広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(173)

逆転裁判 北米版 フェニックスの主張1


Judge

「A-are you saying...!?」


裁判官

「ラ、ライト君、あなたが主張している事というのは、まさか…!?」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張2


Phoenix

「Yes, Your Honor!」


フェニックス

「その通りです、裁判官!」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張3


Phoenix

「As Ms. Vasquez left the trailer to eat her steak...」


フェニックス

「昼食のステーキを食べようと、ヴァスケズ女史がトレイラーの中から出てきたその時…」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張4


Phoenix

「She ran into the Steel Samurai!」


フェニックス

「彼女はちょうどスティール・サムライと出くわしたのです!」




「run into(偶然会う、出くわす)」




逆転裁判 北米版 フェニックスの主張5


Phoenix

「And then you did it.」


フェニックス

「その後でヴァスケズさん、あなたは凶行に及んだのですよ。」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張6


Phoenix

「You killed him with your own hands!」


フェニックス

「あなたがその手でサムライを殺害したんです!」




前回、

「第二スタジオでの打ち合わせの際に取られた休憩の間、ヴァスケズは昼食を食べていなかった」

ということを指摘したフェニックス。

そして更に、

「事件当日スティール・サムライのコスチュームを着た人物が第二スタジオに行っていた」

という、既に証明済みの「事実」と併せ、

現在フェニックスは上記のセリフ通りに、

「事件当時ヴァスケズは、第二スタジオにやって来たサムライと会っていたのだ!」

と主張しているのです!

これは「ヴァスケズこそがこの事件の真犯人だ!」という「告発」に他なりません!


それではこの続きの場面を見てみることにしましょう。




逆転裁判 北米版 フェニックスの主張7


Judge

「M-Mr. Wright!」


裁判官

「ラ、ライト君!」


Judge

「I-isn't that a little presumptuous!?」


裁判官

「そ、それはちょっと飛躍し過ぎなんじゃないですか!?」




「presumptuous(僭越な、無遠慮な)」




逆転裁判 北米版 フェニックスの主張8


Edgeworth

「What kind of stunt are you trying to pull, Wright!?」


エッジワース

「その通りだ!ライト、貴様、話をどこへ持っていこうとしているのだ!?」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張9


Vasquez

「Let him claim what he wants...」


ヴァスケズ

「彼がしたいことってのは、つまり…」




「Let him claim what he wants.」=直訳「彼がしたいことを彼に主張させてやりなさい。」。

上記セリフでは「彼が主張したいことを(私が代わりに)言うと。」というようなニュアンス。




逆転裁判 北米版 フェニックスの主張10


Vasquez

「You say I did it?」


ヴァスケズ

「この私、ディー・ヴァスケズこそが真犯人だって、そう言いたいんでしょ?」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張11


Phoenix

「Yes.」


フェニックス

「その通りです。」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張12


Vasquez

「Fascinating!」


ヴァスケズ

「ふぅん、面白いわね!」




「fascinating(魅惑的な、すごく面白い、魅力的)」




Vasquez

「And here I was worrying that today would be as boring as all the rest.」


ヴァスケズ

「今日わざわざこんな所に出向いて来たはいいものの、どうせ何もかもが退屈なんだろうと心配してたんだけど、
どうやらそれは杞憂だったようね。」




「all the rest(万事)」




逆転裁判 北米版 フェニックスの主張13


逆転裁判 北米版 フェニックスの主張14


Vasquez

「Very well.」


ヴァスケズ

「いいわ。」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張15


Vasquez

「Let us have a battle of wits, you and I.」


ヴァスケズ

「せいぜい知的な論戦を繰り広げましょ、あなたと私で。」




「wit(ウィット、理知、知力)」




逆転裁判 北米版 フェニックスの主張16


Phoenix

(Any day, Vasquez!)


フェニックス

(もちろんこっちはハナからそのつもりさ、ヴァスケズ!)




「any day(いつの日も、いつでも)」=あるいは「なにがなんでも、どうしても」の意。

上記セリフにおいては「いつでも受けて立ってやるぞ!」

あるいは「なにがなんでもそういう状況に巻き込んでやるぞ!」という意味。




逆転裁判 北米版 フェニックスの主張17


Maya

「Good luck, Nick!」


マヤ

「頑張って、ニック!」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張18


Vasquez

「Let's see...」


ヴァスケズ

「それじゃまず手始めに…」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張19


Vasquez

「What was that murder weapon again?
Oh yes, the ”Samurai Spear”.」


ヴァスケズ

「凶器について再考してみましょうか?この事件の凶器って、なんだったかしらね?
ああ、そうそう、”サムライ・スピアー”だったわね。」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張20


Phoenix

「Yes...?」


フェニックス

「ええ、そうですが…?」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張21


Vasquez

「I am, as you can see, a woman of petite stature.」


ヴァスケズ

「ところで私は、ご覧の通りの小柄で華奢な女でしかないわけなんだけど。」




「petite(小さい、小柄の女性)」=フランス語由来。


「stature(身長、背丈)」




逆転裁判 北米版 フェニックスの主張22


Vasquez

「How could I possibly use that heavy spear as a weapon?」


ヴァスケズ

「そんな私に、どうやったらあんな重い槍を凶器として振り回すことが出来たっていうの?」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張23




…そんなことは確実に「無理」だったでしょうね。


というわけで選択するのは2番目、

「You couldn't, could you(あなたには無理だった、そうでしょ)」の選択肢です。




逆転裁判 北米版 フェニックスの主張24


Phoenix

「I think you would have a great deal of difficulty using that as a weapon.」


フェニックス

「それは到底困難だったと思いますよ。」




「You would have a great deal of difficulty using that as a weapon.」
=直訳「あなたは、それを武器として使用するには多大なる困難を抱えていた。」。




逆転裁判 北米版 フェニックスの主張25


Phoenix

「Pretty much anyone would.」


フェニックス

「そして、これはあなただけじゃなく、ほとんどの関係者にも該当する事なんです。」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張26


Vasquez

「Hah.」


ヴァスケズ

「ハッ。」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張27


Vasquez

「You see?」


ヴァスケズ

「なんだ、よく解かってるじゃない?」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張28


Phoenix

「However, that has no bearing on this case!」


フェニックス

「でもねヴァスケズさん、この事件においてはそんなことはどうでもいい、なんの関係も無いことなんですよ!」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張29


逆転裁判 北米版 フェニックスの主張30


Vasquez

「Meaning?」


ヴァスケズ

「どういうこと?」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張31


Phoenix

The Samurai Spear was not the murder weapon!」


フェニックス

「だってサムライ・スピアーは凶器なんかじゃないんですから!」



逆転裁判 北米版 フェニックスの主張32


Vasquez

「What!?」


ヴァスケズ

「なんですって!?」




…当初は余裕綽々「知的な論戦をしましょう」などと言ってきたヴァスケズでしたが、

このフェニックスの「爆弾発言」には、さすがにたじろいだようですね。(笑)


…事件当初から「殺害に使用された凶器」と見られていた「Samurai Spear(サムライ・スピアー)」でしたが、

なんとフェニックスは、

「サムライ・スピアーは凶器でもなんでもないんだよ!だから使えたかどうかなんて関係ないのさ!」

ここでいきなり主張したわけです!


どうやらフェニックスの頭の中には「真相へ続くシナリオ」が既に出来上がっているみたいですね。

果たしてそれを、どのように「ヴァスケズに向けて着地」させるつもりなのでしょうか!?



それでは次回に続きます。


ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告