広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(233)

前回「von Karma(フォン・カルマ)」が必死にひた隠しにしようとしていた、

「Lotta Hart(ロッタ・ハート)」の「拡大写真」が証拠品として提出されました!

しかし、その写真には一見して「おかしな所は見当たらない」ようでしたが…

それを受けてフォン・カルマは、

「早急に弁護側の反対尋問を終了しろ!」と訴えてきたのでした!

つまり、このままいけば、

被告「Miles Edgeworth(マイルズ・エッジワース)」には、

「判決が下されてしまう」ということです!


無論、その判決の「行く末」は…

その先にあるのは、当然……




逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾1


Phoenix

(This is bad! Real bad!
What should I do!?)


フェニックス

(マズい!これは本当にマズいぞ!
僕は…一体どうすれば!?)



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾2




しかし、ここですべきことなど「たった一つ」を措いて他にありません!

我々には、ハナから「選択肢」など無いのです!




逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾3


Phoenix

「Your Honor!」


フェニックス

「裁判官!」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾4


Phoenix

「There is something decidedly strange with this enlargement!」


フェニックス

「この拡大写真には、一つだけ圧倒的に奇妙な点があります!」




「decidedly(断固として、断然明確な)」




逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾5


Judge

「W-what might that be?」


裁判官

「え?そ、そんな所、ありますか?であるならば、それは一体…?」


Judge

「Mr. Wright...」


裁判官

「まあいいでしょう、それではライト君…」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾6


Judge

「You will show the court what you mean!
What about this photo is ”strange”?」


裁判官

「是非とも当法廷に示していただきましょう!
あなたの言う、写真に写った”奇妙な点”とは?」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾7


Phoenix

(Okay... here goes nothing!)


フェニックス

(よし…ダメで元々だ!)




「Here goes nothing.」=「Indicates a lack of confidence or certainty about the activity about to be tried.

(これから行われようとしている事についての信頼性、或いは確実性の欠落を指摘(しつつも実行に移す)。)」

直訳すると「これはなんにもならない(が、とにかくやってみよう)。」




前向きなんだか…なんなんだか…^^;


どうやらこの時点でも、フェニックスは「写真の矛盾点」にまだ気付いていないみたいですね。^^;

でもどちらにせよ、ここはもう前に突き進む以外に道はありません!




逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾8


Phoenix

(I'll show the judge what's strange about this photo.)


フェニックス

(この写真の何が奇妙なのかを、裁判官に示そう!)




この「拡大写真」に写る圧倒的に「奇妙な点」とは……




逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾9


逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾10


Phoenix

「Here, Your Honor!」


フェニックス

「それはここです、裁判官!」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾11


Judge

「The shooter...?」


裁判官

「発砲したほうの人物…ですか?」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾12


Judge

「I'm not sure I understand.
What about the shooter is strange?」


裁判官

「ですが、それだけではなんのことだかサッパリです。
撃った側の何が奇妙だというのですか?」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾13


Phoenix

「Look at the hand holding the pistol, Your Honor!」


フェニックス

ピストルが握られている手に注目してください、裁判官!」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾14


Judge

The hand...?」


裁判官

…?」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾15


Phoenix

「That hand directly contradicts another piece of evidence!」


フェニックス

「これは、他の証拠品の一つと決定的に矛盾しています!」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾16


Judge

「This man's left hand does what...!?」


裁判官

「この男性は左手でピストルを握っているようですが、それが一体…!?」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾17


Phoenix

「Let me show you.」


フェニックス

「それでは御覧に入れましょう。」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾18


Phoenix

「I'll show you the evidence that left hand contradicts!」


フェニックス

「この左手が指し示す矛盾、その答えとなる、もう一つの証拠品を!」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾19


Pistol(ピストル)

Type:Weapons(タイプ:凶器)

Submitted as evidence by Detective Gumshoe.(ガムシュー刑事より証拠品として提出された。)

「The murder weapon. 22-caliber. Fired 3 times. Bears prints from Edgeworth's right hand.

(凶器。22口径。計3発発砲されている。エッジワースの右手の指紋が付着した形跡有り。)」




「caliber(銃の口径)」=直前の数字の単位は「100分の1インチ(one hundredth of an inch)」。

上記「22-caliber」なら、「0.22(22/100's)インチ口径」ということ。

「1in」は「25.4mm」なので、「22-caliber」は「5.588ミリメートル口径」。




逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾20


Phoenix

「The evidence is clear.」


フェニックス

「この証拠品こそが、その答えを明確に解き明かしています。」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾21


Phoenix

「The man in this photograph is holding that pistol in his left hand.」


フェニックス

「この写真の男性は、明らかに左手でピストルを撃っていますよね。」


Phoenix

「However!」


フェニックス

「しかしながら!」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾22


Phoenix

「The prints on the murder weapon were from Edgeworth's ”right hand”!」


フェニックス

「凶器に残されていた指紋は、エッジワース氏の”右手”の物だったのです!」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾23


Phoenix

「Ergo!」


フェニックス

「従って!」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾24


Phoenix

「The man shooting the pistol in this photograph...」


フェニックス

「この写真に写る、銃を発砲したとみられる男性は…」



逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾25


Phoenix

「Is not Mr. Edgeworth!!!」


フェニックス

「エッジワース氏ではないのです!!!」




ついに到達しましたね…


決定的な「矛盾」に!


上記フェニックスの説明通り、

「凶器」である「Pistol」には、「エッジワースの右手の指紋が残っていた」のに、

拡大写真に写る「銃を発砲している人物」は、「銃を左手で握っている」のです。

であるならば、「凶器に残された指紋」は、

エッジワースの「左手の指紋」でなければ絶対におかしいのです!

…一度「左手で銃を握って発砲」し、

その後「右手に持ち替えた」のでしょうか?

「左手の指紋を拭い取り、右手の指紋はそのままにしておいた」

ということだったのでしょうか?

ちょっと不自然極まりないですね。

普通に考えれば、そんなことをするだけの理由は無いでしょう。


よって、このことから導き出される、至極単純明快な結論はただ一つ…

「事件当日、ゴード・レイク湖上のボートで、

銃を発砲したのはエッジワースではなかった!」

ということです!


…実はこの「矛盾」、

「プレイヤー」に対しては遥か「以前」既に示されていたのでした。

そう、「この審理」が始まるよりも、ずっと前の段階で!

それは、この「Episode 4」が始まってすぐの、

最初の「オープニングシーン」でのことでした。




逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾26


逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾27


逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾28

逆転裁判 北米版 拡大写真に写る矛盾29




これらの画像は全て「オープニング」のものですが、

やはり「発砲した人物」「左手」に銃を持っており、

その後の「エッジワース」「右手」で銃を握っていますね。

(「オープニングシーンそのもの」については、こちらを参照してください。)

ということは、どうやら「エピソード4のオープニング」は、

事件の「真実」そのままということだったようです!


無論、この情報は「プレイヤーにしか開示されていない」ものですので、

当然「Phoenix Wright」自身は、この事を知りません。

また、そもそも「オープニングシーンで描写されていた事柄」が、

そのまま事件の「全て」だったというわけでも決してありません。

事実、今見返してみても、まだまだ「よく分からないことだらけ」ですね。^^;

でも、

「オープニングで描かれていたことは、”全て”事実だった」

と言い換えることは出来るでしょう。


さて、「ロッタの拡大写真」から、

とてつもなく大きな「矛盾点」を見つけ出したフェニックス!

おそらくこれこそが、フォン・カルマがこの写真を「隠そうとしていた」理由に違いありません!


果たして、これが突破口となるのでしょうか!?

この後、審理はどういった展開を見せるのでしょうか!?



それでは次回、この続きの場面から再開したいと思います。


ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告