Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(248)

それでは今回、
いよいよ「Lotta Hart(ロッタ・ハート)」に「ゴーディーの真実」打ち明けます。(笑)




逆転裁判 北米版 怪物の正体24


「Gourdy」


「ゴーディー」



逆転裁判 北米版 怪物の正体25


Lotta

「Well, Mister Lawyer?」


ロッタ

「んで、弁護士さん?」


Lotta

「I've got the info y'all need!」


ロッタ

「ウチは、あんたらが欲しがっとる情報を持っとるワケやけど。」


Lotta

「Y'all got the scoop on Gourdy for me yet?」


ロッタ

「あんたらはゴーディーのスクープをゲットでけたん?」



逆転裁判 北米版 怪物の正体26


Phoenix

「Lotta...」


フェニックス

「ロッタさん…」



逆転裁判 北米版 怪物の正体27


Phoenix

「There is no such thing as Gourdy.」


フェニックス

「ゴーディーなんてモノは、この世に存在しないんですよ。」



逆転裁判 北米版 怪物の正体28


Lotta

「Wh-what!? How can y'all be so sure!」


ロッタ

「な、なんやて!?なんでそんなん言い切れんねん!」



逆転裁判 北米版 怪物の正体29


Maya

「R-really, Nick!?」


マヤ

「そ、それ、ほんとなの、ニック!?」




なんであなたまで一緒になって驚いてるんですか…^^;

そんなもの「居ないに決まってる」じゃないですか。(笑)




逆転裁判 北米版 怪物の正体30


Lotta

「Y'all got some proof Gourdy don't exist!?」


ロッタ

「ほんなら、ゴーディーは居らん言う証拠はあんのかいな!?」




Would I make a claim like that
if I couldn't tell you what the proof was?




逆転裁判 北米版 怪物の正体31


Phoenix

「Of course I have proof.」


フェニックス

「勿論、証拠ならありますよ。」


Phoenix

「No lawyer worth his badge would make a claim
without the proof to back it up.」


フェニックス

「何かを主張するのに、その裏付けとなる証拠が何も無いというのなら、
こんな弁護士バッジに、なんの価値も無いということになりますからね。」




うん。まあ、それは正論だね。


でも「あなたの場合」は、
もう一度「自分の胸に手を当てて」、
「その事」について「よく考えてみた方が良い」と思いますけどね。(笑)




逆転裁判 北米版 怪物の正体32


Phoenix

「Here's the proof that Gourdy doesn't exist...」


フェニックス

「ゴーディーは存在しない、ということを証明する証拠は…」



逆転裁判 北米版 怪物の正体33


Air Tank(エア・タンク)

Type:Other(タイプ:その他)

Retrieved front of the Boat Rental Shop.(ボート・レンタル・ショップ前で取得した。)

「An empty air tank. The valve is open, and a banner of flags is wrapped around it.
(空の空気ボンベ。バルブは開いており、複数の旗からなる糸が周りに巻き付いている。)」



逆転裁判 北米版 怪物の正体34


Maya

「Larry's air tank...?」


マヤ

「それは…ラリーさんのエア・タンク…?」



逆転裁判 北米版 怪物の正体35


Lotta

「What're y'all doing with an air tank?」


ロッタ

「そんな空気ボンベが、なんやぁ言うのん?」



逆転裁判 北米版 怪物の正体36


Phoenix

「This... is Gourdy.」


フェニックス

「これこそが…ゴーディーの正体なんですよ。」



逆転裁判 北米版 怪物の正体37


Lotta

「Umm... scuze me?」


ロッタ

「ふーん…て、え?なんて?」



逆転裁判 北米版 怪物の正体38


Maya

「Wh-what exactly are you saying, Nick?」


マヤ

「ちょ、ちょっとニック、ほんとに何言ってんの?」




いや、マヤさん…
あなたこそ、ほんとに何言ってんですか…^^;


…って、もうええわ。

ガツンと言うたれ、フェニックス!

この「二人」に、キッチリ引導渡したれや!!!




逆転裁判 北米版 怪物の正体39


Phoenix

「There's stand near here... a hotdog stand.」


フェニックス

「ここのすぐ近くに…ホットドッグのスタンドがあるんですけどね。」



逆転裁判 北米版 怪物の正体40


Phoenix

「There's a giant inflatable samurai doll there.」


フェニックス

「そこには、巨大なサムライのバルーン人形も立ってるんですよ。」


Phoenix

「About a week ago, an idiot, who happens to be a friend of mine,
tried to fill it.」


フェニックス

「ところで僕には、ちょっと頭がザンネンな友人が、誠に遺憾ながら居るんですが、
今から約一週間前、ソイツがサムライのバルーンを膨らまそうとして、やらかしてしまったんです。」



逆転裁判 北米版 怪物の正体41


Phoenix

「He used this air tank, and when the valve blew,
the tank flew into the lake.」


フェニックス

「このエア・タンクを使った際に、バルブが吹き飛んで、
サムライ・バルーンはタンクと一緒に湖の中に飛んで行ってしまったんですよ。」




「blow(吹き飛ぶ、風や空気の流れによって壊れる)」




Phoenix

「Apparently, it made a pretty loud ”bang” when it flew...」


フェニックス

「当然その時、かなり大きな音もしたでしょうね…”バン”って…」



逆転裁判 北米版 怪物の正体42


Lotta

「A ”bang”...?」


ロッタ

「”バン”…?」



逆転裁判 北米版 怪物の正体43


Phoenix

「The tank, along with the still deflated Samurai fell into the lake.」


フェニックス

「そしてそのタンクは、しぼんだサムライと一緒に湖に突っ込んだんです。」


Phoenix

「At the same time...」


フェニックス

「その頃、時を同じくして…」



逆転裁判 北米版 怪物の正体44


Phoenix

「A couple was taking a photograph of the lake.」


フェニックス

「とあるカップルが、偶然湖の前で写真を撮っていたんです。」


Phoenix

「This photo!」


フェニックス

「この記事に載ってる写真をね!」



逆転裁判 北米版 怪物の正体45


Maya

「Wait...」


マヤ

「ちょっと待って…」


Maya

「So... you're saying that Gourdy...」


マヤ

「てことは…まさか、ニックの言うゴーディーって…」



逆転裁判 北米版 怪物の正体46


Maya

「Is really the Steel Samurai!?」


マヤ

「ほんとはスティール・サムライだったってことなの!?」




ご理解頂けただろうか?

これこそが「ゴーディーの真実」だったのである。




逆転裁判 北米版 怪物の正体47


逆転裁判 北米版 怪物の正体48


逆転裁判 北米版 怪物の正体49


Lotta

「Well, that's a fine way to ruin a gal's dreams.」


ロッタ

「ほうかえ、オトメのユメをぶち壊すには、もうそれで充分過ぎるわ。」



逆転裁判 北米版 怪物の正体50


Phoenix

「I'm sorry, Lotta.」


フェニックス

「申し訳ないですが…」



逆転裁判 北米版 怪物の正体51


Lotta

「Nah, it's okay,
you win.」


ロッタ

「いや、ええねん、気にせんといてや…
分かったわ、あんたの勝ちや。」



逆転裁判 北米版 怪物の正体52


Lotta

「I'll give you your info, like I promised.」


ロッタ

「ほな約束通り、ウチの情報教えたるわ。」



逆転裁判 北米版 怪物の正体53


Maya

「Poor Lotta...」


マヤ

「ロッタさん…なんだか可哀想…」




うーん…

確かにロッタにとっては「居ると信じて疑わない」存在だった、
そして「カメラマンとして伸し上がる為の足掛かり」でもあった「Gourdy」の正体が、
まさか「どこぞのアンポンタン」「おバカな行為」の結果起こった、
ただの「偶然の産物」に過ぎなかったということが「判明」してしまっては…


このように、

ガッツリ落ち込んでしまうのも無理ありませんね…



…ま、でも、普通に考えれば、
「ゴーディーなんて居ない」なんてことは、初めから容易に想像がつくことなんですが。^^;


「巨大な水棲首長竜」が、太古の昔より、それこそ「何万年も前から」湖に棲息していたとして、
「狭い湖」では、その「生態系を維持」するだけの「キャパシティ」がまず存在しません。

1日に「大量の食物」を摂取するであろう巨大な首長竜を「生きながらえさせる」だけの「被食者」が、
「閉鎖された湖」に豊富に「供給され続ける」ということ自体、非常に考えにくいことです。

よしんば湖が実際に「そういう環境」だったとしても、
まさか「1個体」が何万年も生き続けてきたわけもないでしょうから、
当然「連綿とした繁殖活動」によって、その「種」が「維持され続けてきた」ということになるでしょう。

つまり、「ゴーディー」は「何体」も、
もっと言えば「何百何千」という数が「湖の中に居なければならない」のです。

にも拘らず、これまでずーっと「目撃」すらされておらず、
つい最近になって「初めて」存在が確認されたなんてことは、
もし「本当に存在している」なら、逆に「有り得ない」のですね。


外海に繋がっているわけでもない「街中の公園の湖」に、
そんな「巨大生物」が棲息しているわけがないなんてことは、
最初から火を見るよりも明らかだったのです!(笑)



ま、別に「夢を見る」こと自体を否定する気はありません。

これに懲りることなく、
「Lotta Hart」には、新たな「Gal's dream」を追っかけてもらいたいと思います。(笑)


って、そんなことよりも!

フェニックスは約束通り、「ゴーディーの不在証明」を行なうことが出来たわけです!

つまり、ロッタがフォン・カルマに「口止めされていた」という、
「事件についての新たな情報」を聞く権利を晴れて有することになったわけですね!



というわけで次回、
「取引」の「正当な対価」として(笑)

ロッタの「Information」を、彼女から聞いてみたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: