広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(308)

前回、

「マイルズ・エッジワースは、

ゴード・レイク殺人事件においてもDL-6事件においても、

完全に無罪であると証明する!」

と心に決めたフェニックス。

それでは早速、本当に最後の法廷へと赴くことに致しましょう!




逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷1


December 28, 2:30 PM
District Court
Courtroom No. 3


12月28日、午後2時30分
地方裁判所
第三法廷



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷2


Judge

「Then, I would like to resume our trial.」


裁判官

「それでは、審理を再開したいと思います。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷3


Karma

「Judge!」


カルマ

「裁判官!」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷4


Karma

「Miles Edgeworth has admitted his own guilt.
He has confessed his crime.」


カルマ

「マイルズ・エッジワースは既に己が罪を認めておる。
自身が犯した罪の告白を、既に済ませておるのだ。」


Karma

「Let us begin by hearing his testimony.」


カルマ

「よって、さっさとその具体的な証言に移るべきではないか。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷5


Karma

「Then, though pointless,
let the defense do their cross-examining.」


カルマ

「その後、弁護側には反対尋問でもなんでもさせれば良い、
所詮はただの時間の浪費となるであろうがな。」




「though pointless(無意味であろうが、無益だろうけども)」=直訳「要領を得ないだろうけど」




Karma

「The statute of limitations on the DL-6 Incident runs out today.」


カルマ

「ともかく、DL-6事件の時効は今日をもって満期を迎えるのだ。
我々は急がねばならん。」


Karma

「Though it's unconventional for me,
I'd like to run this one by the book.」


カルマ

「常日頃、吾輩は必ずしも慣例に従うことを善しとしておるわけでもないのだが、
この一件に関してだけは、厳正に事を進めたいと思っておるのでな。」




「unconventional(慣例にとらわれない、型にはまらない)」


「by the book(慣例に従って、型にはまって)」=規則やマニュアルの書かれた本によって。




あらま。それはとっても良い心がけですこと。(笑)

でも、もっと言うと、

常日頃からも「Run all things by the book」なら、

「もっと良い」んですけどね。(笑)


このフォン・カルマのセリフには、

「普段、勝つことしか頭にないフォン・カルマにとって、

勝利の妨げとなるようなくだらない慣例や規則などは、

敢えて無視すべき無意味な枷でしかないが、

今回のDL-6に関してだけは、その流儀を曲げてでも、

きちんとした正式な段取りを踏まえた上での、

厳正な審理の進行を希望している。」

というようなニュアンスがあるのでしょう。

それだけ、フォン・カルマにとって「DL-6の審理は特別」ということなのでしょうが…




逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷6


Judge

「I see.
Does the defense have any objections?」


裁判官

「なるほど、わかりました。
弁護側はこれに対して、何か異議はありますか?」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷7


Phoenix

「No, Your Honor.」


フェニックス

「いいえ、裁判官。」




そりゃそうでしょうね。

あるわけありません。(笑)




Phoenix

(von Karma... you knew this was going to happen from the very beginning, didn't you!)


フェニックス

(フォン・カルマめ…初めからこうなると踏んでいたんだな!)




…仮に「エッジワースの罪の告白」が、

初めから「織り込み済み」だったとしても、

あなたには「異議を唱えるチャンス」もあったんですよ?(詳細はこちら。)


ま、そんなこと言っていたら「ゲームにならない」わけですけどね。(笑)




逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷8


Judge

「Very well.」


裁判官

「よろしい。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷9


Judge

「Will Miles Edgeworth take the stand?」


裁判官

「それではマイルズ・エッジワース君、証言台へ上がって頂けますか。」




逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷10


逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷11


Karma

「Will the witness state his name and profession.」


カルマ

「証人、己が氏名と職業を供述したまえ。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷12


Edgeworth

「Miles Edgeworth...
I am a prosecuting attorney.」


エッジワース

「マイルズ・エッジワース…
検察官だ。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷13


Karma

「Mr. Edgeworth.」


カルマ

「それではミスター・エッジワース。」


Karma

「Fifteen years ago, you mistakenly killed your father, Gregory Edgeworth.」


カルマ

「15年前、貴様は誤って、自らの父グレゴリー・エッジワースを殺害した。」


Karma

「Is this correct?」


カルマ

「相違ないな?」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷14


逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷15


Edgeworth

「It is correct.」


エッジワース

「事実だ。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷16


Karma

「Then testify about this matter to the court.」


カルマ

「では、その件に関してより具体的に、当法廷に向けて証言したまえ。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷17


Phoenix

(When Edgeworth was telling me about his dream yesterday I noticed something...)


フェニックス

(昨日エッジワースから夢の話を聞かされた時、少しだけ気付いた点がある…)


Phoenix

(One detail didn't quite fit.)


