広告

DRAGON QUEST IV 北米版プレイ日記(56)

前回第4章がスタートしました。
今回は実際にゲームを進めていきたいと思います。


ドラクエ4 北米版 オープニング5

ドラクエ4 北米版 オープニング6

ドラクエ4 北米版 オープニング7

ドラクエ4 北米版 オープニング8

ドラクエ4 北米版 オープニング9

ドラクエ4 北米版 オープニング10

*:「(wolf-whistle)
Maya! Yeah!」

*:「(ヒューヒュー)
マヤ!いいぞ!」


「wolf-whistle」=「(魅力的な女性を見た時に男性が吹く)高音から下降音に吹く口笛」。
ただし、上記では擬音語表現。


ドラクエ4 北米版 オープニング11

*:「Look at those moves!」

*:「見ろよ、彼女のあの踊りを!」


ドラクエ4 北米版 オープニング12

*:「Encore, Maya! Encore!」

*:「アンコール、マヤ!アンコール!」


「encore(アンコール、再演の要望)」



…ここはエンターテインメントの町「Laissez Fayre(レッセ・フェア)」。
町の劇場では、ひとりのダンサーが華麗な踊りを観衆に披露しています。

彼女こそが第4章の主人公である、美人姉妹の姉「Maya(マヤ)」。
観客たちは「もっとマヤの踊りに酔いしれたい」と、
口々に「Encore!(アンコール!)」と叫んでいるのですが…



ドラクエ4 北米版 オープニング13


そんな声を颯爽と無視して(笑)マヤは舞台を後にします(笑)


ドラクエ4 北米版 オープニング14


舞台裏には男性と女性が居ます…



ドラクエ4 北米版 オープニング15

Meena
「Hiya, Maya.
Well? How did it go? Did you get a result?」

ミーナ
「お疲れ様、マヤ。
それで?どうだった?成果はあった?」


ドラクエ4 北米版 オープニング16

Maya
「Arey, it was awful-awful.
Not one of the customers looked even a little bit rich.」

マヤ
「まったく、信じらんないわ、ほんとにヒドイもんよ。
今夜の客は小金持ちっぽい男すら居なかったわ。」


「Arey.」=驚いた時などに発する間投詞。
「awful-awful」=「awful(酷い)」を二重にして強調した複合語。


ドラクエ4 北米版 オープニング17

Meena
「No! You're not understanding me!
I'm talking about Balzack, innit?
Was that despicable criminal there tonight?」

ミーナ
「違うでしょ!そういうこと言ってるんじゃないの!
バルザックよ、解かってるでしょ?
あの卑劣な罪人が、今夜客として来てた?って聞いてるの!」


「innit?」=「isn't it?」を短縮した形。スラング。
「despicable(見下げ果てた、卑しむべき)」


ドラクエ4 北米版 オープニング18

Maya
「Oh! Sorry, sis.
No, Balzack wasn't there.」

マヤ
「あら!ごめんごめん、ミーナ。
ううん、バルザックは居なかったわ。」


「sis」=「sister」の略。呼びかけ。
「姉から妹に対しての”名前ではない”呼びかけ」というのは日本語では一般的ではないため、
上記セリフにおいては意訳。


ドラクエ4 北米版 オープニング19

Meena
「Oh...」

ミーナ
「そう…」



…前回解説した通り、上記セリフにおいても、
「Meena(ミーナ)」は「落ち着いていてしっかりとしている」印象ですが、
「Maya(マヤ)」のほうは、
「当初の目的を忘れて玉の輿を狙っている(笑)」かのようなセリフを吐くなど、
自分の欲望に忠実で自由奔放そうな性格が見て取れますね^^;

もちろんしっかり者のミーナで、
ちゃらんぽらんなマヤです(笑)


いや、逆だろ…


そして、彼女たちは「卑しむべきBalzack(バルザック)」なる人物を捜しているようです。
この「Balzack」については、後々然るべき時に解説したいと思います。

そして更に、やはり前回の説明通り、
「インド人っぽい」マヤとミーナの姉妹は、
訛りの無いキレイな英語を話しています。

というわけで、日本語訳も「訛りの無い標準語」にしています。




ゲームに戻ります。

姉妹の話を聞いていた向かいの男性が、姉妹に話しかけてきます。


ドラクエ4 北米版 オープニング20

Manager Artois
「Do not be dis'eartened, my petite amie.
You will find 'im. All in good time.」



…この男性は「標準的な英語」を話している、とは言えませんね(笑)

そうです、第4章では、主人公のマヤとミーナには訛りは無いのですが、
だからと言って、
第4章の登場人物全員に、
訛りが「全く無い」というわけではありません!(笑)

この男性も、そんな登場人物の内の一人です(笑)


彼の英語には「スコットランド訛りやアイルランド訛り」のような変わった部分はあまり見受けられませんが、
一部で特徴的な「省略の仕方」をしており、加えて「英語では無い単語」を使用しています。

「dis'eartened」は、本来「disheartened(気落ちさせる、落胆させる)」という単語であり、
その後の「'im」も、正しくは「him」です。
何が省略されているのか一目瞭然ですね。

そう、「h」が省略されているのです。
こういう省略の仕方は、「通常の英語の表現」ではありません。

「'(アポストロフィー)」は、「省略」を表す記号なわけですが、
厳密には「発音していない」という事を表しています。
例えば「I am(アイ・アム)」を省略した場合は「I'm(アイム)」となり、
これは「am」の「a(ア)」を「発音しなかった」ということになるのです。

同様に上記のセリフにおいても、通常なら「disheartened(ディスハートゥンド)」と発音するところを
「dis'eartened(ディスアートゥンド)」と発音している、ということです。

また、「petite amie」は「英語の単語」ではありません。
「girlfriend(ガールフレンド)」を意味する「フランス語」です。

つまり、この男性のセリフは、おおよそ英語ではあるのですが、
所々「フランス語に由来した」部分が散見される、ということなんですね。

フランス語では、単語の先頭にある「h」は発音しません(例:「hotel」を「オーテル」と読む、など)。
また、「petite amie(プティ・テミ)」というフランス語の単語を使っていることからも分かる通り、
セリフでは「英語」を話しているわけですが、
おそらく彼の元々の「母国語」は「フランス語」なのだろう、と推察できるのです。
そのため、英語に「フランス訛り」が出てきているのですね。



そして、もうお気づきになられたかもしれませんが(笑)
英文が「フランス訛り」になっている以上、
当日記においては日本語訳も訛らせなければいけません!(笑)

そこで、じゃあどこの方言に当てはめようか?
ということについて考えてみたいと思います(笑)


フランス語は、大別すると「インド・ヨーロッパ語族」に分類されます。
「フランス語は」というか、
その名の通り大部分の「ヨーロッパ、南・北アジア(インド含む)、アフリカ、南・北アメリカ、オセアニア」の言語は、
ほとんどが「インド・ヨーロッパ語族」です。
しかし、その中でもさらに細分化された「語派」になってくると、
フランス語は「イタリック語派」の内のひとつ「ロマンス諸語」の中の「西ラテン語族」に分類されます。
「ロマンス諸語」というのはあまり聞き慣れないかもしれませんが、
「口語ラテン語」から派生した言語群の事で、
その中には、有名どころでいけば「スペイン語」や「ポルトガル語」なども含まれています…

…これ以上もっと詳しい事が知りたい方は、各自で調べてください^^;

一方、第2章で登場した訛りの元言語である「ロシア語」は、
上記の語派、語族で言うと「インド・ヨーロッパ語族」の「スラヴ語派:東スラヴ語群」に分類されています。


フランス語とロシア語は、一見「全然違う分類の言語」なわけですが、
「ラテン語(フランス語)」も「スラヴ語(ロシア語)」も、
元は「古代ギリシア語」から派生した言語であり、いわば兄弟のような言語です。
…厳密に細かいことまで言い出すと、上記は間違いだと思いますが^^;
この日記では「兄弟である!」ということにします!(笑)


さて、第2章の「Russian English(ロシア訛り)」は、
当日記では「関西弁(大阪弁)」で翻訳していました。
「ロシア訛りが、なんで関西弁なんだよ?」というその理由については、
こちらを参照してください。
その理由はとても強引です!(笑)

そして、ここから更に「強引に」話を進めるわけですが^^;
上記の様に、ロシア語とフランス語は「兄弟」です!^^;

現在のロシア語とフランス語にはそれほど「共通点」はないのかもしれませんが、
少なくとも「スラヴ語」と「ラテン語」には「共通した部分」も多かったと思います。
(スラヴ語の「キリル文字」とラテン語の「ラテン文字」には、古代ギリシア文字を祖とした共通点が多くみられる。)
もちろん「違う言語」なのだから「違いもたくさんある」わけなんですけどね(笑)

ですが、細かい事は全て無視して(笑)
日本語の方言に当てはめようとした場合(笑)
ロシア訛りが「関西弁」なのですから、
当然フランス訛りも「関西方面の方言」が妥当であると考えます。

そこで私が目を付けたのが「九州弁」です!


九州地方の方言も実に多岐にわたっており、
一口に「九州」といっても、県や地方毎によって様々な種類の方言があります。
また、方言としても「関西の方言」とは色々な点で「結構違う」わけですが、
一部では共通しているところもあり、広義ではどちらも「西日本弁」と言えなくもありません。

この辺りが、
一見どちらも「全然違う」けど、
多少共通点らしきものも見受けられるし、
歴史的には「同じ所から生まれた言葉」だったんじゃね?

という
「スラヴ語&ラテン語」「関西弁&九州弁」共通点から、
「フランス語(ラテン語)は九州弁が相応しい!」
と判断したというわけなのです!!!(笑)


はい、とてつもなく強引です(笑)
こんなことを言い出した日には、
世界にある数多の諸言語は皆「兄弟」だ!
とも言えてしまうわけですから(笑)


ここまで色々と言い訳を取り繕ってまいりましたが^^;
「フランス訛りを九州弁にする」という血迷った行為は、
結局は「ロシア訛りを関西弁にする」のと同じで、
完全に「私の趣味」によるものです!(笑)
どうか温かく見守ってやってください!(笑)



…さて、無事に日本語訳の方言が決まったところで(笑)
補足ですが、上記の通り「九州弁」と言っても「その種類は実に様々」ですので、
やはり厳密には「九州弁」などというものは存在しません。

一応私としては「博多弁っぽい感じ」にしていこうと思っていますが、
あくまで博多弁っぽいだけの「雰囲気重視」でいきますので、
表現などの間違いはどうかご容赦ください^^;


私の言い訳がとてつもなく長くなってしまったところで^^;
ようやくゲームに戻りたいと思います^^;


ドラクエ4 北米版 オープニング20

Manager Artois
「Do not be dis'eartened, my petite amie.
You will find 'im. All in good time.」

マネージャー・アルトワ
「そげん落胆したらいかんと、プティ・テミ。
いずれきっと、そん男んこつも見つかるっちゃろうや。それも近いうちにな。」


「disheartened(落胆させる、気落ちさせる)」
「petite amie」=フランス語「girlfriend(女友達)」。
英語の「girlfriend」には「恋人、彼女」というニュアンスがあるが、
ここでは単純に「親愛の情をこめた女性」程度の意。
「in good time(ちょうど良い時に、早めに)」



この人物は、日本版では「座長(ざちょう)」としか表示されず「個人名」はありませんでしたが、
北米版では「Manager Artois(マネージャー・アルトワ)」という名前になっています。
「manager」は「支配人、管理人」というような意味ですので、
これが日本版の「座長」に相当しています。
しかしそのあとに「Artois」という「個人名」も付いていますね。


「アルトワ(フランス語:Artois, オランダ語:Artesië (アルテシエ))」は、フランス北部のかつての州。
面積約4000km²、人口約100万。主要な都市はアラス(オランダ語名:アトレヒト)、サントメール、ランス、ベテューヌ。
~Wikipediaより~


正直、上記との関連は不明ですが、
こと「DRAGON QUEST IV」においての彼はハッキリ言って「チョイ役」ですので、
「Artois」には、特に深い意味は無いのだと思われます。
単純に「フランス的な名前」という「雰囲気作りの一環」でしかないのでしょう^^;

ちなみに、この町の名前「Laissez Fayre(レッセ・フェア)」についても、
前回説明した通り「フランス語由来」ですので、
第4章は「フランス色」が強い演出になっているようです。


主人公の「姉妹」以外は(笑)



ドラクエ4 北米版 オープニング21

Manager Artois
「'Ere is your money for ze work of today...」

マネージャー・アルトワ
「さ、これは今日ん分の報酬ばい…」


「ze」=「the」
フランス訛りでは「th(ð)」は「z(z)」と発音する。


ドラクエ4 北米版 オープニング22

「Meena and Maya receive 100 gold coins.」

「ミーナとマヤは100枚の金貨を受け取った。」


ドラクエ4 北米版 オープニング23

Manager Artois
「I was 'oping you would stay.
Ze crowd go wild for you.
But I cannot stand in ze way of your mission of vengeance.」

マネージャー・アルトワ
「ほんなこつ、私は君たちにここに居てほしかと思っとう。
観衆もだいぶ熱狂しとっちゃろうしや。
ばってん、君たちの仇討ちの使命ば邪魔するわけにはいかんからな。」


「go wild(狂乱する、熱狂する)」
「vengeance(復讐、かたき討ち)」=「revenge」よりも文語的。


ドラクエ4 北米版 オープニング24

Manager Artois
「Rest 'ere tonight, and leave in ze morning.
Take care, mes filles.
Adieu!」

マネージャー・アルトワ
「今夜はここで休んで行って、明日の朝発ったらよかろうもん。
気ば付けてな、メ・フィーユ。
アヂュー!」


「mes fille」=フランス語「my girl」。「若い娘」への親愛の情を込めた呼びかけ。
「adieu」=フランス語「good bye」。
英語では「アデュー(əd(j)úː)」だが、フランス語では「アヂュー(adjø)」と発音する。



…となって、夜が明けます。
どうやらマヤとミーナの姉妹は「仇討ちの旅に出る」ため、
今夜を最後に「町を出発する」決意のようですね。


それなら「アンコール」に応えてやればよかったのに…^^;



さて、それでは次回、翌朝になったところから再開したいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告