広告

DRAGON QUEST IV 北米版プレイ日記(106)

前回「Femiscyra(フェミスキュラ)」へ「Zenithian Shield(ゼニシアの盾)」を求めやって来たヒーローたち。

しかし、フェミスキュラの女王陛下は、
「とっとと帰れ!」
と全く取り合ってくれませんでした^^;

仕方ありませんので、今回は城の1階で人々に話を聞いてみることにします。


ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは1

*:「Don't think you can get up to any tricks
just because this castle is defended by women!」

*:「この城を守る衛士が女性だけだからと言って、
簡単に奸計を仕掛けられるとは思わないことね!」

*:「I'm twice the woman any man is...?
I mean, twice the man any woman...?
No, I mean, twice as strong as any man!」

*:「私はどんな男よりも2倍ほど強い女性なのよ…?
てことは、男性はどんな女性よりも2倍なわけで…?
いや、違う違う!私が言いたいのは、女性はどんな男よりも強いってこと!」


「twice(2倍)」
「Be twice the man/woman (that someone is)」=「Be much better or stornger (than someone)」
直訳では「(誰かと比べて)2倍の男/女」という意味だが、
転じて「(誰かよりも)より素晴らしい、または強い人」という意味になる。

上記セリフでは、単純に
「女性は男性よりも強いんだ!だから舐めんじゃねぇ!」
というようなことが言いたかっただけなのでしょう(笑)
ただ、この女性衛士は「twice the man/woman」の表現を使おうとして、
途中で頭がこんがらがってワケが分からなくなってしまったのでしょうね^^;



ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは2

*:「I came here to preach the word of the Goddess.」

*:「私は女神様の伝道師としてこの国にやって来ました。」


ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは3

*:「The Queen gave me a bronze rosary
in recognition of my valuable work.」

*:「女王陛下は、その重要なお役目をよく果たすようにと、
私に青銅のロザリーを与えてくださったのです。」


「recognition(承認、認証)」


「ロザリオ(ポルトガル語: rosário、ラテン語: rosarium、英語: rosary)」は、
カトリック教会において聖母マリアへの祈り(アヴェ・マリア)を繰り返し唱える際に用いる数珠状の祈りの用具、
およびその祈りのことである。
(中略)
基本となる祈り方(数え方)が定められていて、珠の数・形状もそれに沿って作られている。
~Wikipediaより~



ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは4

*:「I don't have many worldly possessions,
but it is the one I treasure the most.」

*:「私は決して俗物主義者というわけではありませんが、
陛下から賜ったロザリーは、私の一番の宝物なのです。」


「worldly(世俗的な、俗物の)」



上でも引用しましたが、「rosary(ロザリー)」とは、平たく言えば「キリスト教における数珠」のようなものです。
日本ではポルトガル語の「ロザリオ(rosário)」という呼称のほうが一般的なようですが、
英語においては「rosary(ロザリー)」となります。


…女王陛下から賜ったという、その「Bronze rosary(ブロンズ・ロザリー)」なる代物は、
このシスターにとって「何物にも代えがたい大事な物」なんでしょうね。



ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは5

*:「I was given permission to supply weapons and armour to the good women of Femiscyra.
Mind you, I had to pretend to be a eunuch!」

*:「私は、このフェミスキュラの淑女たちの為に武具を卸す特別の許可を貰っているのですよ。
と言っても、この国では下手な下心など表立って出すわけにもいかないので、それはそれは大人しくしていますけどね!」


「eunuch(去勢された男、宦官)」


*:「Then the way out of here got blocked in the eruption,
and I've been stuck with the ladies ever―」

*:「しかしですよ、火山の噴火によって他国へ渡る方法が遮断された今となっては、
私はこの国のレディーたちと共に、この地に骨を埋める覚悟で―」


ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは6

*:「What? You can get through now?
Well, that's...a bit of a shame, actually...」

*:「え?今はもう通れるようになった、ですって?
そうですか、それはなんとも…ちょっと残念な気がしますね、実際…」



いや「去勢された男のようにふるまって生きていく」のも、
結構ツラいんじゃないですか…^^;


そうだとしても、「女だらけの園」で生きていたいと願うのは、
「男のサガ」ってやつなんですかね(笑)


ともかく、外の世界との「通り道」はまたつながったわけですから、
元通り商売に精を出すためにいつでも出て行って良いんですよ?(笑)




ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは7

*:「Apparently the Lord of the Underworld is about to rise again!」

*:「どうやら地下世界の主とかいうのが、再び復活しようとしているみたいね!」

*:「They say a great hero is the only one who can defeat him.
I wonder who it is...」

*:「噂では、ソイツを倒せるのは偉大なる英雄って呼ばれてる人だけなんですって。
どういう人なんだろ、その英雄って…」



あなたの目の前に居る「緑色の髪の若造」がその人です(笑)



ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは8

*:「This Lord of the Underworld is a man, isn't he?
Then he'll probably go easy on us women, won't he?」

*:「その地下世界の主って、男なんでしょ?
そしたら私たちみたいな女性に対しては優しくしてくれるんじゃない?」


「go easy(寛大にする)」



…確かに「男」ではあるのでしょうが、「紳士」ではないと思いますけどね…^^;

というか、「人間」とは「異種族」の存在なのでしょうから、
「多種族のメス(女性)に対して寛大に接する」とは
とても思えませんけど…?^^;

…お前は、「スライム」の「性別」をいちいち判別して
それが「メス」なら、わざわざ「攻撃の手を緩めたりする」のか?




ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは9

*:「I don't want any old man.
My man needs to be tough.
And strong. And butch...」

*:「基本的に老人は要らないな。
私の伴侶となるべき男なら、基本的にタフでないと。
それから強くて。男らしくて…」


「butch(頑丈な男、タフガイ)」


*:「Yes, tough enough to enjoy a good wrestle sometimes!
Hah hah hah!」

*:「そうだな、やはり、たまには命のやり取りをするぐらいのレスリングを楽しめるくらいタフじゃないとな!
ハッハッハ!」


「wrestle(レスリングする、取っ組み合う)」



…^^;
…見つかるといいですね^^;




さて、この城には地下室もあり、そのうちの一つは「地下牢」になっています。
次はそこへ行ってみるとしましょう。


ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは10

*:「Ah, I'm bored stiff.
Got any good gossip?」

*:「あぁ~あ、メチャクチャ暇ねぇ。
何か面白い話、無い?」


「stiff(途方もなく、ひどく)」口語表現。


ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは11

*:「You've gotta believe me!
I wouldn't touch anythin' like that.
Not dresses.
It's not right!」

*:「おい、信じてくれよ!
俺は何も触っちゃいねぇよ。
女たちの服とかそんなもんになんて、一切手ぇつけちゃいねぇんだよ。
いや、嘘だけどな!」



なんだそりゃ!
つーか、そもそも本当に手をつけてないなら
牢屋になんて入れられるわけないだろ!

…ケッ!ただのケチな下着ドロかよ……(笑)




ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは12

*:「I got into a fight with one of the girls guarding the castle...and lost!
I'm too embarrassed to talk about it.」

*:「ここの城を守ってる女の子の一人とガチで闘って…しかも負けただなんて!
んなこと恥ずかしすぎて誰にも言えねぇよ。」



いや、言ってんじゃん!^^;

しかし情けないですねぇ…
牢屋に入れられるなんて!m9(^Д^)

「くだらない悪事」
に手を染めるからですよ…まったく…



さて、それでは最後に「城の1階のとある部屋」へと行ってみたいと思います。


ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは13


部屋には「タンスを物色する一人の男性の姿」がっ!

そのタンス、我々まだ調べてないんですけどっ!?

男性に話しかける前に、ちゃっかり「隣のタンス」の中身は調べましたけどね(笑)



ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは14

*:「Oh, 'ello! Let me 'elp you out 'ere...
Just take a butcher's inside that chest o' drawers.
You won't regret it!」

*:「やあ、こんにちは!ちっとあんだたぢに良いこど教えであげでぇんですけど…
このタンスん中にある、づまんねえモンを手に取ってみでぐだせぇよ。
いや、よぐよぐづまんねえがらって、怒んねぇでくだせぇよ。」


「butcher(無能で失敗を犯す人)」
「Take a butcher's inside.」=ここでは「中にあるつまらない物を取ってください。」の意か。
「regret(残念に思う)」


ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは15


言うが早いか、この「Welsh English(ウェールズ訛り)」の男性は、
一人さっさと部屋を出て行ってしまいます。

…なんだかよく分かりませんが、
「冒険に役立つアイテム」が入っているかもしれませんので、
タンスを調べてみることにします。



ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは16

「There's nothing special there.」

「特別な物は何もない。」



なんだ…中身は空っぽか…

というわけで、部屋を後にしようとすると…



ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは17

*:「You there!
What are you doing in here!?」

*:「あなたたち!
そこでいったい何してるの!?」



…え?
普通に「アイテムの物色」をしてただけですけど?




ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは18

*:「...Dear Goddess! My bronze rosary!」

*:「…そんな!女神様!私の青銅のロザリーが!」


ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは19

*:「Help! Someone, help!
There's a gang of thieves in here!」

*:「誰か!誰か来て!助けてっ!
ここに強盗が居るわよ!」



いやいや…「Gang」って…^^;
それに、「最初から」タンスの中身は空っぽでしたよ?



ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは20

ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは21

*:「Thieving? Inside the castle!?
The cheek of it!」

*:「泥棒だって?このフェミスキュラの城中でか!?
ふぅ~ん、あんたたち、いい度胸してるわね!」


「The cheek of it!(厚かましい!図々しい!)」


ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは22

*:「There's nowhere for you to run.
Come quietly.」

*:「あんたたちに逃げ場はないわ。
大人しくついてきなさい。」


ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは23

ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは24

ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは25

ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは26

ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは27

ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは28

ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは29

ドラクエ4 北米版 やっぱ悪事だわ、それは30



…というわけで、問答無用で「地下牢」まで連行され、
一も二もなく牢屋に放り込まれてしまいました!

あの…一応「世界を救う英雄一行」なんですケド…^^;




この「イベント」は「ドラクエシリーズ」を通して、
というか「RPG」というジャンルではもはや「定番」になっている、
「人の家のタンスや壺の中を勝手に調べて中身を持って行く」
という「主人公の行為」に対する
「製作者堀井雄二氏自らによる”意趣返し”」
とでも言える内容だと思います(笑)


プレイヤーはそれまで、ゲーム内で「当たり前のように」他人の家を物色しては、
アイテムやお金を「勝手に持って行っている」わけなのですが(笑)
ゲーム内では「誰にも咎められない」というだけで、
「現実世界の一般常識」に照らし合わせて考えてみれば、
それは立派な泥棒なわけです(笑)

ま、これは「ゲーム」ですし、「そこらに存在しているアイテムを取得する」というのは、
RPGというゲームを進めるうえでは「重要な要素」でもあるのですが、
このドラクエ4では、「いや、それって泥棒じゃん!」
「ゲーム内世界の住人に怒られる」という
斬新なイベントがあるわけなのですね!(笑)

しかも「牢屋に入れられてしまう」わけですし、
この時点で「牢屋から自力で脱出することは不可能」なわけですから、
FC版プレイ当時の「小学生の私」は、初プレイ時「かなり焦った」ものでした(笑)


…ま、このイベントを経てもなお、
「普通に他人の物を物色しては持って行く」という行為
何の「反省」もなしに繰り返すんですけどね(笑)



まあそれはともかく、上記の通り「脱獄不可能な牢屋」に放り込まれてしまったヒーロー一行!
この後どうなってしまうのでしょうか!?

刑期は一体どれくらいなのでしょうか!?(笑)


それでは次回に続きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告