広告

DRAGON QUEST IV 北米版プレイ日記(71)

前回の続きです。
木こりの小屋を出発し、更に南下していきます。


ドラクエ4 北米版 カサブランカ1


すると、すぐにお城があるのが見えてきます。


ドラクエ4 北米版 カサブランカ2
ドラクエ4 北米版 カサブランカ3


どうやらお城だけでなく城下町も「併設されている」ようですが、
今まで登場してきた城に比べると、その規模はどちらもかなり小ぶりですね。

城に入ってすぐ、前方から「4人パーティ」と思しき一団がやってきます。


ドラクエ4 北米版 カサブランカ4

*:「We're travelling the world to find the monster of all monsters
and wipe him out.」

*:「俺たちはモンスターの中のモンスターと言えるような強いモンスターを見つけ出して、
そいつを排除するために世界を旅してまわってるんだ。」


ドラクエ4 北米版 カサブランカ5

*:「Do you want to join us?」

*:「君も俺たちのパーティに加わりたいのか?」



旅は道連れ…ここは「Yes」と言ってみます(笑)



ドラクエ4 北米版 カサブランカ6

*:「Oops! Sorry. It looks like our party is full.」

*:「おっと!申し訳ないんだが。どうやら俺たちのパーティは定員オーバーみたいだ。」

*:「You'll have to find your own group of people to travel with.」

*:「君は君自身で、自分の旅仲間を見つけるんだな。」



そんなん、わーっとるわ!
大体「自分のパーティ人数」ぐらい把握しておけよ!^^;


これは、前作「DRAGON WARRIOR III(ドラクエ3)」などをプレイしているプレイヤーには
ニヤリとさせられるセリフですね。

彼らは明らかに「4人パーティ」であり、
ドラクエシリーズのほとんどでは「システム上、1パーティは”4人まで”」と決まっているため、
彼らのパーティに「5人目として」加入することは出来ないからです。


しかし、そうは言っても、
「某金持ち少年に一人だけハブられる、
某メガネの泣き虫少年」

の気分ですね^^;



ドラクエ4 北米版 カサブランカ7

*:「People are saying the chosen hero who was supposed to save the world
has been killed by monsters.」

*:「人々の噂によると、どうやら世界を救うと目されていた選ばれし英雄が、
モンスターたちに殺されてしまったらしい。」

*:「But there's no need to fret too much.
We're going to save the world in his place.」

*:「だからと言って、それを憂いてヤケクソになってしまう必要はないぞ。
私たちが英雄の代わりに世界を救ってみせるからな。」


「fret(悩む、やきもきする)」


ドラクエ4 北米版 カサブランカ8

*:「Nothing scares us. Nothing at all!」

*:「私たちに怖いものなんか何もないわ。そう、なんにも!」


ドラクエ4 北米版 カサブランカ9

*:「I get to travel about all over the place by tagging along with these folk here.
It's great fun!」

*:「この人たちと色々な所を旅してまわってるんですよ。
それって、とっても楽しいですからね!」



…なんか一番最後の人だけ「ちょっとノリが違う」感じですけど^^;
どうやら彼らは「世界を平和にするために旅をしている”勇者一行”」みたいですね。

彼らが言っていた「世界を救うべきだったはずの選ばれし英雄(The chosen hero)」とは、
もちろん「ヒーローのこと」なわけですが、
「その英雄は死んだ」という噂が、もう巷に流れているようです。

おそらく「人間を絶望させ、無用な抵抗をさせないように」と、
「Psaro(プサロ)」たち「モンスター側が」敢えて流したのかもしれません。


ま、死んでないわけですけど(笑)


それはともかく、彼らは彼らで頑張って「世界を救って」もらうことにして(笑)
こちらはこちらで、まずは城下町で情報収集してみることにします。



ドラクエ4 北米版 カサブランカ10

*:「This is Casabranca Castle.」

*:「ここはカサブランカのお城です。」



どうやらこの城の名前は「Casabranca(カサブランカ)」というようですね。


「カサブランカ(英語: Casablanca、アラビア語: الدار البيضاء‎; ad-dār al-bayḍāʼ)」は、
モロッコ最大の都市であり、モロッコの商業・金融の中心地。アフリカ有数の世界都市でもある。
カサブランカとはポルトガル語、スペイン語で「白い家」の意。
~Wikipediaより~


おそらく、上記の実在の都市とは関係ないでしょう(笑)
日本版での名前が「ブランカ」だったことから、「Casablanca」に引っ掛けたのだと思います。

ただし、カタカナで書くとどちらも「カサブンカ」ですが、
英語綴りでは「L」と「R」で区別されているため、「英語発音」では「それぞれ違う発音」になります。
一文字違いであるとはいえ、名前としては「違う名前」であることに注意してください。



ドラクエ4 北米版 カサブランカ11

*:「We have an old saying here in Casabranca...」

*:「ここカサブランカには、古くから言い伝えられている伝説があります…」


ドラクエ4 北米版 カサブランカ12

*:「When the Evil One reawakens, so too will the Chosen Ones.」

*:「邪悪なる者目覚めし時、選ばれし者たちもまた目覚める、と。」


ドラクエ4 北米版 カサブランカ13

*:「The end of the world is nigh!」

*:「世界の終わりが近づいておる!」


「nigh」=「near」


ドラクエ4 北米版 カサブランカ14

*:「The chosen hero who was supposed to defeat the Lord of the Underworld
has been killed by monsters.」

*:「地下世界の主を倒せると目されておった選ばれし英雄が、
モンスターに殺されてしまったのじゃからな。」



詩人が語った伝説の「The Evil One(邪悪なる者)」とは、
老人の語った「The Lord of the Underworld(地下世界の主)」と同じものなのでしょう。
これは「Chapter 1」でも同じような話が出てきていましたね。

そして、「The Chosen Ones(選ばれし者たち)」というのが、
「The chosen hero(選ばれし英雄=ヒーロー)」のことであると思いますが、
「The Chosen Ones」と「複数形」になっています。

すなわち、「選ばれし者」は「一人ではない」ということです…



ドラクエ4 北米版 カサブランカ15

*:「You can travel all the way to Endor in the west now,
thanks to the tunnel that Torneko chap built.」

*:「今となってはいつでも好きな時に西のエンドアに旅が出来るんです、
トーニコさんっていう商人がトンネルを建設してくれたおかげなんですよ、
感謝の気持ちを持ってトンネルを通ってくださいね。」


「chap」=「chapman(行商人)」の略。



なんだそりゃ!
つーか、あんたは「誰目線」なんだよ!?^^;


これは「Chapter 3」で「プレイヤーが」やったことですね(笑)
第3章終わりでは「トンネルの出口がどこへ通じているのか」は分かりませんでしたが、
どうやら「カサブランカの西」に「トンネルの東側入口」があるようです。

エンドアへ行くなら、「トンネルを西の方角に通って行けば」たどり着けるということですね。


それにしても…
「Torneko」は「金を出しただけ」だろ!
トンネルを掘削したのは「人足たち」だし、
事業そのものだって「老人の夢」だったろうが!
なんで「トーニコ一人が全てを成し遂げた大偉業!」
みたいな感じになってんだよ!^^;


ま、「60,000G」という大金を「寄付する」というのも、誰にでもできることではありませんけどね(笑)
もしかしたら、「大出資者」としてのトーニコが
「トンネルのオーナー」みたいな扱いになっているのかもしれません。



ドラクエ4 北米版 カサブランカ16

*:「It's such a shame for that poor fellow Torneko.」

*:「あんなことになっちまって、トーニコって人はほんとに可哀想だよ。」


ドラクエ4 北米版 カサブランカ17

*:「Monsters are hunting him down
just because he built a tunnel to connect one kingdom with another.」

*:「王国と別の場所とを結ぶようなトンネルを建設しちゃったもんだから、
モンスターたちに命を狙われてるのさ。」



…なるほど。
「偉業を成し遂げた名誉」の代わりに、
「余計な事をした忌々しい人間」として「モンスターに狙われる」という
「有名税」も背負っちゃったわけですね、トーニコ・タルーンは…


ならしょうがないかな♪(悪)
「トーニコ一人が」狙われることによって、老人や人足たちの「タゲ逸らし」になっているんだから^^;


しかし、「戦闘職でもない一介の商人」に過ぎない「ただの小太りのオジサン」が、
またえらい目に合ってるもんだ……


人生、何が起こるか分かりませんね^^;
生きて自宅に帰れればいいけど(他人事)




ドラクエ4 北米版 カサブランカ18

*:「Apparently, there's a fortune-teller visiting Endor at the moment who's really good.」

*:「どうやら今、本当に良く当たる占い師がエンドアに来ているみたいだぞ。」

*:「I wish I could go and have my fortune told.」

*:「俺もエンドアに行って運勢を占ってもらいたいもんだなぁ。」


ドラクエ4 北米版 カサブランカ19

*:「Don't you think we dance well?
We're copying the style of that famous dancing girl in Endor, you see.」

*:「どうかしら、私たちのダンス?ちょっと良くない?
エンドアに居る有名な踊り子のダンススタイルを真似て踊ってるのよ。」


ドラクエ4 北米版 カサブランカ20

*:「She's got a sister, you know.
Yes, and apparently they're travelling the world to find some hero or other.」

*:「彼女には妹さんも居るんですって。
あ、そうそう、あと確か、英雄とかそういった人を探して世界を旅してるって言ってたわ。」




…どこかで聞いたことがあるような「姉妹の話」ですね。
「占い師の妹」と「踊り子の姉」……

ま、この女性は「a sister(姉妹が一人)」居る、と言っているだけで、
それが「姉(big sister)」なのか「妹(little sister)」なのかはセリフからでは分かりませんし(笑)
兵士の話に出てきた「Fortune-teller」が「踊り子の姉妹なのかどうか」ということはおろか、
その「占い師」が「男性か女性か」すらも分かりませんけど(笑)

でもおそらく、こちらは記憶にも新しい例の「インド人姉妹」のことなのでしょう。
どうやら、彼女たちはヒーローを探しているようなので
一度会いに行ってみた方が良いのかもしれませんね。

なんせ、「名前がヒーロー」なわけですし(笑)


…もちろん、この踊りを踊っている女性の言う「hero」とは「英雄」という意味なのですが(笑)
いずれにせよ「同じこと」です(笑)



さて、それでは次回、「この城の王様」に謁見しに行ってみることに致しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告