広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(23)

前回の続きです。


マヤから「ミアとの通話記録が携帯に残っている」という情報を聞きだした後から再開です。




2マヤ面会1-24




例によって、下画面の選択肢ですが、「The day of the crime」は一度選択して聞き終わった話題です。
前回の時点でこのように聞き終わったことを示すチェックマークもついていました。
しかし、会話を進めていくと、さらに突っ込んだ情報が聞けるようになって、
選択済みの話題のチェックマークが外れることがあります。


新情報を聞くため再度「The day of the crime」を選択します。




2マヤ面会1-37


Phoenix

「Could you tell me about the day of the murder?」


フェニックス

「殺人のあった日のことについて教えてくれないか?」


Phoenix

「Sorry... I know it must be hard.」


フェニックス

「ごめんね…つらいとは思うけど。」


Maya

「No, it's okay.」


マヤ

「いいえ、大丈夫です。」


Maya

「All I've been doing the last few hours talking about it.」


マヤ

「ここのところ、そのことについて話してばかりですから。」




「the last(最近の)」


「the last few hours(最近の数時間)」=ここでは、直近で受けた取り調べでのことを言っている。




Maya

「I've kind of gotten used to it...」


マヤ

「もう慣れちゃいました…」




ここから先は前回選択したときの会話とほぼ同様の内容です。
「電話で、姉(ミア)からシンカーを証拠品として預かってくれるよう頼まれた。」という内容です。


そのあとの会話から記載します。




2マヤ面会1-26


Phoenix

「So then, when did you arrive at the office?」


フェニックス

「それで、何時頃事務所に着いたの?」


Maya

「It was right around 9:00.」


マヤ

「確か、午後9時頃だったと思います。」



2マヤ面会1-27


Maya

「The lights were off and...
I could smell blood.」


マヤ

「電気が消えていて…
血の匂いがしました。」



2マヤ面会1-28


Maya

「Th-then I found her.
My sister...」


マヤ

「そ、そして、見つけたんです。
姉を…」



2マヤ面会1-29


Phoenix

「Thanks, Maya.」


フェニックス

「ありがとう、マヤ。」


Phoenix

「That's all I need to hear for now.」


フェニックス

「今はそれだけで充分だよ。」



2マヤ面会1-30




それでは最後に、前回私が長々と語る要因になった(笑)
「Spirit mediums(霊媒師について)」を聞いてみます。




2マヤ面会1-25


Phoenix

「So you're an acolyte.
A, er, medium-in-training.」


フェニックス

「それで、君は侍者なんだっけか。
れ、あー、霊媒師なんだよね、修行中の。」


Maya

「That's right.」


マヤ

「そうです。」


Maya

「The Fey family, especially the women,
have always been very sensitive to the spirit world.」


マヤ

「フェイ一族の、特に女性は、
そのほとんどが霊界に対して非常に強い感受性を持っているんです。」




「sensitive(敏感)」


「the spirit world(霊魂の世界)」




Phoenix

「Wait a second, you said the ”Fey Family”?」


フェニックス

「ちょっと待った、”フェイ・ファミリー”だって?」


Phoenix

「So, Mia was into this stuff too?」


フェニックス

「それじゃ、ミアさんもその一員だったってこと?」


Maya

「Of course!」


マヤ

「もちろん!」


Maya

「She left the mountain to ”follow her career,” she said.」


マヤ

「御山から出て行くのも”キャリアを積むため”だって、姉は言っていました。」




「follow(従事する)」


「career(経歴)」




Maya

「Her powers were first-class, too!」


マヤ

「それに、姉の力は超一流だったんですよ!」




「too(そのうえ、しかも)」=文尾に用いられた場合。




上記セリフを見るに、「キャリア(経験、経歴)を積む」と言って去ったミアの言葉を
マヤは「霊媒の修行のため、霊媒のキャリアを積む」と解釈していた、という風に取れます。

実際には霊媒とは無関係と思われる「弁護士」になっていたので、
ミアは「霊媒のキャリア」ではなく「弁護士としてのキャリア」のことを言っていた、
あるいは「霊媒一家のフェイファミリー」から抜け出すための「嘘」だったのかもしれません。




Phoenix

(I... I had no idea.)


フェニックス

(ま…全く知らなかった。)


Phoenix

「Wait...!」


フェニックス

「ちょっと待って…!」


Maya

「What?」


マヤ

「なんですか?」


Phoenix

「So, you're a real, honest-to-goodness spirit medium?
With E.S.P. and all that?」


フェニックス

「それじゃあ、君は本物の、ほんとにほんとの霊媒師なのか?
超能力みたいなものを持った、本物の?」




「honest-to-goodness」=口語的に「特に強調」を表す。




Maya

「Yes.
...In training.」


マヤ

「そうです。
…修行中ですけど。」




「E.S.P.」とは、超感覚的知覚(ちょうかんかくてきちかく)のことで、
五感や論理的な類推などの通常でありきたりの手段を用いずに、外界に関する情報を得る能力。
ExtraSensory Perception」の省略形。
まれに「感覚外知覚」とも。
超能力の一種とされる。日本以外では一般にPSI(サイ)という概念に含めて把握されている。

~Wikipediaより~




日本では一般的には「超能力」という言葉でまとめられていますね。
上記の通り、「常人には知覚できないものを知覚することが出来る能力」のことで、「霊視」や「透視」などのことです。


上記セリフ内で「E.S.P.(超能力)」か、と聞いたフェニックスに対して、マヤ自身が肯定していますので、
なんとなくマヤの「宗教色」は薄らいでいる印象ですね。
あくまで個人の「特殊能力」「特殊技能」「超能力」というニュアンスで捉えているようです。




Phoenix

「Well, can't you contact Mia's spirit, then?」


フェニックス

「それじゃ、ミアさんの魂とコンタクトは取れないのかな?」


Phoenix

「We can just ask her who killed her!」


フェニックス

「誰が彼女を殺したのか、彼女自身に確かめることが出来るじゃないか!」



2マヤ面会1-38


2マヤ面会1-39


Maya

「I-I'm sorry...」


マヤ

「ご、ごめんなさい…」



2マヤ面会1-40


Maya

「I'm still in training.」


マヤ

「私、まだ修行中の身なので。」


Maya

「I couldn't do something on that level...」


マヤ

「そんなこと出来るレベルじゃないです…」


Phoenix

(Hmm... I thought that would be too easy.)


フェニックス

(うーむ…ちょっと安易に考えすぎたみたいだな。)



2マヤ面会1-31


Maya

「Um...!」


マヤ

「ん…!」


Phoenix

「Huh? Something the matter?」


フェニックス

「ん?どうかした?」


Maya

「Um... I was wondering, could I ask you a favor?」


マヤ

「んと…お願いをしてもいいですか?」




「a favor(お願い、親切な行為)」




Phoenix

「...?」


フェニックス

「…?」



2マヤ面会1-32


Maya

「This is the address of a famous lawyer.」


マヤ

「これ、有名な弁護士さんの住所です。」


Maya

「My sister gave me this a long time ago.」


マヤ

「ずっと前に、姉が私にこれをくれたんです。」


Maya

「She said if I was ever in trouble, I should call him.」


マヤ

「もし私がトラブルに見舞われたら、彼を訪ねるようにって。」


Maya

「And, well, I'm in trouble.」


マヤ

「それで、私、今がそうだから。」


Maya

「Do you think you could go ask him to represent me?」


マヤ

「私の代理人になってくれるよう、頼んでもらえませんか?」




「represent(代理する)」法律用語。




Phoenix

「Sure, why not? I'll go ask.」


フェニックス

「もちろん、かまわないよ?僕が頼んできてあげる。」



2マヤ面会1-33


Maya

「Thank you so much!」


マヤ

「ありがとうございます!」


Maya

「I have no one else to turn to...」


マヤ

「私には、頼りに出来る人なんて、他にはいないから…」




「turn to ~(~に頼る)」




2マヤ面会1-34


Phoenix

「Say, what about your parents?」


フェニックス

「えっ、君、ご両親は?」


Maya

「...」


マヤ

「…」


Phoenix

「I... I see.
Don't worry, leave it to me.」


フェニックス

「わ…わかった。
心配しないで、これはちゃんと届けておくよ。」



2マヤ面会1-35


Maya

「Thank you!
The trial's tomorrow...
at 10:00.」


マヤ

「ありがとうございます!
私の審理は明日の…
10時からなので。」


Phoenix

「W-what!? Tomorrow!?」


フェニックス

「な、なんだって!?明日!?」


Maya

「Tomorrow.」


マヤ

「明日です。」


Phoenix

「What if this guy refuses!?」


フェニックス

「もしその人に断られたらどうするの!?」



2マヤ面会1-36


Maya

「They told me that if I don't find one,
the state will pick an attorney to defend me.」


マヤ

「警察の人は、もし私が弁護士を見つけられないなら、
国が弁護士を選んでくれるって言ってました。」




「state(国、国家)」=政府としての国家組織のこと。




Phoenix

「When will that happen?」


フェニックス

「それはいつまでの話?」


Maya

「They're giving me until 4:00 this afternoon.」


マヤ

「今日の午後4時までは、猶予をくれました。」


Phoenix

(And visiting hours are almost up... I'd better hurry!)


フェニックス

(それに、面会時間ももうほとんど終わりだな…急がなきゃ!)




「visiting hours(面会時間)」




Phoenix

「Right, I'll be back!」


フェニックス

「わかった、また戻ってくるよ!」




以上でマヤとの面会は終わりです。


フェニックスが次にやるべきことは2つ。
ガムシュー刑事にマヤの携帯について聞くことと、
マヤの弁護士をしてくれるよう「有名な弁護士」に頼みに行くことです。



それでは次回、留置所を後にして、その2つを行うために移動します。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告