広告

DRAGON QUEST IV 北米版プレイ日記(18)

それでは今回より第2章スタートです。


ドラクエ4 北米版 第2章 オープニング1

「Chapter 2:
Alena and the Journey to the Tourney」

「第2章:
アリーナとトーナメントへの旅」


「tourney」=「tournament(トーナメント、勝ち抜き試合)」
おそらく、「Journey(ジャーニー)」から続く語呂の良さとして「Tourney(ターニー)」の方にしているのだと思われる。




第1章と同じように「かなり具体的な」タイトルになっていますね。
日本版では「おてんば姫の冒険」というタイトルでした。

北米版のタイトルにある「トーナメント」とは、この第2章で起こる「とあるイベント」のことです。
これについてはまた改めて後日解説することにします。

「Alena(アリーナ)」とは「女性名」で、一番右端の「女の子」の名前です。
この章の「主人公」は彼女で、「若い男性」と「老人」は彼女の仲間たちです。
彼女らの詳しい説明は次回にまわします。




それでは「Chapter 2」の「オープニング・ナレーション」に入っていきましょう。


ドラクエ4 北米版 第2章 オープニング2

「Once upon a time, in a land far away,
there was a tomboy princess called Tsarevna Alena.」

「昔々、遠く離れたとある国に、
ザーレヴナ・アリーナと呼ばれるお転婆なお姫様がいた。」


「Once upon a time(ワンス・アポン・ア・タイム)」=童話などの冒頭に用いる。「昔々」などに相当。
「tomboy(おてんば娘、じゃじゃ馬娘)」



日本版のタイトルだった「おてんば姫」という要素が「a tomboy princess」として反映されていますね。


…いや、そんなことより……



「Tsarevna」ってなんだよ!?読めねぇぇぇ!!!


これは「英語読み」で読めば、おそらく「ザーレヴナ」となると思います。
が、ちょっと調べてみても「本当にそうなのか」分からなかったため、
この日記では「ザーレヴナ」ということにします(笑)


もしかしたら語感からなんとなく分かるかもしれませんが、これはロシア語の単語です。

ロシア語で使用されるキリル文字で記載すると「Царевна」となり、「皇女」を意味します。
「皇帝」と「皇后」の「息女」という意味です。
「帝政を敷いていた時代のロシア」における「皇女(こうじょ)」を表す単語なのです。


ロシア帝国(ロシアていこく、ロシア語: Российская империя ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、
1721年から1917年までに存在した帝国である。
ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、
中央アジア、シベリア、満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。
帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。
~Wikipediaより~


「Tsarevna」は、英語においては「Princess」と同義ですが、日本語においては「姫」よりも「格上」の「皇女」となります。
「姫」が「一国の君主の娘」であるのに対して、「皇女」は「多数の国を纏めて統治している皇帝の娘」を意味するからです。

しかし、当ゲーム「DRAGON QUEST IV」内における「Tsarevna Alena」は、
(英語の意味としては)おそらく単純に「Princess Alena」という意味でしかなく、
日本語における「皇女」というニュアンスは無い、と思われます(理由はおいおい解かります)。
第1章のバーランドが「北欧的、あるいはスコットランド的イメージの国」だったのと同様に、
第2章では「ロシア的雰囲気を出すために、
「Princess」とすべきところに敢えてロシア語の「Tsarevna」という単語を使っている」
というだけのことなのだろうと思います。


いや何故ロシア?という当然の疑問が浮かぶわけですが^^;
それは次回の「Tsarevna Alena」の人物紹介時に併せて解説します。

なお、当日記では「Tsarevna Alena」は、そのままカタカナで「ザーレヴナ・アリーナ」と書くことにします。
しかし、場合によってはザーレヴナを日本語訳して「アリーナ皇女」と書く場面も出てくるかもしれません。

その場合は「tsarevna」という単語が持つ「背景の意味」を反映させて「皇女」と記載します。
しかし、しつこいようですが「英文では”皇女”の意味はなく、あくまで”姫”」であることに注意してください。



それではゲームに戻ります。


ドラクエ4 北米版 第2章 オープニング3

「Her rough and tumble ways were a constant concern to her father, Tsar Stepan.
One morning, he summoned her to his throne room...」

「彼女の粗野で乱雑な行動の数々には、彼女の父、ザー・ステパンも常日頃から頭を悩ませていた。
ある朝、皇帝ステパンは玉座の間に彼女を呼び出した…」


「rough(乱暴な、手荒な、粗野な)」
「tumble(転倒、混乱、乱雑)」
「constant(一定の、絶えず続く)」
「concern(心配、懸念)」


「Tsar(ザー)」は、「ロシア帝国皇帝」を意味するロシア語で、キリル文字では「Царь」と書きます。
やはりザーレヴナ・アリーナの父も、ロシア的な雰囲気を持った「皇帝」のようですが、
この「Tsar」も、先程の「Tsarevna」が「皇女」という意味ではないように、本来の「皇帝(Emperor)」という意味ではなく、
単純に「King(王)」の代わりとして使われているだけだと思います。

そして、彼の名前は「Stepan(ステパン)」ですが、日本版では彼に固有名詞はなかったと思います。

「Stepan」は英語での「Stephen」あるいは「Steven」(どちらも読みはスティーブン)に相当する名前です。
これがロシア語表記では「Стефан」あるいは「Степан」となり、それを「英語アルファベットに直した」ものが「Stepan」です。



とにかく第2章では、のっけから「ロシア語づくし」で、
アリーナ皇女やステパン皇帝の国は「ロシアの雰囲気」が非常に色濃いですね。
おそらく彼らの話す言葉も「ロシア訛りが強い」英語なのでしょう。


しかし、ここでは結論から先に言ってしまいますが、
「ロシア訛り(Russian English)」には、第1章の「スコットランド訛り(Scottish English)」のような
「記載上の」独特な表記法というものはほとんどありません。
ですので、「ゲームのセリフ」としては「標準の英語とほぼ大差ない」ということになります。

でも「実際の発音」には「ロシア訛り独特の発音」があるのです。
映画などでも「ロシア系アメリカ人」や「ロシア人」たちは「独特の発音」で英語を話しています。
…もちろん、「ロシア訛りの発音」を全くしていないロシア人の方もいますけどね^^;
ま、機会があればぜひ注意して聞いてみてください。
「あ、この人ロシア人だ。」と分かる、独特の「巻き舌を多用したような英語」を聞くことが出来ると思います。



さて、当日記では「スコットランド訛り」を「東北弁」として翻訳していました。
それは「Scottish English」には「一見してそれと分かる」違いがあったからです。
しかし「Russian English」にはそれがありません。

ということは、「標準語の日本語訳」にすればいいのでしょうか?



別にそれでいいじゃん。

…それは確かにそうなんですが…そうなんですが!

それじゃツマラン!!!
という、完全な私の趣味により^^;
ここでも「標準語の日本語訳」にはしません!(笑)
だって、訛りは在るのですから(笑)



じゃあどうすんの?
というわけでいろいろ考えました。

「DRAGON QUEST V」のプレイ日記において記載しましたが、
ロシア語の文字の「キリル文字」というのは、ギリシア語由来の文字なのです。

アメリカなどでは「ギリシア語」や、それから派生した「キリル文字」には「古典文字である」という認識があります。
その証拠に「古代から生きている」という設定の「DRAGON QUEST V」のラスボスは、
「セリフが全てキリル文字で書かれている」という演出がありました。
また、「DRAGON QUEST V」プレイ日記を書いている時は気付きませんでしたが、
「「DRAGON QUEST V」内に登場しているモンスターたちは「ロシア訛り」だった」のです。

纏めると、「ロシア語には古語の”雰囲気”がある」となります。


じゃあ「古文調」にするのか?とも思いましたが、
しかし「ロシア訛り」はあくまで「訛り」であり、「古語」ではない「生きた現代語」なのです。

そして、記載方も英語においては「通常と大差ない」わけで、
あくまで肉声で発した時の「イントネーションや発音の仕方」が違うだけ、ということになります。



これらから私が導き出した結論は……



よし!「関西弁」にしよう!
でした(笑)

ここでまた改めて書いておきますが、「東北弁」同様「関西弁」というのも「厳密には」存在しません。
ましてや「関西」とは「所の西」というような意味であり、非常に広範囲の地域を指す言葉です。
現代では「大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山の2府4県」を指すのが一般的ですが、
それより広範囲を指す場合もあります。
これは本題ではありませんので、もっと詳しいことは各自で調べてください(笑)


多分全国的には「関西弁=大阪弁」という意味合いで用いられていると思われます。
というわけで「大阪弁(関西弁)っぽい日本語訳」にしようと思いますが、
問題はその「理由」ですね。


「京阪奈(京都、大阪、奈良)」は、古代より長い間「日本の中心」でした。
歴代の天皇が居を構えていたり当時の日本経済の拠点であったり、
文字通り日本の政治経済の「中心地」だったのです。
故に、その「古代より続く」関西の言葉には、現代では「古語」に分類されるような言葉の名残が数多く見て取れます。
ですが「関西弁」は、同時に「現代に生きる、生きた現代語」でもあるのです。

そして「関東の標準語」に対して、「関西の関西弁」は、
「方言」という範疇を超えた「もう一つの日本語」といっても過言ではない存在感があると思います。

これらの理由から、「Russian English」と「関西弁」に「共通点の多いニュアンス」を感じ取った、というわけです。




はい、かなり苦しいですね^^;
正直コジツケもいいとこだと思います(笑)
そもそも「Russian English」には「関西弁」ほどの「存在感」はありませんし^^;


ま、やっぱり一番大きな理由は
私が「関西弁の日本語訳」を書きたいからなんですよね、結局(笑)

ただし、「ロシア訛り」は「字面からは訛ってるように見えない」ようでも、実際は「ちゃんと訛りがある」ので、
「訛りがないのに」無理矢理関西弁で書いてるわけでもありませんよ^^;




さあ、それでは関西弁の第2章、本格的幕開けです!(笑)


ドラクエ4 北米版 第2章 オープニング4

*:「Your Highness! Tsarevna Alena!
Your father awaits you.」

*:「皇女殿下!ザーレヴナ・アリーナ様!
お父上様がお待ちです!」


「Your Highness」=「殿下」。



このセリフ、「英文」も「日本語訳」もどちらも一見訛ってないように見えますが、
両方とも「イントネーションや発音法」が「標準語」とは異なっているのです。

しかし、こればっかりは「文章では」表現しきれません^^;

読む時に、それぞれの「イントネーションや発音法」に脳内変換して読んでください(笑)




ドラクエ4 北米版 第2章 オープニング5

Tsar Stepan
「There you are, Alena.
I hear from old Borya that you desire to journey for the purpose of testing your strengths, no?」

ザー・ステパン
「来よったな、アリーナ。
ボーリャ翁から聞いたで、自分の力を試す旅に出たい言うて騒いどんのやってな、せやろ?」


「desire(強く望む、欲求する)」
「purpose(目的、意図)」



ここから「関西弁」が色濃くなってきます(笑)
ただし、私の日本語訳は、あくまで「関西弁」っぽいだけですので、
その辺はどうかご了承ください^^;

一方英文の方では、最後に「no?」と聞いていますね。
これが「ロシア訛り」です。
…もちろん「ロシア訛り」以外の訛りでも使われる表現ですので、「ロシア訛り特有」というわけでもありませんが^^;
通常なら「don't you?」となります。

なお、セリフ内に出てきた「Borya」は「人名」ですが、やはりこれの解説は次回です(笑)



ドラクエ4 北米版 第2章 オープニング6

Tsar Stepan
「Yoy! This cannot occur. You are a lady.
In addition, you are tsarevna of this beautiful land.」

ザー・ステパン
「アカン!そんなことは許されへんで。お前は女なんやぞ。
もっと言うたらな、お前はこの美しい国の皇女なんや。」


「Yoy!」=「驚き」などを表す「間投詞」。ロシア訛り。
「occur(生じる、発生する)」
「In addition(ほかに、さらに)」


ドラクエ4 北米版 第2章 オープニング7

Tsar Stepan
「I cannot permit that you venture into a world of monsters
and danger merely for to challenge abilities.」

ザー・ステパン
「モンスターが蔓延る外の世界に出ていく、なんてこと許可できるわけないやろ、
そんなとこで力量を試す言うたってな、そんなんただ危険なだけやないか。」


「venture(思い切ってやる、危険を顧みず敢行する)」
「merely(単に)」=「only」
「ability(能力、技量、力量)」


ドラクエ4 北米版 第2章 オープニング8

Tsar Stepan
「Remember: the Goddess takes care of the one who takes care of himself.
I prohibit that you set feet outside of castle.」

ザー・ステパン
「女神さんに気ぃ付けてもらえるもんは、己自身によーく気ぃ付けとるもんだけやってよう言うてるやろ。
(とにかく)城の外に足ぃ踏み出すんは禁止やからな。」


「prohibit(禁ずる、禁止する)」



いや~、関西弁にして良かった!(笑)
日本版とはかなり違った印象になっていますね(笑)

バーランドの「東北弁」もそうでしたが、日本版との違いが如実に出せるので、
翻訳していてとても楽しいです(笑)


さて、どうやら相当な「tomboy(おてんば娘)」であるらしい「Alena」。
そのおてんばぶりに「父である皇帝」もかなり心配させられているようですね。

しかし、概ね「父親の言う通り」のような気もしますが^^;
多分アリーナ皇女様は「納得していない」んでしょうね^^;


さて、それでは次回、城の中を歩いて他の人々にも話を聞きたいと思います。
ただし、まず冒頭では「Tsarevna Alena」の、そしてゆくゆくは「仲間となる者たち」の紹介もしていきたいと思います。

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告