広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(285)

逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察1




それでは今回、エッジワースにこちらの証拠品を見せてみます。




逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察18


Letter from the Safe(金庫内に残された手紙)

Type:Documents(タイプ:書類)

Retrieved at the Caretaker's Shack.(管理人の掘っ建て小屋にて取得した。)

「”Get your revenge on Miles Edgeworth.” This note details the murder and set up.

(”マイルズ・エッジワースに復讐を。”今回の殺人の段取りなどが詳細に渡って綴られている。)」



逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察19


Phoenix

「Edgeworth...
See this letter?」


フェニックス

「なあエッジワース…
この手紙についてなんだけど…?」



逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察20


Edgeworth

「Hmm?」


エッジワース

「む?」


Phoenix

「This came out of the safe in the shack where that boat rental caretaker lives.」


フェニックス

「実はこれ、例の管理人が住んでいた貸ボートの掘っ建て小屋にあった金庫の中から出てきたんだ。」



逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察21


逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察22


Edgeworth

Revenge... on me?」


エッジワース

「私に…復讐だと?」



逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察23


Maya

「Who is that old guy, anyway!?」


マヤ

「エッジワース検事、あのオジサンについて、何か心当たりは無いんですか!?」



逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察24


Edgeworth

「I... I don't know.」


エッジワース

「わ…わからん。」



逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察25


Phoenix

「Could he be an innocent defendant you got declared guilty or something?」


フェニックス

「もしかして、かつてお前が有罪判決を下させた無実の被告人だった、とかって可能性は無いか?」




ちょ!おま!それは…


…いや、有り得ますね。うん。^^;




逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察26


Edgeworth

「Nice, Wright.
But I don't remember that old man.
Not at all.」


エッジワース

「名推理だな、ライト。
しかし残念だが、あの老人については全くもって心当たりが無い。
過去に会ったり話したりした記憶も一切ない。」




そうですか。

どうやら「今回は」違ったみたいですね。(笑)


とまあ、それは冗談ですが、

このエッジワースの「Nice, Wright.」は、

言うまでもなく「皮肉」ですね。(笑)

おそらくニュアンス的には「Nice try! Phoenix Wright!」的な感じなのでしょう。(笑)




逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察27


Maya

「So, he was following this letter, then?」


マヤ

「でも、いずれにせよあの管理人さんは、この手紙に従って行動したってことですよね?」



逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察28


Edgeworth

「Which means there was someone else behind it!」


エッジワース

「いずれにせよ、何者かが裏で糸を引いていたということは間違いないだろうな!」




逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察29


「”Now is your time to get revenge on the two men who ruined your life!”」


「”今こそ、人生を狂わせたあの二人に復讐を果たすのだ!”」




逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察38


Edgeworth

「Two men... meaning myself and Robert Hammond?」


エッジワース

「二人…私とロバート・ハモンド、ということなのか?」



逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察30


Maya

「It also says:
This is your last chance!”」


マヤ

「”これはラスト・チャンスだ!
とも書いてありますよね。」



逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察31


Edgeworth

Last chance...?
Wait, maybe...」


エッジワース

ラスト・チャンス…?
待てよ、まさか…」


Edgeworth

「Maybe he's talking about the statute of limitations on the DL-6 Incident!」


エッジワース

「まさかこの手紙、DL-6事件の時効成立について言及しているのか!」




「The statute of limitations on the DL-6 Incident(DL-6事件の出訴期限法)」についての詳細は、

こちらをご覧ください。




逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察32


逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察33


Edgeworth

「Wait...」


エッジワース

「ばかな…」


Edgeworth

「Wait, that old man...!」


エッジワース

「そんなばかな、もしかして、あの老人…!」



逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察34


Maya

「Wh-what is it!?
Do you know who he is!?」


マヤ

「ど、どうしたんですか!?
もしかして、やっぱり心当たりがあるとか!?」




やっぱり…

かつてエッジワースに「濡れ衣を着せられた」、

元「無実の被告人」だったとか…ゲフンゲフン




逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察35


Edgeworth

「Yogi...
Could he be Yogi!?」


エッジワース

「ヨギ…
そうか、あの男…ヨギだったのか!?」



逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察36


Maya

「Yogi?」


マヤ

「ヨギ?」



逆転裁判 北米版 貸ボート屋管理人の正体、推察37


Edgeworth

「The suspect in the DL-6 Incident.
The one who was found innocent.」


エッジワース

DL-6事件の被疑者。
無罪判決を言い渡され、その後行方を晦ました元裁判所吏員だ。」




状況的には、このエッジワースの「推理」は、非常に理に適っているように思えますね。

もしあの管理人が「元裁判所吏員」であった「Yanni Yogi(ヤニ・ヨギ)」だったとすれば、

以前フェニックスの「弁護士バッジ」を見た時に「すぐにそれと分かった」のも頷けます。

ただし…


1)何故彼が「Robert Hammond」と「Miles Edgeworth」に、

「復讐(Revenge)」しなければならなかったのか?

2)「DL-6事件の時効が迫っていた(The statute of limitations on the DL-6 Incident)」として、

何故それが「Last chance(最後の機会)」だったのか?

3)「貸ボート屋の管理人の正体」を知っており、かつ、これほどまで「ヨギの裏事情」に詳しい、

この手紙を書いた人物とは一体「誰」なのか?


何故「Yanni Yogi」は…

「自分の弁護士だった」ハモンドや、「被害者の息子」であるマイルズ・エッジワースに対して、

「無罪判決を言い渡された元被疑者」であった彼が、

わざわざ復讐をしなければならなかったというのでしょうか?

果たしてその理由とは?

また、その復讐と「DL-6の時効」に、なんの関係があるというのでしょうか?

更に、「手紙の書き手の正体」とは?

「DL-6事件の関係者」で、この手紙の書き手となり得るような人物は、

現段階では誰も思い当たらないような気がしますが…



ともかく、まだまだ謎が多いですね。

ただし、今回「手紙」を見せたことにより、

新たにエッジワースと会話できる項目が増えました。


というわけで次回は、その話題について彼に話を振ってみることに致しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告