広告

Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(2)

今回から実際にゲームを進めて行きたいと思います。

カプコンロゴ、タイトル画面の後、最初のエピソードが始まります。




エピソード1オープニング1


「Episode 1:The First Turnabout」


「エピソード1:最初の転換」




「turnabout(方向転換、旋回)」




邦題は「第1話:初めての逆転」。
北米版も意味は同じで、邦題とイコールでも良かったのですが、ここは敢えて直訳にしました。




それではゲームスタートです。




エピソード1オープニング2


「*gasp*... *gasp*...」


「ハア…ハア…」




「gasp(喘ぐ、息を弾ませる)」


上記の動詞ですが、前後にアスタリスク(*)があることからわかるとおり、ここでは擬音表現として使われています。


英語には日本語ほどの豊富な擬音語が有りません。
マンガなどでも、上記のように「動詞を擬音語として使う」ということが多々あります。
ただし、このゲームではセリフと区別するためにアスタリスク(*)で挟んで記述しているようです。




蛇足ですが、「擬音語」とは、「実際に聞こえる音を、聞こえたままに表す」語句です。
例えば、「動物の鳴き声」、「無生物が発する音」、そして「人間が発する声以外の音」などです。
この内「動物の鳴き声」は、擬音語として英語にもたくさん有ります。
しかし、それ以外の擬音語は英語にはあまりありません。


また、「実際に音は聞こえないが、その状態を直接表す」語句に「擬態語」があります。
例えば、「”シーン”と静まり返る」、「”きらきら”光る宝石」、などです。
実際には「無音」なのだから「シーン」というのはおかしいですし、光がひかるのも当然無音です。
しかし、日本語にはこういった「音のしないもの」に対してまで、「音をあてた」表現法があります。



こういった表現は、少なくとも英語では多くは見られません。
しかし、「擬音語」も「擬態語」も、日本語の表現を非常に豊かにしており、
日本語を学ぶ外国人の中には「擬音語や擬態語のファン」になる、という人たちもいるみたいです。^^



「英語」という言語では、状態を表現するために「形容詞」や「副詞」を多様化させました。
一方「日本語」では、「擬音語」や「擬態語」が多様化されてきました。

これは、言語の特性であり、勿論どちらが優れているとかではありません。
その言語の成り立ち、その言葉を使う人々の慣習や文化などが背景にあります。


こういったところが、他言語を学ぶ上で非常に面白い点でもあります。




…脱線が長くなりました。^^;

そろそろゲームに戻ります。




エピソード1オープニング3


エピソード1オープニング5


「Dammit! ...Why me?」


「クソッ!…なんで俺なんだ?」




「Dammit!(クソ!チクショウ!)」




エピソード1オープニング4


「I can't get caught...
Not like this!」


「俺は捕まらねえぞ…
こんなことではな!」



エピソード1オープニング7


「I-I've gotta find someone to pin this on...」


「こ、この罪を着せられる人間を誰か見つけなければ…」




「pin on(罪などを着せる、負わせる)」




エピソード1オープニング7


「I'll make it look like HE did it!」


「(そうだ!)あいつがやったように見せかけよう!」




…以上がエピソード1のオープニングです。


最後のセリフでは、「he」が「HE」と大文字で書かれています。
これは「強調」の表現です。
ですので、訳文でも太字で強調しています。


基本的にゲーム中での文章表現になるべく忠実に記載していこうと思っています。




EP1法廷1


August 3, 9:47 AM
District Court
Defendant Lobby No. 2


8月3日、午前9:47
地方裁判所
第二被告人控え室




「district(地方)」


「court(裁判所)」


「defendant(被告人)」


「lobby(ロビー、休憩室)」




場面転換し、裁判所の被告人の控え室になります。


EP1法廷2


Phoenix

(Boy am I nervous!)


フェニックス

(ほんとに緊張するなあ!)




「boy(よう!おや、本当に)」=喜び、驚き、または失望や退屈を皮肉的に表す口語表現。




Mia

「Wright!」


ミア

「ライト!」



EP1法廷3


Phoenix

「Oh, h-hiya, Chief.」


フェニックス

「あっ、ど、どうも、チーフ。」




「hiya」=「hi」「hello」


「chief(組織、集団の長)」




Mia

「Whew, I'm glad I made it on time.」


ミア

「ふう、定刻に間に合ってよかったわ。」




「make on time(時間通り、定刻に間に合う)」口語表現。




Mia

「Well, I have to say Phoenix, I'm impressed!」


ミア

「ところで、言わなきゃならないことがあるわフェニックス、(あなたにはほんとに)驚かされたわ!」


Mia

「Not everyone takes on a murder trial right off the bat like this.」


ミア

「(ルーキー弁護士なのに)いきなり殺人の審理を引き受ける人なんて誰もいないわよ。」




「take on(仕事を引き受ける)」


「trial(裁判、公判、審理)」


「right off the bat(直ちに、すぐさま)」アメリカ口語表現。




Mia

「It says a lot about you... and your client as well.」


ミア

「話題になってるわよ、あなた…そしてあなたの依頼人もね。」




「client(クライアント、顧客、弁護依頼人)」




Phoenix

「Um... thanks.」


フェニックス

「う…どうも。」


Phoenix

「Actually, it's because I owe him a favor.」


フェニックス

「これには理由があって、実は、僕は彼に恩があるんです。」




「owe(負う)」


「favor(恩)」




Mia

「A favor? You mean, you knew the defendant before this case?」


ミア

「恩?という事はつまり、あなたはこの件を受けるよりも前から被告と面識があったって言うの?」


Phoenix

「Yes. Actually, I kind of owe my current job to him.」


フェニックス

「はい。僕が今の職に就いたのは、彼のおかげなんです。」




「current(現在の)」




Phoenix

「He's one of the reasons I became an attorney.」


フェニックス

「僕が弁護士になった理由のひとつが、彼なんですよ。」


Mia

「Well, that's news to me!」


ミア

「あら、それは初耳だわ!」


Phoenix

「I want to help him out any way I can!」


フェニックス

「どんなことをしてでも、僕は彼を助けたいんです!」



EP1法廷4


???

(It's over!)


???

(終わりだ!)


???

(My life, everything, it's all over!)


???

(俺の人生、なにもかも、全て終わりなんだ!)


Mia

「...」


ミア

「…」


Mia

「Isn't that your client screaming over there?」


ミア

「あっちで叫んでるの、あなたのクライアントじゃない?」


Phoenix

「Yeah... that's him.」


フェニックス

「ええ…彼です。」


???

(Death! Despair! Ohhhh!)


???

(死だ!絶望だ!うおおおお!)




「despair(絶望、自暴自棄)」




???

(I'm gonna do it, I'm gonna die!!!)


???

(俺はやるぞ、死んでやる!!!)


Mia

「It sounds like he wants to die...」


ミア

「彼は死にたがってるみたいだけど…」


Phoenix

「Um, yeah. *sigh*」


フェニックス

「う、ええ。ハア」




「sigh(ため息を吐く)」




EP1法廷5


Butz

「Nick!!!」


バッツ

「ニック!!!」


Phoenix

「Hey. Hey there, Larry.」


フェニックス

「や。やあ、ラリー。」



EP1法廷6


Butz

「Dude, I'm so guilty!!
Tell them I'm guilty!!!」


バッツ

「おい色男、俺はとっても罪深いんだ!!
あいつらに言ってやってくれよ、俺は有罪だって!!!」




「dude(洒落ている人、気取り屋)」
上記セリフでは「よう、色男!」というような呼びかけとして使われている。


「guilty(罪を犯した、有罪の)」




Butz

「Gimme the death sentence! I ain't afraid to die!」


バッツ

「俺を死刑にしてくれよ!俺は死ぬのは怖くないんだ!」




「gimme」=「give me」口語表現。


「sentence(判決、刑、宣告)」




Phoenix

「What!? What's wrong, Larry?」


フェニックス

「なんだって!?どうしたんだよ、ラリー?」


Butz

「Oh, it's all over...
I... I'm finished. Finished!」


バッツ

「ああ、何もかも終わりなんだ…
俺は…俺はおしまいなんだ。おしまいなんだよ!」


Butz

「I can't live in a world without her! I can't!」


バッツ

「彼女無しでは俺は生きていけない!生きていけないんだよ!」


Butz

「Who... who took her away from me, Nick? Who did this!?」


バッツ

「誰が…誰が彼女を連れ去ったんだ、ニック?誰がやったんだよ!?」


Butz

「Aww, Nick, ya gotta tell me! Who took my baby away!?」


バッツ

「あうう、ニック、お前俺に教えろよ!誰が俺のベイビーを連れ去ったんだよ!?」


Phoenix

(The newspapers say it was you...)


フェニックス

(新聞には、それをやったのはお前って書かれてるんだよ…)




ここで画面はいったん暗転します。



…長くなりましたので、今回はこの辺で。
次回に続きます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告