Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(253)

それでは前回に引き続き、

「Boat Rental Shop(貸ボート屋)」の「Uncle(オジサン)」に話を聞いてみたいと思います。




逆転裁判 北米版 オウムのポリー1




前回、唯一反応の有った「オウムのポリー」について話を振ってみます。




逆転裁判 北米版 オウムのポリー2


Uncle

「Ack, my memory's gotten worse of late.」


オジサン

「ううむ、ここ最近、ワシも物覚えがとんと悪くなってきてなぁ。」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー3


Uncle

「That's why I just tell everything important to old Polly here.」


オジサン

「だから、大事なことはほとんど全て、ここに居るポリーに話して聞かせてるんだ。」




…それは「セキュリティー上」どうなの?^^;




逆転裁判 北米版 オウムのポリー4


Maya

「Everything... important?」


マヤ

「大事なことは…全て?」


Maya

「Hmm, I wonder...」


マヤ

「ふーむ、ということは…」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー5


Maya

「Polly! What's the number to the safe!?」


マヤ

「ポリーさん!あそこの金庫のナンバーは何かな!?」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー6


Parrot

”...1228!”
*squawk*


オウム

”…1228!”
ガーガー



逆転裁判 北米版 オウムのポリー7


Maya

「Alright!」


マヤ

「やったね!」




ほら。やっぱり「こういうこと」になるわけですよ。(笑)




逆転裁判 北米版 オウムのポリー8


Uncle

「H-hey! Polly!
Watch it, will ya!」


オジサン

「コ、コラ!ポリー!
そういうことは軽々しく教えちゃダメじゃないか!」




いや、これはあんたが悪い。


間接的に「マヤに教えたも同然」なわけですからね。^^;


勿論これは現実社会でも一緒で、

「パスワード」など「第三者に知られてはマズイ個人情報」の管理には、

この「情報化社会」の世の中では特に注意が必要です!

例えば「誕生日か何かの日付」のような「他人に推測されやすいパスワード」を設定したり、

誰かに「簡単に知られてしまう」ような所に控えておいたりしては絶対にいけません!

そうでないと、このオジサンのようになってしまいますからね!(笑)




逆転裁判 北米版 オウムのポリー9


Maya

「Heh heh. See, Nick?
All it takes is a little clever thinking!」


マヤ

「へっへっへ。どうよ、ニック?
この流れるような一連のマヤさんの諜報テクニック、ちょっと鮮やかだと思わない!?」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー10


Phoenix

(And a criminal mind...)


フェニックス

(そうだね、犯罪者ギリギリだけど…)




出た!フェニックスの鮮やかな「皮肉」!


…いや、今回ばかりは「ただの正論」なのかな?^^;


いずれにせよ、

これは本当に
「Criminal mind(犯罪者心理、犯罪者が考えるような事)」ですので、

良い子は絶対に真似しないようにしましょう!(笑)




逆転裁判 北米版 オウムのポリー11


Maya

「Quick, Nick!
Write that number down!」


マヤ

「さあさあ、ニック!
早く金庫のナンバーを控えて!」




待てッ!マヤ・フェイッ!そこまでだッッッ!!!

そこから先は完全に「Criminal behavior(犯罪行為)」だぞッ!!!




逆転裁判 北米版 オウムのポリー12


Phoenix

「H-hey! Don't get me involved in your little heist schemes.」


フェニックス

「コ、コラ!そんなくだらない窃盗計画に僕を巻き込むんじゃないよ。」




「heist(強盗)」


「scheme(悪い企み、陰謀)」




いや、まずやめさせろよ!

「自分(フェニックス)はやらないが、マヤだけでやる」と言うのなら、

別に「やっちゃっても良いよ」ってことなのか!?^^;


勿論、このシーンで実際に「マヤが窃盗行為に及ぶ」なんてことはありませんけど。^^;



さて、「Polly」の話題を振ってみましたが、

またもや「大した情報」は出てきませんでしたね。


…さすがにそろそろめんどくさくなってまいりました!^^;


というわけで、

ここは我々の「身分証明」を提示し、

オジサンに「情報提供の強制」が出来ないかどうかを試してみたいと思います!




逆転裁判 北米版 オウムのポリー13


Attorney's Badge(弁護士のバッジ)

Type:Other(タイプ:その他)

One of my possessions.(僕の所持品の一つ。)

「No one would believe I was a defense attorney if I didn't carry this.
(これを持っていなかったら、僕が弁護士だということを誰も信じないだろう。)」




勿論、「Phoenix Wright」の「身分を証明する物」と言えば、これしかないですね!




逆転裁判 北米版 オウムのポリー14


逆転裁判 北米版 オウムのポリー15


Uncle

「That a lawyer's badge?」


オジサン

「それは…弁護士バッジか?」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー16


Phoenix

「Y-yes, it is!」


フェニックス

「は、はい、そうです!」


Phoenix

(I don't believe it!)


フェニックス

(信じられない!)


Phoenix

(This old guy is the first person
to recognize my badge!)


フェニックス

(この老人、僕のバッジの意味についてすぐに認識した
初めての人物かもしれないな!)




それはちょっとオーバーだと思いますが^^;

でも確かに、「見ただけですぐに」弁護士のバッジだと認識したのは凄いですね。

「法曹関係者」でもないような一般人で、
こんなバッジを見ただけで「すぐにそれだと解かる」という人は、
そんなに多くは居ないと思いますが…


この人物、見た目と違って「意外に博識」なのか…?




逆転裁判 北米版 オウムのポリー17


逆転裁判 北米版 オウムのポリー18


Uncle

「I get it.」


オジサン

「わかった。」


Phoenix

「Huh?」


フェニックス

「え?」


Uncle

「Ayup... I got you figured out now!」


オジサン

「そういうことだったのか…今、ようやく気が付いたぞ!」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー19


Uncle

「You're not Keith!」


オジサン

「お前、キースじゃなかったんだな!」




そうだね。その通りだね。

でも、それは最初からそう言ってたよね。^^;

割と「何回も」!




逆転裁判 北米版 オウムのポリー20


逆転裁判 北米版 オウムのポリー21


Maya

「N-Nick!」


マヤ

「ニ、ニック!」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー22


Maya

「Now's our chance to clear things up!」


マヤ

「これは白黒つける絶好のチャンス到来だよっ!」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー23


Phoenix

「Umm... sir.」


フェニックス

「えーと…ご主人。」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー24


Phoenix

「No, I'm not Keith.」


フェニックス

「おっしゃる通り、確かに僕はキースではありません。」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー25


Maya

「And I'm not Meg, either!」


マヤ

「そうなんです!そして、私もメグじゃないんです!」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー26


逆転裁判 北米版 オウムのポリー27


Phoenix

「We're here investigating a murder
that took place on this lake the other night.」


フェニックス

「僕たちは、この湖で昨晩起こった
殺人事件の調査をするためにここにやって来たんです。」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー28


Maya

「Please, help us!」


マヤ

「お願いします、どうか調査に協力してください!」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー26


逆転裁判 北米版 オウムのポリー29


Uncle

「Hmm... a lawyer, huh?」


オジサン

「ふーむ…弁護士、とな?」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー30


Maya

「Please, mister...」


マヤ

「お願いします、ご主人…」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー31


Uncle

「Alright, I'll help.」


オジサン

「そうかい、そういうことなら手伝ってやろうじゃないか。」




ふぅ…

これでやっと、どうやら「一歩前進」出来たみたいですね!(歓喜)




逆転裁判 北米版 オウムのポリー32


Uncle

「But, on one condition.」


オジサン

「ただし、それには一つ条件がある。」




ま、そりゃそうでしょうね…

なんせ彼は「検察側証人」なわけですから…

検察と「敵対する」立場にある弁護士に情報提供しようというのです。

それはもう、並大抵の条件ではないでしょう…


しかし!そんなことはもう言っていられません!

どんな「困難な条件」を提示されようとも、

どんなことでも「乗り越える覚悟」をもって、

この「証人」に対峙しなければならないのです!!!


準備は出来たか?俺は出来てる!

さあ来いや!!!




逆転裁判 北米版 オウムのポリー34


Uncle

「When this case is over and done...」


オジサン

「この事件の全てに決着がつき、全てを成し遂げた暁には…」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー35


Uncle

「You'll run the ”Wet Noodle”!」


オジサン

「この”ウェット・ヌードル”、お前が後を継ぎ、代々の伝統を守っていくのだ!」




はぁぁぁぁ!?

いやいやいや!

お前、何言っちゃってんだよ!?

後継ぎは「Keith」じゃなくてもいいのかよ!?

ていうかそもそも、

ここは「Pasta Shop」でも「Wet Noodle」でもねぇだろぉぉぉがぁぁぁ!!!


…などと、少々ヒートアップしちゃいましたが^^;

しかし!男に二言はありません!

もう「どんな条件でも乗り越える覚悟」をしちゃいましたので^^;

甚だ遺憾ながら!

「ロッキー西部随一のパスタ職人」となるべく!

「弁護士フェニックス・ライト」はこう返答します!!!(笑)




逆転裁判 北米版 オウムのポリー36


「Promise to run the Noodle」


「よっしゃぁぁぁ!やったろうじゃねぇか!
パスタ屋だろうが麺屋だろうが、やってやる!
約束する!約束してやるぜぇぇぇ!!!」




逆転裁判 北米版 オウムのポリー37


Phoenix

「Okay, we promise.」


フェニックス

「解かりました、お約束しましょう。」




いや…何さらっと「マヤさんも巻き込んでる」んですか…^^;


日本語訳には反映させませんでしたが、

フェニックスは何気に「We promise.」と言っていますね。(笑)

この「We(僕たち)」には当然「Maya」も含まれています(笑)




逆転裁判 北米版 オウムのポリー38


Maya

「N-Nick! Are you sure about this?」


マヤ

「ち、ちょっとニック!本気なの?」




いや、ほんと。

マジで気は確かなのか?


相談も何も無しに

フェニックスの「一存」で、

「修行中の霊媒師」の身から、

急に「修行中のパスタ屋の看板娘(笑)」にされそうなマヤさんの今の胸中たるや、

果たして如何許りであることでしょうか。^^;




逆転裁判 北米版 オウムのポリー39


Phoenix

「Hey, anything to get this case solved.」


フェニックス

「何言ってんだよ、この事件を解決するためには手段なんて選んじゃいられないよ。」




「(We must do) Anything to get this case solved.」=直訳「この事件を解決するためには何事も(やらなければならない)。」




そういう問題か?


と言うか、「それとこれとは話が別」なんじゃ…?^^;




逆転裁判 北米版 オウムのポリー40


Phoenix

「Who wouldn't want to eat ”Phoenix Noodles”?」


フェニックス

「それに考えてもみなよ。
”フェニックス・ヌードル”なんて、誰が食べたいと思うんだよ?」




は?

なんで「店名を変える」のが「前提」なんだよ?

「伝統と格式」の「三代続く老舗パスタ屋」の看板に
泥を塗るつもりかっ!?


しかし、ほんとに「Wet Noodle」を継いだ後のことを考えて、

「Wet Noodle(濡れた麺≒腰抜け)なんて店名じゃダメだな。

それだったら僕の名前を冠した”Phoenix Noodles(不死鳥の麺屋)”のほうがまだマシだろう。

ま、でもそんな名前のパスタ屋に来るような客なんて居るわけないか。」

とでも思ったのでしょうか、

「店名を変えようとしているフェニックス」がちょっと面白いですね。(笑)




逆転裁判 北米版 オウムのポリー41


Maya

「I... guess so.」


マヤ

「まあ…それはそうかも。」




なんでだよ!

別に悪くないだろ!「Phoenix Noodles」!(笑)




逆転裁判 北米版 オウムのポリー42


Uncle

「That's my boy!
Good for you, Keith.」


オジサン

「それでこそ我が息子!
よく言った、キースよ。」




お前はお前で何言ってんだよ!

さすがに「物忘れ激し過ぎ」だろ!

「ついさっき」自分で言った事さえも「もう忘れちまった」のかよ!!!




逆転裁判 北米版 オウムのポリー43


Phoenix

「W-wait, didn't I just say...」


フェニックス

「ち、ちょっと待ってください、さっきも言ったと思いますけど…」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー44


Uncle

「You too, Meg!」


オジサン

「お前もだぞ、メグ!」




こ、こいつ…!

話聞いてねぇっ…!




逆転裁判 北米版 オウムのポリー45


Maya

「Y-yes!?」


マヤ

「は、はい!?」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー46


Uncle

「Heh heh heh...
you bring a tear to your old man's eye, you know.」


オジサン

「へへへ…
ワシは良い息子、良い娘を持ったもんだ、目頭が熱くなるよ。」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー47


Uncle

「Now, what was that you wanted to know?
Speak up, Polly!」


オジサン

「さて、それでお前たちが知りたがってる事ってのはなんだったかな?
ちょっとポリーに訊いてみよう、ポリーや!」




「speak up(大声で話す、毅然と意見を知らしめる)」




逆転裁判 北米版 オウムのポリー48


Parrot

”Hello! Hello!”
*squawk*


オウム

”コンニチハ!コンニチハ!”
ガーガー



逆転裁判 北米版 オウムのポリー49


Maya

「Er...」


マヤ

「えーと…」



逆転裁判 北米版 オウムのポリー50


Phoenix

(Now he's talking to the bird again!
How do we get him to talk to us!?)


フェニックス

(また鳥と話し始めちゃったぞ!
一体どうやったら、彼は僕たちと話をしてくれるようになるんだ!?)




せっかく「一歩前進」したと思ったのに…


また「元の木阿弥」かよぉぉぉ!?


本当に、一体どうやったら「彼に話をさせることが出来るようになる」んでしょうね…?


…しかし、実際に「弁護士バッジ」を見せた際には、
一瞬だけ「現実に戻ってきた」かのような雰囲気が漂っていたような気がするのもまた事実…

言い換えれば、ただ「話を聞く」のではなく

彼には「何かを見せてやる」のが「効果的」だということなのではないでしょうか?



というわけで、今回はここまで。

この続きは次回にしたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: