広告

DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(140)

前回過去のウィールブルックを訪れ、少年のヒーローから本物の「gold orb」を入手したヒーロー。
自身の時代のフェアリー・パレスに戻ってきた所から再開します。


ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上1

「Gold orb(ゴールド・オーブ)」
「This globe glows brilliantly with golden light.(この球体は、鮮やかな金色の光を発し輝いている。)」



こちらが前回手に入れた本物のオーブです。



ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上2

Madchen
「It's good to have you back, Dad.
It's okay. You don't have to explain a thing.」

マドチェン
「おかえりなさい、お父様。
いいの。何も説明しなくても大丈夫よ。」

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上3

Parry
「Hey! That's not the gold bauble you got from Queen Caramel, is it, Dad?
What's going on?」

パリー
「えっ!それ、キャラメル女王様から貰ったゴールド・バブルじゃないの、お父さん?
なんで?」

Parry
「No, don't tell me! Let me figure it out for myself...
Um... Er... Hmmm...」

パリー
「ダメ、答えは言わないで!自分で考えてみるから…
うーんと…えーと…うぅーんとぉ…」

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上4

Sancho
「Are you okay? Ees, ees no time for a siesta now, you know.」

サンチョ
「大丈夫ですか?(とはいえ)休憩している暇はありませんよ。」




彼らのセリフを聞いていると、どうやら過去の世界に飛んだのはヒーローだけであり、
そこで何が起こっていたのかも、彼らは知らないようですね。

さて、ではクイーン・キャラメルに挨拶をしに行きましょう。

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上5

Queen Caramel
「We faeries don't have the power to alter the passage of time.」

女王キャラメル
「私たちフェアリーにも、過ぎ去った時間を改竄する力はありません。」


「alter(変える、改ざんする)」


Queen Caramel
「But the picture welcomed you, Hero.
You must have that power.」

女王キャラメル
「でも、あの絵はあなたを歓迎したようですね、ヒーロー。
あなたにはその力があった、ということです。」

Queen Caramel
「Go now. The time has come.
Return the gold orb to its rightful place.」

女王キャラメル
「さあ、お行きなさい。時は来ました。
ゴールド・オーブが、あるべき場所に帰る時が。」




それでは一路ゼニシアへと戻ります。


ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上6

Sancho
「Hmm... You no theenk thees orb, eet looks exactly the esame, just like the bauble?」

サンチョ
「ふーむ…このオーブ、あのバブルと全く同じようにしか見えないんですが、そう思いませんか?」

Sancho
「I no understand about the orbs and the baubles. Ees all just balls to me.
We must eshow thees one to Dr Agon, and esee what he esays.」

サンチョ
「私にはオーブとバブルの違いがよく解かりませんよ。私にとってはどちらもただのボールですからね。
ドクター・アゴンにそれを見せに行くべきでしょう、彼はなんて言うのでしょうか。」


ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上7

Parry
「We've been away quite a while now.
I hope Dr Agon's not too lonely.」

パリー
「結構長いこと留守にしちゃったね。
ドクター・アゴンが寂しくなりすぎてなければいいけど。」


ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上8

Madchen
「I'm positive this will make everything okay!
We have to hurry and show it to Dr Agon!」

マドチェン
「きっとこれで何もかも上手くいくよね!
ドクター・アゴンに早くこれを見せてあげなきゃね!」


ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上9

Parry
「Do you think this tiny little gold orb really has the power
to make the castle float up in the sky again?」

パリー
「こんなちっぽけなゴールド・オーブに、
本当にもう一度お城を空に浮かばせる力があると思う?」




なんだか全体的にゴールド・オーブに懐疑的な意見が多いようですね^^;
でもマドチェンは結構前向きに考えているようです。

大丈夫であることを信じて、ドクター・アゴンの元へと急ぎます。



ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上10

Dr Agon
「Well if that doesn't put the 'whili' in 'gee whilikers'!
You've found me an orb!」

ドクター・アゴン
「なんと、’ジー・ウィリカーズ’の中に’ウィリー’を置いておかないとは!
オーブを見つけてきてくれたんですね!」


「gee whilikers(おやおや、なんとなんと)」=「gee」の米国用法。少しユーモラスな表現。

上記セリフの1文目は、単純に「驚きと喜びを最大限に表している」というだけで、
文の内容そのものには、特に意味はないのだろうと思われます。
相変わらずドクター・アゴンのセリフは難解ですね^^;



ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上11

「Hero hands the gold orb to Dr Agon.」

「ヒーローはドクター・アゴンにゴールド・オーブを手渡した。」


Dr Agon
「I'll just pop it up here on the pedestal, and...」

ドクター・アゴン
「これをこうして台座の上に、パパッと出現させまして…」


「pop up(突然起こる、突然現れる)」



ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上12

Dr Agon
「That should do-diddly-ooh-diddly it!
Follow me!」

ドクター・アゴン
「これでちっとも、オーイェーちっとも、これでよしっと!
さあ私について来てください!」




ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上13

なんだか上機嫌のアゴンに連れられ(笑)部屋の中央へと向かいます。



ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上14

Dr Agon
「It's finally time! Zenithia's going airborne again!
Standby for take-off, passengers!」

ドクター・アゴン
「さあさあ、ついにやってきましたよ!ゼニシアが再び離陸するのです!
離陸にお備えください、お客様!」


「airborne(離陸)」


あんた、いつの時代の人間なんだよ!

「Attention please.」
とでも言いそうな勢いですね(笑)






Dr Agon
「And it's all thanks to you and your party, Hero!」

ドクター・アゴン
「本当に、本当に感謝していますよ、ヒーロー、あなたとあなたの仲間たちにね!」

Dr Agon
「Take a good look, friends!」

ドクター・アゴン
「よーく見ていてくださいね、我が友人たちよ!」



言うが早いかドクター・アゴンは、部屋の中央にあるパネルを踏みます。
すると…

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上15

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上16

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上17

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上18

両サイドの「gold orb」と「silver orb」が光を放ちます。
そして…


ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上19

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上20

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上21

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上22

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上24

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上25

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上26

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上27


湖の底から「Zenithia Castle」が空へと浮上しました。





ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上28

Dr Agon
「Well, that didn't get us up quite as ‘on high’ as I was expecting.」

ドクター・アゴン
「ま、期待していたほど‘高く’は上がらなかったですね。」

Dr Agon
「But you know what they say: grumbling's a grievance of the devil!
Mind if I leave things up to you for a while?」

ドクター・アゴン
「でも、こう言ったりするでしょ。ブツブツ言うのは悪魔の不平!ってね!
ところで私、しばらく中座してもかまいませんかね?」


「grumble(ぶつぶつと不平がましく言う)」
「grievance(不平)」


Dr Agon
「Now the water's drained away,
I'm off to do a tour of the castle and make sure everything's okely-dokely-doo!」

ドクター・アゴン
「今現在(城に残っていた)水がキレイさっぱり捌けました、
私はちょっと城の中を見て回って、城の中の大体を、だいじょぶだいじょぶだいじょーぶ、な感じにしてきますよ!」


「drain away(水がはける)」


セリフ最後の「okely-dokely-doo(オークリー・ドークリー・ドゥー)」は、平たく言うと「okey(okay)」のこと。

似たようなセリフに「okey-dokey(オーキー・ドーキー)」があり、意味は同じ。
「dokey」という単語に意味はなく、ただ単に語呂が良いから付けているだけである。

「okely-dokely(オークリー・ドークリー)」は、
アメリカのテレビアニメ「The Simpsons(ザ・シンプソンズ)」の登場人物の1人
「Ned Flanders(ネッド・フランダース)」が、時たま言う口癖らしい。
「okey-dokey」を更にアレンジしたセリフで、やはり意味は同じ「okey」。

ドクター・アゴンは、このネッドの口癖に更に「doo」を加えているが、意味はやはり「okey」であろうと思われる。

上記全てに共通しているのは、単純に語呂が良いだけの単語を付け加えている、という点。
そしてそれら全てに、大した意味はまるでなく、「okey」をリズムよく言っただけのスラング。
~参考文献:Wikipedia,Urban Dictionary~



私は「ザ・シンプソンズ」を知らないので、完全に調べただけの知識ですが、
このアゴンのセリフはそのパロディ、オマージュなのでしょう(笑)


もう完全にギャグアニメの世界の住人ですね、アゴンは(笑)




ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上29

Dr Agon
「See you later, prestidigitator!」

ドクター・アゴン
「それではまた後で会いましょう、私はここらでドロンさせてもらいますよ!」


「prestidigitator(手品師、奇術師)」



そして、アゴンは梯子を上って上階に行ってしまいます。

彼の最後の捨て台詞(笑)は、
そのまま訳せば「また後で会いましょう、手品師!」となるわけですが、それでは何のことだか解かりませんよね^^;

おそらく、「手品師みたいにパッと消えて、いなくなりますよ!」という意味なんだと思います。
これに対応する日本語と言えば…

古き良き昭和の時代、おじさんたちが帰る時に使っていた言葉…
「私はここらでドロンさせてもらいますよ(古っ!)」しか思いつきませんでした^^;
完全に死語(笑)ですが(笑)ま、いいか(笑)




ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上30

Parry
「Did you see that, Dad? The castle's floating! It really is floating!
Let's go and have a look outside.」

パリー
「ねえ、お父さん、見た見た?城が浮いてる!ほんとに浮いてるよ!
ねえねえ、外を見に行ってみようよ!」

ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上31

Madchen
「So standing on that stone makes the castle fly!
Ooh, how exciting!」

マドチェン
「それじゃ、ほんとに石がお城を飛ばしているんだね!
うぅん、ワクワクするね!」


「stand on(基づく)」
「standing on that ~(~に基づいている)」


ドラクエ5 北米版 ゼニシア城浮上32

Sancho
「Thees señor Agon, he ees eslippery like the eel, no?」

サンチョ
「あのセニョール・アゴンという人は、本当に掴み所の無い人ですな?」


「slippery like the eel(つかみどころのない人)」=「slippery as an eel」
直訳では「うなぎのようにぬるぬるとすべる」、転じて「掴み所が無い」となる。



全く!完全に!あなたに同意であります、サンチョさん!

いやー、アゴン以外の人物のセリフ翻訳の、なんと楽なことか(笑)
はっきり言って、アゴンのセリフは疲れます^^;
面白いんだけどね(笑)

どこまで行っても「道化者」のドクター・アゴン(笑)





さて、無事にゼニシア城を浮上させることに成功しました。
「空に浮かぶ伝説の城」の復活です!

子供たちも、空飛ぶ城におおはしゃぎみたいですね^^


それでは次回、城の中を散策してみたいと思います。

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告