広告

DRAGON QUEST IV 北米版プレイ日記(8)

それでは今回より、バーランドを出発して「Strathbaile」へ向かいます。


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ1


バーランドを出てフィールドに出た所です。
ここから先は、敵であるモンスターたちが出現します。

当日記では、RPGで言う所の、いわゆる「経験値稼ぎ」や「お金稼ぎ」は「極力しない方向で」プレイしていきます。
理由は出来る限りの時間短縮のためです。

とは言え、レベルが低すぎたり、金欠による装備不足も極力避けたいので、
道中に出てくる敵モンスターは出来る限り倒していきます。

また、プレイルートは基本的に「寄り道無しの最短コース」を進んで行きたいと思います。



ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ2


こちらが「Ragnar McRyan」の「Attribute」画面です。
職業は「Soldier(兵士)」で、「Level」は1です。

日本版では「戦士(Warrior)」でしたが、
北米版では王国に仕える「Soldier(兵士)」というニュアンスが強いですね。


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ3


これが現時点でのラグナーの所持品です。
装備品は上から
「Copper sword(銅製の剣)」
「Leather armour(革製の鎧)」
「Leather shield(革製の盾)」
で、2枚の「Medicinal herb(薬用のハーブ)」を持っています。

装備はレザー・シールド以外はラグナーの初期装備で、
レザー・シールドも「バーランドの民家のタンス」から失敬してきたものです(笑)


前回「バーランドの兵士」が嘆いていた通り非常に貧弱な装備ですね^^;
バーランドには「武器屋」や「防具屋」があり、確かこれらより強い装備品を売っていたと思いますが、
現時点でのラグナーの所持金は「108G」ですので、バーランドでは一切買い物はしませんでした。

当たり前ですがお金は貴重ですので(笑)
極力出費を防ぎ節約冒険を心がけます(笑)

また、メディシナル・ハーブも貴重品ですので、こちらも極力温存します。



では、前回得た情報を頼りに、まずは「西」へ向かいます。

ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ4


しばらく歩いていると、モンスターが出現しました。

「Slime(スライム)」は説明不要の「ドラクエシリーズおなじみの」モンスターですね。

「Wiggly(ウィグリー)」という単語は「蛇や虫のようにクネクネ動く」という意味です。
このモンスターは日本版では「大ミミズ」という名前でしたが、
北米版の名前を日本語訳すると「クネクネ」とでもなるのでしょうか。

静止画ではわかりませんが、DS版ドラクエ4のモンスターたちには「アニメーション」があり、
戦闘画面中で様々な動きを見せてくれます。
待機中も「待機モーション」があり、この「Wiggly」はその名の通り「ウネウネとうねって」います。
それがこの名前の由来でしょう。

NES版では確か「Big worm」とかそんな名前だったと思いますが、ちょっと定かでありません^^;
NES版には「モンスターのアニメーション」は有りませんでしたから、
見た目そのままの「大蠕虫(だいぜんちゅう)」とでもいうような名前だったと思います。


彼らは序盤の敵だけあって非常に弱く、
逆にラグナーは「Soldier」というだけあって、
貧弱な装備ながらも元々の「攻撃力」と「防御力」がそこそこ高いため、
「Slime」も「Wiggly」も全くもって問題になりません


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ5

「Ragnar receives 4 experience pojnts!」

「ラグナーは4経験ポイントを受けた!」


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ6

「Ragnar obtains 8 gold coins!」

「ラグナーは8枚の金貨を手に入れた!」


最初の「Experience point(エクスペリエンス・ポイント)」は、日本版の「経験値」と全く同義です。
これが規定値まで達すると「Level」が上昇してキャラクターは「強く」なります。

RPGの基本中の基本ですね。


次の「8 gold coins」は「お金」ですが、
日本版では「8ゴールド」だったのに対し、北米版では「8枚の金貨」となっています。

この辺りの詳しい説明はDRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(9)を参照してください。




ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ7


戦闘を終えしばらく西の方角へ歩いていくと、大きな洞窟が見えてきます。
これが「Strathbaile」へ向かうための大穴「Strathbaile Burrow(ストラスベイル・バロウ)」なのでしょう。

早速中へ入ります。


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ8
ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ9


内部はこのような、岩肌むき出しの洞窟になっています。

ここに出現するモンスターたちもフィールドに出てくるモンスターと同様に弱いので、
楽々と蹴散らしながら進んで行きます。

途中の戦闘で、ラグナーのレベルがアップしました。


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ10

「Ragnar's level increases to Lv.2!」

「ラグナーのレベルが、レベル2に増加した!」


「increase(増加する、増大する)」


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ11

「Maximum HP increase by 3!」

「最大HPが3増加した!」


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ12

「Ragnar's attributes improve!」

「ラグナーの特性が進歩した!」


「attribute(属性、特性、性質)」
「improve(進歩する、改善する、上達する)」


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ13

「Strength +3 Agility +1 Resilience +0
Wisdom +0 Luck +1」

「力+3 俊敏性+1 弾性+0
知恵+0 幸運+1」


上記は敢えて直訳にしていますが、おおよそ日本版の何に相当しているかが分かるでしょう。
ただ、「Resilience(弾性、反発、復元力、回復力)」だけは、日本版とちょっと違う印象を受けますね。

日本版では「みのまもり」であり、「体の硬さ、丈夫さ」というニュアンスでしたが、
北米版では「攻撃を弾く性質」というようなニュアンスになっています。
ただ、日米では名前のニュアンスが違うだけで、ゲームにおいてはどちらも「防御力」に影響する値で全く同じです。

なお、今回は序盤ですので、ある程度詳細に紹介しましたが、
これ以降の道中での雑魚戦は特に理由がない限りは割愛します。




さて、更に大穴を進んで行くと、途中に「同業者」と思われる人物がいます。


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ15

*:「Ach, it's you Ragnar!
Are ye on yer way tae Strathbaile, too?」

*:「おっ、オメはラグナーでねか!
オメもストラスベイルさ向かってるだか?」


彼もラグナー同様「バーランドの兵士」のようですね。

彼と一緒に行けたら心強いのですが、
残念ながら仲間にすることは出来ません^^;
仕方ないので一人で先へ進みます。



この大穴は最初のダンジョンだけあって、
というか「ダンジョン」というより、ただの「通り道」ですので、行程は非常に短いです。
しばらく北上していると、のぼり階段が見えてきます。


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ16


この階段をのぼります。


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ17

すると、このように出口となり、再びフィールドに出ます。

南に見える大穴が「バーランド側」の入口ですね。
この「Strathbaile Burrow」は、川を越えて北と南を行き来する「地底トンネル」なのです。

北西の方角に何かが見えていますが、あれは「塔」です。
しかし、川に囲まれていて徒歩で侵入することは出来ませんので、現時点では無視します。


ここから更に「北東」の方角へ歩いていきます。


ドラクエ4 北米版 ストラスベイルへ18


するとすぐに、村があるのが見えてきます。
これが「Strathbaile(ストラスベイル)」なのでしょう。



それでは次回、ストラスベイルを訪問し、人々に話を聞いてみることにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告