広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(240)

それでは前回に引き続き「Lotta Hart(ロッタ・ハート)」に話を聞きます。




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?31


「Making it up」


「埋め合わせ」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?32


Phoenix

「Lotta, what do you mean by ”making it up to us”?」


フェニックス

「ロッタさん、”埋め合わせ”って、どういうことですか?」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?33


Lotta

「Well, ya see...」


ロッタ

「ああ、それな…」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?34


Lotta

「Actually, I got a bit of information for you.」


ロッタ

「実はウチ、ちぃとばかし情報持っとんねやんか。」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?35


Maya

「What!?」


マヤ

「えぇっ!?ほんとですか!?」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?36


Lotta

「That von Karma didn't want me to say nothin' about it.」


ロッタ

「実はコレ、あのフォン・カルマァ言うオッサンに口止めされとった情報やねんけどな。」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?37


Maya

「Wh-what information!?」


マヤ

「そ、それで、どんな情報なんですか、ソレ!?」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?38


Lotta

「Now we're getting to the heart of it!」


ロッタ

「よっしゃ!ほんなら早速教えたるわ!」




「get to the heart of ~(~の核心に触れる)」




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?39


Lotta

「See, I reckoned we might be able to do ourselves a little ”exchange.”」


ロッタ

「と言いたいとこやけど、ここは一つ、ウチらでカンタンな”取引”しよやないの。」




「I reckoned we might be able to do ourselves a little exchange.」
=直訳「私たち自身において、ちょっと交換をする、ということが出来るかもしれないと思った。」




…え?どゆこと?^^;




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?40


Phoenix

「E-”exchange”?」


フェニックス

「と、”取引”?」


Phoenix

「Umm...」


フェニックス

「ええと…ロッタさん…?」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?41


Phoenix

「I thought this was to ”make it up to us”...?」


フェニックス

「確かあなた、”僕らに対して埋め合わせする”とか言ってたと思ったんですけど…?」




言ってましたね、確かに。^^;




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?42


Lotta

「Right!」


ロッタ

「そうや!」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?43


Lotta

「I propose a little exchange,
to make it up to you!」


ロッタ

「せやから、カンタンな取引を持ち掛けとるんやないの、
あんたへの埋め合わせとして。」




???^^;




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?44


逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?45


Lotta

「What!?」


ロッタ

「なんや!?」


Lotta

「Information don't come cheap, my friend!」


ロッタ

「情報っちゅうんはなぁ、いつの時代も安くは無いねんで、マイ・フレンド!」




いや、そういうこと言ってんじゃなくてですね…^^;

…つーか、あんたといつ「Friend」になったんだよ!?
ついこないだまで「Enemy」だったんじゃないのか!?




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?46


Maya

「Uh...」


マヤ

「ハァ…」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?47


Lotta

「Hey!」


ロッタ

「ちょお!コラそこ!」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?48


Lotta

「I see you thinking
”my, how unsophisticated these southern folks are”!!!」


ロッタ

「今、”あらあら!南部出身者って、
みんな下品で意地汚いのねぇ”とか思ったやろ!!!」




「unsophisticated(洗練されてない、品の無い、素朴な、単純な)」




語るに落ちたな!ロッタ・ハート!(笑)


あんた今、マヤやフェニックスが
「そう思った」と思ったってことは、
つまり自分は「An unsophisticated person」だって、
「自覚」があるってことなんだろ!?^^;




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?49


Lotta

「It's written all over yer face!」


ロッタ

「ちゃんと顔に書いてあんで!」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?50


Lotta

「Let me tell you,
most southerners are WAY more sophisticated than you...」


ロッタ

「言うとくけどなぁ、
南部民の大半は、あんたらが考えとるよりも遥かに意地汚いんやで…」




「way(遥かに、うんと)」口語表現。




お前、それは「南部の人達」に対して失礼過ぎだろ!!!

「Southern folks」がどうこうじゃなくて、
あんたが「個人的」に「Sophisticated」なだけだろ!!!^^;


謝れ!南部出身者全員に謝れ!!!^^;




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?51


Lotta

「I'm just the exception, okay?」


ロッタ

「ウチは例外中の例外っちゅうだけやからな、おーけい?」




「exception(例外、異例)」




そうだね。確かに南部出身者の中では、
あなたは「The exception」なんだろうね。


…「逆の意味で」な!(笑)




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?52


Lotta

「Well, what'll it be?
We gonna deal, or not!?」


ロッタ

「ほんで、結局どないすんねん?
ウチと取引すんのか、せぇへんのか!?」


Maya

「Wh-what do we do, Nick?」


マヤ

「ね、ねえニック、どうするの?」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?53


Phoenix

(We don't have any other leads
so I don't think we have a choice here...)


フェニックス

(今のところ、僕らには手掛かりが何も無いからな、
つまり、ここに選択の余地など無いってことだ…)



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?54


Phoenix

「Okay.
How much?」


フェニックス

「わかりましたよ。
おいくらですか?」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?55


Lotta

「Huh?」


ロッタ

「はぁ?」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?56


Lotta

「You completely off your rocker?」


ロッタ

「あんた、もしかしてホンマもんのアホなんか?」




「off one's rocker」=「crazy, insane(イカレた、狂気の)」慣用句。




お前にだけは言われたくねぇぇぇ!!!




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?57


Lotta

「I may not be sophisticated,
but I'm not trying to rob the poor!」


ロッタ

「南部民が意地汚い言うたって、ウチが意地汚いとは限らへん言うとるやろ、
わざわざ貧乏人からゼニ盗るよなマネするほど落ちぶれてへんわ!」




いや知らんがな。^^;


ていうか、「The poor」ってなんだよ!?
お前、フェニックスの何知ってんねん!?




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?58


Phoenix

「Huh?」


フェニックス

「え?」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?59


Lotta

「The only fair exchange for information is...
information!」


ロッタ

「情報提供に対してのフェアな取引ぃ言うたら…
情報やろ!情報!情報で支払うんがスジちゃうの!」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?60


Lotta

「Listen good--」


ロッタ

「ええか、耳かっぽじってよう聞きや--」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?61


Lotta

「What I need from you is information about Gourdy!」


ロッタ

「ウチが欲っしとる情報言うたら、そらもうゴーディー以外あれへんやろ!」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?62


Maya

「Whoa-whoa-whoa!
G-Gourdy!?」


マヤ

「な、な、なんですって!
ゴ、ゴーディー!?」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?63


Phoenix

「B-but Gourdy doesn't...
I mean, Gourdy might not exist!」


フェニックス

「で、でも、ゴーディーなんて…
あ、いや、つまり、ゴーディーは実在しないかもしれないわけじゃないですか!」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?64


Lotta

「Then bring me proof that shows he don't!」


ロッタ

「ほんなら、ゴーディーは居らんっちゅう、確固たる証拠を持ってくればええだけの話やろが!」




…人、それを「悪魔の証明」と言う……




「悪魔の証明(あくまのしょうめい、ラテン語:probatio diabolica、英語:devil's proof)」とは、
所有権帰属の証明の困難性を比喩的に表現した言葉である。
この表現は、ラテン語の「probatio diabolica」に由来し、所有権帰属の証明の困難性を示す表現である。
古くは中世ヨーロッパの法学者が、
「古代ローマ法では土地所有権の証明には当該所有権の由来を逐一遡って立証する必要があり、
立証は極めて困難だった」と主張するにあたり、この語を用いたことに由来する。
日本の民法学でも、物権法の分野でこのような意味で現在でも使われている。
古くは悪魔の証明に対する「神の証明(probatio divina)」という法概念があったともいう。

(中略)

なお、上述の所有権に関する概念が転用され、民事訴訟法学者の兼子一らによって、
消極的事実の証明の困難性を指して比喩的に用いられる例として使われたこともある。

~Wikipediaより~




上記に補足して、
ロッタが言った、
「ゴーディーは居ないということを証明しろ!」
については、後半の「消極的事実の証明の困難性」に当たります。


具体的に言うと、
例えば「ゴーディーが存在している」と言うことを証明するのは実は簡単です。
「実際にゴーディーを捕まえる」「ゴーディーの死体や、体の一部を入手する」などが出来れば、
「ゴーディーの存在証明」は完了したことになるわけですね。

これが「積極的事実の証明」です。


ですが、「ゴーディーは存在していない」ということを証明するのは、
実はとてつもなく大変なのです!
というか、「不可能」です!

その理由は、
「存在しない」事を証明する場合、その「調査対象範囲」が、
「全世界」、果ては「全宇宙」にまで広がってしまうからです!


極端な話、
「全宇宙の全ての生物」に対して、
「これはゴーディーではない」と、
一個一個「確認」しなければならないので、
その対象は、文字通り「星の数ほど」多くなってしまいますから、
実行に移すことはほぼ不可能と言えるでしょう。

これが「消極的事実の証明の困難性」に相当します。



これは、現在ほとんどの弁証法に用いられている「基本原則」であり、
「有」を主張する側にのみ、常に「証明義務」が生じます。

「化学」「数学」「物理学」…

果ては「刑事、民事裁判」における証明に至るまで、
基本的に「これは存在している!」と主張している側が、
「その存在の証明」をしなければならないのです。


以前書いた、近代法における基本原則「推定無罪」もこれに相当し、
「被告は有罪である!」と主張する「検察側」にだけ、
「被告が有罪である証拠などを提示」させ、
罪に問われている人の「罪を証明」させます。
それが完璧に完了するまでは、「被告は常に無罪」であり、
当然「被告を弁護する弁護側」にも、
「被告は無実である」ということを「積極的に証明」する必要は一切ありません。
仮に「無罪を主張する弁護側」が、「被告の無実を証明しなければならない」としたら、
それは「悪魔の証明」になってしまうのですね。
よって、被告は常に「無罪だと推定されている」わけです。




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?65


Phoenix

「Uh...」


フェニックス

「う…」




無論「弁護士」である「Phoenix Wright」も、この「ロッタの無茶振り(笑)」
「悪魔の証明」を要求しているということに気付いているはずです。


…本当にちゃんと「法律を学んでいたのなら」ですが。(笑)



コレ、「法学校で習うこと」だぞ?
まさか「忘れた」んじゃないだろうな?^^;




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?66


Lotta

「I'll be keepin' watch from the car, okay?」


ロッタ

「ま、ええわ。ほなウチは、車ん中で待っとるさかいな?」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?67


Lotta

「You see something,
y'all come to me first, got it?」


ロッタ

「もしなんか分かったら、
真っ先にウチんとこ来るんやで?解かったな?」




What's with this woman?
Is she royalty or something?^^;


…ていうか、あなた、
ほんとに「Make it up」する気あるんですか…?




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?68


Phoenix

「O-okay...」


フェニックス

「わ、わかりました…」




全然「Okay」じゃねーよ!^^;




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?69


Lotta

「Right! See y'all later!」


ロッタ

「よっしゃ!商談成立や!ほな、また後でな!」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?70




…そう言い残して、結局ロッタは去って行ってしまいます……
「悪魔の証明」をフェニックスたちに課して!(笑)


こりゃ、彼女の「Information」については、もう「諦める」しかないかな……




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?71


Maya

「Okay, Nick, let's get hunting!」


マヤ

「よっしゃ、ニック!それじゃ、いっちょハンティングに出かけようよ!」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?72


Phoenix

「H-hunting...?
You don't seriously mean...」


フェニックス

「ハ、ハンティング…?
まさかソレ、マジで言ってんじゃないよね…」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?73


Maya

「Gourdy? I sure do!」


マヤ

「ゴーディーのこと?もちろんマジに決まってんじゃん!」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?74


Phoenix

「What about Edgeworth!?」


フェニックス

「エッジワースはどうすんだよ!?」



逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?75


Maya

「We're searching for Gourdy for him, Nick!
Don't you get it!?」


マヤ

「だから!エッジワース検事の為にゴーディーを探すんでしょ、ニック!
そんなことも解かんないの!?」




いや、サッパリ「解かんない」ッスけど…^^;




逆転裁判 北米版 ロッタ・ハートの埋め合わせ?76


Phoenix

(Okay...
and how exactly do we search for a make-believe monster...?)


フェニックス

(やれやれ…
ところで、空想上のモンスターを探すには、一体何をどうすればいいってんだ…?)




「make-believe(見せかけ、偽り、空想)」




Phoenix

(Maybe we can find a monster myth specialist?)


フェニックス

(もしかして、まず最初にそういったハナシに精通してる人物を、誰か探さなきゃならないのか?)




「myth(神話、作り話)」




ぶっちゃけ、そんなことしてるヒマはないと思いますけど…^^;


とはいえ、「存在していないことを証明する」よりは、
「ハンティングして実際に捕まえる」ほうが、
「方法」としては「より簡単で現実的」ですけどね、確かに。(笑)
ま、実際にはどっちも同じくらい「不可能」でしょうけど。(笑)



さて、ロッタが「フォン・カルマに口止めされていた」という、
「Information(情報)」については確かに興味深いのですが、
彼女が「Make it up(埋め合わせ、罪滅ぼし)」として提示してきた(笑)
「Exchange(交換条件)」の内容を聞いた今となっては、
正直まともに取り合うだけ無駄のような気もしますね。(笑)


とは言え、フェニックスたちには現状「手がかりが何も無い」のもまた事実…

はてさて、どうしたものでしょうか…


ここはやはり、
「Some monster myth specialist」でも捜しに行くしかないのでしょうか!?(笑)



それでは今回はこの辺で。
次回に続きます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告