DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(14)

さて、そろそろいい加減に少しでもゲームを進行させます^^;


前回せっかく教会に来たので、とりあえずセーブをしておきます。

RPGの基本、その辺の人に聞き込み(笑)を行います。

教会すぐ下にいる女性が、この村の名前は「Whealbrook(ウィールブルック)」で、
西には「Roundbeck(ラウンドベック)」という町がある、と教えてくれます。
ラウンドベックは、ビアンカたちが来た町ですね。
この村がウィールブルックである、というのは、
紹介はしてませんでしたが、言及している台詞はこれ以前にも登場していました。

ちなみに、日本版では、「Whealbrook(ウィールブルック)」は「サンタローズ」、
「Roundbeck(ラウンドベック)」は「アルカパ」と言う名前でした。

またまた改名されていますね^^;

言い訳しますと、実は地名に関しては、ほとんど全て名前が違います。
ですので、いちいち触れていくと更に全然進めなくなる上、
その変更理由もいまいちよくわかりませんから、
紹介だけして、詳細はスルーします^^;
北米版の地名を訳してみると面白いかもしれませんが、
興味のある方はやってみてください。

ココでの表記は例によって北米版準拠になります。


さすが最初の村だけあって、村の人たちも、
「武器、防具は装備しないと意味がない。」とか、
「教会ではセーブしてくれるよ。」とかの、
システム的な説明(笑)をしてくれたりします。
焚き火にあたっている若者は、
「なんでこんなに寒いのか知らないけど、夏はまだまだ来ないだろうね。」と震えています。

宿屋の2階にはウィテイカー親子がいて(ビアンカちゃんとお母さんです^^;)、
ウィテイカー夫人によると、「薬を頼んだ人が戻ってこない。彼の安否をパンクラスに確認してほしいけど、
忙しそうだし、誰か行ってくれる人はいないかねえ。」と言っています。
道具屋の青年も、「薬を洞窟に探しに行ったきり、親父が戻ってこない。無事ならいいんだが。」と言います。

どうやら6歳の子供が行くしかないようです(笑)

武器屋はありますが、大したものは売ってないし(笑)お金もそんなにないし、
なにより、すぐ後でお金が必要になるので、何も買わずに洞窟へ行きます。

洞窟入り口に行く途中にある家の前にはおじいさんが居り、
家を通り抜けて洞窟に行けそうですが、
おじいさんは「ぼうやはいい子じゃな?ならば、お父さんの邪魔しちゃいけないよ。」と意味深なことを言って
通してくれません。

仕方ないので、もう一方の入り口から中に入ります。


洞窟内は敵が出ます。
こちらも弱いですが、敵も弱いので、基本戦います。
そのうちレベルアップしたり、洞窟内の宝箱から装備が手に入ったりするので、
とにかく敵を倒して、お金を稼ぎつつ進みます。
万一戦闘に負けると、洞窟入り口からやり直しになりますが、
所持金が半分になるので、
戦闘に負けないよう薬草(Medicinal herb)を使いながら行きます。


洞窟最深部では、大きな岩にはさまれたひげ面の男性がいます。
薬の元となるハーブを探している最中に
上から大岩が落ちてきて挟まれてしまったようで、
どうやら、動けなくて暇なので眠ってしまっていたようです。
のんきだな。
誰も来なかったら死んでるかもしれないのに…^^;

岩を押してあげると、ヒーロー君が来てくれたことに喜びを示し、
自分の名前は「Rockefeller」だと名乗ります。
お礼を言えよ。


それにしても「ロックフェラー」だと?
お前は大富豪か!


日本版には彼にも名前はなかったと思いますが^^;、
「rock fell(岩が落ちた)」にかけた駄洒落ネームでしょう(笑)


彼が、ウィテイカー夫人に薬を頼まれていた人で間違いないようで、
この台詞を最後に足早に帰って行きます。

ウィールブルック洞窟

Mr Rockefeller
「Oops!There's no time for idle chit-chat.
I'd be better get back and start mixin' these herbs.」

ロックフェラー氏
「おっと!無意味な雑談をしている暇はない。
戻ってハーブの調合をしたほうがいいな。」


なんて言い草だ(笑)
結局お礼も無かったし、助けた甲斐なし(笑)

洞窟から出て、ロックフェラーの道具屋に行くと、
薬の調合をしていて、翌朝には完成するとのこと。

ロックフェラー親父に話をすると、
助けてくれたお礼にタンスの中身を持って行っていいとのことなので、
遠慮なく頂戴します。
謝礼くれるならいいか(笑)

中身は「Handwoven cape(手織りのケープ)」。
残念ながらヒーロー君は装備できません。


家に帰ってサンチョに話すと、寝ることが出来て一日が終わり、
次回に続きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: