DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(27)

ウィールブルックに帰ってきました。

ウィールブルックと言えば、そう!
この人です(笑)

wb1

Sancho
「Hola, señor!
I, I eso happy to esee you.
Cómo está? How are you feeling now?
Are you estill a leettle unwell?
Qué? Eet was just a cold? Ha ha ha! Bravo, bravo!
Ah, Sí... While you have been away, señor, thees letter, he came for you.」

サンチョ
「オラ、セニョール!
私は、私はあなたに(また)会えてとても嬉しい。
コモ・エスタ?今、体調はどうなんですか?
まだ少し調子が良くないのですか?
ケ?風邪をひいていただけですって?ハハハ!ブラボー、ブラボー!
ああ、そうだ…セニョール、あなたが出かけてからしばらくして、あなた宛にこのお手紙が届いたのですが。」



スペイン訛りの"Señor"サンチョです(笑)
長文になってしまいましたが、
相変わらずのスペイン訛り全開で、「I'm happy to see you too, señor Sancho.」ですね(笑)

「hola(オラ)」は、英語の「hallo」や「hi」にあたる、「やあ」「どうも」というような意味です。

「Cómo está?(コモ・エスタ?)」は、「体調いかがですか?」「お元気ですか?」などの意味で、
英語の「How about you?」に相当しますが、少し改まった丁寧な言い方だそうです。

「Qué?(ケ?)」は、「え?」「なんですって?」という意味、英語の「what?」にあたります。

「blavo(ブラボー)」は、英語としても使われますし、日本語でもおなじみですね。
ここでは「よかった、よかった!」的なニュアンスで使われています。


サンチョがパンクラスに手紙を渡し、
ヒーローには「長旅で疲れたでしょう。今日はゆっくりお休みなさい。」と言い、
そのまま就寝、夜が明けます。

翌日、パンクラスに話しかけると、
「少し調べることがあるから、今日は家に居る。
くれぐれも町(town)の外には出るんじゃないぞ。わかったな?」と念を押されます^^;

そうは言われても暇なので(笑)村をぶらついて見ましょう。


サンチョは、「私のまな板をどこかに隠したのはあなたじゃないですよね、坊ちゃん?
ヘンだなあ、誰かが私をゲームに巻き込んでいるみたいだ。」とヒーローに濡れ衣を着せてきます^^;
いや、今起きたとこですし。


教会の前には、なにやら見たことのある格好の青年がいます。

wb2

*:「Hello. That's an interesting-looking gem you've got there.
It's a gold orb, you say?
May I have a closer look?」

*:「こんにちは。君は興味深い宝石を持っているね。
ゴールド・オーブっていうのかい?
(手にとって)よく見せてもらってもいいかな?」


怪しさ満点ですが(笑)、
ここは「Yes」と言っておきます。


「Hero hands over the gold orb.」

「ヒーローはゴールド・オーブを手渡した。」

*:「Wow. It's even prettier up close.」

*:「すごい。間近で見るとさらにきれいだ。」

「The man hands the gold orb back to Hero.」

「男はゴールド・オーブをヒーローに返した。」

*:「Erm, make sure you take good care of your father, okay?」

*:「あー、お父さんを大事にするんだよ、いいね?」


これも時が来ればわかる系イベントですが、
まあ、大体想像は付きますね。
最後の台詞は意味深ですね。


教会のシスターは「教会の外にいる素敵なひとは、まだいるのかしら?
どうしましょ、どうしましょ…もし彼が私に会いたいと思っているのなら…」。

おいおい…^^;


村入り口近くの家のおばあちゃんは「少し目を離した隙に鍋がすっかりきれいに舐められていたのよ!
ウチのおじいちゃん、おなかが減ったならそういってくれればいいのに!」と言い、
当のおじいちゃんは「わしは食べてないぞ、誓ってな!
あのわしの妻は気性が激しくてな!時々わしを子ども扱いするんじゃ!」と言っています。



「わしの妻は気性が激しい」は原文では「that old dragon of a wife of mine.」
「dragon(ドラゴン)」は言わずと知れた「龍」という意味ですが、
口語表現で「気性の激しい(女の)人」という意味もあるそうです。



宿屋の主人は「おい!誰かが宿帳にヘンなメッセージを書いていったぞ!お前じゃないよな、ぼうず?」
とかなりお怒りの様子^^;

宿屋地下のバーのマスターは
「おかしいなあ。ここ(カウンターの上)にグラスなんて(置いて)なかったのに。
さっきからヘンなことばっかり起こってるみたいだ。」


どうやら、村でヘンな現象が多発しているみたいですが、
バーカウンターの上に思いっきり怪しいモノがいます(笑)


長くなりましたので、次回に続きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: