広告

DRAGON QUEST IV 北米版プレイ日記(54)

トーニコのセッティング、完了しました!


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ1
ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ2

「Torneko」の所持品=「Cautery sword:6+6=計12本」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ3

「Bag」=「Cautery sword:99本」「Steel broadsword:99本」他。


下の「Iron apron」や「Iron armour」は、
予定より稼ぎ過ぎてしまったための、
所持金調整の結果です^^;


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ4

「Torneko」の所持金=「60,003G」


実はわたくし、ここでも調整ミスをしてしまっています^^;
本当なら「60,006G」以上あるのが望ましかったのですが…(理由は後述)
ま、これは後でも簡単に調整できますので、特に大きな問題というわけではありません。

いずれにせよ、現状購入できる高額アイテム出来る限り大量に抱え、
かつ「トンネル掘削」の資金無事用意することができました!

それでは早速、エンドア東の洞窟に向かいます。


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ5



ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ6

*:「I started excavatin' this tunnel
so as I could get to a port town I'd heard of in the east.」

*:「ワシがこのトンネルを掘りだしたのはな、
東にとある港町があると聞いて、そこさ行きてぇと思ったからだべ。」

*:「'Tis me dream to travel the world, ye see.
To have a ship to me name an' go off in search o' treasure.」

*:「ワシの夢は世界を旅することなんだ。
ワシの名が付いた船さ駆って、お宝を探しに行きてぇんだ。」

*:「But I ran out o' gold, so I did.
'Tis a pricey business diggin' a tunnel, lad.
An' in jig time I found these grey hairs on me head.」

*:「ただ、ワシの財産はもうとうに尽き果てちまった。
トンネルを掘るってのは銭このかかる事業だべや、お若いの。
そうこうしてる内に、ワシもすっかり歳喰っちまったんだべ。」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ7

*:「If I could only raise another 60000 gold coins, I could restart the work.
Well, lad? Will ye help an old man live out his dream?」

*:「あと60000枚ほど金貨があればな、トンネル掘削事業を再開できんだが。
どうだ、お若いの?この老骨の夢を引き継いでみようという意志はねぇもんだべか?」



もちろん「Yes」です。


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ8

*:「Ye will? And ye have the money on ye?
Aye, I can see ye're a rich fella with 60000 gold coins in yer pocket.
Ta very much, lad.」

*:「意志はあるってか?したら、銭こは持ってんだべか?
おお、お前さん金持ちだな、確かにポッケさ60000枚の金貨がへぇってるべや。
したっけ確かに全額受け取った、ありがとうな、お若いの。」


「ta」=「thank you」英国訛り。


いや、「6万枚の金貨」が入る「Pocket(ポケット)」って!
どんなポケットだよ!?
「四次元」なのか!?^^;




ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ9

*:「With this money I can employ the lads again an' start excavatin' right away.
Oh, I can hardly wait!」

*:「この銭こがあれば、また若ぇ者雇って掘削事業を再開できるべや。
ああ、待ちきれねぇ!」



こうして「老人の事業」に「60,000G」を投資したトーニコ。
これにより、所持金が一気に無くなって素寒貧になってしまいました(笑)

しかし、これは夢への投資!
悔いはありません!!!^^;




さて、一度洞窟から出てすぐにまた中に入ると、「掘削事業」が再開しています。


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ10
ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ11


人雇うの早いな!
ピンク色の「どこでもドア」でも使ったのか!?(笑)



ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ12

*:「Ah, Torneko!
Thanks to you, I've been able to reopen the excavation works.」

*:「おお、トーニコ!
掘削事業を無事再開出来たべ、お前さんにはほんとに感謝だ。」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ13

*:「I'll be sure to let yer wan at home know when 'tis all done here.
I just need a little while longer.」

*:「トンネルが開通し終わったら、お前さんの家の嫁っこさ伝えとくでな。
もうしばらく、ワシさ時間くれ。」



ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ14

*:「With all this diggin', me back's murder, so it is.」

*:「こんな穴掘りしてたら、腰がバカになっちまうべや。」


「murder(ひどく危険、困難)」口語表現。
「My back is murder.」=直訳「俺の背中がひどく危険。」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ15

*:「One...two... One... two...」

*:「一…二…、一…二…」

*:「Once this tunnel's boxed off, ye'll be able to travel east whenever ye like.
The whole world'll be right at yer fingertips, so it will.」

*:「一度このトンネルが掘らさってまれば、いつでも好きな時に東へ旅が出来るべや。
広い世界が、目の前さ広がさってるはずだべ。」


「fingertip(指先)」
「at one's fingertips(自身のすぐ目の前に)」



お仕事頑張ってくださいね^^
かなりの重労働だとは思いますが…
それ相応の金は支払ってるんだから!(笑)


さて、トンネルが開通するまでにはもうしばらくかかるみたいですし、
開通すればテッシーさんに通達が来るみたいですので、
ここは一度エンドアの自宅へ戻ります。



ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ16

Tessie
「Oh, 'tis grand altogether to see ye, Torneko!
'Tis brutal, you workin' yerself so hard every day.」

テッシー
「あら、おかえりなさい、トーニコ!
毎日いつもけっぱって働いて、大した疲れたべさ。」


「grand altogether」=直訳では「全体的に壮大な」というような意味だが、ここでは単純に「good」などの意。
上記セリフは、「Good to see you.(会えてうれしい。)」程度の意味となる。アイルランド訛り。
「brutal(ひどい、大変な)」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ17

Tessie
「Did ye hear about the casino?
'Tis just after openin' up again.
Em...so I've heard.」

テッシー
「カジノのこと、聞いた?
最近再開したんだって。
ん…別に大した意味はないんだけど、そんなことを小耳に挟んだってだけだべさ。」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ18

Tessie
「It'd do y'a power o' good
to have a bit of a gas in the place sometimes, so it would.」

テッシー
「たまにはカジノでも行って遊んでくれば、
ちょびっと気分転換さなって、ガス抜きできんでねぇべかな、と思ったんだ。」


「gas(人を驚かせたり楽しませる人物または事柄)」アイルランド訛り。



…どうやら、エンドアのカジノも「再開」したようですね。
しかし…誠に残念ながら……
第3章ではカジノに用はありません!(笑)

現在トーニコはほとんどお金を持ってないうえ、
「Token(トークン)」の交換レートが「1枚あたり200G」超高騰しているからです^^;
(第2章では「トークン1枚10G」でした^^;)

第2章でアリーナが貯めたカジノに預けっぱなしにしてあるトークンは、
ゲームのシステム上、第3章のトーニコもそのまま使用することが出来るのですが、
やはり第3章では「使う必要」は「全く」ありません!(笑)
…というか、絶対使ってはいけません!^^;


そして、お気づきになられたでしょうか?

テッシーさんに、店の在庫となる「商品」を手渡すことが、
一切出来なくなってしまっています!

(トーニコの手持ちのアイテムを預けるためのセリフが流れなくなってしまっています。)

つまり、トンネル掘りの老人に「60,000G」を手渡した後は、
「タルーンの武器屋」を利用したお金稼ぎは一切できない!
ということです!
ですので、前回「60,000G」を老人に手渡す前に
必要なアイテムの購入と、それに必要な経費の捻出を終わらせておいたのです。

よって、これ以降は「1G」たりとも無駄金を使うわけには参りません!
「Casino」なんて「もってのほか」です!!!^^;


また、地味に自宅に泊まることも出来なくなっています^^;
カウンターに入ってテッシーに話しかけても「セリフが変わらない」ためです。

しかし、「トンネルの掘削が完了する」ためには「1日以上が経過する」必要があります。
すなわち、「宿に泊まる」か「フィールドで時間を潰す」かして「翌日」にしなければならないのです。

というわけで、手っ取り早くイベントを進めるために
エンドアの宿屋に泊ります!^^;
エンドアの宿屋では「1人6G」の宿泊費がかかりますので、
最低でも「6G」以上の所持金が無いと若干面倒です(笑)

いや…自宅で寝かせてくれよ…


というわけで「宿屋に一泊」して、その翌日「再度帰宅」します^^;


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ19

Tessie
「Welcome home, love.
I've a message to pass on to ye.
I was asked would I tell ye that the tunnel's after bein' finished.」

テッシー
「おかえり、あんた。
あんた宛にメッセージが来てたべさ。
トンネル工事はもう終わったってあんたさ伝えてくれ、って言われたんだけど。」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ20

Tessie
「I haven't the foggiest idea what it's all about,
but that was the message, so it was.」

テッシー
「私には何のことかさっぱりだべさ、
ま、でもとにかくそういう内容だったよ。」


「foggy(霧の立ち込めた、ぼんやりした)」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ21

Tessie
「Now don't tell me ye're off on yer travels again.
Not now we finally own the shop we've always dreamed of.
Are ye now?」

テッシー
「ねえ、また旅に出る、なんて言わないよね。
したって私たち、やっとお店を持てたんだよ、ずっと、ずーっと夢見てきた自分たちのお店。
ねえ、そうだべさ?」



…そうだよな……
…それに、思えばお前には苦労をかけてばっかりだった……
やっと念願だった店も持てて…
商売も軌道に乗り始めたというのに……

本当にすまない…
実は「Yes」なんだ…



ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ22

Tessie
「Aye, I might o' known.
Well, I won't say nuttin' more, then.
If ye've made up yer mind,
then that's that.」

テッシー
「うん、なんとなく解かってた。
そうね、したらもうなんも言わない。
あんたが心に決めたことなんだべさ、
したっけ、それはそれ、これはこれだべ。」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ23

Tessie
「Always chasin' a dream, aren't ye, Torneko Taloon?
Aye, 'tis that that makes ye the fine feen that y'are.」

テッシー
「トーニコ・タルーンは常に夢を追い求める、だべ?
したっけあんた、もっともっと良いオトコになるべね。」


「feen(男)」アイルランド訛り。


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ24

Tessie
「An' 'tis that that makes me love ye, so it is.」

テッシー
「ほんで私も、もっともっとあんたに惚れちゃうな。」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ25

Tessie
「Good luck. An' be careful, now.
I'll take care o' things around here while ye're away.」

テッシー
「けっぱりな。でも、気を付けてね。
あんたが留守の間は、私がこの家を、店を、子供を、全部面倒見るからね。」





……
……すまない…
「いつ帰ってこれるか」も…
いや、「無事帰ってこれるか」すらも分からないが…
待っていてくれ…信じて……






ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ26
ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ27


トンネルは見事に開通しており、
その内装も、以前の「岩肌むき出し」の状態からかなり綺麗に成形されていて、
「世界と世界を結ぶ”通路”」に相応しい「立派な出来」であると言えるでしょう。


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ28

*:「Ah, Torneko! 'Tis thanks to you that me tunnel,
me pride an' joy, is finally complete.」

*:「おお、トーニコ!ワシの誇りと喜びが、ついに実を結んだんだ、
これもみんなお前さんのおかげだべ、お前さんには感謝しきりだ。」

*:「Now I want ye to live out the rest o' me dream.
Travel the world in search o' treasure like I always wanted to.」

*:「したら今度は、ワシの夢のもう半分を、お前さんに引き渡したい。
世界を旅し、宝を探せ!それこそが、ワシのしたかったもうひとつの夢だべや。」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ29

*:「Hello there.
Me? I'm travellin' in search of a legendary weapon.」

*:「よう。
俺か?俺は伝説の武器を探して旅をしてんだ。」

*:「Now that the tunnel's open, I can finally head east.
I've a quare feelin' that I'll find sometin' useful out over that way.」

*:「このトンネルが開通したんで、俺もやっと東さ向かえるようになった。
この道を進んだ先で、何かを見つけられんでねぇべかと期待してんだ。」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ30

*:「We're travelling to the city of Endor.」

*:「俺たちはエンドアの街を目指して旅をしてるんだ。」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ31

*:「People say that Endor has a pub and a casino,
so I hope we'll be able to find work there.」

*:「エンドアにはパブやカジノがあるって聞いたわ、
だから私たちも、何か仕事を見つけられるんじゃないかって期待しているの。」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ32

*:「Many different people pass through this tunnel
with as many different dreams between them.」

*:「多くの異なる人々が、異なる夢をそれぞれの内に秘めて、
このトンネルを通って行きます。」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ33

*:「Be careful on your way, Mr. Taloon!」

*:「道中お気をつけて、タルーンさん!」



ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ34



ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ35

「And so Torneko sets off on an adventure to the east,
in search of the legendary weapon...」

「こうして、トーニコは東を目指して冒険の旅に出た、
伝説の武器を探し求めるために…」


ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ36

「...and in search of fulfilment of his dream:
to become the greatest arms merchant in the whole world.」

「…そして、彼の夢、世界全土にその名を轟かす、
世界で最も偉大な武器商人となる、というその夢を、現実のものとするために。」



ドラクエ4 北米版 第3章エピローグ37




以上で「Chapter3: Torneko and Extravagant Excavation」は、おしまいです。

世界をその目で見て回り、世界中の様々な品々を見定めて、
「Legendary weapon(伝説の武器)」をその手中に収めるための、
「武器商人トーニコ」の新たな旅が、いま幕を開けたのです!

「世界一の武器商人になる」というその夢を、
トーニコ・タルーンは叶えることが出来るのでしょうか!?




というわけで、トーニコの冒険の旅の「続き」を垣間見るのは、しばらく先までおあずけです。
テッシーさんが信じていたように、私たちも「トーニコを信じる」ことに致しましょう!


次回からは「第4章」がスタートします。
今度は「どんな人々との出会い」が待っているのでしょうか?

ご期待ください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告