広告

DRAGON QUEST IV 北米版プレイ日記(138)

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中1

「Psaro autotomises his head!」

「プサロは、自身の頭を自己切断した!」


前回「両腕」に続いて「頭」までも「自切」した「Psaro the Manslayer」。
それにより、現在は上記の様な「足と胴体」だけの状態になってしまったわけですが…^^;


腕が無いから「剣による物理攻撃」も不可能だし、
頭も無いから「魔法の詠唱」も出来ないだろう…

ヤツはこの後どうする気なんだ!?


…などと思っていると……


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中2

「Psaro's abdomen writhes ominously!」

「プサロの腹部が、不気味にもがき出した!」


「abdomen(解剖学における腹部)」
「writhe(もがく、もだえる)」
「ominously(不気味に、怪しく)」


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中3

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中4

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中5

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中6

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中7

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中8

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中9

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中10

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中11

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中12

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中13


なんと!腹部に「巨大な顔面」が現れました!

それに伴い、「細部の形状」も少し「変化」し、
「体色」も茶色から緑色に「変色」しましたね…


変化…
いや、これは「進化」!?



おそらく「Psaro the Manslayer」は、
未だ「進化の途中」であるのでしょう!

「最初の形態」は、まさしく「Estark(エスターク)」瓜二つだったわけですが、
そもそも「元祖地下世界の主」にして、「プサロより先」に「”究極の生命体”へと進化した」エスタークが使用したのは、
「The armlet of transmutation(変性の腕輪)」を「使用していない」
いわば不完全な「The Secret of Evolution」だったのです。
すなわち、「Marquis de Léon(マルキー・デュ・リオン)」や「Balzack(バルザック)」に施したのと同じ、
「不可全な進化」だったのですね。

ただし、それでも「Estark」は元々の「素体」があまりに「凄まじかった」ので、
不完全な進化でも「驚異的な力を有することが出来た」のでしょう。

一方「Psaro」が自身に施したのは、
「変性の腕輪を用いた”完全版”進化の秘密」だったわけです。
にも拘らず、当初は「不完全な進化だったエスターク」と「同じような形態」だったのは、
それがまだ「進化の途上だったから」と考えられます。

すなわち「Psaro the Manslayer」は、
「究極の進化形態」としては「不完全」なものであったエスタークの姿を「経由」して、
そこから更に「究極の完全体」へと
「進化する」つもりなのでしょう!

この「腹部に巨大な顔面」という形態も、
完全体となる前の「途中経過」
いわば「仮の姿」でしかないのでしょうね!


ですが、いくらまだ「進化の途中」だとは言っても、
プサロがこのままただ黙って大人しくしているわけもありません!

そうです!
この形態でも、前回までと同じように、
こちらに対して「攻撃」を仕掛けてくるのです!


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中14

「Psaro the Manslayer attacks!」

「プサロ・ザ・マンスレイヤーの攻撃!」


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中15

「Ragnar takes 66 points of damage!」

「ラグナーは66ポイントのダメージを受けた!」


巨大な口で噛みついてくる「単体物理攻撃」。


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中16

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中17

「Psaro the Manslayer belches out blistering flames!」

「プサロ・ザ・マンスレイヤーは酷熱の炎を吐き出した!」


日本版「激しい炎」に相当する「炎属性の全体ブレス攻撃」。


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中18

「Psaro the Manslayer burps up hot gas!」

「プサロ・ザ・マンスレイヤーは高熱のガスを吐き出した!」


日本版でも同名の「炎属性の全体ブレス攻撃」。



この内、頻度としては「物理攻撃」が最も低く、「ブレス攻撃」は多めです。
また、「Hot gas(高熱のガス)」よりも「Blistering flames(酷熱の炎)」の方が威力が高めで、
「耐性無し」の状態だと、前者が「約15ポイント前後」、後者が「約40ポイント前後」のダメージとなります。

また、この他に下記の「特殊行動」も織り交ぜて行なってきます。


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中19

「Psaro the Manslayer shoots a disruptive wave of energy from his fingertip.」

「プサロ・ザ・マンスレイヤーは、指先から破壊的なエナジーの波動を照射した。」


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中20

「A bright light shines on the party!」

「光り輝く光線が、パーティ全体に降り注ぐ!」



…どこからどう見ても「Fingertip」じゃないだろ!
というかお前、「指」どころか「腕」もないだろ!!!^^;

というツッコミは置いといて…

…なんか、以前にも似たようなことを書いたような気がしますが(笑)
まあそれはともかく(笑)
これは、日本版の「凍てつく波動(いてつくはどう)」に相当する特殊行動で、
パーティ全体に掛かっている「魔法効果」を「全て打ち消す」効果を持っています。

ただし、あくまで「魔法による効果」しか打ち消すことは出来ませんので、
当然ながら「防具に元々備わっている耐性」などは消せません。


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中21

「Psaro the Manslayer begins to meditate.」

「プサロ・ザ・マンスレイヤーは瞑想し始めた。」


「meditate(瞑想する、黙して熟考する)」


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中22

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中23

「Psaro the Manslayer's wounds heal rapidly!」

「プサロ・ザ・マンスレイヤーの傷が急速に癒されていく!」


「wound(傷、負傷)」


日本版でも同名の特殊行動で、
上記の通り「自身のダメージを回復する」という効果があります。

ラスボスなのに「HPの回復をする」なんて反則だろ!!!

ただし、無論「完全回復」ではありませんし、
それに、「使用頻度」としてもさほど高くありません。



以上、上記の行動を「1ターン中に1~2回」行なってきます。
前回と違って「必ず2回行動」ではありませんし、
実は行動パターンが「ローテーション」になっていますから、
次に何が来るかは読みやすくなっています。


さて、今回の「プサロの攻撃方法」は、
前回とは打って変わって「ブレス系が中心」となっていますね。
しかし、現在のパーティの「装備」は、
「対攻撃魔法耐性」の高い物になっています。

というわけで、ここでパーティの装備を「換装」します!


以前の「戦闘前の下準備」において、
一部のメンバーには「装備できる装備品を”装備させずに”持たせておく」ということをしていました(詳細はこちら)。
そして「ドラクエ4」では、キャラクターが「個別に所持している装備品」なら、
たとえ「戦闘中」であっても「自由に変更」することが出来ます。
しかも「ターン経過無し」の「一瞬」で!


これまでの「プサロによる攻撃」は、どれも「物理攻撃か魔法攻撃」が中心でした。
そのため、最初はパーティも「物理防御力と攻撃魔法耐性の高い防具」を装備していたわけなのですが、
ここでプサロの行動パターンは「ブレス系攻撃」に「シフトされた」わけですね。
よって、パーティの装備も「ブレス攻撃耐性の高い物」に換装する必要があります。

この「換装」という作業は、それほど手間の掛かるものでもありませんが、
前回「Tactics(タクティクス=日本版の作戦)」を変更した「Ragnar」については、
ちょっと「ひと手間」必要です。


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中24


まず手始めに、前回の手順とはのことを行ない、
「Ragnar」の「Tactics」を一旦戻します。


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中25


前回設定した「Focus On Healing(日本版いのちだいじに)」から、
「Follow Orders(日本版めいれいさせろ)」に戦術を一時変更します。

その後、他のメンバーと同じように「個別コマンド選択画面」まで進めます。


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中26


この画面には、「Follow Orders」以外の戦術が選択されている場合には絶対に来ることが出来ません。
しかし、「装備の換装」を行なうには、必ずこの画面を出して、
「Items(日本版どうぐ)」コマンドを選択しなければなりません。

それでは、アイテムコマンドを選択して、
ラグナーの「所持品一覧」の画面に移行します。


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中27


現在装備している
「Liquid metal armour(液体金属の鎧=日本版はぐれメタル鎧)」と、
「Mirror shield(鏡の盾=日本版ミラーシールド)」を、
それぞれ手持ちの「Dragon equipment(ドラゴン装備)」に換装します。


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中28


これで、「Ragnar」の装備品が、「ブレス耐性の高い」ドラゴン装備へと換装されました。
ちなみに「武器」と「兜」はそのままです。

ただし、注意点としては、
「ドラゴン装備」は「魔法耐性防具」よりも、
「単純な物理防御力」という面においては「若干貧弱」です。
これは平たく言えば、
「物理攻撃によって受けるダメージ」は、
換装したことによって増加する
ことを意味します。

ですが、ここまでくるともはや「物理攻撃」はそれほど脅威ではありません。
むしろ「多少物理防御力を犠牲にしてでも」ブレス耐性を上げておいた方が得策なのです。


さて、ラグナーの話に戻りますが、
換装が終わった後も、
彼には前回同様に「全自動戦闘マシーン」として無双してもらう必要があります(笑)

よって、戦闘に入る前に、
「Tactics」を元の「Focus On Healing」に戻しておきます。


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中29


なお、同様の手順で「Hero」の鎧を「Liquid metal armour」から「Dragon mail」に、
「Meena」も「Liquid metal armour」から「Flowing dress(流動のドレス=日本版水の羽衣)」に換装します。
これにより、「ラグナーとヒーロー」はブレス攻撃によるダメージがほとんど無くなり、
「ミーナ」も、彼らほどではないにしろ、ある程度被ダメージが減少します。

ただし、「Alena」については、現時点で「ブレス耐性防具」がありませんので、
彼女の装備は変更しません。


今回の形態との戦闘では、上述の通り「ブレス攻撃」が頻繁にきます。
よって更に、ミーナは「Insulatle(インスレイトル=日本版フバーハ)」の魔法を唱えて、
パーティ全体のブレス耐性を「より強化」しておきます。
しかし、定期的に「Disruptive wave of energy(凍てつく波動)」でインスレイトルの効果は打ち消されてしまいますので、
その場合は次のターンに再度かけ直しをします。

それ以外のターンでは、前回同様「回復」は基本「ラグナーにお任せ」しておき、
ミーナは「Massacre sword(皆殺しの剣)」でプサロの守備力を下げ続けます。

なお、先程も記載した通り、今回からは「相手の物理攻撃」は基本「無視」します。
装備を換装したことによって、パーティ全体の物理防御力は若干下がっていますが、
それによって、たとえどれだけ被ダメージが上昇したとしても、
極論を言えば「即死しない限りは問題ない」ので、
よっぽど極端にHPが低下した場合を除き、「マニュアル操作組」の「回復魔法詠唱」は極力避けます。
更に、「Kabuff(カバフ=日本版スクルト)」も不要ですので、
「Kiryl」を戦線に投入する必要はありません。
というか、「戦闘メンバーの上限数は4人まで」ですので、
正直彼を投入するだけの「人員枠的な余裕」はありません^^;

また、前回までの形態に比べると「パーティの被ダメージは全体的に上昇している」ため、
今回からラグナーは「回復行動」を取ることが多くなります。
ですが、彼の「Sage's stone(賢者の石)」による回復で大体は間に合いますし、
運良く「パーティの被ダメージが少なかったターン」には、ちゃんと攻撃にも回ってくれます。
ただし、「ダメージソース」としては、正直あまり期待できません。

よって、ここでの主な「ダメージ源」は、
「ヒーローとアリーナの物理攻撃」になります。
ただし、ほぼ毎ターンミーナが守備力を下げ続けていますので、
それぞれでの「与ダメージ」はかなり大きくなります。
たまにプサロは「Meditate(瞑想)」でHPを回復してきますが、
それでも、瞑想の回復量よりも「遥かに大きなダメージ」を毎ターン蓄積することが可能です。


というわけで、それぞれがそれぞれの役割をしっかりこなしていれば、
「戦線を維持」しつつ、安定してプサロにダメージを与えていくことが出来ます。

そうして、しばらく戦闘を続けていると、
またしても、プサロに「変化の時」が訪れます……


ドラクエ4 北米版 プサロ進化中30

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中31

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中32

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中33

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中34

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中35

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中36

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中37

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中38

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中39

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中40

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中41

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中42

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中43

ドラクエ4 北米版 プサロ進化中44


なんと、「二本の腕」が再生しました!
「再生」と言うよりも「新生」と言った方が良いかもしれません!

そうです!
以前、彼が「自らの両腕」を「自己切断」したのは、
「より強靭な腕」を新たに生やし、
「より強大な力」の備わった「新たな姿」に、
「進化」するためだったのです!

え…?ということは……



ともかく、彼の「進化」はまだまだ「途中の段階」であるはず!
そして、彼は自らの「敵」と戦いながら、
「真・地下世界の主」として、
「更に強く進化」していくのでしょう!

果たして、その「真の姿」とは!?
そして、ヒーローたち「The Chosen Ones」は、
その時「何を垣間見る」のでしょうか!!!



…それでは次回に続きます!

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告