DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(90)

では、前回の続きです。
女性たちが退室し、ロドリゴ氏と打ち合わせを行います。



Rodrigo Briscoletti
「So it's time for the big event at last!」

ロドリゴ・ブリスコレッティ
「では、いよいよビッグ・イベントだな!」

Rodrigo Briscoletti
「I heard of a real maestro item dealer
who trades out of a cave in a spa town up in the mountains near here.」

ロドリゴ・ブリスコレッティ
「この近くの山奥の温泉街の洞窟で、道具の売買をしている真のマエストロがいる、と聞いた。」


「dealer(売り手)」
「trade(取引)」
「spa(温泉)」


Rodrigo Briscoletti
「I've already ordered the wedding veil from him.
No expense spared!」

ロドリゴ・ブリスコレッティ
「私はすでに、彼にウェディング・ヴェールを発注しておいた。
代金の心配はいらんぞ!」


「veil(被り物)」


Rodrigo Briscoletti
「I'd like you to go and fetch it for your bride, Hero.
By the time you return, the preparations will be done, and we'll be ready for action!」

ロドリゴ・ブリスコレッティ
「君の花嫁のために、それを受け取ってきてほしいのだ、ヒーロー。
君が戻ってくる頃には、準備も終わって、式ができるようになっているだろう!」


「fetch(とってくる)」
「by the time ~(~頃には)」


Rodrigo Briscoletti
「What? Am I going to arrange the ceremony for you even though you chose Bianca?」

ロドリゴ・ブリスコレッティ
「何?ビアンカを選んだのに、結婚式を執り行うつもりなのか、だって?」

Rodrigo Briscoletti
「As sure as pasta's pasta, I am!
Like I said, I like you!」

ロドリゴ・ブリスコレッティ
「パスタはパスタなのと同じだ!
以前言ったように、私は君が気に入ったのだよ!」


ここの、「pasta's pasta」もよくわかりませんでした。
何かのことわざでしょうか?


Rodrigo Briscoletti
「Don't worry about Nera.
She won't be short of offers!」

ロドリゴ・ブリスコレッティ
「ネラのことは心配いらん。
彼女は(結婚の)申し入れには不足しておらんからな!」


「offer(オファー、申し入れ)」


Rodrigo Briscoletti
「I'd save the worry for yourself if I were you.
In case you suddenly realise what a terrible mistake you've made!
Ha ha ha ha hah!」

ロドリゴ・ブリスコレッティ
「私が君なら、自分の心配をするね。
こういう、突然実現が決まったようなケースでは、
(結婚式中に)何か目も当てられないような失敗をしてしまうもんだぞ!
はっはっはっはっは!」




なんだか上機嫌ですね(笑)

ロドリゴ氏には娘さんしかいないので、ヒーローのことを息子みたいに思っているのかもしれません。
ネラかデボラと結婚していれば、本当の「義理の息子(son-in-law)」になっていたので、
彼にとって、そこは少し残念なのかもしれませんが…。


上記セリフ内にもあるとおり、ストッケンバレル村にウェディング・ヴェールを取りに行くのが
ヒーローに課せられた仕事です。


しかし、それを行う前に、今まで散々スルーしてきた
花嫁候補になった女性たちの解説をしたいと思います。





Bianca

北米版「Bianca Whitaker」
日本版「ビアンカ」

日本版の名前の由来は、製作者堀井雄二氏がビールを飲んでいた時に
「Beer(ビア)」から着想を得て、ビアンカと命名したらしいです。




Nera

北米版「Nera Briscoletti」
日本版「フローラ」

日本版の名前の由来は、上記ビアンカ命名後、結婚相手の対抗馬として
「旦那が家に帰ってきて開口一番「ビール」と言うのに対して、「風呂」とも言うかもしれない。」
ということから、「風呂」で「フローラ」にしたらしいです。




Debora

北米版「Debora Briscoletti」
日本版「デボラ」

DS版初登場のキャラ。当然SFC版、PS2版にはいませんでした。
名前の由来はわかりませんが、私の推測では、
「ズボラ」が語源かな?と思っています^^;


こうしてみると、フローラだけ改名されていますね。

「Bianca」「Flora」「Debora」は、どれも欧米では割りとポピュラーな女性名です。

そのまま「Flora(フローラ)」でも良かったのでは?と思いますが、
ある海外の考察では、「Bianca」とはイタリア語で「白」という意味で、
イタリア語で「黒」を意味する「Nera」に改名する事で2人を対比させたのではないか、
というものがありました。
真偽はわかりません^^;

じゃあ「Debora」はなんなのよ、ということで調べてみると、ヘブライ語で「ミツバチ」らしいです。
ちなみに「Flora」はラテン語で「花」、植物学では「植物相」という意味らしいです。

ツンツンしていて、他人を寄せ付けない「Debora(ミツバチ)」と
おしとやかで可憐な「Flora(花)」という名前の2人の姉妹。

おお、綺麗!
なんか、こちらのほうがしっくり来る気がするんですけど^^;

とはいえ、現実に「フローラ」は「Nera」に改名されているので、しかたありません。


もしかしたら、日本版「デボラ」は「ズボラ」が語源ではなく、
こちらの「花」に対する「ミツバチ」の意味なのかもしれませんね。
あるいはその両方かな?



余談ですが、SFC版ドラクエ5製作時、堀井雄二氏は
「プレイヤーに本気で悩んでほしかった。」という意図の元、
この結婚イベントを考えた、ということです。

しかし一方で、
「ほとんどのプレイヤーはビアンカを選ぶように作った。」とも言っています。

確かにご多分に漏れず、私もSFC版をプレイしていた当時、
ビアンカしか選んだことがありません^^;

このDS版では、フローラ(Nera)やデボラと幼少時に出会うイベントが追加されていますが、
SFC版にはそれがなく、フローラはサラボナ(Mostroferrato)を訪れた時が初見であるのに対し、
ビアンカは幼少時一緒に冒険した仲であり、分かれた後は、どちらもそれなりにつらい時代をすごしていて、
共感性が高いキャラとして演出されています。

また、フローラは主人公と結婚しなくてもアンディ(Crispin)がいるのに対し、
ビアンカにはそういう人物はいない(=選ばないと不幸になりそう)ということ、
結婚前夜に、「ビアンカは眠れないでいるが、フローラはすやすや寝ている」という
細かい部分にまで、プレイヤーがビアンカを選ぶような心理的な細工が施されています。

ただ、DS版では、デボラがいるので、
フローラ(Nera)の扱いはSFC版と変わりありませんが、
デボラは明らかに選ばないとこの先不幸になりそう^^;なキャラなので、
「ビアンカを選んでも、デボラを選んでも、‘全員幸せ’というわけにはいかない」という
新たなジレンマが起こってしまうわけですが…^^;

まあ、別の見方をすれば、ビアンカ、フローラ(Nera)、デボラはそれぞれ微妙にステータスや
覚える魔法が異なるので、そういったストーリーではなく、
単純にパーティキャラとしての性能で選ぶ、というやり方もあります。


更なる余談ですが、このプレイ日記を書く前に、
私はこの北米版DQVを1回通しでプレイし、クリアしています。
その時嫁に選んだのは「Debora」でした(笑)

DS版初プレイなので、当然デボラは初見だったし、
ビアンカ、ネラが魔法使いタイプ(攻撃魔法を覚えるが、物理攻撃力、防御力が低い)のに対し、
デボラは物理攻撃タイプだったからです(攻撃、補助魔法も覚えますが、数が少ない)。
それに、彼女を選んだ後のストーリーにも興味がありました。

そのデータはまだ残してあるので、この日記が完走したら少し紹介したいと思います。


ま、私のポリシーとして、
選ばなくても不幸にならない「Nera」は絶対選ばない!というのがありますし(笑)
おそらくは「Bianca」が正当なヒロインであろう、ということから、
このプレイ日記では彼女を妻にしたわけです(笑)



さて、では次回はゲームに戻ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: