広告

DRAGON QUEST IV 北米版プレイ日記(127)

ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め1
ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め2


それでは今回「The Dragon God(竜神)」に謁見するため、
「Zenithian Castle(ゼニシア城)」の玉座の間へ向かいたいと思います。


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め3
ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め4


玉座にはとてつもなく巨大なドラゴンが鎮座していますね!
彼こそが「ゼニシアの竜神」なのでしょう。


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め5

*:「You are in the presence of the Zenith Dragon, our lord and master!」

*:「そなたたちは今、我らが主にして主君、ゼニス・ドラゴン様の御前に居るのだ!」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め6

*:「Hero!? He who shares the blood of human and Zenithian alike!」

*:「そなたはヒーロー!?正しく、人間とゼニシア人の血を等しく分けた祝福の稚児ではないか!」


「alike(同様に、等しく)」


*:「Your well-being has always weighed heavy on the Zenith Dragon's mind.」

*:「そなたの健勝如何についてはゼニス・ドラゴン様も重きを置いて動向を注視し、酷く心砕かれて居ったのだ。」


「well-being(健康な状態、幸福な状態)」
「weigh(量をはかる、熟考する、圧する)」



…何言っちゃってんの?
それって、都合良すぎじゃね?

「ゼニシアの神聖な法」とやらを破ったとして、
「ヒーローの父母」に対して「罰を与えた」のは、
他ならぬ「あんたたち」だよね?



以前「ヒーローの実母」と思しき女性の語っていたところによれば、
「父と母」を奪い去られた幼子のヒーローが、たった一人地上に残されるハメになったのは、
彼ら「Zenithian」がそう仕向けたからです!

何故か「ヒーローの故郷の村人たち」が、ヒーローを「英雄として育ててくれた」から良かったものの、
もしそうでなければ「赤ん坊のヒーロー」は死んでいたかもしれません!

しかし、今ヒーローは「世界を救う英雄」であると言われています。
唯一世界を救えるかもしれないと解かって「初めて」
ゼニシア人も「竜神」も「手のひら返しをしてる」んですね!

「幸福かどうか(well-being)」に「心を砕いていた」?
じゃあお前ら、
ヒーローに対して「具体的に”何か”をした」のか?
お前らが「ヒーローに対して」やったことって、
「父を殺し、母を連れて行った」だけだよね?

「考えてた」って言ったところで、
「そうとは思えない行動」をしてたんだったら、
それは「何も考えてないのと同じ」なんじゃないのか?



…ま、百歩譲って「当時はヒーローが英雄だとは知らなかった」のだとしましょう。
「The God(神)」を名乗ってる割には、
随分と「お粗末な話」だけどな!


…仮に「当時は知らなかったが、今となってはヒーローに頼るしかない」のだとしたら…
もう少し申し訳なさそうにしたらどうだ?
謝罪でもしたらどうなんだ?



…なんか、彼らの態度には釈然としないものがあるんですよね……
ヒーローから「幸福」を奪っておいて、「ヒーローを気に掛けていた」みたいなこと言われても、
「それって、ヒーローが英雄だって”判明したから”だろ?」
としか思えないって言うか……

「ヒーロー個人の背景」を考えたら、
お前ら「Zenithian」と「The Dragon God」こそが、
真の「黒幕」じゃねーのか!

としか思えないんですよね!


