広告

DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(143)

前回、ゼニシア城の老人から「ヘルムナプトラ西の島にタロン・タワーという塔がある。」という情報を聞きました。
そこにはゼニシア城の主、竜神「Zenith Dragon(ゼニス・ドラゴン)」の力が封じられているそうです。

早速タロン・タワーへと向かいますが、そこへの移動手段は「船」でも「飛行する絨毯」でもありません。




まず、ゼニシア城の「オーブがある部屋」へ行きます。

ドラクエ5 北米版 タロンタワー1


部屋の中央にあるパネルを踏みます。
すると…


ドラクエ5 北米版 タロンタワー2


なんと、ゼニシア城を自由に動かせるようになります。
完全に私的利用ですね^^;

でも、この日記では紹介していないゼニシア人の1人が、
「自由に使って良いよ。」と言ってくれているので、
遠慮なく使ってOKです(笑)



ゼニシア城は、その浮遊高度が低いので、標高の高すぎる山は越えることが出来ません。
とはいえ、ほとんどのオブジェクトの上空を通過することが出来ます。

着陸は、平原や砂漠などの平地で、なおかつゼニシア城が着陸できるだけの広さが無いといけません。


移動速度は非常に遅く、徒歩並^^;ですが、
敵モンスターなどは出現しないので気楽に飛んでいきます(笑)




ヘルムナプトラの西にある島には、このゼニシア城でなければ上陸できません。

西の砂漠地帯に城を着陸させて、塔までは徒歩で向かいます。

ドラクエ5 北米版 タロンタワー3

Madchen
「I'm not scared of flying in the Zenithian castle.
You can't see outside, so it's fine.」

マドチェン
「ゼニシア城で空を飛ぶのは怖くないわ。
外を見なければ、とっても快適。」

Madchen
「And it means there's no need to use the flying carpet any more, doesn't it?」

マドチェン
「それにこれからはお城で移動するんだから、もう飛行する絨毯を使うことはないんだよね?」



マドチェンは相変わらずの高所恐怖症ぶりですね(笑)
超低空飛行の「飛行する絨毯」の高さですら怖かったみたいです。



ドラクエ5 北米版 タロンタワー5

Parry
「Why are we still walking around?
We could fly anywhere now in the Zenithian castle!」

パリー
「なんでまだ歩き回らなきゃいけないのさ?
ゼニシア城に乗って、どこにでも飛んで行けるようになったじゃない!」

Parry
「Come on, Dad! Let's go!
I'll be the pilot!」

パリー
「さあ、お父さん!(ゼニシア城に)行こうよ!
僕がパイロットやるからさ!」



無茶言うなよ…
まさかゼニシア城に乗ったまま塔に突っ込むワケにはイカンだろ…




ドラクエ5 北米版 タロンタワー4

Sancho
「Qué? We estill walking even when we have thees castle to ride eenside?」

サンチョ
「ケ?城の中に乗り込まなければならない時でさえ、やっぱり歩いて行くんですか?」

Sancho
「Ha ha ha! Ees a joke, sí?
Very funny, friend!」

サンチョ
「ははは!冗談ですよ、シ?
とても笑えるでしょう、坊ちゃん!」



そうね。




というわけで、タロン・タワー付近にやってきました。
当然歩いて塔に入ります^^;




ドラクエ5 北米版 タロンタワー6
ドラクエ5 北米版 タロンタワー7

Parry
「I knew about this island existing before,
but I had no idea there was this tower here.」

パリー
「この島がここにあるってことは前から知ってたけど、
こんな塔があったなんて思いもしなかったよ。」



おそらく、石化していたヒーローを探して旅していた最中にこの島のことを知ったのでしょう。
しかし、上の方でも書きましたが、この島は高い山々で囲まれているので船では上陸ができません。

島の外の海上からでは「この塔の存在を視認出来なかった」ということなんでしょうね。



ドラクエ5 北米版 タロンタワー8

Sancho
「Just looking at all those estairs...
I no feel eso good.」

サンチョ
「階段ばかりじゃないですか…
全然良い気はしないですね。」


ドラクエ5 北米版 タロンタワー9

Madchen
「Oh! I hate heights!」

マドチェン
「もう!高いとこ嫌い!」



高所恐怖症と階段嫌悪症^^;
理由は違えど、二人とも「塔嫌い」なんですね(笑)




さて、正面の扉から塔に入ります。

ドラクエ5 北米版 タロンタワー10

「The door is shut fast.」

「扉は固く閉ざされている。」


「fast(固定する、しっかり閉まっている)」



ご覧の通り、扉は開きません。
ここから入ることは出来ないようです。

しかし、扉の右側の壁面に梯子があります。

ドラクエ5 北米版 タロンタワー11

梯子を上り、外壁のフチの上を通って、塔の最上部まで上がっていくことが出来ます。


ドラクエ5 北米版 タロンタワー12

塔の最上部までやってきました。
正面に輪っかのついたオブジェクトが見えます。

ここで、前回ゼニシア城で手に入れた、このアイテムを使用します。


ドラクエ5 北米版 タロンタワー13

「Grappling hook(グラップリング・フック)」
「A very long, tough rope with a hook attached to one end.
(とても長く、丈夫なロープの片側の先端にフックが取り付けられている。)」


ドラクエ5 北米版 タロンタワー14

「Hero uses the grappling hook.」

「ヒーローはグラップリング・フックを使用した。」



すると、オブジェクトの輪っかに先端のフックを取り付けて、ロープを穴の下に垂らします。
そのロープを伝って塔の内部、階下に降りていけるようになりました。

ドラクエ5 北米版 タロンタワー15




ドラクエ5 北米版 タロンタワー16

Parry
「What a cool tower, having the entrance at the top!」

パリー
「入り口がテッペンにあるなんて、カッコイイ塔だね!」

Parry
「Shame we have to go all the way down to the bottom to get out.」

パリー
「(それだけに)外に出るために一番下まで降りていかなきゃならないなんて残念だなぁ。」


ドラクエ5 北米版 タロンタワー17

Sancho
「Thees place, ees estrange...
You can feel the evil here as esoon as you enter.」

サンチョ
「この場所、奇妙ですね…
入ってからというもの、(何か)悪い気配を感じませんか。」

Sancho
「My Majesty. We must brace ourselves for trouble.」

サンチョ
「陛下。有事に備えて気を引き締めなければなりませんぞ。」


「brace(引き締める)」




サンチョが急に真面目になっちゃいましたね。
何か嫌な気配を感じ取っているようです。



ドラクエ5 北米版 タロンタワー18

Madchen
「Um, are we still high up?
Or is it safe to open my eyes now?」

マドチェン
「うぅ、私たち、まだ高い所にいるの?
それとも私、もう目を開けても平気?」



君は相変わらずッスなぁ…^^;
ていうか、危ないからいつも目は開けてなさい^^;



このロープの道はあまり長くは続かず、すぐに地面に到達します。

ドラクエ5 北米版 タロンタワー19

Madchen
「I don't like anywhere that I can see a long way down.」

マドチェン
「長い下り道が続く所は、どこであっても好きになれないわ。」




ロープで降りていくのは終わりましたが、相変わらず梯子や階段が続いています。

ドラクエ5 北米版 タロンタワー20

Madchen
「I know I have to just put up with situations like this
if we're going to find Mum.」

マドチェン
「わかってる、お母様を見つけようと思うなら
こういうシチュエーションにも負けないようにしていかなきゃダメだって。」


「put up(反抗の意志などを示す、戦いを続ける)」




高い所を怖がるマドチェンですが、
実際の彼女は基本的にしっかり者であり、判断力もちゃんとある大人びた少女なのです。

嫌なことや自分の弱点も克服していかなければならない…なんか健気ですね………




目の前に見える梯子を上ってみると、そこには祭壇があり、シスターが倒れています。

ドラクエ5 北米版 タロンタワー22

*:「Haah... Haah...
Two incredibly strong monsters went for the dragon's eyes...」

*:「はぁ…はぁ…
二匹のとてつもなく強いモンスターが、竜の眼を求めて(塔内部の奥深くに)向かいました…」


「go for ~(~を取りに行く)」


*:「I think...they're p-probably still inside the tower somewhere.
Run away fast, before they find you!
...Gurgh!」

*:「彼らは…お、おそらくまだ塔内部のどこかにいるはずです。
早くお逃げなさい、彼らに見つかってしまう前に!
…がふっ!」



…そしてシスターは息を引き取りました。
彼女はこの塔を守っていた人物だったのでしょうか。
おそらくそのモンスターたちに深手を負わされたのでしょう…



ドラクエ5 北米版 タロンタワー23

Madchen
「What did she mean about the dragon's eyes?
Why would anyone care so much about that?」

マドチェン
「竜の眼ってなんのこと?
どうして誰も、もっとちゃんと注意してなかったの?」


ドラクエ5 北米版 タロンタワー24

Sancho
「No! The monsters, they cannot get away weeth thees!」

サンチョ
「いや!そのモンスターたちは、まだこの塔から出て行ってはいないでしょう!」




なにやら不穏な空気ですね……

「the dragon's eyes(竜の眼)」なる物を求めて、とても強いモンスターが塔に入り込んできたようです。
サンチョの嫌な予感は的中してしまいました。



竜の眼とは?そのモンスターたちとは?

解からない事だらけですが、とにかく逃げ出すわけには行きません。



それでは次回、塔の深部へと降りていきます。




ドラクエ5 北米版 タロンタワー21

Madchen
「Dad... Will you hold my hand?」

マドチェン
「お父様…私の手を握っていて…」
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告