広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(210)

前回「Larry Butz(ラリー・バッツ)」と話をしましたが、

案の定「殺人事件とはなんの関わりも無い情報」ばかりでした。(笑)

というわけで今回は別の場所へ移動するわけですが、

ここで「事件の被害者」と思われる人物がかつて勤めていたという「勤務先」を「再訪」してみたいと思います。

以前訪れた際には、「その事務所の主」やっぱり不在だったわけですが…




逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪1


December 25
Grossberg Law Offices


12月25日
グロスバーグ法律事務所



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪2


Grossberg

「*Ah-HHHHEM!*」


グロスバーグ

「うぉっ、ほぉぉぉん!」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪3


Phoenix

(Ah, that old familiar
clearing of the throat!)


フェニックス

(ああ、あの昔懐かしい、
過剰なまでの咳払いは!)



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪4


Grossberg

「Ah hah!
You're Mia's... something, are you not?」


グロスバーグ

「ハハァ!
確か君はミア君の…アレ、だったかな?」




「Something」ってなんだよ!

もしかして「覚えてない」んですか…?^^;




逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪5


Phoenix

「I was her understudy, yes.
Phoenix Wright.」


フェニックス

「ええ、僕は彼女の元で弁護士のイロハを学んでいました。
フェニックス・ライトです。」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪6


Grossberg

「Ah hah!
And you, you're Mia's... something too, are you not?」


グロスバーグ

「ハハァ!そうかそうか!
ところで、確か君もミア君の…アレ、だったんじゃないかね?」




だから「Something」ってなんなんだよ!

もしかして、やっぱり(以下略)




逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪7


Maya

「Her little sister, yes!」


マヤ

「はい、妹です!」




…ま、「ミアの弟子」である「Phoenix Wright」のことならまだしも……


「ミアの妹」のことまでも忘れてんじゃねーよ!!!^^;


そんな記憶力で、よく「弁護士」が勤まってますね……




逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪8


Grossberg

「You've grown!」


グロスバーグ

「なんと、ずいぶん大きくなったなぁ!」




お前は親戚のおっちゃんか!


それに「Maya」は、「Episode 2」の頃から大して変わってませんよ!?^^;




逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪9


Grossberg

「You've come to look a lot like your sister, you know?」


グロスバーグ

「日に日にお姉さんに似てきておるな、そう思わんかね?」


Grossberg

「It takes me back.」


グロスバーグ

「いやぁ、昔を思い出すよ。」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪10


Grossberg

「”Ahh... the days of my youth...
like the scent of fresh lemon...” you see.」


グロスバーグ

「”あぁ…我が若かりし日々の思い出は…
青きレモンの香りが如く…”ってなぁ。」




って、いつの時代まで「Flash back」してんだよ!


…これは日本版においても、

「星影宇宙ノ介(ほしかげそらのすけ)」弁護士の口癖でした。




日本版では「青春の日々はぁ・・・・青いレモンのカオリぃ・・・・」という内容のもので、

北米版と「ほぼ同じ内容」のものだったのですが、

日本版のセリフでは「所有格代名詞」が欠落していましたので、

「青春の日々」が「誰の」だったのかは分かりませんでした。

このセリフは、星影弁護士が「若者」を見た時に呟くことが多かったので、

日本版プレイ時の私は、

「若者たちは、それぞれの青春の日々を謳歌しておるんだなぁ…」というようなニュアンスで、

「相手の青春」に対して呟いているのだとばかり思っていました。


ですが、北米版では「The days of my youth(私の若かりし日々)」とハッキリ言っていますので、

これは明らかに「目の前の若者達に向けて」呟いているのではなく

若者達に感化されて「自分の若かりし頃を思い出している」のだと明確に分かるのですね。(笑)


…まあもしかしたら「実際には日本版でもそういうニュアンスだった」のかもしれませんが、

少なくとも私が「日本版で」感じたものと、

「北米版から」受けた印象というのは、

かなり違っていましたので、これはちょっと面白いと感じたのでした。(笑)

…ま、「グロスバーグの青春時代」なんてどうでもいいんですけどね。(笑)




逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪11


Phoenix

「Um, Mr. Grossberg, sir?」


フェニックス

「ええと、グロスバーグセンセイ?」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪12


Grossberg

「Hmm...?」


グロスバーグ

「んむ…?」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪13


Grossberg

「Ah, yes. I beg your pardon.
Of course you came here to discuss something.」


グロスバーグ

「ああ、いやこれは。失敬。
そうだよな、君らは何か私と話したいことがあって、ここを訪れたのだろうな。」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪14


Grossberg

「What is it then?
Something the matter?」


グロスバーグ

「それで、用件は何かね?
何か問題でも発生したのかね?」




…相変わらず「何か頼りない」感じの「大センセイ」ですが^^;

とりあえず彼にも話を聞いてみることにしましょう。




逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪15


「What happened」


「事件について」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪16


Phoenix

「There was a murder last night...」


フェニックス

「実は、昨日の晩に殺人事件があったんですが…」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪17


Grossberg

「A murder?」


グロスバーグ

「殺人?」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪18


Phoenix

「You haven't heard...?」


フェニックス

「何も聞いてないんですか…?」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪19


Grossberg

「I, er, just got up, you see.」


グロスバーグ

「んむ、あー、実はその、さっき起きたばっかりでな。」




いやどんだけ寝てんだよ!?


「今」の具体的な時刻は分かりませんが、

少なくとも、もう既に「朝とは呼べない時間帯」であるのは間違いないでしょう。^^;

この「Episode 4」が始まった当初、

フェニックスたちが「事務所に居た場面」での時刻は、

既に「10:08 AM(午前10時8分)」をまわっていたわけですし、

そこから事件の捜査やら何やらをかなり「長い時間」行なってきたわけですから、

「現在時刻」は確実に「正午はとうに過ぎている」時間帯のはずです。^^;

すなわちこれはもはや「寝坊」とか言えるような次元ではないのです。(笑)


…昨日どんだけ夜更かししてたんだよ……

確かに「Christmas Eve」だったわけだけどさ……


ていうか普通、グロスバーグくらいの年齢の人って自然と「早寝早起き」になるものなんじゃ…^^;




逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪20


Phoenix

「Well, Miles Edgeworth shot someone with a pistol.」


フェニックス

「と、とにかくですね、
あのマイルズ・エッジワースがピストルで人を撃った、という事件だったみたいなんですよ。」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪21


Grossberg

「Edgeworth!? What!?」


グロスバーグ

「エッジワース!?なんと!?」


Grossberg

「W-who!?」


グロスバーグ

「し、して、撃たれたのは誰だったのかね!?」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪22


Phoenix

「Well, the identity of the victim is still unknown.」


フェニックス

「それが、被害者の身元は未だ不明らしいんです。」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪23


Grossberg

「T-this is terrible news indeed!」


グロスバーグ

「そ、そうか、しかし、確かにそれはとんでもない事件だ!」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪24


Phoenix

(I guess he hadn't heard anything...)


フェニックス

(ほんとに何も知らなかったみたいだな…)




…どうやら、さすがは「法曹界の重鎮(笑)」だけあって、

検事「Miles Edgeworth」のことは「覚えていた」みたいですね。(笑)

でもこの大センセイ、どうやら本当に「事件については何も聞いていなかった」みたいです。

ということは…


ほんとに「ついさっきまで寝てた」ってことなんだな!?




逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪25


「That painting」


「あの絵画について」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪26


Phoenix

「Mr. Grossberg?
Whatever happened to that painting?」


フェニックス

「グロスバーグ先生。
結局あの絵はどうなっちゃったんですか?」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪27


Grossberg

「Oh, yes...」


グロスバーグ

「ああ、うむ…」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪28


Grossberg

「I do not think it shall ever be coming back home to this office.」


グロスバーグ

「私はな、あの絵はこの事務所に戻って来るべきでは無い、と考えておるのだよ。」



逆転裁判 北米版 グロスバーグ法律事務所、再訪29


Grossberg

「I suppose it's my just desserts.
Old, bitter desserts.」


グロスバーグ

「それこそが、過去の過ちに対する代償なのだ。
絵の取り外されたあの壁が、私の戒めとなるのだよ。
そう、苦いデザートのようにな。」




上記セリフにおける「dessert」とは、

「ホワイトに脅迫されるに至った、過去のグロスバーグの背徳行為」を「食事」に、

「その結果、様々な物を失ってしまった」ことを「食後のデザート」に例えた比喩表現です。

すなわち、

「苦い(=甘くない、美味しくない)デザートを噛みしめるように、

過去の過ちを二度と繰り返すまいと己を戒めるために、

敢えてあの絵を取り戻そうとはしていないのだ。」

と、グロスバーグ弁護士は言っているのですね。

…大層「お気に入り」だったあの絵を…

「およそ”3億円”もの価値がある」あの高価な絵を、

敢えて取り戻さない!とするグロスバーグ先生の固い決意は、

確かに立派なものですね!


…願わくはこれを機に、改めて自分を見つめ直し、

二度と道を踏み外すことなく、襟を正して、

誠心誠意「真っ当な人生」を歩んで行ってもらえればと、

願わずにはいられません…


…って、そんなことはどうでもいいのです!^^;

こちらが「本当に」聞きたかった事については、

結局「通常の選択肢」では話題にも上りませんでしたね。^^;



というわけで次回は、

「その話題」になるであろう「あの証拠品」を「Mr. Grossberg」に提示したいと思います!


ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告