広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(145)

前回、

「事件当日、第二スタジオトレイラーで行われていた打ち合わせの最中に”休憩”を取った。」

という証言をしたディレクターのサル・マネラ。


今回はその詳細について証言を聞くところから始めたいと思います。




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について1


-- The Break --


--休憩について--



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について2


Manella

「Yeah, FWIW, we took a break... ROFL!」


マネラ

「そうですお、ご高説通り、確かにボクらは休憩を取ったんですお~…クソワロタ!」




「FWIW」=「For What It's Worth」の略。インターネットスラング。

直訳では「それに価値があることによって」。




Manella

「But it was only 15 minutes! 15!
That's only 13 in Base 12!」


マネラ

「でもたった15分だけだお!15分だけだったんだお!
ちなみに12進法では13になるお!」




「十二進法(じゅうにしんほう: Base 12)」とは、
12 を底(てい)とし、底およびその冪を基準にして数を表す方法である。

(中略)

一般には、0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, A, B の 12 個の数字を用いる。A は 10 を、B は 11 を表す。

~Wikipediaより~




…上記の通りです。

私は詳しくないので、これ以上知りたい方は各自で調べてください!(笑)


十二進法では、「B(11)」の次は「10(十進法では12)」となるのでしょう。

すなわち「15」という数字は、十二進法では「13」となるので、
マネラはその事を言っているのでしょうね。

なんでここでいきなり「十二進法」の話を持ち出してきたのかは、さっぱり解かりませんが!


つうか、ややこしいから「余計な事」言うのやめてくれよ!^^;


一応ゲームの演出としては、この「Base 12(十二進法)」の話題を出すことによって、
「マネラはオタクである」ということを表しているのだと思われます。^^;




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について3


Manella

「Not enough time for someone to,
say, commit murder in Studio One! LOL!」


マネラ

「あれだお、第一スタジオに行って人殺しするなんて時間は、
全然なかったってことだお!m9(^Д^)プゲラ」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について4


Manella

「That's only just enough time to eat a t-bone steak,
if you ask me! *steams*」


マネラ

「だけどティーボーン・ステーキを食べるくらいなら、15分でも十分だったお、
一応先に断っておくお!ヽ(`Д´)ノプンスコ」




「steam(スチーム、蒸気)」=口語表現で「怒る、興奮する」。

ただし、上記セリフでは擬音語。




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について5


Judge

「Hmm...」


裁判官

「ふーむ…」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について6


Judge

「I don't think it would even be enough time for that,
but that's just me.」


裁判官

「確かに、十分な時間だったとは言えないと思いますね、
ま、あくまで私個人的には、ですけど。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について7


Judge

「Very well. You may begin the cross-examination.」


裁判官

「わかりました。それでは反対尋問を始めてください。」




このマネラの証言にも怪しいところや矛盾しているところは見当たりません。

しかたありませんので、ここでも証言をひとつひとつ「Press」していくしかないでしょう。




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について8


Manella

Yeah, FWIW, we took a break... ROFL!


マネラ

そうですお、ご高説通り、確かにボクらは休憩を取ったんですお~…クソワロタ!



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について9


Phoenix

「What time exactly did you take this break?」


フェニックス

「休憩を取ったのは、正確には何時頃でしたか?」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について10


Manella

「Hmm...」


マネラ

「えーと…」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について11


Manella

「I'd say it was from around 2:30 or so until 2:45.」


マネラ

「大体2時30分頃から2時45分まで、だったお。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について12


Phoenix

(2:30!!!)


フェニックス

(2時30分!!!)



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について13


Phoenix

(That's the time of death!)


フェニックス

(被害者の死亡推定時刻だ!)


Phoenix

(So he could have gone to Studio One,
killed Hammer, and come back...)


フェニックス

(ということは、彼が第一スタジオに行って、
ハマー氏を殺害して戻ってくることも十分出来たわけだな…)



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について14


Phoenix

(I guess it's possible, time-wise...)


フェニックス

(時間的に言っても、それは十分可能だったはず…)




「time-wise(時間的に)」




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について15



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について16


Manella

Not enough time for someone to,
say, commit murder in Studio One! LOL!


