DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(30)

では、色々聞き込みをします。

トリークルの隣にいるフェアリーに話を聞くと、
「フェアリーは剣を振り回せるのに十分な力はないの。だから、あなたが頼りなのよ、ヒーロー。」
と言います。
しかし、それに対しハニーは、
「彼女の言うとおり私たちは剣を振るえないわ。
でも魔法の力はすごいのよ!回復やサポートは任せてね!」
と言います。

なら、あんたらだけで行けよ。

少なくとも6歳の子供とヘンな猫にお供1人つけるより、
全フェアリー総動員して行ったらいいんでない?
と思いますが、まあそれを言ったらゲームとして成り立たないので^^;


建物1階にいるフェアリーに話しかけると、
「北に行ったら「the Winter Palace(冬の宮殿)」という冬の荒野(the winter wasteland)があるわ。
でも、そこのドアはいつも鍵がかかっているの。」
と教えてくれます。

ハニー曰く「ウィンター・パレスの中で何が起こっているのかは誰も知らないわ。」だそうです。

外に居るフェアリーの一人は
「トリークルはとてもやわらかい人柄なのよ。
フェアリーと人間と、モンスターたちとでさえ、
どのようにすれば一緒に平和に生きていけるか考えているわ。
それ(トリークルの人柄)が原因で、フルートのないこの終わりない冬の中、
私たちはどうしようもなくなっているんだわ。」

それに対してハニーは、、
「ええ、トリークルは正しいわ。なんで私たちみんなで、一緒に生きてちゃいけないってのよ。
彼女は「バタースコッチ(Butterscotch)」っていう名前なんだけど、
私たちは彼女をビタースコッチ(Bitterscotch)って呼んでいるわ!うふふ!
もし私たちが、うんとがんばれば、
フェアリーも人間もモンスターたちも一緒に生きていく事ができると私は確信しているわ!」


「butterscotch(バタースコッチ)」は、ブラウンシュガーとバターを使ったお菓子の名前だそうです。
「bitterscotch」は「苦い(バター)スコッチ」という意味でしょうね(笑)
彼女が苦言を(おそらく)よく言うので、それにひっかけた駄洒落です。


上で紹介したバタースコッチさんの言葉を表すかのように、
こんな人々も居ます(笑)

フェアリーランド3

*:「Treacle's really warm and kind.
And gooey too. That's a compliment from a slime, you know.
She let me live here in Faerie Lea, even though I'm a monster.」

*:「トリークルはほんとにあったかくてやさしいんだ。
それにねばねばもしてるんだよ。これはスライムからすればほめ言葉だよ。
彼女は僕をフェアリー・リーに住まわせてくれてる、僕はモンスターなのにね。」

ハニー
「このスライムはいつも「僕は悪いスライムじゃないよ。」っていうんだけど、それは本当よ。
悪いモンスターはここには入ってこられない。
トリークルがこのフェアリー・リーに招いた者しか、ここには入れないから。」


この村は「Faerie Lea(フェアリー・リー)」という名前です。
意味は「フェアリーの地」、そのまんまですね。


スライムの下のじいさまに話しかけると、
「あああ!そ、それはグレート・セイバーキャット(a great sabrecat)!
もちろんそいつは若い幼獣(cub)じゃ、しかしなあ…
いまだかつてセイバーキャットと友情を築いた者がいるとは、わしゃ聞いたことがない。
やつらは地獄からの使者なのじゃ!」

ハニー
「えっ!この子猫、セイバーキャットなの!?
へ、へへへ!も、もちろん知っていたわよ!
あなたが特別だってことも、あなたに会った時からね!」


宿屋の中にはこんな人?も居ます。

フェアリーランド4

*:「Oooh, that's good! Nothing like a bath.
You can feel the heat right down to your bones.」

*:「おおお、良いなあ!風呂に変わるものはないね。
熱が骨にまで染み入るよ。」

*:「君は新参者だね?西の洞窟に住むドワーフのことを聞いたことがあるかな?
彼は「Lots about Locks(ロッツ・アバウト・ロックス)」と呼ばれる、
盗みと鍵についての本を書いたために
フェアリー・リーを追われたのだ。
もしトリークルがいれば、そんなことで追い出されはしなかっただろう。あわれなドワーフだ。」

ハニー
「(トリークルの前の)長はとても厳格な人だったの。
たとえどんなにちっちゃなトラブルを起こすことも許さないような。
彼(ドワーフ)はごく最近出て行ったわ。
それからほんのすぐ後にトリークルが村の長になったのよ。」

最後に、フェアリー・リー入り口近くにいるフェアリーは、
「ヘラルド・オブ・スプリングを盗んだ泥棒は北のほうに逃げたわ。」
と教えてくれます。



またもや非常に長くなりましたね(笑)
これでも結構端折っていますが、要点も結構あるのでどうしてもこうなってしまいます^^;


フェアリーの世界も色々大変なんですね^^;

フルートを盗んだ泥棒は北の「ウィンター・パレス」に逃げたようですが、
「ウィンター・パレス」はいつも鍵がしまっているらしいので、
まずは、「Lots about Locks(鍵に関する多くの事)」という本を書いて追い出されたという
ドワーフの住む西の洞窟に行きたいと思います。

もちろん次回です(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: