Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(8)

前回の続きです。

サーウィットの証言に対して、食い違っている証拠品を突きつけます。




EP1法廷47


Sahwit

I remember the time exactly: It was 1:00 PM.


サーウィット

その時間は、確かに午後1時だ、と記憶しております。




この証言に対して…




EP1法廷48


Cindy's Autopsy Report(シンディの検死報告書)

Type:Reports(タイプ:報告書)

Received from Mia Fey(ミア・フェイより受け取った)

「Time of death: 7/31, 4PM-5PM Cause of death: loss of blood due to blunt trauma.

(死亡時刻:7月31日。午後4時~5時、死因:鈍的外傷に因る失血死)」




「autopsy(解剖、検死)」


「due(原因)」


「trauma(外傷)」=日本語では「心的外傷」の代名詞になっているが、「trauma(トラウマ)」そのものは「外傷」の意。




こちらの証拠品と矛盾しています。




EP1法廷49


Phoenix

「You found the body at 1:00 PM. You're sure?」


フェニックス

「あなたが遺体を発見したのは午後1時。間違いありませんか?」



EP1法廷50


Sahwit

「Yes. It was 1:00 PM, for certain.」


サーウィット

「はい。午後1時です、確かに。」


Phoenix

「Frankly, I find that hard to believe!」


フェニックス

「率直に言いますけど、にわかには信じがたいですね!」




「frankly(率直に、端的に)」




EP1法廷51


Phoenix

「Your statement directly contradicts the autopsy report.」


フェニックス

「あなたの供述は、この検死報告書と思いっきり食い違っています。」




「directly(直接的に)」




Phoenix

「The autopsy notes the time of death at sometime after 4PM.」


フェニックス

「この検死報告書には、死亡時刻は午後4時より後、と書かれています。」


Phoenix

「There was nobody to... er... no ”body” to find at 1:00PM!」


フェニックス

「誰にも…あー…”遺体”を午後1時に発見することはできません!」




上記セリフでは、「nobody(ノーバディ=誰も)」と「no body(ノー バディ=死体はなかった)」が出てきています。
図らずもダジャレみたいになってしまっているので、フェニックスはちょっと言いよどんでしまったわけです(笑)
当然ですが、日本語訳のほうでは、ダジャレ要素は消えてしまっていますね。(笑)




EP1法廷52


Phoenix

「How do you explain this three-hour gap?」


フェニックス

「この3時間のギャップを、どう説明するのですか?」



EP1法廷53


Sahwit

「!!!」


サーウィット

「!!!」


Sahwit

「Oh, that! Oh, er...」


サーウィット

「ああっ、なんと!あー、えーと…」



EP1法廷54


Objection!


異議あり!




ここで、妙に甲高い声のオブジェクションが飛んできます。(笑)
これはペイン検事の異議申し立てです。




EP1法廷55


Payne

「This is trivial! The witness merely forgot the time!」


ペイン

「それは些細なことです!ただ単に、証人が正しい時間を忘れてしまっていたに過ぎない!」




「trivial(ささいな、くだらない)」


「merely(単に、ただ)」




EP1法廷56


Judge

「After his testimony, I find that hard to believe.」


裁判官

「彼の証言の後では、私はにわかには信じられませんな。」


Judge

「Mr. Sahwit...
Why were you so certain that you found the body at 1:00 PM?」


裁判官

「サーウィットさん…
何故あなたは、死体を発見した時刻は確かに午後1時であったと、確証を持っていたのですかな」


Sahwit

「I... er... well, I...
Gee, that's a really good question!」


サーウィット

「私は…えー…えーと、私は…
いやー、これはこれは、とても良い質問ですな!」




「Gee(おや、これは、まあ)」驚きを表すアメリカ口語表現。




EP1法廷57


Mia

「Great job, Wright! Way to put him on the spot!」


ミア

「よくやったわ、ライト!彼を窮地に立たせたわよ!」




「put on the spot(窮地におとしいれる)」




Mia

「That's all you have to do: point out contradictions!」


ミア

「あなたがやらなければいけないことは、矛盾を指摘することなのよ!」




「point out(指摘する)」




Mia

「Lies always beget more lies!」


ミア

「いつだって、嘘は、次のもっと多くの嘘をもたらすものよ!」




「beget(もたらす、きたす)」




Mia

「See through one, and their whole story falls apart!」


ミア

「それをさらに看破していけば、証言の全てが崩壊していくわ!」




「see through(見透かす、看破する)」


「fall apart(崩壊する、崩れ去る)」




EP1法廷58


Sahwit

「Wait! I remember now!」


サーウィット

「待ってください!たった今思い出しましたよ!」



EP1法廷59


Judge

「Would you care to give your testimony again?」


裁判官

「それでは、証言を再開してください、慎重にお願いしますよ?」




と言うわけで、サーウィットが、何故3時間の時間的ギャップが出てしまったのかに対する証言をすることになります。



続きは次回にまわすことにして、ペイン検事について説明の補足をします。


日本版逆転裁判の「亜内武文」の声を演じているのは、同ゲームのサウンド・SEを担当した「浜亘(はまさきこう)」氏。

北米版の「Winston Payne」を演じている方は、「David Crislip(デイビッド・クリスリップ)」さん、だそうです。




David Crislip is a Product Development Communication Manager for Capcom.
He provided the voice of prosecutor Winston Payne in the Ace Attorney video game series.

(デイビッド・クリスリップは、カプコンの製品開発コミュニケーションマネージャー。
彼は、ビデオゲームのエース・アトーニーシリーズに登場するウィンストン・ペイン検事の声として出演している。)

~The Ace Attorney Wikiより~




同サイトに掲載されている彼の顔写真からは、「気さくな性格のアメリカン」という印象を受けます。
口ひげを生やした、非常に男性的な、イケメンさんです。(笑)

しかし、ゲーム中のボイスは、めちゃくちゃ甲高い女性みたいな声です。(笑)
顔写真からは想像がつきませんが、おそらくは裏声を出して演じているのでしょう。(笑)

私はゲーム開発に詳しくありませんので、
「Product Development Communication Manager(プロダクト・デベロップメント・コミュニケーション・マネージャー)」
というのがどういう役職なのか良く知りません。
ですので、適当に訳しました。^^;


日本版もそうですが、北米版でも、登場キャラクターの声は社内のスタッフが担当しているんですね。




それでは次回に続きます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: