広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(77)

逆転裁判 北米版 フェニックス法廷276


-- The Wiretapping --


--盗聴器を仕掛けたこと--




前回なんとか「最後の反対尋問」に漕ぎ着けることが出来たフェニックス。

今回はホワイトに再度反対尋問を行います。


ホワイトの証言内容は以前と全く同じですので、ここでの紹介は割愛します。


それではさっさと証言に矛盾している「例の証拠品」を突き付けてやりましょう!




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷299


White

That is when I saw this glass light stand.


ホワイト

その時に、ガラスで出来たライト・スタンドを見たんだ。




勿論この証言はこの証拠品とバッチリ矛盾しています!




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開19


Receipt(レシート)

Type:Evidence(タイプ:証拠品)

Retrieved at the Fey Law Office.(フェイ法律事務所にて取得した。)

「Receipt for a glass light stand. The date of purchase is the day before the murder.
(ガラスのライト・スタンドを購入したことを証明するレシート。購入日付は殺人前日。)」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開20


Phoenix

「Look closely at this.」


フェニックス

「こいつをよーく見てください。」


Phoenix

「See the word ”Maya” written in blood...?」


フェニックス

「血で”マヤ”という文字が書かれているのが見えますね…?」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開21


Edgeworth

「Bwah hah!
You're grasping!」


エッジワース

「フッフッフ!
それが何を意味しているか、君はちゃんと把握しているはずだろう!」




「grasp(把握する、理解する)」




上記セリフでエッジワースは「その文字を書いたのは君だろ!」と「言外に」言っています。

検察側のエッジワースは、
「この血文字は、真犯人であるフェニックスが、マヤに罪を着せるために書いた”偽装工作”である。」
という立場をとっているためです。


…もしかしたらエッジワースは「この血文字を書いたのは、本当は誰なのか」を知っているのかもしれませんが、
それはともかくとして、彼がここで主張しているのは、
「ここでそれを提示しても何の意味もない。それは君の状況を”不利にする”証拠品だからだ。
そもそも現在の状況において”その血文字”の何を主張したとしても事態は何も好転しないぞ。」
と言っており、「そのことは君も「grasp」しているだろ?」と言っているのです。



…ところで話は変わりますが、このエッジワースのセリフ、
一行目に「Bwah hah!」とか書いてありますね……


これは「何言ってんだお前!チャンチャラおかしいわ!」という感じの「笑い声」で、
普通に読むと「ブワッハー!」となります。^^;


こんな笑い方、そのまま日本語訳に出来るか!!


そんなことしたらキャラ破壊もいいとこですね。^^;




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開22


Phoenix

「I think not.
Look at the other side of the receipt.」


フェニックス

「何言ってんです。
僕は、このレシートの別の面を見てください、と言ってるんですよ。」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開23


Edgeworth

「Th-the other side?」


エッジワース

「べ、別の面だと?」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開24


Phoenix

「Your Honor.」


フェニックス

「裁判官。」


Phoenix

「Would you tell the court
what is written on the other side of that receipt?」


フェニックス

「そのレシートの裏面に何が書かれているのか、
当法廷に向けて読み上げていただけますか?」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開25


Judge

「Hmm...」


裁判官

「ふーむ…」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開26


Judge

「Well!」


裁判官

「なんと!」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開27


Judge

「A ”glass light stand”!」


裁判官

「”ガラスのライト・スタンド”と書いてあります!」


Judge

「And the date of purchase...」


裁判官

「そして、購入日付は…」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開28


Judge

「Why, that's the day before the murder!」


裁判官

「なんということだ、殺人の前日ではないですか!」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開29


逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開30


Phoenix

「You see!」


フェニックス

「これでお判りでしょう!」


Phoenix

「Mr. White.」


フェニックス

「ホワイトさん。」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開31


Phoenix

「When you allegedly entered Fey & Co. Law Offices
at the beginning of September...」


フェニックス

「あなたが主張するところでは、
あなたは9月の初めにフェイ商事法律事務所に侵入したらしいですけど…」




「allegedly(聞くところによると、申し立てによると)」=「真偽は別として、伝聞で聞いたところでは」の意。




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開32


Phoenix

「The stand could not have been there!」


フェニックス

「その時にスタンドが事務所に存在するなんてことは、絶対に有り得ません!」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開33


逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開34


White

「aaaaaaaaaaaaaaa
aaaaaaaaaaaaahh!?」


ホワイト

「あああああああああああああああ
ああああああああああああああっ!?」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開35


Phoenix

「Well, Mr. White?」


フェニックス

「いかがですか、ホワイトさん?」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開36


Phoenix

「Can't get out of this one, can you?」


フェニックス

「もう言い逃れは出来ない、そうでしょう?」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開37


White

「No...
It's impossachievable...」


ホワイト

「ばかな…
こんなことは有り得難くもおこがましい…」




いや、さすがにこれはやり過ぎッスわ。^^;


なんだよ「impossachievable」って……^^;

原型は間違いなく「impossible」なんでしょうけど…^^;

「はらわた煮えくり返りつつ、茫然自失」という彼の心境を表した造語なんでしょうね。(笑)


私の日本語訳ももはやなんとなくでやっちゃってます。(笑)




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開38


Phoenix

(Uh oh... he's losing it.)


フェニックス

(どうやら…我を忘れているみたいだな。)




「lose it(平静を失う、カッとなる)」




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開39


逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開40


Phoenix

「Well, Your Honor.」


フェニックス

「いかがですか、裁判官。」


Phoenix

「I understand there must be quite a bit of PRESSURE on you.」


フェニックス

「ちょっとかなりのプレッシャーをあなたにかけることになってしまうとは思いますけどね。」




「pressure(プレッシャー、圧力、重圧)」




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開41


Phoenix

「But I think you'll agree
you can't judge me ”guilty” under these circumstances.」


フェニックス

「でも敢えて言わせていただきますけど、この状況下ではあなたは僕に対して”有罪”の判決を下すことは出来ない、
そしてあなたはそのことに同意せざるを得ない、と思いますよ。」




「circumstance(状況、事情、人のおかれた環境)」




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開42


逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開43


逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開44


Judge

「Very well.」


裁判官

「わかりました。」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷再開45


Judge

「Then, that is all for the trial of...」


裁判官

「それでは、以上をもってこの審理は…」




これで裁判の終わりがついにキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

……わけないですよね。^^;



そうです。

最後の裁判官のセリフが「途中で」終わっているところを見るに
このままスンナリ行くとは思えません。^^;

もちろんあのヒトこのまま黙って見過ごすわけがありませんね。^^;



それでは次回、この場面の続きから再開したいと思います。


ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告