広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(58)

前回フェイ法律事務所で「新聞記事の切り抜き」を入手しました。

「政治家や警察官などの自殺の記事」を、生前のミアが切り抜いて集めた物のようで、
記事にはミアの直筆で「White」という文字が書き込まれていました。


今回はその記事を携えて再び「Bluecorp」に行き、「Redd White」に会います。




逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト70


White

「Well, aren't you persistent.」


ホワイト

「なんだ、君、ちょっとシツコイんじゃないか。」




「persistent(しつこい、頑固な)」




逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト71


Phoenix

「Sorry, but there's something I have to ask you.」


フェニックス

「すみませんね、でも、どうしてもあなたに聞いておかなきゃならないことがあるんですよ。」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト72


White

「Mr. Lawyer,」


ホワイト

「弁護士クン、」


White

「I really hate having to repeat myself...」


ホワイト

「何回も同じことを繰り返すのは、私は本当に嫌いなタチなんだがね…」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト80


White

「But it seems the message has not yet penetrated your thick skull...
Stop bothering me!」


ホワイト

「だが、私のメッセージは君の分厚い頭蓋骨に浸透して行っていないようだから、はっきり言おう…
いい加減迷惑なんだよ、やめてくれないか!」




「penetrate(浸透する、染み入る)」


「thick(厚い)」




White

「If you try my patience further,
I fear a nasty accident may occur.」


ホワイト

「それでもなお、まだ私の忍耐の限界に挑戦しようというのなら、
君にタチの悪いアクシデントが生じてしまうかもしれないよ。」




「patience(忍耐、我慢)」


「further(その上に、さらにまた)」




逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト73


Phoenix

(Transparent...)


フェニックス

(いよいよ直球で脅してきたな…)




「transparent(明白な、わかりやすい、見え透いた)」




上記セリフは、
ホワイトが言った「これ以上グダグダ言うなら、何が起きても知らないぞ!」という見え透いた脅しのことです。


…しかし、そんな脅しに、いちいち屈している暇はありません!

さっさとこの証拠品をホワイトに突き付けます!




逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト74


Newspaper Clipping(新聞記事の切り抜き)

Type:Other(タイプ:その他)

Retrieved at the Fey Law Office.(フェイ法律事務所にて取得した。)

「Article about a politician's suicide. The word ”White” is written in pen at the top.
(とある政治家の自殺について報じられた記事。”ホワイト”という文字が、記事の一番上にペンで書かれている。)」




「article(記事)」




補足ですが、ミアが収集していた「自殺の記事」は、たくさんファイルされてありました。

しかし、そのファイルを全部持ってくるのはさすがに大変なので、
フェニックスは「その中の1枚の記事だけ」を持ってきた、というわけです。




逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト75


Phoenix

(This is the only clue that Mia left me...)


フェニックス

(これはミアさんが僕に残してくれた、たったひとつの手掛かりだ…)


Phoenix

(I'd better make this one count!)


フェニックス

(大切に扱わなきゃ!)




「count(大切にする、重きをなす)」




逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト76


Phoenix

「Mr. White... see this?」


フェニックス

「ホワイトさん…これを見てもらえますか?」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト81


Phoenix

「It's an article describing the suicide of a politician.」


フェニックス

「これは、ある政治家の自殺を報じた記事です。」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト77


逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト78


Phoenix

「He was embezzling secret government funds.」


フェニックス

「彼は政府の機密費を横領していたようです。」




「embezzle(使い込む、横領する)」


「government(政府)」


「fund(資金)」


「secret funds(機密費)」




Phoenix

「Then, one day, word got leaked to the press.」


フェニックス

「そして、ある日、その情報が新聞社にリークされました。」


Phoenix

「The very next day he took his own life.」


フェニックス

「その翌日、彼は自らの人生に幕を引いたんです。」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト79


White

「And this concerns me how...?」


ホワイト

「で、それが私にどう関係すると言うのかね…?」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト82


Phoenix

「I found this article in Mia's office.」


フェニックス

「僕はこの記事を、ミアさんの事務所で見つけたんです。」


White

「Miss Mia...?」


ホワイト

「ミス・ミアだって…?」


Phoenix

「She had a file filled with articles like this.」


フェニックス

「こういう記事で埋め尽くされた一冊のファイルが、事務所にあったんですよ。」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト92


Phoenix

「Every one of them was labeled with a single word...
”White.”」


フェニックス

「それらの記事は、全てたった一つの言葉で分類されていました…
”ホワイト”と。」




「label(付せんやレッテルなどを貼る、分類する)」




逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト83


逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト84


Phoenix

「You were blackmailing him!」


フェニックス

「あなたは、この記事の政治家を恐喝していたんだ!」


White

「Blackmail?」


ホワイト

「恐喝だと?」


Phoenix

「Not just him, either.
You were threatening and coercing hundreds of others!」


フェニックス

「彼だけじゃありません、他にもいたはずです。
あなたは、他にも数多くの人物を脅して強請っていたんです!」


Phoenix

「You were involved in all of the suicide cases that Mia investigated!」


フェニックス

「ミアさんの調べでは、あなたはこの自殺の全てに絡んでいた!」


Phoenix

「This company is built on blackmail!」


フェニックス

「だからこの会社は、人々を恐喝することで成り立っている会社なんです!」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト85


Phoenix

「I'm right, aren't I?」


フェニックス

「その通りでしょう、違いますか?」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト86


White

「What a bizarre accusation.」


ホワイト

「これはこれは、何とも奇妙な告発だね。」




「bizarre(奇妙な、へんてこな)」


「accusation(告発、告訴)」




逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト87


White

「Mr. Wrong...」


ホワイト

「ロング君…」




上記セリフも、以前紹介した「Wright=right(正しい)」と「Wrong(間違い)」に引っ掛けた「皮肉」ですね。

更に「I'm right(僕は正しい)」というフェニックスのセリフは
「僕(の名前)はライトだ」という意味にも取ることが出来るので(「Wright」と「right」は発音が同じなため)、
「僕は正しい、僕はライトだ。」に対して「君は間違っている、君はロングだ。」とも皮肉っているのだと思います。




逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト88


White

「What is it that you should be doing now?
Investigating me?」


ホワイト

「君が今やるべきことは何かね?
私を取り調べることか?」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト93


White

「No no no. I think not!」


ホワイト

「いやいやいや。私はそうは思わんね!」


White

「You should be searching for the one who killed Miss Mia!」


ホワイト

「君がやるべきは、ミス・ミアを殺した殺人犯を捜すことだ!」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト89


Interphone

*beep*


インターホン

ピー



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト90


Interphone

[Secretary's Office, hello?]


インターホン

[はい、こちら秘書室ですが?]



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト91


White

「Mr. Wrong will be leaving now.」


ホワイト

「ロング氏がお帰りになるそうだ。」


Interphone

[Yes, sir. I'll send someone right away.]


インターホン

[了解いたしました。誰かそちらへ向かわせます。]



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト94


Phoenix

「Wait a second, Mr. White...」


フェニックス

「ちょっと待ってください、ホワイトさん…」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト95


逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト96


Phoenix

「You're wrong, Mr. White.」


フェニックス

「あなたは間違っています、ホワイトさん。」




このセリフは、「ライトのことを再三ロングロングと連呼している」ホワイトに対して
「あんたこそがロングだ!」と返したとも取れる、いわば意趣返しですね。




逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト97


White

「Excuse me?」


ホワイト

「失礼。何だって?」


Phoenix

「What I should be doing now is going after you!」


フェニックス

「僕が今しなければいけないことは、あなたを追っかけることだ、と言ったんです!」


White

「Just what are you insinuating?」


ホワイト

「随分遠回しな言い方だな、どういうことかね?」




「insinuate(遠まわしに言う、ほのめかす)」




逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト101


Phoenix

「Mia was on to you.
She was keeping tabs.」


フェニックス

「ミアさんはあなたを疑っていた。
だからあなたを追っていたんです。」




「be on(まつわる、つながる)」


「keep tabs(監視する、注意する)」




Phoenix

「For this reason you had April May tapping her phone.」


フェニックス

「一方あなたは、自分のことを探っているミアさんの電話を、逆にエイプリル・メイに盗聴させたんです。」




「for a reason(事情があって)」

上記セリフ「for this reason」とは、「ミアがホワイトを色々探っている、という事を理由として」という意味。




Phoenix

「Then, Mia was murdered,
and all the documents about you mysteriously disappeared.」


フェニックス

「そしてミアさんは何者かに殺害され、
ミアさんが持っていたあなたに関する書類は、不思議なことに全てどこかへ消え去ってしまった。」



逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト98


Phoenix

「So, the culprit would be...?」


フェニックス

「それでは、その犯人とは一体…?」




「culprit(犯人)」




逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト99


逆転裁判 北米版 ブルーコープ レッド・ホワイト100


Phoenix

「Even a child could work it out, Mr. White.
You did it!」


フェニックス

「子供でも簡単に分かることですよ、ホワイトさん。
あなたがやったんだ、とね!」




ぃよっしゃぁぁぁぁ!!!
よく言ったフェニックスゥゥゥ!!!

どーだ!見たか!グゥの音も出ないだろぉがぁぁ!!
ざまぁみさらせぇぇぇ!!!
この赤白野郎がぁぁぁ!!!!



……興奮してしまいました。^^;

大変申し訳ありません。^^;


しかし、やっと真犯人にたどり着きましたね!

ホワイトに対して殺人の告発をしてやりました!


…しかし、いつもは饒舌なホワイトが、珍しく口数少なに大人しく話を聞いているのが何とも不気味です。



そうです、これが嵐の前の静けさというヤツです!

あのホワイトが、このまま言われっぱなしで終わるワケがありません!

当然この後、まず間違いなく反撃してくることでしょう。



それでは次回、この続きからお送りいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告