広告

DRAGON QUEST IV 北米版プレイ日記(115)

前回、モンスターの城である「Diabolic Hall(ディアボリック・ホール)」へと潜入したヒーロー一行。
今回は城の2階へ上がって行ってみたいと思います。


ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説1
ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説2


とてつもなく巨大な玉座がヒーローたちを出迎えます。

しかし「そこに座するべき主の姿」は、どこにも見当たらないようですが…



ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説3

*:「Behold the throne of the great Psaro the Manslayer!」

*:「これぞ偉大なるプサロ・ザ・マンスレイヤー様の玉座である!括目して見よ!」


「Behold(見よ)」=注意を向けるよう促す間投詞。


ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説4

*:「But there are rumours of some cheeky scoundrels
trying to unseat our lord.」

*:「しかし、何やら小癪な裏切り者どもが我らの内に在り、
そやつらが謀反の企てを画策しているらしいのだ。」


「scoundrel(悪党、ならず者)」
「unseat(落馬させる、議席などを争う)」=ここでは転じて「玉座から引きずり落とす」の意。


ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説5

*:「Not you, I hope?
You wouldn't be...hiding anything, would you?」

*:「まさかお前ら、そやつらの一味ではあるまいな?
何も…隠し事などしていないであろうな?」



我ら、「謀反を企む裏切り者」などでは決してありません!
何故なら、「内部からの裏切り者」ではなく、
「外部からの侵略者」なのですから!!!


…などとは口が裂けても言えません(笑)

しかし、このモンスターが言っている「Scoundrels」に相当するモンスターらしき者たちが、
前回「ひそひそ話」をしていたようでしたね……



さて、この玉座の間から左方向に進んで行ってみたいと思います。

部屋の左側には「外へと通じる扉」があり、
そこを出ると「屋外の渡り廊下」のような場所へ出ます。

更にその先には「もう一つの部屋」があるようですが……


ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説6

*:「What are you doing!?
Get inside quickly!」

*:「お前たち、何をしている!?
さっさと中に入らんか!」


ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説7

*:「Lord Psaro will be arriving any minute now.」

*:「もうしばらくすれば、ロード・プサロ様がご到着なされるはずだからな。」



なんと!
この城の主にして「魔物たちの指導者」である、
「Lord Psaro」がやってくるようですね!


これは是非とも、彼の話を聞いてみない手はないでしょう!


…「変装がバレなければ」だけど^^;



ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説8


渡り廊下の先には、「長テーブルと多数の椅子」そして正面に「演壇」がある部屋があります。

これは、どこからどう見ても「Conference room(会議室)」ですね(笑)


会議室内には、既に複数のモンスターたちが椅子に座って待機しています。

せっかくですから、会議前の彼らにも話を聞いてみましょう。



ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説9

*:「Phew! Jutht in the neck of time!」

*:「フゥ!ギリギリ間に合ったでしゅ!」


「neck of(ギリギリ)」


ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説10

*:「Lord Psaro's been away for so long.
Why would he choose to come back now...?」

*:「ロード・プサロ様がこの城を空けられて、随分と久しい。
それが何故今になって、またお戻りになられようとお決めになられたのだろうか…?」


ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説11

*:「Hm... Something must be up.
Perhaps the fabled hero is still arive...」

*:「ふむ…何か火急に議論すべき議題でも持ち上がったのであろう。
あるいは、かの伝説の英雄が実は生きていた、とか…」


「fabled(伝説に名高い、伝説的な)」


*:「No, that can't be.
Everyone knows the hero is just a bag of bones now.」

*:「いや、それは有り得んな。かの英雄は、既に我らが討ち取ったのだ。
ヤツの息絶えた様は皆が確認している。その事実に、間違いがあろうはずがない。」


「bag of bones(痩せっぽっち、骨と皮だけの様)」=直訳「骨の入った袋」。
上記セリフにおいては「死体」のこと、転じて「既に死んだ」というような意味。



…このセリフは、正直「複雑な心境」にさせられてしまいますね……


ご承知の通り、本物の「The hero」は生きています。
現にこうして「モンスターに擬態」して「話をしている」わけですから……

ですが、このモンスターが言っていることというのは…
「”あの時”ヒーローに擬態していた者」が、
「確実に死んだ」ということを示唆しているのです……

「もしかしたら”あの時彼女は死なず”に、
どこかで生き延びているのかもしれない…」

という「ヒーローの淡い期待」
無情にも打ち砕くセリフであるわけですね…

無論、その「ヒーローに変身していた者」というのは……



ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説12

*:「Wooo. Maybe he's finally conquered the Secret of Evoloootion.」

*:「ウウウ。もしかしたらプサロ様は、しぃぃぃんかの秘密をついに解き明かし、完成に至らしめたのかもしれんな。」


「conquer(征服する、克服する)」


ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説13

*:「Your places are here next to mine.
Sit down and wait in silence after you've grrreeted everyone.」

*:「お前らの席は俺の隣だ。
みんなに挨拶し終わったら、大人しく座って黙って待ってろ。」


「greet(挨拶する)」


*:「Lord Psaro will grrrace us with his presence once everyone is seated.」

*:「俺らみんなが座らない限り、ロード・プサロ様はご臨席なさらないぞ。」


「grace(出席して名誉を与える)」



「会議室でのあいさつ回り(笑)」は、言われる前に既に終わらせたわけですが、
どうやら「プサロ」は「みんなが着席していないと現れない」みたいですね(笑)


…もしかして、物陰から様子を窺ってるんですか?

「みんな早く座れよ!あっ!アイツ、まだ立ってやがる!」

とか思ってるんですかね(笑)


そして、「皆が着席しないと始まらない!」と教えてくれた「Cheater cheetah(詐欺師のチーター)」は、
なんで「そうだ!」と断言できるんですかね?^^;

お前、プサロのなんなん?



…まあ、そんなことを言っていてもしょうがありませんから(笑)
さっさと「詐欺師のチーター」の隣に着席しましょう(笑)



ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説14


言われた通りに、既定の場所に座ってしばらく待っていると……



ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説15

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説16

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説17

*:「Silence! The almighty Psaro the Mnslayer will soon be among us.」

*:「静まれ!全能なるプサロ・ザ・マンスレイヤー様が、もうすぐ参られる。」



ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説18

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説19

Psaro the Manslayer
「Attention, faithful servants!
I bring news of an important happening at Mamon Mine.」

プサロ・ザ・マンスレイヤー
「義を重んじる忠臣の諸君!我が声に耳を傾けよ!
この度私は、マモン・マインで起こった非常に重要な出来事についての報を、諸君らに知らせにやって来たのだ。」


「faithful(信義に厚い、忠実な)」


ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説20

Psaro the Manslayer
「Estark, Lord of the Underworld,
has been reawakened by human hands.」

プサロ・ザ・マンスレイヤー
「我らが地下世界が主、エスターク帝が、
人間どもの手により、ついに復活を果たした。」


ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説21

Psaro the Manslayer
「It seems the foolish humans unknowingly dug their way
into His crypt.」

プサロ・ザ・マンスレイヤー
「どうやら愚かな人間どもが、
無知蒙昧にも、陛下が封印されていた墓所へと続く道を掘り当てたようなのだ。」


ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説22

Psaro the Manslayer
「Time is of the essence.
You must go to Lord Estark and guide Him to us.」

プサロ・ザ・マンスレイヤー
「皆の者!時は来た!これは何よりも優先すべき、最重要課目である。
復活なされた我らが主、ロード・エスターク帝をお迎えにあがるのだ。」


「of the essence(非常に重要な、最も重要な)」


ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説23

Psaro the Manslayer
「Hurry, my servants! To Mamon!」

プサロ・ザ・マンスレイヤー
「急げ、我が忠臣どもよ!マモンを目指せ!」



ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説24

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説25

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説26

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説27

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説28

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説29

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説30

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説31

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説32

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説33

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説34

ドラクエ4 北米版 ディアボリック・ホール プサロの演説35


…演説を終えた「Psaro the Manslayer」が演壇を下り、
おそらく「Zoom」を唱えたのでしょう、バルコニーから大空高く飛び立っていくと、
その後を追うようにして、モンスターたちもどこかへ飛び去って行ってしまいました。


しかし、プサロが持って来たニュースの内容は、まさに衝撃的でしたね!

これまで「復活を果たそうと”している”」という噂で持ちきりだった、
「究極の進化形態となったモンスター」、「The Lord of the Underworld(地下世界の主)」こと、
モンスターたちの皇帝「Estark(エスターク)」は、
ついに復活を果たしてしまったようです!

しかも、よりにもよって「人間が掘り起こした」というのは、
なんとも皮肉な話ですね……


しかしいずれにせよ、モンスターたちの「世界滅亡の要」であり、
「人類殲滅の執行人」が蘇ってしまったことで、
世界中のモンスターたちは「計画の始動」に躍起になるでしょう!
言い換えれば、人類の平和は、今まさに脅かされようとしているのです!


これはすぐにでも阻止しに行かなければなりません!
復活してしまった以上は、もはやエスタークを撃破するしかない!わけですね!



というわけで次回、世界の命運を分かつ天王山「Mamon Mine」へ急行します!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告