広告

DRAGON QUEST IV 北米版プレイ日記(82)

それでは今回、単身「Pharos Beacon(ファロス・ビーコン)」へ向かったトーニコの後を追いたいと思います。


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン1


町を出て東の方角へ歩いて行くと…


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン2


やがて「塔」が建っているのが見えてきます。
これが「灯台ファロス・ビーコン」なのでしょう。


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン3
ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン4


1階奥の階段の辺りに何やら見たことがある
「シマシマの服を着た人物」
が居ますね(笑)

早速近寄って行ってみると…


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン5

Torneko
「Hello there! I don't know who y'are,
but 'tis a fine time ye've come at.」

トーニコ
「やあこんにちは!あんたがたがどこの誰かは知らねぇけど、
ちょうどここさ来てくれて助かったべ。」


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン6

Torneko
「I came here meself to get rid o' that menacin' evil flame
that's burnin' at the top o' the beacon.」

トーニコ
「この灯台の頂上には、人々を脅かす邪悪な炎が燃やさってると聞かさって、
それを消し去るために、私はここまでやって来たんですがね。」


「rid(取り除く、除去する)」
「menacing(脅かすような、驚異的な)」


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン7

Torneko
「Only, the monsters here are as tough as old boots,
an' I'm havin' trouble makin' me way up to the top.」

トーニコ
「いやぁまったく、ここのモンスターたちは使い古しのブーツみてぇな連中ばっかしなんで、
これではとても頂上までは登らさんねぇべなぁと困ってたところだったんです。」


「as tough as old boots(とても硬い、とても噛み切れない)」=直訳「古いブーツと同じぐらいタフな」


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン8

Torneko
「I know it's a bit of a tall order like,
but would ye be willin' to take over and get the job boxed off fer me?」

トーニコ
「こんなお願い、ちょびっと高望みし過ぎなのかもしんねぇすけど、
私の代わりに頂上まで塔を登って、邪悪な炎を消し去って来てはもらえねぇすべか?」


「box off(仕分けする、仕切って分ける)」



…確かにこのファロス・ビーコンを「トーニコ一人で」攻略するのは、
彼には少々荷が重いでしょうね。

この灯台内部はモンスターの出現頻度も比較的高いですし、
出現のパターンも「数匹で群れを成している」場合がほとんどです。
1体1体はそれほど強いと言うわけでもありませんが、
「戦闘職ではない商人一人だけ」では、とても頂上まで生きてたどり着けないでしょう。

というわけで、ここは「Yes」と答えます。


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン9

Torneko
「Ye will? Well that's grand!」

トーニコ
「そうしてくれるんで?そうですか、そりゃいかった!」


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン10

Torneko
「'Twas a holy light burnin' at the top o' the beacon here 'till just recently, ye see.」

トーニコ
「ご存じだと思いますが、この灯台にはつい最近まで聖なる光が燃やさっていたんです。」


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン11

Torneko
「An' I'm sure there must still be a few embers of it
left hereabouts somewhere.」

トーニコ
「てことは、この辺りのどこかさ、その聖なる炎の燃えさしみてぇなもんが、
まだ少し残ってるに違いねぇと思うんです。」


「ember(残り火、燃えさし)」


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン12

Torneko
「That's all ye'd need to put out the evil flame
that the monsters are burnin' up there now.
Ye just need to find the embers.」

トーニコ
「あんたがたにしてもらいてぇのは、
今現在、頂上でモンスターどもが燃やしてる邪悪な炎をどかして欲しいってことなんです。
つまり、その聖なる炎の種火を見つける必要があるってことなんですよ。」


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン13

Torneko
「D'ye want me to repeat all that?
I'll run through it again for ye if ye didn't quite get it the first time.」

トーニコ
「今の話、もう一回聞きてぇですか?
最初聞いてよく解かんねかったってんなら、もう一度最初からお話ししますけど。」



いや、もう結構です!^^;

ここで間違って「Yes」などと答えてしまった日には、
この「長話」を
また一から話して聞かされるハメになってしまいますので^^;
ここは全力で「No!」と言っておきます!(笑)




ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン14

Torneko
「Grand! I'll leave ye to it, then.
We'll meet up back at the port.」

トーニコ
「そうですか!そりゃいかった!したら、後のことはあんたがたにお任せします。
事が終わったら、あの港町でお会いしましょう。」


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン15


言うが早いか、トーニコはさっさとファロス・ビーコンから出て行ってしまいます!(笑)


いや、ま、別にいいんですけど……

次からはもっと
「よく考えてから」行動した方が良いですよ(笑)



さて、それではファロス・ビーコンを登って行きましょう。

先程も書いた通り、モンスターの数は非常に多いのですが、
1体1体はそれほど強いと言うわけでもありませんので、
ヒーロー、ミーナ、ホフマン・ジュニアの物理攻撃とマヤの攻撃魔法を駆使して進んで行き、
ダメージを受けたら適宜回復しつつ灯台を登って行きます。

その道中には、それほど書くべきような特別なことはあまりありませんので、
要所要所だけを書いていきたいと思います。


階段をのぼって先へ進んで行くと、
道中のとある所に何やら「モンスターの姿」が…


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン16


「彼(?)」は一体何をしているのでしょうか?^^;
なんか「たそがれている」ようにも見えますが…(笑)


ちょっと話しかけてみることにしましょう(笑)


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン17

*:「Eep!
Where'th Torneko!?」

*:「クソッ!
トーニコのヤツ、どこ行ったんでしゅか!?」



なんなんですか、その「口調」は(笑)

彼の最初の「Eep!」は「うわ!」などの意味の間投詞ですので、それは別にいいのですが、
その後の「Where'th Torneko!?」は英文として「変」ですね(笑)

このセリフ、正しくは「Where's(Where is) Torneko?」で、「トーニコはどこに居る?」という意味なのですが、
何故か彼は「s(s, z)」を「th(θ)」で「発音」しています。

彼のセリフは、この後も全てそうなのですが、
本来正しい「th」も、本来なら「s」と発音すべきところも、
全て「th」でしか発音しないのです。
ハッキリ言って、非常に読みづらいです(笑)

多分これは「彼の(あるいは”このモンスター”特有の?)口癖」みたいなものなのでしょう。
ですので私は、この口癖を日本語訳に反映させるべく、
「さしすせそ」を「しゃししゅしぇしょ」で発音する口調
日本語訳していきたいと思います(笑)

モンスターの見た目とも相まってなんだかちょっと可愛らしいですね(笑)



ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン18

*:「I heard he wath coming here, tho I've been lying in wait for him.
I wath going to leap out and thmath hith brainth in!」

*:「ヤツがここに来るって聞いたから、僕はここでヤツが来るのを待っていたんでしゅ。
見かけたら、ヤツの頭をぶん殴ってやろうと思ってたんでしゅ!」


「leap out(目につく、目に留まる)」
「smash one's brains(人の頭をぶん殴る)」口語表現。


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン19

*:「I thee... He got thcared and ran away, did he?」

*:「でも、僕には分かりましゅたよ…トーニコのヤツ、どうやらビビって逃げ出してしまったようでしゅね?」


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン20

*:「Right, then. Well I don't care about you.
It'th Torneko I'm after. Tho long, thuckerth!」

*:「わかりましゅた。それなら、お前らに用は無いでしゅ。
僕はトーニコにしか興味ありましぇん、トーニコの後を追うでしゅ。バイバイ、ベイビー!でしゅ!」


「So long.(じゃあまた、さよなら)」口語表現。
「sucker(乳飲み子)」=または口語表現で「おめでたい人、騙されやすい人」の意。


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン21

「The minidemon casts Zoom...」

「小鬼はズームをかけた…」



ちなみに「Zoom(ズーム)」とは、日本版の「ルーラ」に相当する移動魔法です。
「Chimaera wing(キメラの翼)」を使用した時と同様に、「大空高く舞って」目的地に移動する魔法なのですが…



ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン22

「...and ― Ouch! ― bumps his head on the ceiling!」

「…しかし―これは痛い!―彼は天井に頭を打ち付けてしまった!」


「bump(ドンと打ち付ける)」
「ceiling(天井)」



…なんだか「システム・ナレーション」も非常にコミカルですね(笑)



ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン23

*:「Eep! My head hurtth...」

*:「うぎゃっしゅ!頭が、痛いでしゅ…」


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン24


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン25

「No answer.
It looks like the minidemon knocked himself out!」

「返答がない。
どうやらこの小鬼は、自分自身をノック・アウトしてしまったようだ!」



どっちが「Sucker」だよ…

言葉遣いといい、思慮の浅い行動といい(笑)
彼のほうが「乳飲み子のようなおめでたい頭をしていた」ようですね(笑)


彼の名前は、日本版でも「ミニデーモン」であり、北米版はそれをそのまま英語にしただけの名前ですが、
北米版の「Minidemon」は固有名詞ではありませんので、私の日本語訳では「小鬼」と直訳しています。


さて、頭を天井にしこたま打ち付けて勝手に気絶してしまったらしい小鬼モンスターは放っておいて(笑)
我々は先に進みましょう(笑)

更に灯台を登って行くと、とある広いスペースの真ん中に宝箱が置いてあります。
その宝箱を調べてみると…


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン26

「What luck! Some holy embers!」

「なんと!聖なる種火だ!」



これが「かつてこの灯台に灯っていた”聖なる炎”の種火(燃え残り)」みたいですね。

ずいぶん「無造作に」置いてあるな!
この灯台を占拠したモンスターたちは、
これを「処分しよう」とは思わなかったのか!?


せめて「どこかに隠しておく」くらいはしておいても良かったのでは…^^;


…どうやらこの灯台を占拠したモンスターたちは、
先程の「Minidemon」同様の「Suckers」揃いであるみたいですね!(笑)


とにかく、この「Holy embers」を灯台の頂上に持って行って、
邪悪な炎の代わりにこれを燃やせば、また海に船を出すことが出来るようになるはずです!

それでは灯台の頂上へ向かいましょう!


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン27
ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン28


灯台の頂上では「大きな燭台」に「黒い炎」が灯されており、
その周りでは「3体のモンスター」たちが「小躍りしている」かのようにウロチョロしています(笑)


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン29

*:「Ka ka ka ka kah!
Burn! Burn, dark flame!」

*:「カカカカカッ!
燃えろ!燃えろ、闇の炎よ!」


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン30

*:「Burn and make all the stupid human boats founder!
Ka ka ka ka kah!」

*:「もっともっと燃えるのだ!そして愚かな人間どもの船を全て沈めてしまえ!
カカカカカッ!」


「founder(船が浸水沈没する)」



…どうやら「何かの儀式をしている」とかいうことでもなく、
本当に無意味に、ただ単に小躍りして喜んでいただけだったみたいですね^^;

本当に「おめでたい奴ら」だな……(笑)



ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン31

*:「Hm? Who are you!?」

*:「ん?誰だお前ら!?」



どうやらこちらに気付いたようです。

楽しそうなとこ、邪魔してスイマセンね(笑)



ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン32

*:「Ka ka ka ka kah!
Idiot humans, coming up here!」

*:「カカカカカッ!
バカな人間どもめ、こんなとこまで登ってきやがったのか!」


ドラクエ4 北米版 ファロス・ビーコン33

*:「More fuel for the flames of darkness!
We'll toss you in and watch you burn! Ka ka kah!」

*:「ちょうど今、闇の炎を燃やすのに、もっと燃料が欲しいと思っていたところだ!
お前らをこの炎の中にくべて、燃えていくところを見物してやるぜ!カカカッ!」



というわけで、邪悪なる闇の炎を燃やしていた「今回の悪事の元凶たるモンスターたち」が
ヒーローたち目掛けて襲い掛かってきます!

…のですが、その続きは次回にしたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告