…ま、そんなことを言っても、
彼らを殲滅するなんてことは
「ゲームのシステム上」出来ませんし……


モヤモヤした気持ちを抱えつつ^^;
とりあえず
竜神様にお話をお伺いしてみることに致しましょう。


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め7

*:「I am the Zenith Dragon.
Some even call me the Dragon God.」

*:「我はゼニス・ドラゴン。
或いは竜神と呼ばれし者。」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め8

Zenith Dragon
「From these lofty heights, I tend to all the world's needs.」

ゼニス・ドラゴン
「此の高尚なる天上より、世界の欲する様に全てを保守し管理する者。」


「lofty(高尚な、高み)」
「tend(世話をする、手入れする)」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め9

Zenith Dragon
「I know only too well why you are here.」

ゼニス・ドラゴン
「故に、そなたらが此処へやって来た理由についても、我には良く解って居る。」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め10

Zenith Dragon
「But it is already too late for me
to prevent the evolution of this one they call Psaro the Manslayer.」

ゼニス・ドラゴン
「だが、時既に遅しだ、
プサロ・ザ・マンスレイヤーと呼ばれし者の進化を妨げる術を、我は持ち合わせて居らん。」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め11

Zenith Dragon
「I am perhaps not the almighty force you believed me to be.」

ゼニス・ドラゴン
「そなたらが考えている程に、我は全能と言うわけでも無いのだよ。」



なんだよ、使えねーな。
あんた、ほんとに「The God」なのか?


結局この「竜神ゼニス・ドラゴン」にも、
もはや「直接プサロを止める手立ては無い」ということみたいですね。

…それはいいけど、
結局あんたも「謝らない」んだね……
「尊大な神の態度」のままなんだね……
「何もしていない」くせに…
「幸せを奪っただけ」のくせに……



…そんなことを思いながらも「神」の話を聞いていると……


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め12

ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め13

ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め14

ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め15


突如辺りが薄暗くなり、
地上の方から黒い稲妻のようなものが、
ゼニシアに向けて多数放射されます!


…が、しばらくすると「それ」は収束していきます。
どうやらゼニシアに対して「直接的な被害」は無かったようですが……


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め16

ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め17

*:「There is urgent news, O Great One.
A wave of malice doth emanate from the Doorway to Nadiria!」

*:「大至急御伝えしたき火急の用件が御座います、偉大なる我が主。
突如ナディリアの門戸より、害意に満ちた邪悪なる波動が放出されました!」


「malice(悪意、敵意)」
「emanate(発出する、放出する)」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め18

Zenith Dragon
「I know. Thank you.
You may retire.」

ゼニス・ドラゴン
「解かって居る。大義であった。
下がって良いぞ。」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め19

Zenith Dragon
「Perhaps this Psaro believes he can topple Zenithia from the sky...」

ゼニス・ドラゴン
「或いは、かのプサロ、このゼニシアを空から失墜せんと目論んだのか…」


「topple(グラつく、倒れる)」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め20

Zenith Dragon
「Or perhaps the ascension to Zenithia of the great hero, Hero,
has provoked this happening.」

ゼニス・ドラゴン
「或いはゼニシアに昇った偉大なる英雄ヒーローに対して、
挑発せんと目論んだのか。」


「ascension(上昇)」
「provoke(刺激してさせる、イラつかせる)」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め21

Zenith Dragon
「No matter.
I do not try to understand the motives of humans.」

ゼニス・ドラゴン
「まあ良い、そんな事は問題では無い。
ところで人間と言う物は、時に原動力や真価を推し量れぬ物よな。」


「I do not try to understand the motives of humans.」
=直訳「私は人間の動機というものを理解しようとしない。」
ここでは「本質的に理解しがたい」というようなニュアンス。
この文は、前のセリフに出てきた「プサロの行動」に対してではなく、
この後続くセリフに掛かっている。


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め22

Zenith Dragon
「For a weak race, humans exhibit extraordinary strength at times.」

ゼニス・ドラゴン
「弱肉強食が常の生存競争においても、時に人間と言う物は並外れた強さを見せる事がある。」


「for a weak race」=直訳「弱者の争いの為に」。
ここではおそらく「進化の過程で起こる弱肉強食のレース」のこと。
「exhibit(示す)」
「extraordinary(驚異の、異常な、並外れた)」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め23

Zenith Dragon
「It is on this that I must depend now...」

ゼニス・ドラゴン
「而して、此の件に関しては人間の底力と言う物に頼る他無かろう…」


「It is on this that I must depend now.」
=直訳「今私が頼るべきは、脆弱なはずの人間が見せる並外れた強さだ。」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め24

Zenith Dragon
「Behold the one who shares the blood of human and Zenithian alike:
the great hero, Hero!」

ゼニス・ドラゴン
「肝に銘じよ、
人とゼニシアの民の血を継ぎし者、偉大なる英雄ヒーローよ!」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め25

Zenith Dragon
「You may be all that can hold sway against this evolutionary evil.」

ゼニス・ドラゴン
「そなたこそが、かの進化を続ける邪悪に打ち勝ち、滅する事が出来る唯一人の存在なのだ。」


「hold sway(支配する)」=直訳「揺さぶり続ける、支配を維持する」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め26

Zenith Dragon
「I hereby bequeath to you the sum of my power!」

ゼニス・ドラゴン
「故に、我が力の全てをそなたに託そう!」


「bequeath(後世に遺す、伝える)」
「sum(合計、総数、全体)」



そう言ってゼニス・ドラゴンは、「Hero(ヒーロー)」に対して、
「Experience points(経験値)」を授けてくれます。



ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め27

ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め28

ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め29

「Hero's level increases to Lv. 28!」

「ヒーローのレベルが28に増加した!」



「19,200ポイントの経験値」により、ヒーローのレベルが28になりました。
更に…



ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め30

「The Zenithian Sword suddenly gleams with a dazzling light!」

「ゼニシアン・ソードから突如まばゆい光が放たれ、煌めいた!」


「gleam(かすかに光る、きらりときらめく)」
「dazzling(目もくらむばかりの、まぶしい)」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め31


これにより、「Zenithian Sword」の「攻撃力」がアップします。


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め32

Zenith Dragon
「Be gone now, Hero!」

ゼニス・ドラゴン
「行くが良い、ヒーロー!」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め33

Zenith Dragon
「The wave of malice has pierced a hole in the clouds.
That is your opening to the underworld of Nadiria.」

ゼニス・ドラゴン
「先程の邪悪な波動に因り、ゼニシアの雲に穴が穿たれた。
其の穴こそが、地下世界ナディリアへの始点となろう。」


ドラクエ4 北米版 ゼニスドラゴンとプサロの目覚め34

Zenith Dragon
「In its murky depths,
the Zenithian Sword will be your greatest ally.」

ゼニス・ドラゴン
「薄汚れた暗きナディリアの深みに在って、
ゼニシアの剣こそが、そなたの唯一無二の戦友となろう。」


「murky(汚れた、薄暗い)」
「depth(深み、深い所)」
「ally(盟友、味方)」



…あんたに言われるまでもないさ。
「俺たち」はナディリアへ行って、プサロを倒す!

ただし、決して「Zenithian」の為なんかじゃないし、
「Zenithian Sword」だけが
「Greatest ally」ってわけじゃない。

俺には「ゼニシアの剣」よりも、
もっと「Greatest」な「Allys」が居る。
その大切な「仲間たち」の為に。
彼らの「愛する者」たちの為に。
そして、俺を育ててくれた「人間の世界」を守る為に、
俺は戦う!


確かに俺は
「ゼニシアと人間の血を分け合っている」かもしれない。
でも、俺を「育ててくれた」のは「人間」なんだ!
だから俺は「人間」として、
「人間の為に」戦う!

「何もしない神」には頼らない!
脆弱でも、自らの力で抗って戦い、
「自分たちの手で」未来を切り開いていくのが、
「俺たち人間」なんだ!!!




…いよいよ「最終決戦」が間近に迫っていますね。
神にも悪魔にも見捨てられた「人間たち」が、
愛する者たちを守りたいという「神には理解できない動機」の為に、
世界を救いたいと願い、並外れた力を発揮する「この物語」も、
ついに終盤に差し掛かっています……
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告