広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(82)

逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング1


「Episode 3
Turnabout Samurai」




逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング2


「Grrah!
You have disgraced me for the last time, Steel Samurai!」


「グラァァッ!
お主が拙者の名を汚すのも、今宵が最期じゃ、スティール・サムライ!」




「disgrace(恥となる、不名誉となる)」⇔「grace」




逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング3


「The pale moon in the sky cries for your blood!」


「夜空の仄暗い月も、お主の血を見て更に涙を流すことになろう!」




「pale(青ざめた、薄暗い)」




逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング4


逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング5


「The moon?
No, it is you who should gaze upon the moon...」


「月、とな?
否、月を見上げ熟視すべきはお主の方…」




「gaze(熟視する、じっと見る)」


「gaze upon ~(~を見上げる)」




逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング6


「For it will be the last moon you ever see!」


「今宵の月こそ、お主の見る最後の月となるのだから!」



逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング7


逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング8


逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング9


「See you in hell,
Evil Magistrate!」


「さらばじゃ、黄泉へと旅立て、
イービル・マジストレイト!」




「see you in hell」=「farewell, goodbye」。ただし、「死別」のニュアンスがある。

直訳では「地獄で会おう」。


「magistrate(司法権限を持つ行政長官、奉行)」


「Evil Magistrate」=直訳では「悪奉行」。ただしここでは「固有名詞」として扱われている。




逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング10


「Whoooooooaaaaaaa!」


「ウォォォォォォォァァァァァァァ!」



逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング11


逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング12




逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング13


「The warriors' swords gleam and strike in the moonlight!」


「月光照らすその刹那、戦士たちの刀と刀がきらりと光り兵刃を交えた!」




「gleam(瞬間的なきらめき)」




逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング14


「One has fallen... but who?
Only the moon knows!」


「一人の兵(つわもの)が地に膝着いた…果たしてそれはどちらだったのか?
その答えは、月だけが知っている!」



逆転裁判 北米版 スティール・サムライ オープニング15


「Don't miss next week's exciting episode:
The Dark Messenger Returns!”」


「次週”闇の使者、再び!
熱き戦いを見逃すな!」




逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所1


October 14, 5:31 PM
Wright & Co. Law Offices


10月14日、午後5時31分
ライト商事法律事務所



逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所2


Maya

「That rocked!」


マヤ

「いや~、魂を揺さぶられたよ!」




「rock(揺する、強く動かす)」




逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所3


Maya

「”See you in Hell,
Evil Magistrate!!!”」


マヤ

「”地獄で会おう、
イービル・マジストレイト!!!”」




このセリフでは「Hell」と頭文字が大文字になっていることに注意。

前述の「See you in hell.(さらばじゃ。)」よりも「地獄で」というニュアンスが強調されている。




逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所4


Phoenix

「Whoa!
Stop waving that broom around!」


フェニックス

「うわっ!
やめろよ、ホウキを振り回すな!」




「wave(揺り動かす、振る、振り回す)」


「broom(ほうき)」




逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所5


Maya

「Oh, Nick!
I didn't know you were here!」


マヤ

「あれ、ニック!
居たのに気付かなかったよ!」


Phoenix

「Of course I'm here!」


フェニックス

「居て当たり前だろ!」



逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所6


Phoenix

「What was that surreal show you were watching?」


フェニックス

「ところで、なんだよ、君が観てたあのシュールなテレビ番組は?」



逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所7


Maya

「What!?
Nick, you mean, you don't know the Steel Samurai!?」


マヤ

「えぇっ!?
まさかニック、スティール・サムライ知らないの!?」



逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所8


Maya

「He's only the most popular TV hero for young people!」


マヤ

「今ヤングの間で最も人気のあるテレビ・ヒーローなんだよ!」


Phoenix

「Young...?
Like, how young?」


フェニックス

「ヤング…?
それって、いくつくらいの?」



逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所9


Maya

「Umm... 10 years old?」


マヤ

「うーんと…10歳くらい?」



逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所10


Phoenix

「Then what the heck are YOU doing getting all excited!?」


フェニックス

「そんなものに君はあれだけ興奮してたっての!?」




「What the heck?(なにやってんだ?)」




説明するまでもないかもしれませんが、一応。

上記のセリフは

「対象年齢10歳のテレビ番組に、いい歳したマヤがハマってるのか!?」

というフェニックスの呆れの感情が込められています(笑)




逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所11


Maya

「Hey! I'm only 17!」


マヤ

「ちょっと!私はまだ17歳だよ!」



逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所12


Maya

「That's seven-”teen.” See?
I'm a teen! Not like you, Nick.」


マヤ

「”じゅう”なな歳だよ。わかる?
私はティーンなの!ニックとは違うんだからね。」




「teen」=「teen-ager(ティーン・エイジャー)」のこと。

通例「teen」と付く「13歳(thirteen)~19歳(nineteen)」に対して使う。




前のセリフで「10 years old」が対象のテレビ番組だ、と言ったことに対してフェニックスが呆れたので、

「自分(マヤ)は10の属性(teen)に属している。フェニックスと違ってまだ全然若いヤング(young)なんだよ!」

と言っているのです。




逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所17


Phoenix

「Hey! Don't talk to me like I'm your grandpa or something.
I'm only 24 myself.」


フェニックス

「おい!僕をおじいさんか何かみたいに言うなよ。
僕だってまだ24歳なんだぞ。」



逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所13


Maya

「Then watch it with me!
He's really cool!
And... it's really popular!」


マヤ

「それじゃ一緒に見ようよ!
スティール・サムライ、ほんとにカッコいいんだよ!
それに…大人気だし!」



逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所14


Maya

「When they asked grade school kids what they wanted to be,
”Steel Samurai” was no.1!」


マヤ

「小学生たちに将来何になりたいかって聞いたら、
”スティール・サムライ”って答えが一番多かった、ってくらいに!」


Phoenix

「I really worry about kids these days.」


フェニックス

「近頃の子供たちは、本当に心配だな。」


Maya

「Gramps!」


マヤ

「おじいちゃんみたい!」




「gramp(おじいちゃん)」=「grandpa, old man」。「grandpa」を省略した形。




逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所15


Maya

「Well, the Steel Samurai's over.
I guess it's time to close up the office.」


マヤ

「さて、スティール・サムライも終わったことだし。
この事務所も、今日の営業はそろそろ終わりにしようか。」




なんだそりゃ!

子供向けヒーロー番組が時報替わりかい!




逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所16


Phoenix

「I guess...」


フェニックス

「そうだね…」




そうなのかい!




逆転裁判 北米版 オープニング ライト法律事務所18


Phoenix

「Wish we had some clients!」


フェニックス

「なんでもいいから依頼人が欲しいよ!」




…どうやら「Wright & Co. Law Offices」はとても暇なようです。^^;

営業時間中に「子供向けヒーロー番組」を見てられる位に……(笑)



それではここで、その子供向けヒーロー番組「The Steel Samurai(ザ・スティール・サムライ)」の解説をします。


実は、前のエピソードでも少し出てきていました。

「マヤの携帯電話についていたストラップ」が、この「The Steel Samurai」のストラップだった、
というシーンがありましたね。(詳しくはこちら。)


この「The Steel Samurai」の詳細についてはゲーム内でも後々いろいろと出てきますので、
ここではあまり詳細に触れませんが、
かいつまんで説明すると
「主人公の「Steel Samurai」と、敵の「Evil Magistrate」の戦い」を描いたストーリーで、
若き「teen-ager(主に小学生)」たちに大人気の「ヒーローモノ」のテレビ番組のようです。

「Steel Samurai」は直訳すると「鉄の侍」。日本版では「トノサマン」という名前でした。

「Evil Magistrate」は「悪の奉行」という意味で、日本版では「アクダイカーン」でした。


…「殿様(トノサマン)」と「侍(Samurai)」、「代官(アクダイカーン)」と「奉行(Magistrate)」は
日本版と北米版ではそれぞれ、
その意味するところが若干ニュアンス違いになっていると思いますが…^^;


ま、大したことないでしょう。(笑)


この辺りも色々と調べてみると面白いかもしれませんね。



さて、それでは次回は、この続きの場面から再開したいと思います。


ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告