place!」

パティ
「パティズ・パーティ・プランニング・プレイスへようこそ!」

Patty
「If you want to pick up new member for your party, this is the place to be!
Same goes if you want to ditch a party member, for that matter.」

パティ
「新メンバーをあなたのパーティに加えたいなら、ここで出来るわ!
同じように、何らかの理由で今いるパーティ・メンバーとお別れすることも出来るわよ。」


「ditch(捨てる、溝を作る)」


ゴータ準備2

Patty
「So, how can I help you today?」

パティ
「それで、今日はどんなご用?」



前回書いたとおり、ここでは人間の仲間を加えたり預けたりすることが出来ます。
ただし、主人公であるヒーローはパーティから外すことは出来ません。

日本版では「ルイーダの酒場」という名前でしたが、北米版の名前は
「Patty's Party Planning Place(パティの、仲間たち計画所)」
無理やり日本語訳するとしたらこんな感じです(笑)
略して「PPPP」ですね(笑)

選択肢の中身は、上から順に
「Add party members(パーティメンバーに加える)」
「Leave party members(パーティメンバーから外す)」
「Who's up for a party(誰をパーティに加えるか)」
「Leave(離れる)」
です。

3番目を選択すると、現在パーティから外れている人物の詳細を見ることが出来ます。



1番目の選択肢を選択してみると…

Patty
「So, who do you want to take along with you?」

パティ
「それじゃあ、誰を連れて行きたいの?」


と言われ、候補者の画面になります。

ゴータ準備3

この段階では、新たに仲間に出来る人物は「Sancho(サンチョ)」しかいません。

せっかくなので、サンチョを仲間にします。
彼の職業は「Servant」。「使用人、従者」という意味です。



余談ですが、私は今までサンチョをパーティに加えたことがありません(笑)
今回サンチョと初めて一緒に冒険します(笑)

そして、ここからは、よっぽどのことがない限り人間4人パーティで進めていきます。
理由は、単純に仲間たちと会話をしたいからです。
一応仲間モンスターとも会話は出来るのですが、
はっきりいって会話と言えるレベルの内容を話せるモンスターはいません^^;
ですので、しばらくの間は「ヒーロー、パリー、サンチョ、マドチェン」のパーティでいきたいと思います。



というわけで、サンチョを選択すると…

ゴータ準備4

Patty
「You want Sancho to join you? No problemo!」

パティ
「サンチョさんを仲間に加えたいの?ノー・プロブレーモ!」


「problemo」は、一見スペイン語に見えますが、これは「ニセスペイン語」と呼ばれるもので、
英単語をスペイン語風に発音した造語です。
英語圏の人が、スペイン訛りを真似して使う「なんちゃってスペイン語」らしいですが、
スペイン語では正しくは「problema(プロブレーマ)」です。

日本人が考えた「英単語っぽいけど英語じゃない」所謂「和製英語」というのがありますが、
こちらはいわば「米製スペイン語」とでもいったようなものでしょうか(笑)




Patty
「Sancho! Hero's here to see you.」

パティ
「サンチョさん!ヒーローさんがあなたに会いに来てるわよ。」

「Sancho joins the party.」

「サンチョがパーティに加わった。」

ゴータ準備5

Sancho
「Gracias, friend. Ees eso good to be travelling together again.
Olé! Let's go!」

サンチョ
「グラシアス、坊ちゃん。また一緒に旅が出来るなんて、とても嬉しいですよ。
オレ!さあ行きましょう!」



というわけで、サンチョがパーティに加わります。

Sancho
「Eh, friend! Are you ready to leave yet? You no forget the medicinal herbs and chimaera wings, no?
You know, ees always a good idea to check your baggages one more time before you go.」

サンチョ
「あ、坊ちゃん!もう出発する準備は出来ましたか?メディシナル・ハーブとカミラ・ウィングは忘れてないですか?
出かける前にもう一回カバンをチェックするのは、どんな時でも重要なんですよ。」



「medicinal herb」は「薬草」、「chimaera wing」は「キメラの翼」のことですね。
まるで出かける前の子供に、お母さんが「ハンカチ持った?忘れ物ない?」と言っているようです(笑)



では、他のめぼしい人物と会話をしてみます。

ゴータ準備6

*:「Now that the Chancellor's gone and you've become King of Gotha,
His Majesty Prince Albert and his family occupy these chambers.」

*:「今では、大臣は不在となり、あなた様はゴータの国王となられました、
アルバート陛下とそのご家族が、彼らの居室として(こちらの部屋を)使用なされています。」


「occupy(占有する)」
「chamber(居室、部屋)」


Parry
「Chancellor Jeeves was a bad man, wasn't he?
...No way! He was killed!? That's a bit unlucky.」

パリー
「ジーブス大臣って悪い人だったんでしょ?
…えっ、そんな!殺されちゃったの!?それはちょっとかわいそうだね。」


Madchen
「I thought this was Uncle Bertie's room from ages ago.」

マドチェン
「私、このお部屋はずっとバーティ叔父様のお部屋なんだと思ってたわ。」




ゴータ準備7

Gertrude
「Father's been so busy looking for you,
he hasn't had any time at all for me, or anything else for that matter.」

ガートルード
「お父様はあなたを探すのにとても急がしそうで、
私のことや、その他のどんなことにも時間を割いている余裕はなかったみたい。」

Gertrude
「At least it meant he wasn't nagging at me all the time, though.」

ガートルード
「まあ少なくとも、そのおかげで私は口うるさく言われずに済んでたってことだけどね。」


「nag(うるさくせがむ、口うるさく言う)」


Parry
「I didn't used to hang out much here, but Madchen would come and play here quite often.」

パリー
「僕はあんまりここに入り浸ったりしたことはなかったけど、
マドチェンはちょくちょくここに来て遊んでたみたいだよ。」


「hang out(入り浸る)」


Madchen
「I often used to get Cousin Gertie to tell me what it was like before she became a princess.
We had lots of fun chatting!」

マドチェン
「私は度々従姉妹のガーティおねえ様とお話をしに来ていたわ、
彼女がお姫様だった時のこととかを聞いたりしていたの。
楽しいおしゃべりをたくさんしたわ!」


「Cousin(カズン)」=「従姉妹」。正確にはマドチェンとガートルードは「従姉妹姪、従姉妹叔母」にあたる。
「Gertie(ガーティ)」=「Gertrude(ガートルード)」の愛称。


Sancho
「The truth ees, señorita Gertrude, eshe makes eso much trouble for señor Albert.
Ees good for heem eef we finish our quest esoon.
Then he can have the siesta, sí?」

サンチョ
「本当のことを言いますと、セニョリータ・ガートルードは、
セニョール・アルバートとあまり上手くいっていないのです。
私たちの使命を早いとこ終わらせてしまえば、彼にとってもとても良いことのはず。
そうなれば、彼は安息の日をすごすことが出来るようになるでしょう、シ?」


「siesta(安息、休息、昼寝)」




…以前からガートルードは、王族になってしまった自身の境遇を嘆いていました。
そのこともあって、父アルバート公と反発しあっていたのでしょう。
アルバート公がヒーロー探しに躍起になっていたので、
ガートルードとのことはおざなりになってしまっていたようですが、
彼女にとってはかえってその方が良かったみたいですね。

それに、マドチェンが彼女の良い話し相手になっていたみたいです。
サンチョの言うとおり、世界に平和が訪れれば、
アルバート公にとっても、ガートルードにとっても、良い状況になるのだろうと思います。



ゴータ1階の城下町の宿屋には、一人の兵士がいます。

ゴータ準備8

*:「Hello. I'm Tuppence.
It had been my dream to be a castle guard since I was a little boy, you know.」

*:「こんにちは。私はタッペンスと申します。
私は幼少期より、城の衛兵になることが夢だったんですよ。」

Tuppence
「Now it's my dream to accompany the King of Gotha on a mission somewhere!
You know, to see a bit of swashbuckling action and all that!」

タッペンス
「今では、私の夢は、ゴータ国王陛下と共に使命を完遂するためどこまでも陛下のお供をすること、になりました!
私の向こう見ずな武勇をお見せすることが出来るでしょう!」


「swashbuckling(向こう見ずな、空威張り、大げさで大胆な)」




彼は「Tuppence(タッペンス)」という名前の兵士です。8年前、彼は宿屋の小さな少年でした。
その頃から「お城の兵士になりたい!」と言っていましたが、無事念願かなって兵士になれたようです。
彼と話をすると「PPPP」に登録され、仲間に加えることが出来るようになります。
しかし、「swashbuckling action」と彼が言うとおり(笑)
初期レベルは1と、かなり弱いので、
彼をパーティに加えることはありません(笑)

日本版での彼の名前は「ピピン」でした。
「タッペンス」とカタカナで書くとなんだかちょっとかっこいいですが、
「tuppence」とはイギリス英語の口語表現で「2ペンス(two pence)」という意味です。
はっきり言って小銭です(笑)
名前からして、製作者にもナメられてますね^^;




Parry
「Tuppence is one of the guards who's always patrolling the castle.
I remember his name because it sounds a bit funny!」

パリー
「タッペンスはお城の兵士の一人で、よくお城を見回りしているよ。
ちょっとおかしな名前だから、僕は彼の名前を覚えているんだ!」

Sancho
「Thees Tuppence, he no eseem like a bad señor, no?
Why don't you ask heem to accompany you?」

サンチョ
「このタッペンスは、悪いセニョールには見えませんよ?
彼に、仲間に加わるよう要請したらいかがですか?」



いや、いいです。



というわけで、そろそろ出発をします。
ゴータ城で武器や防具などの装備を整えたら、いよいよ次回、マダの故郷へ向けて旅立ちます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: