Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(75)

今回はちょっと番外編です。


前回のセリフの中で重要なポイントがありましたので、今回はそこを解説したいと思います。




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷355


Phoenix

(”$1,000.00”... wow, big spender!)


フェニックス

(”1,000ドル”…うわ、これはまた随分気前よく使ったもんだな!)




前回フェニックスが「レシートの購入金額」を見た時の場面ですね。

この場面の何が重要かというと、通貨単位が「$(ドル)」になっている、ということです!


…ふーん。で?

北米版なんだから当たり前だろ!


はい、その通りですね。(笑)

当ゲーム「Phoenix Wright Ace Attorney」は「北米(北アメリカ)向け」に発売されたソフトです。

ゲーム内の通貨単位に「$(米ドル)」が使われていても何ら不思議ではありません。

しかし、このゲームは「日本で発売された日本製のゲーム」である「逆転裁判(の北米版)」でもあるのです!


うん。で、何が言いたいの?


それでは解説したいと思います。(笑)


まず、「逆転裁判」の舞台は「現代日本」です。

劇中で具体的に「日本のどこ」という描写はありませんが、
雰囲気的に首都圏、あるいはその近郊、もしくは隣接県の都市をモデルにしていると思います。

そして何より「登場人物のほとんど全てが日本人」であることから、
「舞台は日本のどこかの架空の街」であることは間違いありません。


日本版のこの場面でも、金額は忘れましたが、少なくとも通貨単位は「円」でした。



一方北米版では、この場面で使われている通貨単位が「ドル(アメリカドル)」になっています。

また登場人物も全て「英語圏の人名」に改名されており、
現時点で各人物の「人種」までははっきりしていませんが、
少なくとも「日本人」である人物は「今のところ登場していない」と思われます。



結論を言いますと、「日本版の逆転裁判の世界」は「現代日本」でしたが、
「北米版のPhoenix Wright Ace Attorneyの世界」は「現代アメリカ」なのです。


今更なんだよ、そんなことか。

北米で発売されてるんだから、そんなの当たり前だろ!


ま、その通りですね。(笑)

「日本産のゲーム」ですが、だからと言って「舞台を日本のまま」にしておく必然性はあまりありません。

むしろ「舞台はアメリカ」に変えた方が、「アメリカ人に対して」感情移入させやすいことでしょう。

この改変は至って当たり前のことなのです。



重要なのは、

「日本が舞台」という前提で制作されたこのゲームの「各種設定」や「情景描写」などは、
「舞台が日本だから」不自然さがないと言えるわけです。

当たり前ですね。


しかし、「アメリカが舞台」に変わっているのなら、
当然そこには「日本とアメリカの違い」からくる「不自然さ」が出てきてしまうかもしれません。

これも当たり前ですね。

「社会や文化そのもの」が日本とアメリカでは違います。
価値観も宗教観も、何もかも。

…勿論日本とアメリカで「共通している部分」も多いですけどね。



おそらく日本語から英語にローカライズするにあたって、
これらの「不自然さや違和感」が出ないように上手く調整されているのだとは思います。

少なくとも「現時点まで」ではそういったものがあまり出てきていないと思いますが、
やはり「フェイの超能力」すなわち「霊媒」に対しては
「この先大丈夫なのだろうか?違和感なく表現できるのか?」という思いがあります。(私には。^^;)


また、「エイプリルにキスされたベルボーイ」の表現も、
日本版と北米版ではニュアンス的に「若干」変更されています。(詳しくはこちらを参照してください。)

この辺りは「違和感なく自然に」上手く改変が行われていると思います。

おそらくこれから出てくる「日本特有と思われる描写」についても「上手く変更」されているのだと思いますが。



ハッキリ言いまして、
そういう「描写やニュアンスの変更」が
楽しみで楽しみで、しょうがありません!(笑)


これはまさに「北米版プレイ日記」の醍醐味と言えると思います!(笑)


はい、今回の日記では、解説というよりただこれが言いたかっただけです。(笑)




それでは引き続き、今までスルーしていた部分の解説をしたいと思います。(私が思いつく範囲で。^^;)



まずはこれ。




2オープニング9


???

Like... burgers! I could really go for a good burger.


???

例えば…バーガー!私、美味しいバーガーのためなら、どこへでも行くよ!




この場面は、本エピソード冒頭での「マヤとミアの電話での会話」の一幕です。

ミアが「夕飯を一緒に食べに行こう。何を食べに行きたい?」と聞いたのに対し、
このセリフを発した人物(マヤ)は「burger(ハンバーガー)」を食べに行きたい!と返した場面です。


日本版の「綾里真宵」はこの場面で「ミソラーメン」と言いますが、北米版では「burger」に変わっていますね。



これは、この後も随所で出てくる「Maya Fey(綾里真宵)」の「大好物」なのですが、
彼女の人物設定からして「大好物は大衆食」である必要があります。

「高級料理ではないが、美味しくて人気のある大衆食」としては、アメリカならやはり「ハンバーガー」でしょう。


勿論アメリカにも「味噌」や「ラーメン」はありますし、
「miso ramen(ミソラーメン)」自体知っている人は知っていると思いますが、
日本人が感じる「ミソラーメン」という単語に対する印象に「より近い」のは、
アメリカ人にとっては「burger」の方なのです。

「burger」の方が、アメリカ人には「よりピンときやすく一般的」であり、
「miso ramen」よりも「日本人が受けるミソラーメンの印象」に「より近い」存在なわけです。

そして「Maya Fey」という人物自体が「アメリカ社会の住人」である以上、
「burger」が大好物、という設定にした方が違和感がありませんね。


もし北米版でも日本版そのままの「miso ramen」だった場合、

日本版で例えるならば
「綾里真宵の大好物はクラムチャウダー」というくらいの違和感です。(笑)


もしこうだったら、日本人でも知っている人は知ってるけど、
なんだソレ?とピンとこない人も多いかもしれませんね。^^;


そもそも「綾里真宵(Maya Fey)」の人物設定から大きく逸脱してしまいます。(笑)

(この辺は未プレイの人では分からない感覚だと思いますが。^^;)




それでは次に、別の場面の解説です。




EP1法廷ラスト64


Phoenix

「The clock wasn't three hours slow, it was nine hours fast!」


フェニックス

「時計は3時間遅れていたわけではなく、9時間進んでいたのです!」




この場面は、前回のエピソード1で「凶器であるシンカーが3時間遅れていたこと」に対して
フェニックスが説明した場面です。(詳しくはこちら。)


上記の場面のセリフは、
シンカーの持ち主である被害者が「海外との時差」を直していなかった、と言っている場面であり、
被害者が旅行した先は「フランスのParis(パリ)」でした。


日本とパリの時差は「約8時間」。

上記セリフで「9時間の時差」と言っている以上、ここからも「舞台は日本ではない」ということがわかりますね。


一方上記のセリフ通り「パリと約9時間の時差がある」アメリカの地域は「西海岸」であり、
もっと具体的に言うと「カリフォルニア州近辺」ということになります。


アメリカはその国土が非常に広いため、国内にも時差があります。

「パリと9時間の時差がある」のなら、「そこはアメリカ西部である」とハッキリ特定することが出来ます。

すなわち「フェニックスたちが生活している都市」は「アメリカ西海岸」に在るということになります。^^;


マジッスか!!


…ちなみに「Ace Attorney Wiki」によれば「Los Angeles(ロサンゼルス)」なのだそうです。

「ロサンゼルスだ」とハッキリ言い切っています。(笑)

ロサンゼルスだとする根拠についてはよく分かりませんでしたが、
現時点で詳しく調べるつもりは毛頭ありません。(笑)

…もしかしたら、この後劇中で何か説明があるのかもしれませんしね。



…それにしても、日本版をプレイ済みの私としては
舞台はアメリカ西海岸!
カリフォルニア州ロサンゼルスだ!

という設定に、なんかすごい違和感を感じてしまいます。(笑)



以上のような北米版ならではの変更点が、おそらくこれからも数多く登場すると思います。

ほんと、非常に楽しみです。(笑)



さて、それでは解説はこのくらいにして、
次回はゲームに戻って「法廷パート再開」の場面からスタートしたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: