広告

DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(157)

前回、謎の信徒が集う怪しげな宗教施設に潜入したヒーローたち。

信徒たちは口々に「Mada」という名前を叫んでいます。
そして巨大な祭壇の上には一人の女性と一体の「石像」があります。


…祭壇の女性に話しかけてみます。

ドラクエ5 北米版 テンプル1

*:「I am Mada.」

*:「私はマダ。」

*:「I am governing this temple on behalf of the God-King, Korol.」

*:「神王コロル様に代わり、この寺院を治めています。」


「govern(治める、支配する)」
「on behalf of ~(~のために、~に代わって)」


*:「There you are, Hero.
You probably can see this clear as black and white,
but I am your mother.」

*:「やってきたのですね、ヒーロー。
そしてあなたは、物事の真偽を明確に判断できるものとは思いますが、
しかし敢えて言いましょう、私はあなたの母です。」


「black and white(黒と白)」=「コントラストがはっきりしている」
転じて「あやふやな所がなく、全てが明確」ということを表す比喩表現。


*:「Oh, Hero... How much you have grown since we last met!
And how much I have wanted to meet with you again over all these years.」

*:「ああ、ヒーロー…とても立派に成長しましたね!
そしてどれほどあなたと再会したかったことでしょう、それが私の積年の願いでした。」


「over all(全体として、全体に渡って)」


ドラクエ5 北米版 テンプル2

*:「Your father, Pankraz, was always such a serious, tedious man.
More of a pawn than a king.」

*:「あなたの父パンクラスは、いつもあのように真面目で、そしてとても退屈な男でした。
彼は王の器ではありませんでした。せいぜい捨て駒、と言ったところでしょうか。」


「tedious(退屈な、冗長な)」


上記セリフの二行目を直訳すると「キングというよりはポーンと言った方が良い。」という意味になります。
チェスの駒に見立てていて、
「king(王)」は「最重要な駒」、「pawn(歩)」は「使い捨ての捨て駒」というニュアンスがあります。



*:「Which brings me to something I need to say to you.」

*:「このことについて、私はあなたに言うべきことがあるのです。」


ドラクエ5 北米版 テンプル3

*:「Would you care to listen?」

*:「(私の話を)聞いていただけますか?」



…なんだか、言葉の端々がムカつきますね!
本当に彼女は「母マダ」なのでしょうか?

ここで彼女が言っているのは、
「パンクラスが真面目で退屈な男だったということについて、詳しく聞いてくれますか?」
ということです。

イラっときたので私は「No」を選択しましたが、正直ここは「Yes」でもよかった気がします(笑)



ドラクエ5 北米版 テンプル4

*:「You are right. There is no point in talking of such matters.
However...」

*:「あなたの言う通りです。こんなことは(私たちが改めて)話し合うべき(重要な)問題ではありません。
しかしながら…」


ドラクエ5 北米版 テンプル5

*:「Do you hereby vow to serve under the God-King, Korol,
just as I, your mother, have vowed?」

*:「あなたは、神王コロル様の下で奉仕することを誓いますか?
あなたの母である、この私がそうしているように。」


「hereby(これによって、この結果)」
「vow(誓う)」
「serve(仕える、尽くす、奉仕する)」



あんたさっきもそんなこと言ってたけど、
神王コロルって誰だよ?
「みなさんご存じの」
みたいな感じで言ってますけど^^;

「知らない人にはお仕えしちゃダメ!」
って両親から教わってるんで、ここも「No」です(笑)




ドラクエ5 北米版 テンプル6

*:「If you insist on going against the God-King, Korol...」

*:「神王コロル様に逆らうと言い張るのですか…」


「insist(主張する)」


ドラクエ5 北米版 テンプル7

*:「Then are you saying you are willing to stand against your own mother?」

*:「と言う事は、あなたは自分の母に反逆し、立ち向かう意思が有ると言うのですか?」



「母」に逆らう気持ちなんてありませんよ…


お前にはあるけどな!



ドラクエ5 北米版 テンプル8

*:「If you feel that way,
then am I correct in thinking you suspect I am not in fact your mother?」

*:「そういった気持ちがあなたにあるというのなら、
もしかしてあなたは、私が実は(本当の)あなたの母ではない、と疑っているということなのですか?」



「Yes」ですけど?



ドラクエ5 北米版 テンプル9

*:「Hurgh! Wa ha hah!
Waaah hah hah hah haaah!」

*:「フッ!ワッハッハァ!
グワァァッハッハッハッハァァ!」



うわぁぁぁ!お母さんがコワレたぁぁぁ!



ドラクエ5 北米版 テンプル10

*:「You see through my imposting very good!
You are correct! Your mother is long ago no part of this world!」

*:「私の幻術を見破るとは、なかなかやりますねぇ!
その通り、あなたは正しい!あなたの母親は、もうかなり前からこの人間世界の住人ではありませんからね!」


ドラクエ5 北米版 テンプル11

*:「I am great priest, Ferz, serving under the God-King, Korol.」

*:「私は偉大なる司祭のファーズ、神王コロル様の下に仕えています。」


ドラクエ5 北米版 テンプル12

Ferz
「I will remove from you the soul,
and you will be like every other people here!」

ファーズ
「あなたの魂を抜き取って、
他の皆さんと同じようにして差し上げましょう!」



そして、この「Ferz(ファーズ)」と戦闘になります!

ドラクエ5 北米版 テンプル13

「Queen Ferz appears!」

「クィーン・ファーズが現れた!」



お前のどこが「Queen(女王)」なんだよぉぉぉ!


はい、この「Queen」は「女王」ではなく(女王だけど)、チェスの駒「Queen(クィーン)」のことです。

「Ladja」「Kon」「Slon」に、それぞれ「Bishop」「Knight」「Rook」とついていたのと同様です。
この3人はグラフィック的にも「それぞれに対応したチェスの駒の雰囲気」がありましたが、
この「Ferz」のグラフィックにはクィーンらしさがかけらもありません!


この「チェスの駒に見立てる」という設定は北米版オリジナルです。
当然日本版には無かった設定ですので、「クィーンらしいモンスターグラフィック」になっているわけがありません。

ただし、このイベントにおいて「女性であるマダに化けて、司祭としてテンプルを支配していた」という背景があるので
「立場的には、まあクィーンと言っても差支えないかもしれない」と言えないこともないかもしれません^^;

無理やり感は否めませんが……(笑)

一応「Ferz」のセリフは、英文原文でも非常に丁寧な「文語調」なので、
口調的にも「女性(Queen)」らしさを表現しているのかもしれません。


いや、やっぱ無理があるわ……^^;
グラフィックが「巨大な棍棒を持った、マッチョな一つ目の鬼」だもん…(笑)



このモンスターの日本版の名前は「ラマダ」でした。
「ラマダ」も「Ferz」も、由来はよくわかりません^^;

ちなみに、チェスの「Queen」という駒ですが、日本の将棋にはそれに直接的に相当する駒がありません。
動き方は「飛車(Rook)」と「角(Bishop)」を合わせたもので、全駒の中で最強の機動力を誇る万能の駒です。

しかしこの「Queen Ferz」は、その能力という点で見ても
「Queen」であるとは言えないと思います^^;

彼の攻撃手段はたったの2種類…
クィーンの機動力の面影など全くありません(笑)

(*そのあと調べてみたら、他の種類の攻撃手段もあったようです。
今回のこの戦闘では2種類しか行動してきませんでした。
どのみち弱いことに変わりはありません^^;)


ドラクエ5 北米版 テンプル14

「Queen Ferz attacks!」

「クィーン・ファーズの攻撃!」


左手に携えた巨大な棍棒を振り下ろして攻撃してきます。
見た目に違わず「強大な威力」で、こちらに100ポイント以上のダメージを与えてきます。

しかし、所詮は単体攻撃なので、喰らった仲間を随時回復してやれば対処には困りません。
また、サンチョがカバフを重ねがけしてMAXがけ状態にすれば
最終的にはわずか30ポイント前後のダメージにまで抑えることが出来ます。


ドラクエ5 北米版 テンプル15

「Queen Ferz casts Kacrackle!」

「クィーン・ファーズはキャクラックルをかけた!」


「Crack(クラック)」系最上位の魔法で、日本版「マヒャド」に相当する魔法です。
パーティ全員に平均50ポイント前後のダメージを与えます。

全体攻撃なので若干うっとおしいですが、こちらもダメージ的に大したことはありませんので、
HPが減ったら適宜回復としていれば特に脅威ではありません。


ファーズは「補助系魔法」を一切使用してこないので、こちらはやりたい放題出来ます(笑)

サンチョは相変わらず「カバフ」をMAXまでかけ、その後攻撃。
マドチェンは「ウンフ」をパーティ全員に、その後「カザップ」をMAXがけ、それが終わったら攻撃です。
ヒーローとパリーで攻撃兼回復を行いますが、今回はかなり余裕があるのでサンチョやマドチェンも回復します。

ボスだけあってファーズのHPはそこそこ高いですが、
こちらが与えるダメージが絶大なので、10数ターン程度で撃破できます。



ドラクエ5 北米版 テンプル16

「Queen Ferz is defeated.」

「クィーン・ファーズは倒された。」


ドラクエ5 北米版 テンプル17

Ferz
「I cannot believe that for me it is already the checkmate.」

ファーズ
「この私がもうチェックメイトされてしまうとは、信じられません。」


「checkmate(チェックメイト)」=将棋で言う「王手、詰み」


Ferz
「But even you are not enough strong for to defeat God-King.」

ファーズ
「しかし、神王様を倒せるほどの十分な強さはあなたにはありません。」


ドラクエ5 北米版 テンプル18

Ferz
「Long live Korol!
...Hurgh!」

ファーズ
「コロル様よ永遠なれ!
…ハグッ!」



ファーズが倒されると、突如ヒーローたちの背後がザワザワしだします。


ドラクエ5 北米版 テンプル19

*:「What's going on!?
What's happened!?」

*:「どうしたんだ!?
何が起こったんだ!?」

*:「(chatter chatter)」

*:「(ざわざわ ざわざわ)」


「chatter(ぺちゃくちゃおしゃべりをする)」


どうやら「Queen Ferz」が言っていた「魂を抜かれた人々」が正気に戻ったようですね。

しかし、これでこの「temple」の全ての悪が取り除かれたわけではありません。



次回、もう少し色々と調べてみましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告