DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(80)

前回の続きです。

ブリスコレッティ氏が居なくなると、ヒーロー以外の男性3人は家を出て行きます。

ヒーローは情報を集めるため、敢えて家の上階に移動し、
ブリスコレッティ・ファミリーの面々と、もう少し話をしてみます。


モストロフェラート20

Nera
「Papa's always been a very assertive man.
Please, don't do anything dangerous for me.」

ネラ
「パパは、(何についても)いつも独断で決めてしまう人なのです。
どうか、私のために危険なことはしないでください。」


「assertive(断定的な)」


Nera
「You don't need to bring me the Circle of Fire or the Circle of Water.
Even without them, I'd...」

ネラ
「あなたは、サークル・オブ・ファイヤやサークル・オブ・ウォーターなど
取ってくる必要なんかありません。
そんなものが無くたって、私は…」

Nera
「There's something about you. Something so familiar.
Maybe it's your voice...
Or maybe we met somewhere once before, long ago.」

ネラ
「あなたって何だか、何だかとても懐かしい。
多分あなたの声が…
それか、私たち以前にもどこかで一度お会いしているのかも、ずっと前に。」


「familiar(馴染みの)」


何度も書きますが、ネラとは初対面ではありません。
彼女もうっすらとですが、記憶の片隅に昔のヒーローを覚えているのかもしれませんね。


モストロフェラート21

Rodrigo Briscoletti
「Hm? Are you still lingering, lad?
The Circle of Fire is said to be deep in a raging inferno in a cave
to the south-east of here. Good luck!」

ロドリゴ・ブリスコレッティ
「ん?君はまだ残っていたのかね?
サークル・オブ・ファイアは、ここから南東の方角にある洞窟の
荒れ狂うインフェルノの奥深くにあると言われているぞ。
がんばりたまえ!」


「linger(佇む、ぶらつく)」
「raging(荒れ狂う)」
「inferno(地獄のような場所、炎渦巻く地)」イタリア語語源


前回の条件提示では言っていませんでしたが、
サークル・オブ・ファイアは、南東の洞窟にあるようです。


モストロフェラート22

*:「Once he's made up his mind about something, there's no talking to him.
I do wish he'd have a bit more consideration for Nera's feeling in the matter, though.」

*:「ロドリゴは一度何かを思いついたら、もう誰の言うことにも耳を貸さないの。
でも、この件に関しては、彼にはもう少しネラの気持ちも考慮してあげて欲しいわ。」


「consideration(考慮)」


*:「I'm sorry? Why isn't he looking for a match for Debora as well?
We couldn't possibly expect anyone to...
It would be far too much to expect of anyone.」

*:「え?何故ロドリゴはデボラにもお似合いの人を探してあげないのか、ですって?
そんな人がいるなんて、期待できるものじゃないわ…
彼女と合う人なんてよほどじゃない限り無理ね。」


彼女はブリスコレッティ氏の奥方、姉妹の母親です。
父も母も、デボラには冷たいというか、何か諦めている感が漂っていますね…

彼女の性格には、かなり問題があるようです^^;


モストロフェラート23

Debora
「Who do you think you are?
Is there a sign on the door saying
‘scruffbags welcome’?」

デボラ
「あんた、自分を誰だと思ってんの?
‘ダサい人でもウェルカム’って
そこのドアに書いてあった?」


「scruffbags(だらしない、汚らしい人)」英国スラング「an untidy and unkempt person」
語源は「だぼだぼのズボン」


Debora
「Oh? You heard I was the older sister out of Nera and I, did you?
So? What of it? If you think that means I'm looking to get married first, you can think again.」

デボラ
「え?私がネラの姉だって聞いたって?
だから?それが何よ?姉のほうが先に結婚に目を向けてるとでも思ってんだったら、
あんた考え直したほうが良いわよ。」


「out of ~(~のなかから)」


すごい口悪いな…
最初から最後まで喧嘩口調というか、拒否感を前面に押し出した話し方ですね^^;

これでは、ブリスコレッティ夫妻が彼女の結婚相手を探すことを半ば諦めてしまうのも
無理からぬことなのかもしれません。
なんでネラとこうも違う性格に育ってしまったのでしょうか…^^;

まあ、少女時代の彼女も似たような話し方でしたから、性格は昔からなんでしょうけど。


それではそろそろ町に戻ってみましょう。

モストロフェラート24

*:「People say the Briscoletti family shield is
actually none other than the legendary Zenithian Shield.」

*:「ブリスコレッティ・ファミリーの盾は、正に伝説のゼニシアン・シールドに他ならない
と、人々は言っていますよ。」



噂ではありますが、やはりヒーローの探している「ゼニシアン・シールド」のようですね。


モストロフェラート25

*:「If I could've married Nera, I would've expanded the shop, you know.
But I won't be able to do any expanding if I end up dead, will I?」

*:「もしネラと結婚できたなら、このお店を大きく出来ると思ったんですけどね。
だけどもし死んでしまったら、大きくするも何もあったもんじゃない、そうでしょ?」


「expand(拡大する、広げる)」


*:「If you're still thinking of going,
you'll be wanting to stock up on some decent items here before you head off, won't you?」

*:「もしまだあなたが(結婚の条件を)遂行しようと考えているのなら、
出発する前にこの店でちゃんとしたアイテムを買いだめしておかないといけませんよね?」


「stock up(買いだめする)」
「decent(ちゃんとした)」


…このおっさんもある意味すげぇな…

…本当に財産目当て100%だったようですが、
それゆえにあっさり諦めてしまったようですね^^;
それでも、「じゃあウチの店でいっぱい買っていってよ」とは…
たくましいというか、商売魂がすばらしいというか…^^;


モストロフェラート26

*:「Who in their right mind would go off hunting for a couple of rings
when there are monsters on the prowl?」

*:「正気なら、誰がモンスターのうろつくようなところに
たかだか2つの指輪を取りに行こうなんて考えるんですかね?」


「right mind(正気)」
「prowl(うろつく、彷徨う)」


彼も諦めたようです。
まあ、確かに一般人でモンスターと戦う術に乏しければ、
この条件はかなり厳しいものでしょう。

これですでにライバルは半数が脱落したわけですが、
残りの1人、「クリスピン・バーンズ」はどうなのでしょうか?


モストロフェラート27

*:「Crispin told me all about it. So you're another of young Nera's suitors? 」

*:「クリスピンが全て話してったよ。じゃああんたが、もう1人のネラの求婚者ってわけだね?」

*:「But couldn't you just bow out? You must meet lots of young girls on your travels.
Crispin and Nera have been bosom buddies since they were in nappies, you know.」

*:「だけどあんた、(よければ)身を引いてもらうわけにはいかないかねえ?
あんたは旅の途中でたくさん若い娘にも出会うはずだろ。
クリスピンとネラはおむつをつけてる頃から仲良しの間柄なんだよ。」


「bow out(身を引く)」
「bosom(胸、胸中)」口語表現で(親しい)
「buddy(相棒、兄弟)」口語表現
「nappy(おむつ)」英国表現


モストロフェラート28

*:「Don't listen to my wife. She doesn't know what she's talking about.
Marriage is a lottery, my friend.
A very risky lottery.」

*:「妻の言うことには耳を貸さんでやってくれ。
彼女は自分が何を言っているのかわかっとらんのだ。
結婚とは宝くじじゃよ、マイ・フレンド。
とてもリスキーな宝くじじゃ。」


「lottery(宝くじ、福引)」


ここは「クリスピン」の家、「バーンズ家」です。
彼ら老夫婦は、勿論クリスピンの両親です。

母親はやはり息子がかわいいのでしょう、ヒーローに身を引いてくれるよう打診してきます。
クリスピンも「ネラと自分は幼馴染だ」と言っていましたし、
おそらく昔からネラのことが好きで、母親もそのことをわかっているのでしょう。

しかし、父親のほうは、なんか現実的というか、夢の覚めるようなことを言っています^^;


自宅にも町中にも、クリスピンの姿は見当たりません。
どうやら一足先に「サークル・オブ・ファイア」があるという洞窟に向かったようです。


では次回、その「炎渦巻く溶岩の洞窟」へ向かってみたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: