Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(27)

前回の続きです。


ある「有名な弁護士」の事務所を訪れたフェニックス。
マヤの弁護をしてくれるよう、マヤに代わって依頼します。




逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 1


Phoenix

(Hmm... seems like Mr. Grossberg is out.)


フェニックス

(ふーむ…グロスバーグ先生は外出中みたいだな。)


Phoenix

(Well, maybe I should just wait here for him to come back.)


フェニックス

(それじゃ、しばらくここで帰ってくるのを待たせてもらおうかな。)



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 2


???

「*Ah-HHHHEM!*」


???

「うぉっ、ほぉぉぉん!」


Phoenix

(If that wasn't the most over-the-top clearing of the throat I've ever heard!)


フェニックス

(この、今までに聞いたこともないほどの過剰な咳払いは!)




「over-the-top(限界を超えて、過度の、突飛な)」


「clearing of the throat(咳払い)」=直訳では「痰が絡んだ喉を綺麗にすること」。




逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 3


Grossberg

「Ah hah! So, you're the one they say has been looking for me?」


グロスバーグ

「ハハァ!そうか、私のことを捜しているとかいうのは君のことかね?」


Phoenix

「Uh... y-yes, that's me!
(He looks even... grander than I imagined!)


フェニックス

「う…え、ええ、そうです!
(僕が思っていたよりもずいぶん…偉そうな人だな!)




「grand(威厳のある、尊大な、堂々とした、もったいぶった)」




Grossberg

「Hmm...? That badge on your collar...?」


グロスバーグ

「ふむ…?君の襟に付いたそのバッジは…?」


Grossberg

「Ah, so you're a lawyer, are you now?」


グロスバーグ

「あぁ、それじゃ君も弁護士なのかね?」


Phoenix

「Y-yes, well... yes.」


フェニックス

「は、はい、まあ…そうです。」


Grossberg

「And what do you want?」


グロスバーグ

「それで、何の用かね?」



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 4


Grossberg

「I'm not particularly busy these days... Please, proceed!」


グロスバーグ

「最近は別段忙しくもないからな…まあ、続けたまえ!」




「particularly(別に、特に)」


「proceed(続ける、続行する)」


「Please, proceed!」=「ゆっくりしていきたまえ!」というような意味に相当。




Phoenix

(Not busy...? Then how come no one could get in touch with you?)


フェニックス

(忙しくない…?なら何故誰も取り次いでくれなかったんだ?)




「How come...(何故、どうして)」口語表現。=「How did it come that…」の短縮形。


「get in touch(連絡を取る)」




上記セリフは、目撃者「April May」に会う以前にこの事務所を訪れた時の、
事務所が無人で、グロスバーグと連絡を取ってくれる受付や秘書みたいな人すらいなかったこと、を言っています。

この日記ではそれをすっ飛ばしてしまいましたが。^^;




Grossberg

「Hmm? Something the matter?」


グロスバーグ

「ん?どうかしたかね?」


Grossberg

「You came to see the one-and-only Marvin Grossberg, did you not?」


グロスバーグ

「君は、他の誰でもないこのマーヴィン・グロスバーグに会いに来たのではないのかね?」




「one-and-only(他の誰でもない、唯一無二の人)」=「only」の強調形。




Grossberg

「Well, here I am, boy!
What do you want? Out with it!」


グロスバーグ

「そして今まさに、私はここにいるのだぞ、ボーイ!
何が望みだね?言ってみたまえ!」




「Out with it!(言ってみろ、話せ!)」口語表現。




…この、見た目に相応しくかなり堂々としたベテラン弁護士
「Marvin Grossberg(マービン・グロスバーグ)」先生。




日本版での名前は「星影宇宙ノ介(ほしかげそらのすけ)」。
名前の由来は「島田荘司(しまだそうじ)」および「鮎川哲也(あゆかわてつや)」の小説。
二人称の「チミ(きみ)」が特徴。
茶色のスーツの上からでもわかるほど恰幅が良く、形の良い鼻髭を蓄え、
所長室のインテリアはマホガニーなどの高級志向という、いかにも「先生」という言葉が似合う人物。
若い人間を見るとよく「青春の日々はぁ・・・・青いレモンのカオリぃ・・・・」とつぶやく。

~Wikipediaより~




一方の「Marvin Grossberg」については…




His surname, "Grossberg", originates from the German words "groß" (large) and "berg" (mountain),
while his first name, "Marvin", originates from "marvelous".
Thus, his name roughly means "marvelous big mountain".

(彼の姓、”グロスバーグ”とは、ドイツ語の”グロース”(大きい)と”ベルク”(山)に由来し、
さらに彼の名、”マーヴィン”は、”マーヴェラス”(素晴らしい、気高い)に由来する。
したがって、彼の名前が意味するところは概ね”気高い大山”ということになる。)

~Ace Attorney Wikiより~




日本版では「宇宙」をイメージさせる名前でしたが、北米版では「山」になっているようですね。
どちらもなんだか「壮大な」感じがするところは共通ですが、「天」から「地」になっているのが面白いですね。

恰幅のいい老紳士という感じの見た目なので、
「大きな山」という名前の方が彼のイメージには合ってるのかな、と個人的には思います。


日本版で特徴的だった「チミ」や「青春の日々~」などの口癖、またはそれに変わるものは、
今のところ英文には現れていませんね。




逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 11


Phoenix

「Um... w-well, sir, actually, it's about Maya. Maya Fey.」


フェニックス

「えーと…そ、そうです、先生、実は、マヤ。マヤ・フェイのことなんですが。」



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 5


逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 6


Grossberg

「Ah... yes. Maya Fey.
Go on.」


グロスバーグ

「あぁ…そうか。マヤ・フェイのことか。
まさかとは思ったがな。」




「Go on.(まさか、うそ。)」=「信じがたい」事に対する口語表現。




Phoenix

(Hmm? Why the strange reaction?)


フェニックス

(ん?なんだこの変なリアクションは?)



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 7


Grossberg

「I'm really quite busy here, son.」


グロスバーグ

「今、私は本当に、非常に忙しくてな、若者よ。」


Grossberg

「I can't go taking cases on a day's notice!
No, it's quite impossible.」


グロスバーグ

私は現在、事件を受け持つことなど出来ない状況なのだよ!

明日開廷の審理を今日引き受けとる暇なども、全く無いような状況なのだよ!
いや、全くもって不可能だ。」




「on a day(当日、現在)」


「notice(通知、注意)」




Phoenix

「W-wait a second!
How did you know the trial was tomorrow!?」


フェニックス

「ち、ちょっと待ってくださいよ!
審理は明日だってこと、解かって言ってるんですか!?

なんでマヤ・フェイの審理が明日に迫ってるってこと、ご存じなんですか!?」




上記一連のセリフに関してですが、コメントでご指摘を頂き、私自身、再読してみて、

「うん。これ、誤訳だわ。」

と思いましたので、^^;

ここに訂正させていただきます。

詳しくはコメント欄を拝読頂けるとより分かるかと思いますが、

何故ここのセリフを私が校正しようと思うに至ったかについては、

「後々」ちゃんと説明できると思います。


ええ、勿論「ちゃんとした理由」があるんですよ!


というわけで、

コメントくださった800さん、ご指摘ありがとうございました。

この「シナリオに絡んだ誤訳」に気付くことが出来ましたので、大変感謝の気持ちを感じております。

本当にありがとうございました。m(_ _)m




Grossberg

「Urk? Ahem!」


グロスバーグ

「ウッ?うぉっほん!」


Grossberg

「A-anyway...
I'm afraid it's entirely impossible for me to represent her.
Sorry. End of discussion.」


グロスバーグ

「と、ともかく…
申し訳ないが、彼女の法廷代理人を引き受けることは、絶対に出来ん。
すまんな。話はもう終わりだ。」




「entirely(完全に、全く)」


「represent(代理する)」




Phoenix

(What's going on!? He refused me before I even got a chance to ask him!)


フェニックス

(どういうことだ!?頼む間も無く断られたぞ!)


Phoenix

(What do I tell Maya...?)


フェニックス

(マヤになんて言えばいいんだよ…?)




一も二もなく断られてしまったフェニックス。
ですが、彼に話を聞くことは出来るので、いくつか質問をしてみます。




逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所8


「Your refusal」


「依頼拒否」



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 9


Phoenix

「How can you just refuse like that!
Please, tell me why you won't take the case!」


フェニックス

「どうしてそんな風に断ることが出来るんです!
何故あなたが本件を受け持とうとしないのか、理由を教えてください、お願いします!」


Grossberg

「Hmm? Eh, ahem! Well, you see it's just... I'm busy, you see!」


グロスバーグ

「うむ?あー、うぉっほん!つまり、それはだな…私は忙しいのだよ!」


Phoenix

「But the client is Mia Fey's sister!」


フェニックス

「でも、依頼人はミア・フェイの妹なんですよ!」


Grossberg

「Hmm... ahem.」


グロスバーグ

「うむむ…うぉっほん。」



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 10


Phoenix

「Mia trusted you... She knew her sister would be in good hands.」


フェニックス

「ミアさんはあなたを信じていた…自分の妹に腕利きの弁護をしてもらえるようにと。」




「in good hands」=「Under the guidance of a capable being.(腕利きの才能ある指導の下に置かれる事。)」




Grossberg

「Yes, yes, of course I know that.」


グロスバーグ

「ああ、ああ、勿論そんなことは解かっている。」


Grossberg

「However!」


グロスバーグ

「しかしだな!」



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 12


Grossberg

「I'm sorry but, I must refuse.
Sorry. Good-bye.」


グロスバーグ

「本当に悪いとは思っているが、私は断るしかないんだ。
すまん。さらばだ。」


Phoenix

「Fine.」


フェニックス

「わかりました。」


Phoenix

「I don't have time to argue with you anyway.
I'll go look elsewhere.」


フェニックス

「これ以上あなたと口論している暇はありません。
他を当たります。」




「argue(論じる、言い争う、口論する)」




逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 13


Grossberg

「*grumble*... Think not.」


グロスバーグ

「ブツブツ…無駄だよ。」




「grumble(ぶつぶつ不平を言う、こぼす)」


「Think not.」=「I do not think that is a good idea.(それはいい考えではないと思う。)」

転じて、「そんなことをしても無意味だ。」という意味になる。




Phoenix

「Huh? Did you say something?」


フェニックス

「え?何か言いました?」


Grossberg

「I think not, I said.」


グロスバーグ

「無駄だ、と言ったんだ。」


Phoenix

「Wh-what do you mean?」


フェニックス

「ど、どういうことですか?」


Grossberg

「I'm terribly, terribly sorry.」


グロスバーグ

「本当に、非常に残念だが。」



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 14


Grossberg

「But I'm afraid that no lawyer worth their salt will take on this particular case.」


グロスバーグ

「特にこの件に関しては、どの弁護士も、請け負うだけの価値は無い、と判断するだろうな、申し訳ないが。」




「worth one's salt(給料分の働きはする、役に立つ)」=直訳では「塩と同じ価値がある」。

昔は給料の変わりに塩が支給されていたことに由来する。




Grossberg

「Terribly sorry, m'boy.」


グロスバーグ

「非常に残念だよ、マイ・ボーイ。」


Phoenix

「Why!?」


フェニックス

「何故なんですか!?」


Grossberg

「I... I cannot say.」


グロスバーグ

「わ…私の口からは言えん。」


Phoenix

(What's going on here!?)


フェニックス

(一体どういうことなんだ!?)



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 15


「Mia」


「ミアについて」



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 16


Phoenix

「How did you know Mia Fey...?」


フェニックス

「ミア・フェイとはどういう間柄だったんですか…?」


Grossberg

「She... worked here. A long time ago.」


グロスバーグ

「彼女は…ここで働いていたんだ。ずっと以前にな。」


Grossberg

「Quite the apprentice, that one.
Learned my techniques in the blink of an eye!」


グロスバーグ

「中々見所のある弟子だったよ、あの娘は。
まばたきする間も無く、あっという間に私の技術を学んでしまったのだ!」




「apprentice(弟子、見習い)」


「in the blink of an eye(瞬きする間も無く、あっという間に)」




Grossberg

「She left one day, quite suddenly...」


グロスバーグ

「ある日突然、彼女は去っていった…」



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 17


Grossberg

「She had a mission, you see.」


グロスバーグ

「彼女には使命があったんだよ。」


Phoenix

「A ”mission”?」


フェニックス

「”使命”?」


Grossberg

「She followed it with a burning passion.
Never looked back, that one.」


グロスバーグ

「情熱を燃やして、それを追っかけていたな。
あの娘は、一切脇目も振らず、な。」



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 18


「That painting」


「あの絵について」




グロスバーグ弁護士の背後に見える、壁にかかった大きな絵について、です。




逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 19


Phoenix

「That's... quite a painting.」


フェニックス

「あれは…中々の絵ですね。」


Grossberg

「Ahah! You noticed!」


グロスバーグ

「ハハァ!気付いたかね!」


Grossberg

「It's my pride and joy! Impressive, isn't it?
Well? ISN'T IT?」


グロスバーグ

「あれは私の誇りであり喜びなのだよ!非常に素晴らしい、と思わんかね?
どうだ?思わんかね?」



逆転裁判 北米版 クロスバーグ法律事務所 20


Grossberg

「The color of the sky!
The hue of the sea!
The weave of the straw hat!」


グロスバーグ

「あの空の色!
海の色彩!
麦藁帽子の織り目!」




「hue(色彩)」


「weave(織り目)」




Grossberg

「It's worth at least three million. I have no intention of parting with it, of course.
No, I won't sell it! Not even to you!」


グロスバーグ

「少なくとも300万の価値はあるだろうな。勿論、私はこれを手放す気は無いぞ。
いや、絶対売らん!たとえ君であろうとな!」




「intention(意図、思惑)」


「parting(別離、離れること)」




Phoenix

(I wasn't interested...)


フェニックス

(別にそこまで興味があったわけじゃないんだけどな…)


Grossberg

「It's not for sale!」


グロスバーグ

「売り物じゃないぞ!」


Phoenix

「I'm not buying!」


フェニックス

「買いませんよ!」




ご自慢の絵画についてだけは熱く語ってくれたグロスバーグ弁護士ですが、
その他のことについては非常に歯切れが悪く、具体的な情報もほとんど話してくれませんでした。


それに、「マヤの弁護」についても、頑なに断られてしまいましたね。



何か裏がありそうですが、ここではもう得られる情報は無いので、
次回は、マヤのいる留置所に戻ってみることにします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。逆転裁判を英語版で再プレイしていて訳を探してたどり着きました

2話の星影先生との会話では「いきなり明日と言われても無理じゃな、チミ」「なんで明日って知ってるんですか!?」という会話だったのですが、
Grossberg「I can't go taking cases on a day's notice!
No, it's quite impossible.」
の 〜day's notice は 〜日前告知という意味で似た分になるのかと思ったのですが、日本語版の先入観が強すぎでしょうか?
(Phoenixの返答もHow 〜なので、どうして知っているんですかというニュアンスで読んでいました)

教えて頂けると幸いです。

Re: タイトルなし

はじめまして、コメントありがとうございます。

ご指摘の点、おっしゃる通りだと思います。
直訳すると「事前通知された事件は(如何なる物でも)引き受けることは出来ない。(後文略)」となり、
フェニックスの返答も、直訳すれば「どうして審理が明日だと知ってたんですか?」となりますね。

…まあ、正直申し上げまして、これは私の翻訳ミスです。^^;
一応全体的に文脈は通っていると思いますので、意訳の範囲内と言い訳しても良いのですが、
この後の「シナリオの展開」を考えると、やっぱりこれは「ミステイク」でしたね。^^;
その詳細についてはここでは触れませんが、
ちょっと関連記事を校正、及び、その注釈を入れたいと思います。
ご指摘ありがとうございました。m(_ _)m

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: