Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(237)

逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ1


December 26
Gourd Lake Park
Entrance


12月26日
ゴード・レイク・パーク
入口



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ2


Phoenix

「There are fewer than there were yesterday,
but the cops are still around in the park.」


フェニックス

「昨日よりはずいぶん少ないけど、
公園周辺には今日も警官の姿がちらほら見える。」


Phoenix

「I wonder if Detective Gumshoe is here today?」


フェニックス

「今日はガムシュー刑事、居るのかな?」




前回留置所のマヤを訪ねたフェニックス。

今回は上記の通り、事件現場である「Gourd Lake」へやって来ました。

画面からでは分かりませんが、

今日もまだ、警察官が何人か事件の捜査をしているようですね。

彼らと「直接絡む」ことは出来ませんけど。(笑)


さて、それではゴード・レイク公園内に入って行ってみましょう。




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ3


December 26
Gourd Lake
Public Beach


12月26日
ゴード・レイク
パブリック・ビーチ



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ4


Phoenix

「Haven't seen Larry around today at all.」


フェニックス

「なんだ、ラリーの姿も見えないな。」


Phoenix

「Probably off paying through the nose on a date
with the lovely Kiyance...」


フェニックス

「きっと、愛しのキヤンスさんとデートでもしてるんだろう、
身の丈に合わない大金を貢ぎながら…」




「pay through the nose(法外な金額を支払う、ぼられる)」口語表現。




どうやら「Samurai Dogs」の店主「Larry Butz(ラリー・バッツ)」も不在みたいですね。

自分の「Snack stand(屋台)」の営業をほっぽらかして!(笑)


商売する気あんのか?


そして、「モデル業の撮影」で「ハワイに行っていた」らしい、

ラリーのカノジョ「Kiyance」は、本当に「帰ってきている」のでしょうか?

…ま、心底どうでもいいですけど。(笑)


とにかく、ここでも誰とも会えませんでしたので、

ゴード・レイク公園の更に奥へ進んで行ってみます。




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ5


December 26
Gourd Lake Woods


12月26日
ゴード・レイク・ウッズ



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ6


Phoenix

「Hey, Detective Gumshoe!」


フェニックス

「あっ、ガムシュー刑事!」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ7


Gumshoe

「Hey, pal!」


ガムシュー

「あっ、あんたか!」


Gumshoe

「The trial today, it, er...」


ガムシュー

「今日の審理は、アレだ、その…」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ8


逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ9


Phoenix

「Yes? What about the trial?」


フェニックス

「はい?今日の審理が、なんですって?」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ10


Gumshoe

「Well, I was going to say ”good show,”
but it wasn't really all that...」


ガムシュー

「いや、今日の審理は”なかなかいい感じだったな”って言おうとしたんだけどな、
でも、実際、そうでもなかったわけだし…」


Gumshoe

「Though you did save Edgeworth, I guess...」


ガムシュー

「とは言え、エッジワース検事の判決を先送りに出来たのも事実なわけだから…」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ11


Gumshoe

「I just wasn't sure how to thank you...
you know?」


ガムシュー

「なんて言って感謝したらいいのか、よく分かんなくなっちまったんだよ…
わかるだろ、なんとなく?」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ12


Phoenix

「Er... thanks.」


フェニックス

「え…あ…その…どうも。」




なんだか「ヘンな空気」になっちゃいましたね。^^;

ま、ガムシュー刑事の「複雑な気持ち」も、解からないではないですが。(笑)


さて、「Gourd Lake Woods(ゴード・レイクの林)」には、

ご覧の通りに「Detective Gumshoe」が居ましたね。

きっと、今日出廷してきた検察側証人「Lotta Hart(ロッタ・ハート)」が、

事件当日に「キャンプをしていた」という「現場」を調査しに来たのでしょう。

ただし…

彼女自身「証人」としては「ほぼ無意味な人物」だっただけに^^;

ここを洗ったとしても、目新しい何かは特に発見できないと思いますけどね(笑)


ま、それはそれとして、

せっかくですからガムシュー刑事に話を聞いてみることにします。




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ13


「Tomorrow's trial」


「明日の審理について」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ14


Phoenix

「Detective Gumshoe?」


フェニックス

「えーと、ガムシュー刑事?」


Phoenix

「Any idea what strategy von Karma is planning for tomorrow?」


フェニックス

「明日の審理、フォン・カルマはどんな戦略で来るのかとか、何か詳しい事、知ってます?」




「strategy(戦略、計略)」




そんなこと「検察(警察)の敵」である「弁護士」に教えられるわけないだろ!




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ15


Gumshoe

「It sounds like he's bringing in another witness!」


ガムシュー

「聞くところによると、どうやら別の証人を立ててくるみたいだな!」




教えてくれんのかよ!^^;




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ16


Phoenix

「Another witness!?」


フェニックス

「別の証人!?」


Phoenix

「Oh, right, he said something about that in the trial today...」


フェニックス

「って、そういや今日の審理でも、確かそんなことを言っていたっけ…」




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ17


Karma

「There were two witnesses!」


カルマ

「検察側には二人の証人が居るのだ!」




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ18


Phoenix

「I was wondering who that other witness was!」


フェニックス

「前々から不思議に思ってたんですけど、そのもう一人の証人って一体誰なんですか!」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ19


Gumshoe

「S... sorry, pal.」


ガムシュー

「す…すまんがな、あんた。」


Gumshoe

「As much as I'd like to,
I'm not at liberty to divulge that information.」


ガムシュー

「教えてやりたいのは山々なんだが、
俺にはその情報を漏洩する権限は無いんだよ。」




「divulge(秘密を漏らす、漏えいする)」




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ20


Phoenix

(Right...)


フェニックス

(そりゃそうか…)




そりゃそうですね。


そもそも、先の「Strategy von Karma(フォン・カルマの戦略)」を

フェニックスに漏らすこと自体相当ヤバい事であるのに、

それに加えて「証人の身元情報を漏洩した」とあっては、

万が一バレた際のガムシュー刑事の立場は、とてつもなくヤバい事になってしまうでしょう!


ところで、この「別の証人」というのは、

おそらく「事件を目撃し、警察に通報してきた人物」であるのでしょう。

その「存在」については、かなり前から発覚していたわけですが、

「一体どういう人物なのか?」については、未だに何も分かっていませんね…

ま、しかしガムシュー刑事の言葉通り、

「もう一人の証人」についての情報を彼から得ることは出来ません。


というわけで、

ここは別の話題を振ってみることにします。




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ21


「Prosecutor Edgeworth」


「検事エッジワース」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ22


Phoenix

「Oh, right... I wanted to ask you something about Edgeworth.」


フェニックス

「ああ、そうだ…エッジワースについて、ちょっとあなたに聞きたいことがあったんですけど…」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ23


Gumshoe

「What's up?」


ガムシュー

「なんだ?」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ24


Phoenix

「Is he afraid of earthquakes?
I never heard anything about that before.」


フェニックス

「あいつ、地震を怖がるじゃないですか?
でも、そんなこと今まで一度も聞いたことが無かったんですけど。」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ25


逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ26


Gumshoe

「Mr. Edgeworth doesn't talk about himself too much, see.」


ガムシュー

「あんたも知っての通り、エッジワース検事は自分の事を多くは語らないんだがな。」


Gumshoe

「But there's one thing that's clear as day...」


ガムシュー

「でも一つだけ、ハッキリと分かっていることがあるんだ…」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ27


Gumshoe

「Him hating crime the way he does...」


ガムシュー

「彼があそこまで犯罪を憎んでいるのも…」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ28


Gumshoe

「And him becoming a lawyer...」


ガムシュー

「法律家になることを目指したのも…」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ29


Gumshoe

「And him being scared of earthquakes...」


ガムシュー

「そして、地震を怖がるのも…」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ30


Gumshoe

「It all started with that incident.」


ガムシュー

「全ては、あの事件が発端だったんだ!」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ31


Phoenix

「The DL-6 Incident?」


フェニックス

「それって…DL-6事件ですか?」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ32


Gumshoe

「Yep, that's the one.」


ガムシュー

「そうそう、それだよ。」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ33


Gumshoe

「Fifteen years ago...
when he saw his father shot before his very eyes!」


ガムシュー

「十五年前…
エッジワース検事は、自分のお父さんが撃たれるところを、間近で目撃してしまったんだ!」


Gumshoe

「He still feels the pain now,
you can see it in his eyes.」


ガムシュー

「きっと、その時心に負った傷は未だ癒えていないんだろう、
彼の眼に宿る光を見れば、あんたにもそれがよく分かるはずだ。」




これは、以前エッジワース自身も言っていましたね。

彼の父「Gregory Edgeworth(グレゴリー・エッジワース)」が殺害され、その後「迷宮入り」した、

エッジワースにとって、そして「マヤ」にとっても因縁浅からぬ、

あと「2日」で時効を迎えてしまう「15年前に起こった殺人事件」…

それが「DL-6 Incident(DL-6事件)」です。(詳しくはこちらを参照してください。)

…しかし、何故それで「地震を怖がる」ようになったのでしょうか…?

「父を殺された」から、「罪を憎み」「法律家(検事)になった」というのはまだ解かりますが、

「地震を怖がるようになった」というのだけは、「繋がっているようには思えない」気がしますが…




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ34


「Maya Fey」


「マヤ・フェイ」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ35


Phoenix

「I wanted to talk to you about Maya Fey...」


フェニックス

「えっと、マヤ・フェイについてなんですけど…」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ36


Gumshoe

「Huh? She's not out on bail yet?」


ガムシュー

「ん?そういや彼女、まだ保釈されてないのか?」


Gumshoe

「That's strange.」


ガムシュー

「おかしいな。」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ37


Gumshoe

「I told 'em to let her go
as soon as they had their report written up.」


ガムシュー

「必要書類を適当に書き終えたら、
出来るだけすぐに釈放してやれ、と言っておいたはずなんだが。」


Gumshoe

「Man...」


ガムシュー

「ま、しかし…それはそうと…」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ38


Gumshoe

「I don't know what would have happened in that courtroom today
if it weren't for her.」


ガムシュー

「今日の法廷、彼女があんなことをしでかしてくれなきゃ、
今頃どうなっていたか全く分からんな。」


Gumshoe

「Seeing her getting dragged out by the bailiff...」


ガムシュー

「俺は、彼女が係官に引きずられて退廷したのを見た時…」




「drag out(引き出す、無理に引っ張り出す、連れ出す)」


「bailiff(廷吏)」=法廷での雑務に従事する人のこと。米国用法。




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ39


Gumshoe

「I'll be honest with you, pal.
I shed a tear or two.」


ガムシュー

「正直言ってよ、あんた。
涙を流さずには居られなかったよ。」




「shed(涙や血などを流す、こぼす)」




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ40


Gumshoe

「Edgeworth, he was so moved I saw his lip trembling.」


ガムシュー

「エッジワース検事だって、唇を震わせて、大層感動してたみたいだったしな。」




「tremble(震える、身震いする)」




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ41


Phoenix

「Really!?
(Cold-as-ice Edgeworth!?)


フェニックス

「それ、ほんとですか!?
(あのコオリのようにツメタいエッジワースが!?)




あんた、エッジワースをなんだと思ってたんだよ?^^;




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ42


Gumshoe

「He was really grateful for what she did, you know.」


ガムシュー

「とにかく、エッジワース検事も本当に感謝してたってことだ。」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ43


Gumshoe

「I'm going to head back to the station.」


ガムシュー

「まあいいや、それじゃ俺は、ちょっと署に戻ろうかな。」


Gumshoe

「I'll get the report on Maya
and get her out of there as soon as I can.」


ガムシュー

「マヤ嬢の保釈に必要な書類の作成を進めさせて、
出来るだけ早く彼女が出て来れるように取り計らっといてやるよ。」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ44


Phoenix

「Thank you.」


フェニックス

「ありがとうございます。」


Phoenix

「Oh, wait!」


フェニックス

「あっ、すいません!もう一つ…」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ45


Phoenix

「Umm... I was wondering, how much is bail going to be?」


フェニックス

「ええと…あの…保釈金って、大体おいくらぐらいなんですかね?」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ46


Gumshoe

「Don't worry about that.」


ガムシュー

「ああ、それについても心配無用だ。」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ47


Gumshoe

「Mr. Edgeworth is posting the whole amount.」


ガムシュー

「保釈金は、エッジワース検事が全額支払ってくれるらしいからな。」




「post(元帳に記入する)」簿記用語。ここでは「保釈金支払者の名前に自分の名前を記載する」の意か。


「amount(総額、~額、量)」




逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ48


Phoenix

「What? Edgeworth...?」


フェニックス

「なんですって?エッジワースが…?」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ49


Gumshoe

「Didn't I tell you?」


ガムシュー

「ん?さっき言わなかったか?」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ50


Gumshoe

「He's grateful to her for what she did.」


ガムシュー

「マヤ嬢の行動に、エッジワース検事は本当に感謝してる、ってな。」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ51


Gumshoe

「Alright, pal.
Well don't forget to go pick her up, okay?」


ガムシュー

「だから、心配しなくても大丈夫だよ、あんた。
それじゃ、後でちゃんと留置所に彼女を拾いに行くのを忘れるなよ?」



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ52


Phoenix

(Hmm...)


フェニックス

(うーん…)



逆転裁判 北米版 ガムシューの語るエッジワースとマヤ53


Phoenix

(Maybe I can get Edgeworth to pay this month's rent, too...)


フェニックス

(もしかしてエッジワースにも、月一ローンで返済しなきゃいけないのかな…)




だから心配すんなって!大丈夫だよ!^^;


それに、多分エッジワースは、

フェニックスが「保釈金を返す」と言っても断固として受け取らないと思いますけどね。

だって、マヤに対する「感謝の気持ち」彼なりの「表明」なのですから。


ちなみに、上記最後のフェニックスのセリフにある「too」とは、

「かつてマヤが勝手に使ってしまったロッタのフィルム代の支払い(弁償)に加えて」

という意味を表しています。(笑)


そっちは「絶対払わなきゃいけない」と思いますよ。(笑)

断固としてね。(笑)


まあそれはともかく、エッジワースはガムシュー刑事同様に、

マヤの「捨て身のContempt of court(法廷侮辱罪)」に対して、いたく「感激」し、

並々ならぬ「感謝の気持ち」を感じているようです。


じゃあちゃんと、あの時「Thank you」って言えばよかったのに…


不器用って言うか、なんて言うか…^^;

ともかく、ガムシュー刑事は「マヤの保釈」のために尽力してくれるみたいですので、

彼女はこの後すぐにでも釈放されることでしょう!



というわけで次回、再度「Detention Center」を訪れてみることにします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: