広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(278)

逆転裁判 北米版 学級裁判1




前回「Wright & Co. Law Offices(ライト商事法律事務所)」にて、

フェニックスの旧友にして「His Hero(笑)」であるところの「Larry Butz(ラリー・バッツ)」と話をしました。

今回も引き続き、彼とおしゃべりしたいと思います。(笑)




逆転裁判 北米版 学級裁判2


「Edgeworth」


「エッジワース」



逆転裁判 北米版 学級裁判3


Maya

「Nick...」


マヤ

「ねえ、ニック…」


Maya

「Why do you trust Mr. Edgeworth so much?」


マヤ

「なんでそれほどまでにエッジワース検事のこと信じてるの?」



逆転裁判 北米版 学級裁判4


Maya

「I mean, he's changed recently, true.」


マヤ

「だって前にも自分で言ってたじゃん、今のアイツは変わってしまったんだ、って。」




確かに以前、フェニックス自身「エッジワースは変わってしまった。」という旨の発言をしていましたね。

ただ、「その時点での」エッジワース「今現在の」エッジワースとを比べてみると、

そこからまた少し「変化」した(している)ようにも見受けられますけどね…




逆転裁判 北米版 学級裁判5


Maya

「But when we first met him,
he was kind of a jerk, don't ya think?」


マヤ

「なんてったって、初めて会った時なんかはほんと酷かったよね、
それはもう厭味ったらしくてさ、ニックだってそう思ってたでしょ?」



逆転裁判 北米版 学級裁判6


逆転裁判 北米版 学級裁判7


Phoenix

「You didn't know him back then.」


フェニックス

「それは君が昔のアイツを知らないからさ。」



逆転裁判 北米版 学級裁判8


Phoenix

「Back when he wanted to become a defense attorney.」


フェニックス

「子供の頃のエッジワースは、将来弁護士を目指して頑張ってたんだよ。」




これも以前、似たような事をラリーも言ってましたね。(詳しくはこちら。)


小学生当時の「Miles Edgeworth」少年は、

自身の父「Gregory Edgeworth(グレゴリー・エッジワース)」と同じ

「Defense attorney(弁護士)」となるべく日夜勉学に励んでいた、

「正義感溢れる」少年だったのです…


ですが、大人になりフェニックスと「再会」したエッジワースは、

「証拠品のでっち上げ」やら「証言の改竄」をも厭わぬ、

「勝利のみをリスペクト」した「Prosecutor(検事)」となっていたのでした!

いわば、「少年の頃夢見ていた将来像」とは「真逆の大人」になってしまっていたわけですね!




逆転裁判 北米版 学級裁判9


Maya

「Wait...」


マヤ

「あれ?でもちょっと待って…」



逆転裁判 北米版 学級裁判10


Maya

「Was that when you two were classmates?」


マヤ

「確かニックとエッジワース検事って、クラスメートだったんだっけ?」



逆転裁判 北米版 学級裁判11


Phoenix

「Yes. In grade school...」


フェニックス

「うん、そうだよ。小学生の時にね…」



逆転裁判 北米版 学級裁判12


Phoenix

「They saved me...
Miles... and Larry.
They saved me and I'll never forget it.」


フェニックス

「その時二人が、僕を助けてくれたんだ…
マイルズと…ラリーがね。
二人に助けられた事は…いや、救われた事だけは、一時たりとも忘れたことは無い。」



逆転裁判 北米版 学級裁判13


Phoenix

「That's why I became a defense attorney, you know.」


フェニックス

「それに、そういう事があったからこそ、僕は弁護士になったんだよ。」



逆転裁判 北米版 学級裁判14


Maya

「Whaaaat!?」


マヤ

「なんですとぉぉぉぉ!?」



逆転裁判 北米版 学級裁判15


Maya

「Hey, hey, Larry.
What's he talking about?」


マヤ

「ねえねえ、ラリーさん。
これって一体どういうこと?子供の頃に何があったんですか?」



逆転裁判 北米版 学級裁判16


Butz

「Huh? Uh... umm...」


バッツ

「え?えーと…うーんと…うぅーんとぉ…」



逆転裁判 北米版 学級裁判17


Butz

「Er, sorry.
I kinda forgot.」


バッツ

「いやー、わりぃわりぃ。
実はサッパリ覚えてねぇんだわ、これが。」




        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄


なんでお前は忘れてんだよ!^^;

何やらフェニックスの「将来さえ左右した」ような、

「重大な出来事」だったみたいですけど!


…いや、でも得てしてそういうものなのかもしれませんね。

「恩を感じた」側にとっては、

「一生忘れられない程の大切な思い出」として残っていたとしても、

それを「した」側からすれば、

それは別に「大して意識していなかった」ことであったのかもしれませんし、

別に「恩を着せてやろう」というような考えも無く、

ただ当たり前にやっただけだったのかもしれません。


双方が「同じ体験をした」にも拘らず、

その当時の立場や考え方で「価値が変わる」というようなことは、ままあります。

フェニックスの記憶に「深く刻み込まれている」ような事柄でも、

ラリーにとっては普通の、「日常的な取るに足らない記憶」として忘れ去られていたとしても、

それはそれで致し方ないことなのかもしれませんね。




逆転裁判 北米版 学級裁判18


Maya

「Hmph.」


マヤ

「ハァ。」



逆転裁判 北米版 学級裁判19


Maya

「Okay, Nick. Out with it!
I'm going to hear this stroy today, and that's final!」


マヤ

「もういい、それじゃニック。今日こそは絶対吐いてもらうからね!
もうそろそろいい加減、この件に関しては絶対に聞き出してやるんだから!」


Phoenix

「Okay, okay.」


フェニックス

「はいはい、わかったよ、わかった。」



逆転裁判 北米版 学級裁判20


Phoenix

「It's kind of a long story,
so hang in there.」


フェニックス

「ただし、この話は結構長いから、
少し我慢して聞いててね。」


Phoenix

「It was the beginning of Spring, 4th grade.」


フェニックス

「そうだな、あれは…そう、4年生の、四月の初めの頃だった。」



逆転裁判 北米版 学級裁判21


Phoenix

「I was on trial. A class trial.」


フェニックス

「僕は審理に掛けられたんだよ。学級裁判にね。」



逆転裁判 北米版 学級裁判22


Maya

「A c-class trial!?」


マヤ

「が、学級裁判!?」




…あれ?随分「短い話(A short story)」だったな?


って、んなわけありませんね。(笑)


勿論この「フェニックスの思い出話」まだ始まったばかりですが、

彼の言う通り、これは結構な「Long story」ですので、

この話の詳細な内容については次回に致します。


ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告