広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(113)

逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-26


Judge

「Let me get this straight.」


裁判官

「ちょっと整理させてください。」


Judge

「You saw two people pass by the gate on their way to the studios that day?」


裁判官

「証人、あなたは事件当日、スタジオへ続く門を通る人物を二人見たのですね?」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-27


Judge

「One was the Steel Samurai, dragging his leg.」


裁判官

「うち一人は、足を引きずっていたスティール・サムライ。」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-28


Judge

「The other was a boy who looked to be in about 2nd or 3rd grade?」


裁判官

「そしてもう一人が、小学2年生か3年生くらいの少年だった、そうですね?」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-29


Oldbag

「Oh yes, well we see his type there every day.」


オールドバグ

「ああそうだよ、毎日そんなのがよくうろついてるんだ。」


Oldbag

「Can't stop 'em.
Can't catch 'em.」


オールドバグ

「やつらは誰にも止められない。
誰にも捕まえられないのサ。」




上記が、前回オールドバグが証言したことの大まかな概要です。


当日は確かに「外部からの侵入者」が居たようですが、
なんとその正体は小学校低学年の少年だったそうです。

その少年が「殺人犯」とは思えませんが、
とは言え、果たして「事件とは無関係な存在」だったのでしょうか?


それでは引き続き、この後の場面をお送りします。




逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-30


Edgeworth

「A boy in 2nd or 3rd grade?
Hmm...」


エッジワース

「小学2~3年の少年だと?
ふーむ…」


Edgeworth

「I assume it would be hard,
if not impossible for a young boy to wield the Samurai Spear?」


エッジワース

「そのような年端もいかぬ少年がサムライ・スピアーを振り回していたかもしれない、など、
私には到底信じられないのだが?」




「assume(事実だとする、思い込む)」


「wield(ふるう、振り回す、用いる)」




逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-31


Judge

「Impossible, I'd think.
It's quite heavy.」


裁判官

「私も、到底不可能だった、と思いますね。
本件の凶器はかなり重たいですから。」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-32


Oldbag

「Right! As I said, I didn't pay him much mind.」


オールドバグ

「そうだよ!だから言ったじゃないか、別に気にするほどの事じゃなかったんだよ。」


Oldbag

「That's why I erased the data.」


オールドバグ

「だからあたしは、子供が写った写真のデータを消したんだ。」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-33


Maya

「Um, Nick?
What's going on?」


マヤ

「んーと、ねえニック?
つまりこういう事?」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-34


Maya

「I mean, the boy was there,
that makes him a suspect!」


マヤ

「男の子が現場に居た、
これはとってもアヤシイ!」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-35


Phoeinx

「Yeah, and they're already trying to ”un-suspect” him.」


フェニックス

「ああそうだ、そしてみんなは、その少年は”アヤシクナイ”と決めつけようとしているんだ。」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-36


Judge

「I'd like to take a five minute recess.」


裁判官

「それではここで、5分間の休憩を挟みたいと思います。」




「recess(休憩、休廷)」




逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-37


Judge

「I want the defense and the prosecution to consider this new information...」


裁判官

「弁護側検察側双方共に、この新情報についてよく熟慮するように…」


Judge

「And no forgetting vital information this time!」


裁判官

「それと次回からは、極めて重大な内容の証言を忘れてしまわないように!」




それは証人に言ってくれよ!


…ま、実際最後の裁判官のセリフは「オールドバグに向けて」言ったのでしょうけど。^^;

文脈からでは弁護側と検察側に釘を刺した、という風に取れてしまいます。(笑)



さて、ここで裁判は一時的に休廷(休憩)となり、弁護側検察側双方共に一旦各々の控室に戻ります。

「プレイヤー(フェニックス)」は当然「弁護側」ですので、ここでは「被告人控室の場面」に移ることになります。




逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-38


October 18, 11:08 AM
District Court
Defendant Lobby No. 3


10月18日、午前11時8分
地方裁判所
第三被告人控室



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-39


Phoenix

「Mr. WP?」


フェニックス

「WPさん?」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-40


Will

「Y-yes?」


ウィル

「は、はい?」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-41


Phoenix

「Tell me straight: were you really in your dressing room?
You didn't go to the studio?」


フェニックス

「ここでハッキリさせておきましょう。あなたは本当に衣裳部屋に居たんですか?
スタジオには行かなかったんですね?」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-42


Will

「I-I didn't go to the studio!
I was s-sleeping, honest.」


ウィル

「ぼ、僕はスタジオには行かなかったよ!
本当に、ね、寝ていたんだ、誓って間違いないよ。」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-43


Maya

「So who was the ”Steel Samurai” in that security photo?」


マヤ

「それじゃあ、あの写真に写っていた”スティール・サムライ”は一体誰だったんだろ?」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-44


Will

「How should I know?」


ウィル

「さあ?僕には分からないよ。」


Will

「The Steel Samurai costume was off in the corner of the dressing room.」


ウィル

「スティール・サムライのコスチュームは、僕の衣裳部屋の隅っこに置きっぱなしだったから。」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-45


Will

「Anyone could have walked in and taken it, really.」


ウィル

「誰でも部屋に入ってくれば持って行けたと思うよ、いやほんと。」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-46


Maya

「What!?
You should take better care of that stuff!」


マヤ

「ええっ!?
そんな大事な物、もっと慎重に管理した方がいいですよ!」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-47


Will

「I couldn't imagine anyone would want to steal a Steel Samurai costume!」


ウィル

「だって、スティール・サムライのコスチュームを盗もうとする人が居るなんて思いもしなかったんだよ!」




いやいやいや!


これはマヤの言う通りいくらなんでも不用心過ぎです。^^;

ましてやスティール・サムライ・オタクたちが日常的にうろついていたわけですし、
彼らが世界に一つの「超プレミア品」として盗んじゃうかもしれないじゃないですか!


それに「撮影で使うコスチューム」はスタジオの備品でもあるわけですから、
やはり持ち主がキチンと管理すべきシロモノであることに間違いはありません。^^;

実際ウィルの管理がずさんなせいで
コスチュームは殺人事件に使われ、自身が「濡れ衣を着せられる」原因となり、
あまつさえどこかに行ってしまって行方が分からなくなってしまったのでは、
これはウィルの招いた重大な過失と言われても、全く反論できません。


まあ、今となってはもはや後の祭りですけど。^^;




逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-56


Will

「So... where does this leave me?」


ウィル

「それで…僕はどうなっちゃうんでしょうか?」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-48


Phoenix

「It doesn't look good...」


フェニックス

「ハッキリ言って、形勢は良くないですね…」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-49


Phoenix

「You're the only likely suspect, right now.」


フェニックス

「現状、あなたが唯一の容疑者ってことに変わりはありませんから。」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-50


Maya

「Nick!」


マヤ

「ニック!」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-51


Maya

「W-what are we going to do!?」


マヤ

「こ、これからどうしよう!?」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-52


Phoenix

「First, we play for more time.」


フェニックス

「まず、なんとかしてもっと時間を稼ぐんだ。」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-53


Phoenix

「We'll start targeting someone else that could conceivably have done this!」


フェニックス

「そして誰か他の、犯行可能だったと思われる適当な人物に狙いを定めて攻撃するしかない!」




「conceivably(考えられるところでは、想像される)」




いやそれどんな作戦!?




逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-54


Maya

「Right!」


マヤ

「なるほど!」




納得しちゃったよ!




Maya

「And it'll take them so long to shoot us down that we can get another day!」


マヤ

「そうなれば審理はグダグダになって、判決を翌日まで引き延ばせるってわけだね!」




「shoot down(論破する)」口語表現。


「It'll take them so long to shoot us down that we can get another day.」
=直訳「他の日になることが出来れば、彼らが私たちを論破するのにとても長い時間がかかる。」。




いやそれ(以下略)




逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-55


Phoenix

「Right... but if we pick the wrong person,
we might lose on the spot.」


フェニックス

「その通り…だけど、もし間違って不適切な人物を指摘しちゃったら、
僕らはその場で負けてしまうかもしれない。」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-57


Will

「You... don't sound very optimistic.」


ウィル

「なんか…全然楽観的な状況じゃないみたいだね。」




「optimistic(楽観的な)」




逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-58


Phoenix

「I'm not optimistic at all, actually.」


フェニックス

「ええ、実際の所、全く楽観視できるような状況じゃないですよ。」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-59


Maya

「Hey, Nick.
It's time.」


マヤ

「ねえ、ニック。
そろそろ時間だよ。」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-60


Phoenix

「Okay. Let's go.
*sigh*」


フェニックス

「よし。それじゃ行こう。
ハァ」



逆転裁判 北米版 オールドバグ証言3-61


Will

「What does that mean...
Please don't sigh like that!
*sniff*」


ウィル

「そんな…
そんな風にため息つかないでよ!
グスン」




…なんだか揃いも揃って頼りないですが。^^;

しかし現状のフェニックスたちには難癖付けての「時間稼ぎ」をするしか手立てがないようです。^^;


それって法廷侮辱罪だろ……


ともかく、今弁護側には「武器」が少なすぎます。

何とかこの窮地をやり過ごし、翌日の再捜査に賭けてみるしかないですね!



それでは次回はこの続き、5分の休憩が終わり、審理が再開したところから始めたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告