DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(137)

前回フェアリーの女王、キャラメルに話を聞きました。

彼女曰く、ゼニシア城を浮上させる力を持ったオーブを、新たに作ることは出来ないとのこと。
一応、力を持たない偽物のオーブ「gold bauble(ゴールド・バブル)」を貰うことは出来ましたが…


今回はフェアリー・パレスの人々に話を聞いてみることにしましょう。


ドラクエ5 北米版 妖精城22

*:「We know! We know! Tee hee hee!
We know the legendary hero's already been born!」

*:「知ってる!知ってる!うふふ!
伝説の英雄がもう生まれたってことは知ってるわ!」

*:「May the Goddess send sweet, sugar-plum blessings down on Parry!」

*:「きっと女神様が、甘い飴玉みたいに甘美な祝福をパリーに授けてくれるでしょう!」


「sugar-plum(あめ玉)」=直訳では「砂糖梅」

上記「sweet」は、「sugar-plum」にかかって「甘い」という意味と、
「blessing」にかかって「愛に満ちた」という意味を同時に表しています。


ドラクエ5 北米版 妖精城23

Parry
「Lots of people talk about me being this special hero,
but I feel pretty normal really.」

パリー
「いろんな人が僕のことを特別な英雄って言ってくれるけど、
僕はほんとに(自分のことを)ただの男の子としか思わないんだけどなぁ。」


ドラクエ5 北米版 妖精城24

Madchen
「Parry's not really old enough to be a legend,
and yet that's what everyone calls him.」

マドチェン
「伝説の人なんていわれるほどの大人には、まだなってないのよ、パリーは、
それなのにみんなはパリーを頼りにするんだね。」


「Parry's not really old enough to be a legend.」
=直訳「パリーは、伝説となるには、まだ本当に充分な年齢に達していない。」




確かにパリーは「hero(英雄)」ではありますが、「legendary(伝説の)」なわけではありません。
「legendary hero」とは、具体的には「先代の英雄」のことを指しており、ただの「通称」みたいなものなのです。
ただし、「血筋」「能力」「役割」は「先代」も「パリー」も同様なので、
パリーのことも「legendary hero」と呼んでいるに過ぎません。

まあ、パリーにとってもマドチェンにとっても、
「伝説の英雄」だなんて言われたところで、いまいちピンとこないんでしょうね。

彼らにとってパリーは、「ただのやんちゃな少年」なのでしょうから。




ドラクエ5 北米版 妖精城25

*:「It's not a secret, so I suppose I can tell. Tee hee!
Bianca's the descendant of a Zenithian.」

*:「別に秘密でもなんでもないから、言っちゃってもいいと思うんだけど。うふ!
ビアンカはゼニシア人の子孫なのよ。」


ドラクエ5 北米版 妖精城27

Madchen
「I wonder when the descendants stopped having wings.
It seems a shame to have lost them. They're so pretty.」

マドチェン
「子孫の人たちは、いつ翼を持つことをやめちゃったんだろうね。
翼を無くしちゃうなんて残念だわ。とってもかわいいのに。」



翼を無くしちゃったのは意図的ではないと思いますけどね^^;

翼を持ったゼニシア人と、翼を持たない普通の人間との間に生まれたのが、前作の主人公の「伝説の英雄」でした。
彼は翼を持たず、見た目も普通の人間と変わりなかったので、おそらくゼニシア人の翼は遺伝しなかったのでしょう。

当然その子孫であるビアンカ、パリー、マドチェンにも翼が生えることはなかったのだと思います。
もし翼が生えた赤ちゃんが生まれたりしたら怖いと思うけど…^^;


ドラクエ5 北米版 妖精城28

Sancho
「Sí, sí. Señor Pankraz and you, friend, you both have a good eye. Sí, sí, sí.」

サンチョ
「シ、シ。セニョール・パンクラス様と坊ちゃんは、どちらも本当にお目が高いですな。シ、シ、シ。」



うるせぇよ!
ていうかサンチョ、最近キャラ変わってきてね?


確かにどちらも、「特別な女性」を妻に娶ったわけですけどね。

日本語訳では「シシシ」と笑っているみたいに見えますが^^;
「sí」は「yes」という意味のスペイン語なので、
実際の意味としては「うんうん。」と頷きながら話している、という感じです。




ドラクエ5 北米版 妖精城29

*:「The blood of the Loftinians runs through your veins, Hero.」

*:「ロフティ人の血は、あなたの身体にも流れているのよ、ヒーロー。」


「vein(静脈)」


*:「The legendary hero was born of your Loftinian and Bianca's Zenithian blood.」

*:「伝説の英雄は、あなたのロフティ人の血と、ビアンカのゼニシア人の血によって誕生したの。」

*:「All part of the Goddess's sweet recipe of life! Hee hee hee!」

*:「それもこれも、全ては女神様の甘美な生命のレシピの成せる業ね!ふふふ!」


「recipe(レシピ、調理法)」



ドラクエ5 北米版 妖精城30

Parry
「Then shouldn't that make Madchen a legendary hero too?
Oh, but she can't equip any of the special stuff...」

パリー
「それなら、マドチェンも伝説の英雄ってことになるんじゃないの?
あ、でもマドチェンは特別なものは何も装備できないね…」

Parry
「Still, having her along has certainly helped us do things we wouldn't have managed otherwise.」

パリー
「まあでも、マドチェンはマドチェンにしか出来ないことで僕らを助けてくれているけどね。」


「otherwise(その他の)」



ドラクエ5 北米版 妖精城31

Madchen
「If only I could have been a legendary hero too.
Then I could've shared half of the burden with Parry.」

マドチェン
「私も伝説の英雄だったらよかったのに。
だって、もしそうだったら、パリーの苦労を半分こに出来たんだもの。」


「burden(負担、苦労)」



マドチェンにも、不思議な力が備わっていることは確かですが、
パリーのように「Zenithian Equipment」を装備することは出来ないので、彼女は「伝説の英雄」ではないのでしょう。

前作のDRAGON QUEST IVでは、プレイヤーは男女どちらの性別も選ぶことが出来たので、
「伝説の英雄は男性しかなれない」というわけでもないと思いますが…

何故パリーだけが伝説の英雄として選ばれたのか。
それこそ女神のみぞ知る、というやつなのでしょう。

それにしても、別に天狗になるでもないパリーと、嫉妬したり羨んだりするでもないマドチェン。
どちらも出来た子供たちですね^^




さて、この部屋の北の方に、道をふさいでいる兵士がいます。
フェアリー・パレスには珍しく、男性のようです。


ドラクエ5 北米版 妖精城32

*:「You may pass.」

*:「どうぞお通りください。」



話しかけるとあっさり通してくれます。


ドラクエ5 北米版 妖精城33

Parry
「There aren't many boys about in this place, are there?
Don't you think they get a bit bored, all girls together?」

パリー
「ここってほとんど男の子がいないよね?
つまんなくならないのかなぁ、女の子たちだけで一緒にいてさ?」



この兵士がフェアリーなのか人間なのかはわかりませんが、確かにフェアリーはほとんどが女性ですね。

このフェアリー・パレスはさながら女子校みたいな雰囲気なのでしょうか?(笑)





さて、廊下の先には上り階段があります。

ドラクエ5 北米版 妖精城34


これが前回キャラメル女王が言っていた階段なのでしょう。

階段を登ると、廊下が二手に分かれています。
まずは右側の方へ行ってみます。

突き当りが部屋になっていて、中央には絵画が飾られています。
その絵の近くにいるフェアリーに話しかけてみます。

ドラクエ5 北米版 妖精城35

*:「This picture was painted to celebrate the birth of the legendary hero.」

*:「この絵は伝説の英雄の誕生を祝して描かれたのよ。」



絵を見ると、金髪の少年が描かれているようです。
一体どのタイミングで描き始められた物なのでしょうか?(笑)


ドラクエ5 北米版 妖精城36

Madchen
「The boy in that picture looks just like Parry!」

マドチェン
「この絵の男の子、パリーにそっくり!」


ドラクエ5 北米版 妖精城37

Parry
「Madchen's much better than me when it comes to painting.」

パリー
「僕なんかより、マドチェンを描いた方がもっと絵になるのに。」


ドラクエ5 北米版 妖精城38

Sancho
「I remember when you were born, My Majesty.
Sí, an artist, he came to draw your picture too.」

サンチョ
「あなたがお生まれになられた時のことを思い出しましたよ、陛下。
シ、これと同じように、とある絵描きがあなたの絵を描きに馳せ参じたものでした。」





続いて反対側の部屋へ行ってみます。

そこも、この部屋と同じような構造になっていて、絵の前にはフェアリーがいます。


ドラクエ5 北米版 妖精城39

*:「This is a special picture.
It shows what's in the heart of whoever looks at it.」

*:「これは特別な絵よ。
この絵を見た人は、誰しもがその心の中を見せられることになるわ。」

*:「You must bring the gold bauble that Queen Caramel made for you.
And it must be in your own hands, Hero.」

*:「キャラメル女王様があなたの為に作ってくれたゴールド・バブルを持ってきなさい。
あなた自身がそれを持たなきゃだめよ、ヒーロー。」



最後のセリフは、ゴールド・バブルを「Bag(ふくろ)」に入れていたために言われたセリフです。
どうやら、ちゃんとヒーローが所持していないといけないみたいです。

理由はいずれわかります。

このフェアリーによれば、この絵は「見た人の心の内を映し出す」みたいですね。


それでは次回、この絵の前に立ってみたいと思います。
一体何が起こるのでしょうか…?


勿論ゴールド・バブルを忘れずにね!(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: