広告

Ace Attorney Justice For All(逆転裁判II)北米版プレイ日記(40)

逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart1




前回事件現場となった「Channeling Chamber(交霊の間)」にて、

目下事件の捜査中である「Detective Gumshoe(ガムシュー刑事)」と話をしました。

その結果、彼から訊き出せた情報としては、

どうやら被害者の「Dr. Turner Grey(外科医ターナー・グレイ)」は、

「ナイフで刺された後に銃殺された」ということだったみたいですね。

そして、無論「事件の重要参考人(容疑者)」となっているであろう「Maya Fey(マヤ・フェイ)」はここにはおらず、

現時点では当然「彼女と話をすることは出来ない」わけなのですが…




というわけで、これ以上ここに居ても仕方ありませんので場所を移動したいと思います。

と言っても、前回は「Side Room」「Winding Way」から来たわけですし、

相変わらず「Meditation Room(瞑想の間)」には誰もおりませんので、

必然的に行ける場所は限られています。

…というか、現時点では「たった一つ」しかありませんので(笑)

早速そちらへ移動しましょう。




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart11


June 19
Kurain Village


6月19日
クレイン・ヴィレッジ



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart2


逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart3


Phoenix

(She's probably scared out of her wits
after having a murder take place right near her.)


フェニックス

(さすがのロッタさんも元気がないみたいだな、
まあ、あんな事件が間近で起こった後じゃ、それも仕方ないか。)




「scare out of ~(脅かせて~を辞めさせる、怖がらせて~を中止させる)」


「wits(正気、健全な精神)」=通例複数形で。


「She's probably scared out of her wits after having a murder take place right near her.」

=直訳「彼女の間近で殺人事件が起こった後だから、彼女も普段の精神を保てないほど怖がっているのだろう。」




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart4


Phoenix

「Lotta?」


フェニックス

「ロッタさん?大丈夫ですか?」



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart5


Lotta

「GAWDDON'TLETITBEMENEXT!」


ロッタ

ぬわぁぁぁぁ堪忍してぇやウチは殺されとうない!




「gawd」=「Euphemistic form of God.(神の婉曲的表現。)」




上記のセリフ「GAWDDON'TLETITBEMENEXT!」は、

おそらく「フェニックスにいきなり声を掛けられてビックリした」事の表現なんでしょうね。(笑)

また、「かなり早口でまくしたてた」ということでもあったのでしょう、

通常の英文においてみられる「単語間の空白(スペース)」無くなってしまっています。(笑)

これを通常の英文に直すと「Gawd! Don't let it be me next!」となり、

訳は「オーマイガー!次の犠牲者は私にさせないで!」といった感じになります。(笑)


いや…さすがにそこまでビックリせんでも…




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart6


Phoenix

「Eek! Don't scare me like that!」


フェニックス

「ひぃぃっ!ちょっと!脅かさないでくださいよ!」




…ロッタのあまりの驚き具合に、今度は逆に「フェニックスが」驚かされてしまったみたいですね。^^;


二人して、一体何してんだよ、あんたら…




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart7


Lotta

「What do ya mean!?
Yer the one scaring me!」


ロッタ

「自分、なに言うてんねん!?
最初に脅かしてきたんはそっちやろ!」


Lotta

「If I were'nt so tough,
you'd have another dead body on yer hands -- mine!」


ロッタ

「もしウチの心臓がこんなタフやなかったらなぁ、
あんた、その手でもう一人犠牲者増やすことになってしもとったんやで--ウチというの名の犠牲者をな!」




相変わらず大袈裟なロッタですが(笑)

まあこの話題はこれ以上続けても「ただの水掛け論」にしかならなそうですので、

ここは別の話題を彼女に振ってみたいと思います。




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart8




上の二つは「以前(プレイ日記(36))既に訊いた内容ですので、「チェックマーク(レ点)」が付いていますね。

今回は一番下新たな話題について尋ねてみます。




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart9


Phoenix

「Did you see or notice anything that stuck out at you?」


フェニックス

「ところで、何か特別気付いた点とか、気になったところとかはありませんでしたか?」




「stick out(突き出る、目立つ)」




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart10


Lotta

「Nah...
Well, maybe one thing...」


ロッタ

「いやぁ、特には…
って、いや、そう言や一個だけ、あるにはあったなぁ…」


Phoenix

「What is it!?」


フェニックス

「え!?ほんとですか!?」



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart11


Lotta

「Turns out my poor stomach's not good at handlin' this kind of thing.」


ロッタ

「正直気分が悪すぎて、なんも出来んかったっちゅうんが本音なんやけどな。」




「turn out」=上記ではおそらく「It turns out that ~」の略で「結局~というこになる。」の意


「poor stomach」=直訳では「貧弱な腹、胃」という意味だが、

ここでは転じて「(胃に来るほど)気分が弱った、悪くなった」の意であろう。




Phoenix

「Huh-what?」


フェニックス

「え、それってどういう?」



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart12


Lotta

「Curses and ghosts and stuff comin' back to get ya...
This is just too much, I say.」


ロッタ

「要するに、や。呪いやらお化けやら、そんなもんがようさんやって来るって、考えてもみぃな…
こりゃあウチの手に負えるシロモンやないで、って思てしもたっちゅうことや。」


Phoenix

「What is too much?」


フェニックス

「手に負えない?」



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart13


Lotta

「Being an occult photographer.」


ロッタ

「ホレ、前にも言うたやんか。オカルト専門カメラマンになるって。
でもな、今回の件で身に染みて解かったわ、そんなんウチには無理なハナシや、ってな。」




…確かに以前そんなことを言っていましたね。(詳しくはこちら。)

その時は「Paranormal Photographer(超常現象専門カメラマン)」とか言っていたように思いましたが、

まあ意味合いは大体同じですね。(笑)


ともかく、今回ロッタは「実際に体験してしまった超常現象」を目の当たりにして、

「これはさすがに手に負えない(too much)!」「オカルト(超常現象)カメラマンは諦めよう!」と、

早々に諦めてしまった模様です。^^;


さすがは「Lotta Hart(A Lot of Heart)」。

手の平返しが物凄いですね。(笑)


…ま、でも、あんな経験をしてしまった後では、

さすがに誰しもそう思うのが普通でしょうけどね…




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart14


Lotta

「That's some scary stuff,
so I think I'm gonna try being a celebrity photographer, now.」


ロッタ

「もうこんなコワイ思いはコリゴリや、
ちゅうわけで、今度はパパラッチでも目指してみよかな。」




いくら何でもそれは手の平グルングルンし過ぎでしょ!^^;


どんな仕事にだって、必ずそれなりに大変なこと苦労付き物ですし、

ましてや「一流」とか「それで飯を食っていく」となれば、

並大抵の努力では成功することは出来ません。

にも拘らず「もういいや、やっぱやめーた。今度はこっちをやってみよう。」なんて感じで、

簡単にコロコロ心変わりしているようじゃ、

結局「何をやっても行きつくところは一緒」の「中途半端」に終わってしまうような気がするんですケドも…^^;


ちなみに「celebrity photographer」とは、直訳すると「有名人や著名人専門カメラマン」という意味で、

早い話が「パパラッチ」ということですね。




「パパラッチ(イタリア語: 複数:paparazzi、単数:paparazzo)」は、セレブリティ等をつけまわし、

彼らのプライベート写真などを撮影するカメラマン一般をさす俗称である。

パパラッチは独立契約者である傾向にあり、主流メディア組織との関わりを持たない。

Wikipediaより~




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart15


Phoenix

「Going after photos more within your reach from now on?
More glamour, less gore?」


フェニックス

「要するに、今度は自分の手に負える範囲内で追っかけられるジャンルの写真を撮ろうってことですか?
それなら確かに血生臭さとは無縁そうだし、華やかな世界も垣間見ることが出来そうですね。」




「glamour((幻惑的・神秘的な)魅力、(女性の)魅惑、魅力)」


「Going after photos more within your reach from now on?

More glamour, less gore?」

=直訳「今から、よりあなたの手の届く範囲内で写真を追っかけようってことですか?

血生臭くなく、より魅惑的(な世界)を求めて?」




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart2


逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart17


Phoenix

「What's up?」


フェニックス

「って、また考え込んじゃったりして、今度はどうしたんです?」



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart18


Lotta

「Oh, yeah!」


ロッタ

「せやがな!たった今思い出したわ!」


Phoenix

「Wh-what is it?」


フェニックス

「こ、今度は一体なんなんです?」




相変わらず忙しい女だな…^^;




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart19


Lotta

「I took some hot pictures earlier!」


ロッタ

「せやわ!そういやウチ、事件直後の現場写真を撮ってたんやんか!」


Pheonix

「Huh?」


フェニックス

「え?」



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart20


Lotta

「Remember!?
I took some pictures at the murder scene inside!」


ロッタ

「憶えとらん!?
部屋に踏み込んだ時、実は現場の写真を何枚か撮ってたんやで!」




…そういえば確かに現場に踏み込んだ直後

2回ほど「カシャカシャ(klik)」「シャッター音」が響いていましたね…(その詳細はこちら。)




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart21


Phoenix

(Ack! She did! Two even!)


フェニックス

(ウッ!確かに!思い出したぞ!それも2回も撮っていたような!)



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart22


Lotta

「"The Séance Murder"...
I sure like the ring of that.
It'll be a sensational story!」


ロッタ

「”交霊の儀で起こった、摩訶不思議な殺人事件”…
これはええ見出しになんで。
まさにセンセーショナルや!」




「séance(交霊術の会)」=フランス語「座ること」が語源。


「ring of ~((話・文章など)~の響き、調子、感じ)」


「sensational(世間をあっと言わせるような、扇情的な)」




Phoenix

「L-Lotta!」


フェニックス

「ロ、ロッタさん!」




こ、これは…嫌な予感しかしねぇ…




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart23


Lotta

「Sorry, but my journalistic sense is burnin' inside me!」


ロッタ

「悪いんやけどなニィちゃん、今まさに、ウチのジャーナリスト魂に火ぃ付いてもうたんや!」


Lotta

「Hate to cut and run,
but I'm headin' back in!」


ロッタ

「話しの途中で腰折るみたいで申し訳ないねんけど、
こんなとこでグズグズしとるヒマァあらへんねん!ちゅうわけで善は急げや!ほなさいなら!」




「cut and run(大慌てで逃げ出す)」=「やめて(切り上げて=cut)」+「走り出す(逃げ出す=run)」の意。




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart24


Lotta

「Gotta beat those cops to the scoop of the century!」


ロッタ

「この世紀の大スクープ、警察の方々の眼前に叩っつけたんでぇ!」



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart25


Lotta

「UWAAAAAAAAAAAAAAAHAHAHA
HAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA」


ロッタ

うわははははははははははははははははは
はははははははははははは



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart26


Lotta

「HAHAHAHAHAHAHAHAHAhaha
hahahahahahahahaha...
...」


ロッタ

ははははははははははは
ははははははははは…
…」



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart27


Phoenix

(I don't know who's scarier...
Lotta or the spirits...)


フェニックス

(死者の魂とロッタ・ハート…
どっちが本当にコワイのか、わかったもんじゃないな…)


Phoenix

(And why does it feel like we've been through this before...?)


フェニックス

(それに、これと全く同じようなことが、なんか前にもあったような気がするんだけど、気のせいか…?)




いいえ、確かにありました。あなたの記憶は正しいですよ、フェニックス。


前作の「Episode 4」において、

「軽々しく、浮ついた気持ちで殺人事件の証人となり、審理中マヤに諭され深く反省し、

”次に殺人事件の目撃者になったら、今回の反省を大いに活かす!” と息巻いていた」はずだったんですが…^^;

最早そんな気持ちは「どこ吹く風」「喉元過ぎれば熱さを忘れる」といった具合で、

そんな以前の「反省」なんて、もはやすっかり忘れ去ってしまったみたいですね。

まさに「絵に描いたようなミーハー女の典型例」と言えるでしょう。(笑)


さすがは「Lotta Hart(A Lot of Heart)」。

手の平返しが…


って、これはもうさっきも言ったか。(笑)


ともかく、これで終わる「Lotta Hart」ではないはず。

きっと、また「何かしでかす」に違いありません!^^;

ですが、高笑いの末、どこかへ走り去って行ってしまいましたので、

これ以上ここに居ても仕方ありません。

とりあえず「心変わり激しい南部訛り」のことはほっといて、

次は、また「Meditation Room」に戻ってみたいと思います。




逆転裁判2 北米英語版 When after an incident occurred24


June 19
Fey Manor
Meditation Room


6月19日
フェイの屋敷
瞑想の間



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart28


Morgan

「Oh, dear madam... You have such impeccable timing.」


モーガン

「これはこれは、麗しのお嬢様…とても良いタイミングで御快復なされたみたいですね。」




「impeccable(申し分のない、欠点の無い)」




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart29


Ini

「Like, what's all the buzz?」


イニ

「どうしたんですかぁ、何かあったみたいにぃ、やけに騒々しいですねぇ?」




「buzz(ガヤガヤ言う、騒々しくざわつく)」=元は「蜂などの羽音、ブンブンという擬音」の意。

転じて「蜂が飛び回っているかのように騒々しい」として用いられるようになった。




…えーと。

確か以前フェニックスから、

「殺人事件が起こった事」を聞いていたはずなんですが…^^;

もうお忘れになられてしまったんですか?Dear Madam?(詳細はこちら。)




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart30


Gumshoe

「Ahem. Alright everyone, listen up!
You too, pal!」


ガムシュー

「おほん。みんな揃ったな、それでは各自よく聞くように!
あんたもだぞ!」




説明不要かと思いますが、最後のガムシューのセリフ「フェニックスに向けて」発せられたものですね。

フェニックス視点で進む「一人称視点」の探偵パートでは、

画面上にフェニックス自身が登場していませんので、これはちょっと分かりづらいかもしれません。


また「Morgan(モーガン)」「Ini(イニ)」に言ったセリフも、

「これから事情聴取が始まるようなので、絶好のタイミングで現れた」ということ、

すなわち「ゴマアレルギーのために控えの間で休んでいたイニを、

起こしに行く(呼びに行く)手間が省けてちょうど良かった」というようなことを言っていたわけですね。

というわけで、そのニュアンスを汲み、日本語訳では多少意訳しました。


…ていうか、「Lotta Hart」が見当たらないようなんですケド、それは…




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart31


Gumshoe

「I'm going to give you all a brief update!」


ガムシュー

「これからしばらくの間、各々に事情聴取をする。」




「brief(しばらくの間、短時間の)」


「update(更新、最新の情報)」=ここでは「事件に関する情報を最新のものとするため聴取する」の意。




Gumshoe

「Right now, it looks like the investigation's not going to be done until real late...」


ガムシュー

「今から始めれば、おそらくそれほど時間は取らせないと思うが…」




「Right now, it looks like the investigation's not going to be done until real late.」

=直訳「たった今から始めれば、この調査が終わるまでに本当に遅くまでは掛からないと思う。」




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart32


Morgan

「That is a terrible shame.」


モーガン

「おや、そうですか、それは非常に残念でございますね。」



逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart33


Morgan

「I propose that everyone sleep here
under the roof of the Fey Manor tonight.」


モーガン

「いずれにせよ、この後ご帰宅なされるのも大変でしょう。
ですから今夜は、各々このフェイのお屋敷にお泊り頂き、
どうか皆々様には何不自由なく、ごゆっくりとお寛(くつろ)ぎ頂けますよう、取り計らい致します。」




逆転裁判2 北米英語版 A Lotta Heart34


Phoenix

(What a mess.
I can't believe how crazy this day turned out...)


フェニックス

(なんてこった…
まさか、こんなとんでもないことになってしまうなんて…)


Phoenix

(Maya was arrested and taken away by the police.)


フェニックス

(マヤは逮捕され、おそらく今は拘置所に拘留されているんだろう。)


Phoenix

(And I don't see myself getting any sleep tonight...)


フェニックス

(今夜は眠れそうにないな…)




というわけで、上記の通り、これから「事件の関係者」に対して「警察の事情聴取」が行われるみたいですね。

その場面はゲーム中ではカットされますが、

やはり既にマヤは「逮捕、拘留」されているみたいですので、

警察としては「彼女(マヤ)こそが ”容疑者(真犯人)” で決まり」といった扱いになっているものと思われます…


故にフェニックスたちに成されるのは、事情聴取といっても、

「事件当時どこにいたか」「誰と何をしていたか」などのアリバイ調査もそうなのでしょうが、

それよりも、どちらかというと「マヤの犯行を裏付けるための証言」のほうこそを重要視しているのかもしれません…

そういう意味では、ガムシュー刑事の言った通り、それぞれの事情聴取にそれほどの時間は掛からないでしょう。


ですが「事情聴取が終わり次第、終わった者から一人一人そのまま帰ってよし」とはならないのでしょうし、

モーガンの言う通り、今夜は全員が「Fey Manor」に泊まることになるのでしょうね。


しかし…「マヤが殺人事件に巻き込まれ、しかも容疑者として逮捕されてしまった」とあっては、

「フェニックスにとって」はとても「長い夜」になりそうです……


というわけで、ここで場面転換となります。

次回はこの続きからお送りしていきたいと思います。


ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告