DRAGON QUEST IV 北米版プレイ日記(27)

前回「Vrenor(ヴレノア)」の町にやってきたアリーナ一行。
しかし、町には既に「ザモクスヴァの皇女一行」が到着していました!

…勿論それは「アリーナたちの偽者」だったわけですが、
とあるならず者たちに「本物のお姫様」だと勘違いされ、「皇女役」の女性がどこかへ攫われていってしまいました。

「本物の皇女は自分(アリーナ)だ!」とカミングアウトするわけにもいかないアリーナたちは、
しょうがないので渋々この誘拐事件を解決します(笑)


それではまずヴレノアで情報収集をします。


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件1

*:「Tsarevna is kidnapped!? How terrible this news!」

*:「ザーレヴナ殿下が誘拐されたやて!?こりゃえらいこっちゃ!」


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件2

*:「Wah! I am not believing!
Tsarevna is kidnapped!」

*:「そんな!信じられへん!
ザーレヴナ殿下が誘拐されたやなんて!」


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件3

*:「Life of Princess is wery danger. Bad people try to harm she.
My heart booms just to think of it.」

*:「こらお姫さんの命が危ないわ。悪い輩が殿下に危害加えようとしとる。
そんなん考えただけでウチの心臓も爆発しそうやわ。」


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件4

*:「This is wery big surprise.
Tsarevna is took away from inn by bad people.」

*:「ほんまにびっくりやがな。
宿屋でザーレヴナ殿下が悪い輩に攫われてしもたらしいわ。」


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件5

*:「I am thinking what does the Princess do this moment.
Aah, poor girl...」

*:「お姫さんの攫われた時の恐怖を考えるとなぁ。
ああ、ほんま気の毒に…」



うーん…
やはり前回書いた通り
こんな噂を「国中に」流されたらたまったもんじゃないですね^^;
誰もが「攫われた皇女は偽者だった」とは思ってもいないようですので、
当然この噂を聞いた人は「本物の皇女が攫われた」と思うわけですからね。

実際の「本物の皇女様」は元気にモンスターどもをなぎ倒しているわけですが(笑)
こんな噂が「Zamoksva」まで届いてしまったら大変です!


と、ここで少し気になったのですが、
確かFC版では、「宿屋の外に居る人々」は
「誘拐事件が発生したことに気付いていない」という設定になっていたと思います。
この変更点が「北米版から」なのか、それとも「リメイク版から」なのかは、私にはちょっとわかりません。

ま、別に大したことではないですけど(笑)



ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件6

*:「My dog Zasha is brought me letter.
Listen how it writes:」

*:「僕の犬のザーシャが手紙咥えてきてん。
書いてあること読むから、ちょっと聞いてーや。」


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件7

*:「‘If you are wanting back Tsarevna,
bring Vrenor treasure, armlet of transmutation, to cemetery during night.’」

*:「‘ザーレヴナを返して欲しくば、
ヴレノアの宝、変性の腕輪を夜中に墓地まで持って来い。’」


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件8

*:「How does it mean?
Mmm, I am thinking it better I do not tell more peoples.」

*:「これ、どういう意味なんやろ?
むむむ、他の人たちにはあんまし言わん方がええみたいやな。」



どうやらこの手紙は、犯人が書いた「身代金要求」の手紙みたいですね。
身代”金”というか、ヴレノアの町の「宝」を要求しているみたいですが、
要するにその「Armlet of transmutation」なる物を、
夜中に町の墓地まで持ってくれば姫を返してやる、ということなのでしょう。



そんな大事な手紙、犬に渡すなよ!
誰か「町の大人」に渡さなかったら、あんたらの欲しいお宝も手に入らなくなるかもしんないじゃん!
実際「犬の飼い主」は、手紙の内容を理解していないようですし、
「何かヤバそうだから、誰にも言わないでおこう。」的なことも言っちゃってますし^^;
まさに本末転倒(笑)

まあでも、アリーナたちが知れたので良しとしましょう(笑)



それでは、その受け渡し場所に指定された「町の墓地」へ行ってみます。
まだ昼だけど(笑)


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件9


宿屋の北西にその墓地はあります。
墓地の北にある小屋の中に入ってみます。


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件10

*:「This town once numbered almighty armlet of transmutation among its treasures.」

*:「この町には以前、変性の腕輪ちゅうゴツいお宝があったんや。」


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件11

*:「But it cause so many fights that it eventually was hidden at southern cave,
the Vault of Vrenor.」

*:「せやけど争いの種になるちゅうことで、結局そのお宝は南の洞窟の奥深くに隠しとくことになったんや、
ヴレノアのヴォルトにな。」


「eventually(結局は、ついには、やがては)」
「vault(貯蔵庫、地下保管庫)」



すなわち「犯人たちが要求している代物」は、ヴレノアの南の洞窟にある、ということですね。
それでは早速そのお宝を取りに行くことにしましょう。


ここで少し余談ですが、
このお宝がある洞窟は、日本版では単純に「フレノール南の洞窟」というような名前で呼ばれていたと思いますが、
北米版には「The Vault of Vrenor(ヴレノアの地下保管庫)」という名前が付いていますね。

日本版では「ただの洞窟」でしかなかったわけですが、
北米版では「全町民共有の保管庫として使われている洞窟」という「意味付け」がなされています。

ま、もしかしたら「日本のDS版」でも「貯蔵庫」的な設定が付与されているのかもしれませんが^^;
少なくともこれはFC版には無かった設定です。



さて、それではその地下保管庫へと向かいます。
フィールドに出てくるモンスターも、その洞窟に出てくるモンスターたちも結構強敵揃いなのですが、
特にボス戦が待っているわけでもありませんので、今回も町で買い物はせずにこのまま向かいます。


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件12


ヴレノアから少し南に歩くと、洞窟があるのが見えてきますので、早速中に入ります。


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件13

ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件14


この洞窟では特に記載することもありませんのでサクサク進めていきます。
道中のモンスターたちにはボーリャの魔法を駆使しつつ、
HPが減ったらカーリルのヒールで回復、としていればそれほど苦労はしません。
とにかく油断せず、死者が出ないよう戦闘していき、経験値とお金を稼ぎつつ進みます。

また、道中にはいくつか宝箱が置いてありますので、それらも全て回収します。

多分ヴレノアの町民たちが大切に保管している品々なのでしょうが^^;
その辺は無視して、ありがたく頂戴しておきます(笑)


洞窟の最奥にある宝箱を調べてみると…


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件15

「What luck! An armlet of transmutation!」

「なんと!変性の腕輪だ!」


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件16

「Armlet of transmutation(アームレット・オブ・トランスミューテーション)」
「The light dances off this mysterious golden armband.(光が煌めき踊る、ミステリアスな金色の腕章。)」


「armlet(腕輪、腕飾り)」
「transmutation(変移、変質、変性)」
「armband(腕章)」


これがヴレノアの宝であり、誘拐犯たちが要求している代物です。
日本版では説明文そのままの「黄金の腕輪(おうごんのうでわ)」という名称でしたが、
北米版では「Armlet of transmutation(変性の腕輪)」という名前になっています。

何故「黄金」から「変性」になったのか?については勿論ちゃんと意味があるのですが、
これについては然るべき時が来たら、また改めて解説することにします。



さて、これでこの洞窟での用事は全て済みました。
と言うわけでさっさと脱出したいと思います。

来た道をテクテク歩いて戻っても良いのですが、
敵と戦うのも面倒なので、ここでボーリャが覚えた新魔法を使います。


ドラクエ4 北米版 偽者誘拐事件17

「Evac(エヴァック)」
「Exit instantly from dungeons, caves, and towers.(ダンジョン、洞窟、塔から瞬時に脱出する。)」


日本版の「リレミト」に相当する魔法です。
北米版の名称「evac」は「evacuation」の略で「退避、撤退」という意味です。
効果は説明文の通りですが、ゲーム内での一部の場所では「エヴァックの効果が無効化される」場合もあります。

しかし、この「ヴレノアの地下保管庫」ではエヴァックの効果は無効化されませんので、
この魔法を唱えて一気に地上まで脱出します。



洞窟を出たらヴレノアの町まで引き返しますが、その続きは次回お送りしたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: