広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(163)

前回従業員エリアに居たガムシュー刑事と話をしました。


彼から受け取った「二つの証拠品」は、

どうやら前回の審理でフェニックスが立てた、

「ウィル・パワーズの昼食に睡眠薬を盛り、彼が昼寝をしている隙にサムライのコスチュームを盗んだのは、
他ならぬ被害者、ジャック・ハマー本人だった!」

という推論が「事実」であったことを裏付ける「確固たる証拠品」であると言えそうです。


さて、それでは今回は、従業員エリアから行ける「パワーズの衣裳部屋」に入ってみたいと思います。




逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー1


Penny

「Oh! Hello!」


ペニー

「あら!こんにちは!」




…衣裳部屋には何故か「アシスタントスタッフのペニー」が居ました。




逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー2


Maya

「What are you doing here?」


マヤ

「ここで何してるの?」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー3


Penny

「Oh... I was just cleaning up the dressing room.」


ペニー

「あ、えっと…私、今ちょうど衣裳部屋のお掃除をしていたんです。」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー4


Penny

「I guess WP won't be using it anymore, so...」


ペニー

「もうWPは、この部屋を使う事は無いだろうと思って、だから…」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー5


Maya

「Wha!? What!?
Why!?」


マヤ

「えっ!?なっ、なんで!?
どうして!?」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー6


Maya

「But WP's innocent!」


マヤ

「だって、WPさんは無実なんだよ!」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー7


Penny

「Yes,
and I'm really grateful for all you've done.」


ペニー

「ええ、それは勿論そうです、
それに私は、あなたたちがしてくださったことに本当に感謝しているんですよ。」


Penny

「But...」


ペニー

「でも…」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー8


Penny

「This week is the last episode of the Steel Samurai...」


ペニー

「今週の放送で、スティール・サムライは最終回を迎えてしまいますので…」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー9


Maya

「What!?
Nooooooooooooooooo!」


マヤ

「なんですって!?
うそでしょぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」




…どうやらテレビ番組「The Steel Samurai: Warrior of Neo Olde Tokyo」は、

今週の放送をもって「番組終了」となってしまうみたいですね!

これはマヤにとって、そして「全米のちびっこたち」にとって、
突然降ってわいたような「驚愕の事実」です!!!


…とは言え、普通に考えれば、

「関係者のほぼ全員が”殺人事件”の渦中に居る」上に、

「事件の被害者は”番組に出演していた俳優”」なわけですから、

テレビ局的にも制作スタジオ的にも

「これ以上何食わぬ顔をして番組を制作、放送し続けてはいられない!」

という判断を下すのも当然であると言えるでしょう。

そして「サムライの敵役を演じていた俳優」が「居なくなって」しまったわけですから、

おそらく「当初から予定していた通りの終幕」というわけではなく、
いわゆる「打ち切りエンド」的な最終回なのでしょうね…


…そんな最終回を迎えてしまうとは、なんだかちょっと寂しい気がします……

「スティール・サムライにさして愛着が無かった^^;」私ですらそうなのですから、

「スティール・サムライの大ファン」であるマヤやコーディーなら尚更でしょう……


まあそれはともかく、

ここでせっかくペニーに出会ったわけですから、彼女にも少し話を聞いてみたいと思います。




逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー10


「Mr. Hammer」


「ハマー氏について」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー11


Phoenix

「I was wondering if I could ask you about Mr. Hammer...」


フェニックス

「もし君に会ったら、ハマー氏についてちょっと聞きたいと思ってたんだけど…」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー12


Penny

「Yes?」


ペニー

「はい?なんですか?」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー13


Phoenix

「On the day of the murder,
he went to Studio Two.」


フェニックス

「殺人事件当日、
彼は第二スタジオへ行ったんだけどさ。」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー14


Penny

「Huh? I thought he went to Studio One?」


ペニー

「え?そうだったんですか?私はてっきり、第一スタジオへ行ったものだと思ってたんですけど…」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー15


Maya

「He stole the Steel Samurai costume, too!」


マヤ

「しかも、スティール・サムライのコスチュームまで盗んでたんだよ!」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー16


Penny

「What!?」


ペニー

「なんですって!?」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー17


Penny

「Why would Mr. Hammer do something like that?」


ペニー

「どうしてハマーさんはそんなことを?」




…やはりペニーにとっても「青天の霹靂、寝耳に水」の事実だったようですね。

まあ、前回までの審理を傍聴していなければ、この反応は至極当然のものと言えるでしょう。


実際「警察も、検察も、弁護側も」事件当日目撃された「サムライのコスチュームを着た人物」の中身が、
実は「被害者のジャック・ハマーだった」などということは、当初は全く念頭になかったわけですから。

ましてや「コスチュームを盗み出した」なんて、全く思いもよらなかったに違いありません。

…あるいは、もしかしたらペニーは、

「事件当日、サムライのコスチュームを着た人物が居た」という事実すら「知らなかった」のかもしれませんが…


いずれにせよ、そんなペニーに、

「事件当日のハマーの本当の行動」について聞いてみても、仕方がないような気がしますが…




逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー18


逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー19


Penny

「Oh...」


ペニー

「あ…」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー20


Penny

「I guess the rumor must be true, then.」


ペニー

「なら、あの噂は本当だったのかもしれませんね。」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー21


Maya

「The rumor?」


マヤ

「噂?」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー22


Penny

「Yeah. Ms. Vasquez, that producer, had some kind of hold on Hammer.」


ペニー

「ええ。プロデューサーのヴァスケズさんが、ハマーさんを束縛していたって噂です。」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー23


Penny

「She had some dirt on him...
He'd do anything she said, apparently.」


ペニー

「プロデューサーはハマーさんに、汚れ役を押し付けていたっていうか…
実際、彼はプロデューサーの言うことには何にでも従っていましたし。」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー24


Maya

「Some ”dirt”?」


マヤ

「”汚れ役”って?」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー25


Maya

「What dirt!」


マヤ

「それ、どういうこと!」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー18


逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー26


Penny

「Dirt. You know, bad stuff.」


ペニー

「汚れ役。悪い役回り、って意味ですよ。」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー27


逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー28


Maya

「Um, I know what dirt means...」


マヤ

「もうっ、私だって汚れ役の意味くらい知ってるよ…」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー29


Penny

「About five years ago, they were filming a movie starring Mr. Hammer.」


ペニー

「五年くらい前、ハマーさんを主役にした、とある映画の撮影が行われたんです。」




「starring ~(~を主役とした、重要な役とした)」




逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー30


Penny

「They were using the new studio... Studio Two.」


ペニー

「その時使われたのが、当時新たに設営された…第二スタジオでした。」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー31


Penny

「Some sort of accident happened during filming.」


ペニー

「そして、その映画の撮影中、何かアクシデントが起こったそうです。」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー32


Penny

「After that, they never used Studio Two again.」


ペニー

「それ以来、第二スタジオが再び撮影で使われることはありませんでした。」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー33


Penny

「They left the film set the way it was, too.」


ペニー

「当時映画のセットだった物も、解体されずに今もその場に残されたままなんですよ。」



逆転裁判 北米版 衣裳部屋のペニー34


Phoenix

(The film set...?
Was
that trailer part of the film set, then?)


フェニックス

(映画のセット…?
ということは、
あのトレイラーもそのセットの一部ってことなのか?)




…ペニーから聞けたこの「噂」ですが、実は以前も「少し言いかけた」ことがありました。

その時は「いくら深く追及してみても」決して口を割ってくれなかった彼女でしたが、

どうやらその理由とは「自分も人から聞いただけの噂だったから」ということだったようですね。

…もちろん「スタジオ上層部から口止めされていた」というのも、口を閉ざしていた理由の一つだったのでしょうが。


ペニーが語った噂の内容から察するに、

その「撮影中に起こったアクシデント」が原因で、
ハマーはヴァスケズに「良いように使われていた」ということだったみたいですね。

「ハマーはある時期から大きな役を受けなくなった」のも、

「ハマーの人気が低迷し、子供向け番組の悪役を演じるまでに落ちぶれていた」のも、

その「アクシデント」が原因だったからなのかもしれません。

そして、「その噂が本当だったから、ハマーは事件当時そういった行動をとったのかもしれない。」

というようなことも、ペニーはほのめかしているように見受けられますね。

しかしこれはあくまで「噂」が前提の話ですから、
彼女も「確信があって言っている」というわけでも無いのでしょうが。


ともかく、どうやらその「5年前のアクシデント」というのが、
この事件の「重要な鍵になっている」ようですね。



さて、ペニーに聞けることはまだ残されていますが、
今回はここまでとし、次回に続きます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告