マネラ

あれだお、第一スタジオに行って人殺しするなんて時間は、
全然なかったってことだお!m9(^Д^)プゲラ



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について17


Phoenix

「Why is that?」


フェニックス

「それは何故ですか?」




…ここで、エッジワースのObjection!が飛んできます!




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について18


Edgeworth

「Haven't we had enough of this pointless line of questioning?」


エッジワース

「要領を得ない、論点のあやふやな質問の羅列など、もうたくさんではないか?」




「pointless(論点の無い、要領を得ない、無益な)」




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について19


Edgeworth

「Your Honor!」


エッジワース

「裁判官!」


Edgeworth

「The testimony to this point has made one certain fact painfully clear: 」


エッジワース

「この証言で最も重要なのは、
ある一点の事柄が明らかに事実であったと、痛いほど明確に指し示しているという点だ。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について20


Edgeworth

「The people in the trailer had nothing to do with this murder!」


エッジワース

「すなわち、トレイラーの中に居た人物は誰もこの殺人に関わっていない、という事を
この証人は証言しているのだ!」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について21


Edgeworth

「It was impossible for any of them to go to Studio One!」


エッジワース

「事実、第一スタジオに行くことなど到底不可能だったのだからな!」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について22


Phoenix

「What!?」


フェニックス

「なんだって!?」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について23


Edgeworth

「Something wrong, Mr. Wright?」


エッジワース

「何か不都合でもあるのかな、ミスター・ライト?」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について24


Edgeworth

「Surely you aren't suggesting one of the people in the trailer went to Studio One!」


エッジワース

「君にしたって、
トレイラーの中に居た人物の内の誰かが第一スタジオに行ったのだと主張しているわけではあるまい!」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について25


Judge

「Hmm...」


裁判官

「ふーむ…」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について26


Judge

「Well, Mr. Wright?」


裁判官

「いかがですかな、ライト君?」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について27


Mia

「Phoenix, this is critical!」


ミア

「フェニックス、ここは重要よ!」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について28


Mia

「Think about it before you give your answer!」


ミア

「答えを出す前に、よーく考えてみなさい!」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について29


Judge

「Do you claim someone from the trailer went to Studio One?」


裁判官

「当日トレイラーの中に居た誰かが、第一スタジオに行ったのだと主張するのですか?」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について30




…これは以前、プロデューサーのヴァスケズに話を聞いたフェニックスは知っているのです。

「It's impossible!(それは不可能だ!)」ということを!




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について32


Phoenix

「I agree that it was impossible for anyone in the trailer
to go to the studio in that time.」


フェニックス

「確かに、当時トレイラーの中に居た人が第一スタジオに行くことは不可能だったでしょう、
それは認めます。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について33


Edgeworth

「Ha hah!」


エッジワース

「ハッ!」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について34


Edgeworth

「I thought you might be thoughtlessly treading on thin ice again!」


エッジワース

「これは意外だったな、
私はてっきり、君がまた考えも無しに薄氷の上に足を踏み出してくるものと思っていたのだが!」




「tread on thin ice(薄い氷を踏む)」=「危険と解かっている所に足を踏み入れる蛮勇」の意。




Edgeworth

「But I see you had at least an inkling of the truth.」


エッジワース

「まあ少なくとも君は、当時の状況が暗示している事実については、既に知っていたということだな。」




「an inkling of~(~の暗示、~だと薄々感じている)」




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について35


Judge

「What do you mean, Mr. Edgeworth?」


裁判官

「それはどういうことですかな、エッジワース君?」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について36


Edgeworth

「It's quite simple...」


エッジワース

「至ってシンプルだ…」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について37


Edgeworth

「True, the break in the trailer meeting came right at the time of death...」


エッジワース

「実際、確かに打ち合わせが休憩に入った時間は、死亡推定時刻にピタリと一致している…」


Edgeworth

「However!」


エッジワース

「だがしかし!」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について38


Edgeworth

「The path from there to the scene of the crime was blocked!」


エッジワース

「事件現場へと続く通路もまた、その時既に塞がれていたのだ!」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について39


Edgeworth

「The fallen Mrs. Monkey head barred the way!」


エッジワース

「倒れ落ちたオサルチャンの頭によってな!」




「bar(妨げる、はばむ)」




…「Mrs. Monkey」?

「Mrs. Monkey」!!?




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について40


Edgeworth

「At around 2:15, a strong gust of wind knocked off the studio mascot's head.」


エッジワース

「2時15分頃、強い突風が吹いたことにより、スタジオ・マスコットの頭がもげ落ちたのだ。」




「gust of wind(突風)」




Edgeworth

「Ergo!」


エッジワース

「故に!」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について41


Edgeworth

「When the people in the trailer took a break at 2:30,
the way to the studio was blocked.」


エッジワース

「トレイラーの人々が2時30分に休憩を取っていたとしても、
第一スタジオへ通じる道は既に塞がれていたことになる。」


Edgeworth

「Blocked... by Mrs. Monkey's severed head!」


エッジワース

「胴体より切り離された…オサルチャンの頭によって!」




「sever(切り離す、分断する)」




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について42


逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について43


Phoenix

(It's actually ”Mr. Monkey,”
but Edgeworth has a point...)


フェニックス

(ほんとの名前は”オサルサン”なんだけどな、アレ、
でもエッジワースの言うことはもっともだ…)




どうやらエッジワースは、
グローバル・スタジオのマスコットの名前を間違えて覚えてしまっているようですね。^^;


ちなみに日本版では、「サルマゲドン」を「サルマゲくん」と間違って覚えていました。(笑)

でも、日本版での間違い方は割とありがちな間違い方でしたので、
個人的にはそこまで「変」だとは思いませんでした。

「そういう勘違いからくる些細な覚え間違いって、誰しもやっちゃう時あるよな~」とか思っただけだったのですが、

北米版の間違い方は「うっかり勘違い」では済ませられません!(笑)


「正しい名称」である「Mr. Monkey」には、頭に「Mr.(男性に付ける敬称)」が付いているのに対し、
エッジワースは「Mrs.(女性に付ける敬称)」のほうを付けてしまっています!

「ミスター」と「ミセス」を勘違いした、と言っただけでは、一見ありがちな間違いに思えるかもしれませんが、

しかし、「Mr.」と「Mrs.」を間違えているということは、当然「性別も」勘違いしているということになるわけです!


まず「チョンマゲを付けた猿」「女性(メス)」であるというのは、ハッキリ言って有り得ません!

まあそこは百歩譲って
「アメリカ人」である「Edgeworth」
「髷を結うのは男性だけ」
という「伝統的な日本文化に対する知識」が無かったにしても、

あのマスコットのを見て、
「これはメスだ。」と思うその感性が、私には信じられません!^^;


しかし現実に、エッジワースはアレを「Mrs. Monkey」と呼んじゃっているわけですから、
彼の目にはあのサルがメスに見えているのでしょう。(笑)


一度眼科に行ってきた方がいいのでは?


ま、エッジワースの目の心配はここらへんにして(笑)

そろそろゲームに戻ります。




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について44


Phoenix

(And somehow, I feel no desire to correct him.)


フェニックス

(それになぜか、エッジワースの間違いを訂正してやろうという気持ちが、僕には湧き上がってこないんだよな。)




それ、もういいから。^^;


「各々の価値観」については、もうそっとしておいてやりましょう!(笑)




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について45


Edgeworth

「I believe we have seen enough evidence.」


エッジワース

「これで、この証人から得られる証拠については、もう十分であると言えるだろう。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について46


Edgeworth

「I would like to relieve Mr. Manella from the stand.」


エッジワース

「したがって、そろそろ証言台で証言するという重圧からマネラ氏を解放してやりたいと思う。」




「relieve(解放する、解任する)」




逆転裁判 北米版 マネラ証言 休憩について47


Phoenix

(Wh-what? It's over?)


フェニックス

(ええっ?これでもう終わりなの?)




結局マネラの証言からは、

「矛盾を見つける」とか「証拠品を突き付ける」などの
弁護側にとっての「重要証言」を得ることは一切出来ませんでしたね。^^;


彼の証言を要約すると

「打ち合わせ中にちょっと休憩を取ったけど、ステーキを食べただけで事件とは関係ないよ。」

というたったそれだけのものでしかありませんでした。(笑)

他の事柄については、既にフェニックスも知っているものばかりでしたし、
これでは現状「全くなんの進展もしていない」と言ってしまっても過言ではありません!


なんのために出てきたんだよ、あのオタク…^^;



さて、それでは次回、この続きの場面から再開したいと思います。


ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告