DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(28)

前回の続きです。

バーカウンターの上にいる、怪しげな人物に話しかけてみます。

wb3

*:「Yikes! You can see me!?
Yippee! At last, someone who can see me!
Who am I? Tee hee! I might tell you, but not here.
One of the houses here in the village has a room in the cellar.
Come and meet me there. Race you!」

*:「きゃっ!あなた、私が見えるの!?
やったぁ!ついに私のことが見える人に出会えたわ!
私が誰かって?うふふ!教えるかもしれないけど、でもここでじゃないわ。
この村に地下室のある家があるでしょ。
そこで落ち合いましょ。競争よ!」


見た目半透明の女性のようですが、言動はどことなく子供っぽいというか、
いたずらっぽいですね。

「yikes(ヤイクス)」は驚き、「yippee(イピー)」は喜びを表す時に使う、
女性言葉のスラングです。
「tee hee(ティー・ヒー)」は女性の笑い方で「うふふ」とか「えへへ」とかに相当します。


地下室のある家はここの宿屋以外には1つしかありませんので、すぐに向かいます。


ヒーローの家の地下室に到着しました。

wb4

*:「You came! But I beat you!
My name's Honey. I'm a faerie!」

*:「来たのね!でも私の勝ちよ!
私の名前はハニー。フェアリー(妖精)よ!」


わかりづらいですが^^;
「I beat you!」は競争の勝敗に関してです^^;

日本版ドラクエでの彼女の名前は「ベラ」。
北米版での「Honey(ハニー=蜂蜜)」という名前については後述します。


ハニー
「実は私たちの世界 -フェアリー・ランド(妖精の国)- は今大変な危機に陥っているの。」
「だから私が人間の世界に派遣されて、助けてくれる人を探していたんだけど、
でもここの人たちは全員私のことを無視するのよ。」
「うふふ!それで、ここの人たちが私に目を向けるように、少しいたずらをしたわ。」
「そしてそれは大成功!あなたが来てくれ-」
「シッ!誰か来たわ!」

パンクラスがやってきました。
「下で話し声が聞こえるから、てっきりお前が誰かと遊んでいるのかと思ったが、お前一人だな。」
「ブルル。ここは寒い。独り言(talking to yourself)はやめて、風邪をひく前に上に上がってきなさい。」
と言って、また上に戻っていくパンクラス。

ハニー
「うふふ!やっぱりね。他の人には私が見えないのよ。」
「ところで、私と一緒に私の国に来てくれる?」

Honey
「Then Treacle will tell you everything.」

ハニー
「それじゃあ、トリークルが全てを話すわ。」


こうして、選択権なく^^;
地下室に不思議な光の階段が現れて、
ヒーローとセイバーは光に包まれます。

次回、フェアリー・ランドの冒険が始まります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: