広告

DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(163)

前回ビアンカの石化の呪いが解けました。
教団「Order of Zugzwang」のテンプルも開放し、ヒーローたちは一度ゴータ城へと戻ります。


今回はゴータ城王家の寝室から再開します。


ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城1

Bianca
「Hah... Ten years as a statue...」

ビアンカ
「ハァ…10年も石像だったなんて…」

Bianca
「Thanks ever so much for comin' to my rescue, Hero.」

ビアンカ
「助け出してくれて、本当にありがとね、ヒーロー。」


ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城2

Bianca
「And dear Parry and Madchen...」

ビアンカ
「そして、私のかわいいパリーとマドチェン…」

Bianca
「I'm so sorry for leavin' you all them years.」

ビアンカ
「長い間あなたたちを残していって、本当にごめんね。」


ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城3

Parry & Madchen
「Mum!」

パリー&マドチェン
「お母さん!」




…やっと親子全員が再会を果たしました。

余談ですが、ヒーローは8年間石像になっていて、ビアンカは10年間石像になっていました。
すなわち、ヒーローが元に戻ってからビアンカを救い出すまでに2年かかっている、というわけです。

2人が石像になる前までは、ビアンカはヒーローよりも2歳年上でした。
しかし現在では、ヒーローとビアンカは同い年になっています。
また、パリーとマドチェンの年齢は10歳前後ということです。



…しばらくすると、寝室内に兵士がやってきます。

ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城4

「I'm sorry to trouble you, Your Majesty,
but Prince Albert requests your presence.」

「お取込み中申し訳ありません、陛下、
しかし申し上げます、アルバート公が拝謁を要請しております。」


「presence(面会、対面、拝謁(はいえつ))」



どうやらアルバート公が面会を求めているようですね。
この時点でパーティはヒーローとサンチョだけです。
ビアンカと子供たちはパーティから外れている扱いになっています。



ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城6

Bianca
「Don't worry about me, Hero.
Just do what you have to do.」

ビアンカ
「私のことは心配しないで、ヒーロー。
あなたはあなたのやるべきことをやってきて。」

Bianca
「We'll be together for good from now on,
so a few minutes apart en't goin' to hurt.」

ビアンカ
「私たちはこれからずっと一緒に居られるんだから、
ちょっとの間離れ離れになっても大丈夫よ。」


ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城7

Bianca
「I love you, Hero.」


ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城8

Parry
「Mum! I, I...」

パリー
「お母さん!僕、僕…」


ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城9

Madchen
「Mum's so beautiful!」

マドチェン
「お母様って、とっても綺麗!」

Madchen
「I didn't realise you knew how to sweet talk such beautiful women, Dad.」

マドチェン
「お父様にもこんなに綺麗な女の人を口説き落とせるんだね、
(そんなことが出来る人だったなんて)全然気付かなかった。」


「sweet talk(甘言でだます、おだてる)」




それ、どういう意味じゃい!!
このセリフは、「ドラクエの主人公は話さない」ことを逆手にとったギャグとして言っているのでしょう(笑)
上記セリフを直訳するなら、
「こんな綺麗な女性をおだてる技術を知って(持って)いたんだね、
(無口だからそういう技術を持っているという事に)気付かなかった。」
というような感じになります^^;


お父さんも、ヤルときはヤル!ということさ……




マドチェンは比較的冷静なようですが、やはりパリーは母に再会できて感無量みたいですね。
年齢的には甘えたい盛りですから当然でしょうが…


君たち、父と再会した時と反応が違いすぎやしませんか?
父の被害妄想なのでしょうかね?^^;



ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城10

Sancho
「Okay, ees time to go to esee señor Albert now.
Your wife esay ees okay, no?」

サンチョ
「さて、それではそろそろセニョール・アルバート公に会いに行きましょうか。
奥様も了承していただいていることですしね?」



というわけで、玉座の間へ降りていきます。

ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城11

Prince Albert
「Ah-ha! There you are, Hero, old thing!」

アルバート公
「おお!来たか、ヒーロー、我が友よ!」

Prince Albert
「I know it's rotten of me calling you away
while you're having a family moment and all that, but...」

アルバート公
「私の呼び出しに君はさぞ嫌な思いをしているだろう、
特に家族水入らずで過ごしているさなかにな、だが…」


「rotten(いやな、不愉快な)」口語表現。
「call away(席を外させる)」


Prince Albert
「Well, there's something I really must ask you.」

アルバート公
「君にどうしても聞いておかなければならないことがあるのだ。」


ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城12

Prince Albert
「So I think I'll just come right out and say it, eh?
Straight to the point, if you will.」

アルバート公
「この際だからはっきり言った方がいいだろうと思うが、どうだろうか?
君が良ければ、要点だけをそのまま言うぞ。」


「come out(はっきりさせる、解かる)」


Prince Albert
「Hero, are you planning on going to Nadiria?」

アルバート公
「ヒーロー、君はナディリアに行くつもりなのか?」



ここで選択肢が出ます。
当然答えは「Yes」です。



ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城13

Prince Albert
「But! No! I mean, you can't!」

アルバート公
「だが!ダメだ!つまり、そんなこと、君には出来ないはずなんだ!」

Prince Albert
「I've heard the stories about Queen Mada speaking to you through the Circle of Life, you know.」

アルバート公
「サークル・オブ・ライフを介してマダ妃と話をした、ということは聞いているよ。」


ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城14

Prince Albert
「You should listen to your mother,
and reconsider the whole idea.」

アルバート公
「母上の言う事を、君は聞くべきなんじゃないか、
そして多くのことを再度考え直すべきなんじゃないのか。」


「reconsider(再考する)」




…アルバート公はヒーローたちが「Nadiria」に行くことに反対みたいですね。
彼の言う「the whole idea」とは、「家族のこと、国のこと、世界のこと全て」です。
ゴータ国の国王であるヒーローには「国民の安全や生活、国の内政」のことを考える義務もあるのです。

彼は、いわば「国王代理」として長くゴータを守っていました。
ビアンカが攫われた時も、ヒーローの石化が解けて戻ってきた時も、
「ヒーローが国を空ける」ことを良しとしてはいませんでした。

今回ヒーローたちがナディリアに乗り込んだとしたら、今度こそ「帰って来れる保証はない」のです。

ヒーローにもパリーたちにも、「パンクラスの轍を踏ませたくない」のでしょう。



ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城15

Sancho
「Señor Albert, he ees a wise man.
What he esay to you, maybe ees right.」

サンチョ
「セニョール・アルバート公は、賢い人物です。
彼の言うことは、おそらく正しいのでしょう。」


「wise(賢い)」


Sancho
「But for me, I no forget your father's dying weesh.
He ask you to find your mother.」

サンチョ
「でも私にとっては、私にとってはあなたの父上の最後の遺志を忘れることは出来ません。
パンクラス様はあなたに、母上を見つけるように、とおっしゃったのです。」

Sancho
「So eef you are going esomewhere now, your Uncle Sancho, he go weeth you.
Wherever eet ees.」

サンチョ
「ですから、たとえあなたがどこへ向かわれるおつもりだとしても、このアンクル・サンチョはお供いたします。
たとえどこであろうとも、どこまででも。」




…アルバート公の気持ちはわかりつつも、サンチョの覚悟は既に決まっているようですね。
テンプルでも言っていたように、「もう何も言わない。ただどこまでも着いて行く。」と。



ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城16

Bianca
「I won't say a word.」

ビアンカ
「私、何も言わないわ。」

Bianca
「You should do whatever you feel you have to.」

ビアンカ
「あなたがやるべきだと感じたなら、なんでもやればいいと思う。」

Bianca
「There's just one thing I ask of you.」

ビアンカ
「(でも)ひとつだけ、あなたにお願い。」

Bianca
「Whatever happens and wherever you go,
you'll take me with you.」

ビアンカ
「何が起ころうとも、あなたがどこへ行こうとも、
私も一緒に連れて行って。」


ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城17

Parry
「I'm the legendary hero, aren't I?」

パリー
「僕は伝説の英雄なんでしょ?」

Parry
「Let's go, then!
Let's go and make mincemeat out of all the evil monsters and villains out there!」

パリー
「だから、行こう!
悪いモンスターと悪党全員、やっつけに行こうよ!」


「make mincemeat of ~(~をやっつける、たたきつぶす)」
「villain(悪党)」


Parry
「That's why I was born.
That's my destiny!」

パリー
「それが、僕が生まれた理由なんだ。
僕の運命なんだ!」


ドラクエ5 北米版 最終決戦前ゴータ城19

Madchen
「Your mum would be my grandma, wouldn't she, Dad?」

マドチェン
「お父様のお母様は私のおばあ様、そうでしょ、お父様?」

Madchen
「I'd love to meet my grandma.」

マドチェン
「私は、私のおばあ様に会いたい。」




ビアンカも、子供たちも、想いはひとつの様です。
そして、ヒーローの想いも……




いよいよ、最終決戦が間近に迫っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告