広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(249)

逆転裁判 北米版 ロッタの情報1




前回「Lotta Hart(ロッタ・ハート)」に厳しい現実を教えてあげたフェニックス。(笑)

それにより、ロッタはご覧の通りガッツリへこんでしまったみたいですが…


なんだかちょっと「罪悪感」を感じないでもないですが^^;

まあそれはともかくとして、
これでやっとロッタの出してきた「交換条件」をクリアしたことになるわけです。

というわけで早速彼女の知る「事件についての情報」を聞いてみることにしましょう。




逆転裁判 北米版 ロッタの情報2


「Case information」


「事件の情報」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報3


Phoenix

「So, tell us this ”information” you have.」


フェニックス

「それじゃロッタさん、あなたの持つ”情報”について教えてください。」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報4


Lotta

「A promise is a promise, I guess...」


ロッタ

「まあ約束は約束やからな、しゃあないわな…」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報5


Lotta

「I overheard the cops around here saying something
about the witness tomorrow...」


ロッタ

「実は明日の審理に出廷してくるちゅう証人の話を、
この辺りのオマワリがくっちゃべっとるんを小耳に挟んだんやけどな…」




「Overhear(ふと耳にする、偶然聞く)」=「話し手に気づかれずに話し手の言うことを偶然に聞く」の意。

意図的に相手の話を「盗み聞き」する場合は「eavesdrop(盗聴する)」。




逆転裁判 北米版 ロッタの情報6


Lotta

「They said he's the caretaker of the boat rental place up the path here.」


ロッタ

「どうやらその証人て、こっから先のとこにある貸ボート屋の管理人のことらしいんや。」




「caretaker(家や地所の管理人、番人)」




逆転裁判 北米版 ロッタの情報7


Maya

「Boat rental...?」


マヤ

「貸ボート…?」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報8


Maya

「There's someone there?
I mean, it looks so deserted.」


マヤ

「あそこって、誰か居たんですか?
なんか、ほったらかしにされた空き家みたいな雰囲気でしたけど。」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報9


Lotta

「Just an old guy, living all by himself.」


ロッタ

「いやあっこな、なんや変なおっちゃんが一人で暮らしとんねんで。」


Lotta

「Y'all should go check it out.」


ロッタ

「ま、百聞は一見に如かずや、
あんたらひとつ、確かめに行ってみたらええんとちゃうか。」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報10


Maya

「Thanks, Lotta! We will!」


マヤ

「ありがと、ロッタさん!それじゃ早速行ってみます!」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報11


Maya

「Let's get checking, Nick!」


マヤ

「というわけでニック!いっちょ調べてみよう!」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報12


Lotta

「Hold on.」


ロッタ

「いや、ちょお待ちぃ。」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報13


Phoenix

「Something else?」


フェニックス

「まだ何か?」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報14


Lotta

「Yeah... the night of the murder.」


ロッタ

「せや…殺人事件のあった、あの晩の話や。」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報15


Lotta

「My camera clicked twice, you know.」


ロッタ

「実はウチのカメラ、2回ほどシャッター切っててんやんか。」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報16


逆転裁判 北米版 ロッタの情報17


Maya

「Wait... so you have another photo?」


マヤ

「ちょっと待って…てことは、この写真の他に、もう一枚写真があるってこと?」




これは確かに、以前ロッタ自身そんなことを言っていましたね。




逆転裁判 北米版 ロッタの情報18


Lotta

「Yeah, but there's nothing in it at all.
Just the lake.」


ロッタ

「せやねん、けど、こっちにはホンマになんも写っとらんかってん。
ホンマに湖だけ、みたいな感じやな。」


Lotta

「I figured it wouldn't be much use as evidence,
so I kept it to myself.」


ロッタ

「しゃあからこれは、証拠品として使えるようなシロモンちゃうやろな思て、
提出せんままにしといたんや。」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報19


Lotta

「Well, it might not be helpful at all, but...」


ロッタ

「ま、こんなもん、なんの役にも立たへんやろけど…」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報20


Lotta

「Here, take it.」


ロッタ

「とりあえず、あんたらにやっとくわ。ほい。」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報21


Second Lake Photo(2枚目の湖の写真)

Type:Photographs(タイプ:写真)

Received from Lotta Hart.(ロッタ・ハートから受け取った。)

Second Lake Photo added to the Court Record.(2枚目の湖の写真をコート・レコードに加えた。)」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報22


Lotta

「Bye now.
Y'all take care.」


ロッタ

「ほなな。
あんたらも、体に気ぃ付けて頑張りや。」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報23


Lotta

「Time for me to pack up and leave.」


ロッタ

「ウチはそろそろ、荷物纏めてクニに帰る頃合いやさかいな…」




「pack up(梱包する、荷物を纏めて出て行く)」




…そして、ロッタはいそいそと「力なく」去って行きます……


おそらく、後ろに停めてある自分の「SUV」に乗り込んで、
言葉通りに「帰り支度」を始めるつもりなのでしょう……




逆転裁判 北米版 ロッタの情報24


逆転裁判 北米版 ロッタの情報32


Maya

「Poor Lotta...」


マヤ

「ロッタさん、可哀想…」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報25


Phoenix

「It's all Larry's fault.」


フェニックス

「全てラリーのせいだな。」




せやな。




逆転裁判 北米版 ロッタの情報26


Phoenix

「The legend still lives on, I guess.」


フェニックス

「どうやら、ヤツの伝説はまだまだ健在みたいだ。」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報27


Maya

「The ”legend”...?」


マヤ

「”伝説”って…?」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報28


Phoenix

「Yeah, the legend of Larry,
familiar to all who know him for any length of time...」


フェニックス

「ああ、ラリーの伝説だよ、
アイツと付き合いが長いと、誰しも必ず思い知らされるハメになるんだ…」




「length of time(時の長さ、期間)」


「Familiar to all who know him for any length of time.」
=直訳「ある程度の長さの時間において彼を知る者は、全ての者が慣れ親しむ。」。




逆転裁判 北米版 ロッタの情報29


Phoenix

「”When something smells,
it's usually the Butz.”」


フェニックス

「”何かトラブルの臭いに感付いた時、
そこにはいつもバッツがいる。”」




この「The legend of Larry Butz」についての詳細は、
こちらを参照してください。(笑)




逆転裁判 北米版 ロッタの情報30


Maya

「Hmm.」


マヤ

「ふーん。」



逆転裁判 北米版 ロッタの情報31


Maya

「Someone should whip that Butz into shape.」


マヤ

「いつか誰かが、バッツさんをきちんと躾けなきゃいけないね。」




「whip ~ into shape(ある目的のために、ものや人を無理にまとめ上げる、ものにする)」

=直訳「形作るためにムチ打つ」。

上記セリフにおいては、

「ラリー・バッツを人としてあるべき姿矯正するために、
誰かが鞭打ってでも正しい道に引き戻してやらなければならない。」

ということ。(笑)




いや、多分それは無理。もう手遅れ。(笑)


それに、「あのラリー・バッツを矯正してやろう!」なんて、
「ゴールの見えない」途方も無い「徒労」をしてくれるような心の広い「慈善家」など、
多分この世には存在しないでしょう。(笑)

そんなことをするくらいなら、
「サハラ砂漠の砂粒の数を数える」ほうが、
まだ「意義が有る」ってもんです。(笑)


神も仏も匙投げる!

それが「ラリー・バッツ伝説」なのだッ!



ま、「お騒がせラリー伝説」などどうでもいいのです。(笑)

たとえ実際に彼の行いによって、

とある一人の「単純」な…もとい「純粋な女性」が(笑)

「夢破れ、心傷付けられた」のだとしても^^;

やっぱりそれは、我々にとってどうでもいいことなのです。(笑)



そんなことよりも、今回ロッタから得られた「事件に関する重要な情報」は2つ。


1)「ラリーのエア・タンク」を見つけた「Boat Rental Shop」には「一人の老人(An old man)」が住んでおり、
その人物が「明日の審理」における「検察側証人」として出廷してくるらしい。

2)事件当日、ロッタの「自動撮影カメラ」は「2回」作動していた。
ただし、「2枚目の写真」には、特に何も写っていなかった。


この内、写真については「実際に入手」することが出来ましたが、
現時点では「詳細を見る」ことは出来ません。

「Court Record(法廷記録)」内に収められている「写真」を「選択」しても、
現時点では「ゲームのシステム上」詳しく見ることが出来ませんので、
「どんな写真なのか」を知ることは出来ないようになっているからです。


ロッタは、2枚目の写真について、

「証拠品として有用とはとても思えない。」

というようなことを言っていましたが、

たとえそれが「一見して無価値」のように思えたとしても、
「実際どうなのか」は全く分かりません。

もしかしたらそこには、何か「とんでもないもの」が写っているのかもしれません。

そう、「1枚目の写真」がそうだったように…


ただし、その「真偽」については現時点ではどうやっても確かめようがないので、
これについては「後のお楽しみ」ということにしておきましょう。


また、「Boat Rental Shop(貸ボート屋)」の「Caretaker(管理人)」なる人物については、
非常に興味深い情報ですね。

その人物について、現時点で色々考えることは出来ますが、
ここであれこれ言うよりも、実際に訪ねてみたほうが「早い」でしょう。



というわけで次回は、
その「Boat Rental Shop」へと足を運んでみたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告