フェニックス

(それが何かは、まだ完全に解かったわけじゃないけど。)




「One detail didn't quite fit.」=直訳「その一つの詳細は、完全にピッタリと適合したわけではなかった。」




え!?マジですか?


不肖わたしくめに至っては、同じ話を聞いていたにも拘らず、

全く何も気付かなかったわけですけど…^^;




逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷18


Phoenix

(That will be the key...
but only if I can get it to work!)


フェニックス

(その違和感こそが、この審理を戦う上での鍵になるはずだ…
でも、それを生かすも殺すも全ては僕次第!ここは慎重に行かないと!)




なんだよ…フェニックス…やけにカッコいいな…




逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷19


Maya

「Please...
Please...」


マヤ

「お願い…
神様…」




…どうやらフェニックスは、

「父を誤って撃ち殺してしまった、自身(エッジワース)の抑圧された記憶」

エッジワースが信じてやまない、彼の言うところの「悪夢」について、

何か「気付いた点」があるみたいですね。

果たしてそれは一体?


ともかく、まずは「Run it by the book」ということで、

エッジワースの「証言」を聞いてみることから始めていきましょう。




逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷20


-- The DL-6 Incident --


--DL-6事件--



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷21


Edgeworth

「That day, I had gone to the courtroom to observe one of my father's trials.」


エッジワース

「あの日、私は父が弁護士として担当していた審理の一つを見学するために、この法廷にやって来ていた。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷22


Edgeworth

「As we went to leave,
an earthquake struck,
trapping us in the elevator.」


エッジワース

「審理が終わり、私たち二人は帰路に就こうとしていたのだが、
おりしもその時、ちょうどこの裁判所を大きな地震が直撃し、
我々はあの忌わしいエレベーターの中に閉じ込められてしまったのだ。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷23


Edgeworth

「My father and Mr. Yogi lost their composure,
and began to argue.」


エッジワース

「父もヨギ氏も、双方共に酷く取り乱していたようだった、
そして、いつしか互いに口汚く罵り始め、口論し始めたのだ。」




「composure(沈着、平静)」


「argue(論議する、論争する)」




Edgeworth

「Just then, something heavy fell at my feet.」


エッジワース

「幼かった私は、その様子をただ黙って眺めているより他なかった、
しかし、ふと気が付くと、私の足元には何か重たい物が転がっているのが分かった。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷24


Edgeworth

「I picked it up, and threw it at Mr. Yogi.
I wanted them to stop fighting.」


エッジワース

「咄嗟に私はそれを拾い上げ、ヨギ氏に向かって放り投げてしまった。
喧嘩をやめて欲しい…ただただ、その一心で。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷25


Edgeworth

「A moment later, there was a single gunshot, then a scream.」


エッジワース

「その一瞬の後、一発の銃声と、けたたましい叫び声が、辺りに響いた。」


Edgeworth

「It was a terrible scream.
I remember it to this day.」


エッジワース

「それはまさに断末魔と呼ぶに相応しいものだった。
あの叫び声は、未だに私の脳裏に焼き付いている。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷26


Edgeworth

「That's all.」


エッジワース

「以上が、あの日の私の記憶の全てだ。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷27


Judge

「Hmm...」


裁判官

「ふーむ…」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷28


Judge

「And, until now, you thought this memory was a ”dream”?」


裁判官

「なるほど、そしてあなたは、今の今までその記憶を””だ、と?」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷29


Edgeworth

「We were stuck in that elevator for five hours.」


エッジワース

「私たちは5時間もの間、エレベーターの中に閉じ込められていたのだ。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷30


Edgeworth

「The oxygen in the elevator ran out,
and I lost my memory of the events.」


エッジワース

「エレベーター内の酸素は時間と共に徐々に失われていき、
そのせいで私は、当時の記憶の大部分を失ってしまっていた。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷31


Karma

「Bah! The same claim Mr. Yogi has made!」


カルマ

「フン!ミスター・ヨギの言い分と全く同じ、というわけか!」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷32


Judge

「Very well.」


裁判官

「よろしい、わかりました。」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷33


Judge

「Mr. Wright? Your cross-examination, please.」


裁判官

「それではライト君?反対尋問の準備はよろしいですね?」



逆転裁判 北米版 DL-6法廷、開廷34


Phoenix

「Yes, Your Honor.」


フェニックス

「はい、裁判官。」




「酸素欠乏による記憶喪失を言い訳に、

自身の罪を”覚えていなかった”と主張するのか!

同じ内容の主張でDL-6の容疑からまんまと外れた、

かつてのヤニ・ヨギのように!」

というフォン・カルマの「皮肉」はおいといて(笑)

今回のエッジワースの証言は、

以前フェニックスたちが聞いていた「エッジワースの悪夢」の内容と概ね同じでしたね。

この証言の中に隠された、フェニックスが気付いたという「気になる点」とは!?



それでは次回、この続きの「Cross-examination」のシーンから再開したいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告