DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(141)

前回ゼニシア城を浮上させたヒーローたち。

今回はゼニシア城内を歩いてみたいと思います。


ドラクエ5 北米版 ゼニシア城1
ドラクエ5 北米版 ゼニシア城2

Madchen
「It looks like things have dried out nicely.
The castle has a much happier feel to it now.」

マドチェン
「すっかりキレイに乾いたみたいだね。
お城の中が幸せで満ち溢れてる。」




梯子を上って玉座の間へ来ました。
外の風景も「空の中」と言った感じですね。

湖の底に沈んでいた時は所々水がたまっていて行く手をふさいでいましたが、
浮上して全ての水が捌けたことにより、城内の全ての場所が開放されました。




ドラクエ5 北米版 ゼニシア城3

Parry
「Can the castle still only fly low to the ground?
I want to see it float right up to the heavens!」

パリー
「このお城、まだ低い所までしか飛べないの?
お空の上まで高く浮かんでいるところを見てみたいなぁ!」




ゼニシア城はまだ本調子ではなく、本来の高さまでは浮上できていないようですね。

玉座の前にドクター・アゴンがいるので、彼に話しかけてみます。


ドラクエ5 北米版 ゼニシア城5

Dr Agon
「By the grace of the Goddess, many of my fellow Zenithians survived the flooding.」

ドクター・アゴン
「女神様の恩寵により、我が同胞、ゼニシア人たちの多くがあの洪水を生き延びることが出来たようです。」


「fellow(同胞、仲間)」
「flood(水の氾濫)」


Dr Agon
「You can't beat a bit of clock-stopping hibernation
to get you out of a drop of the old hot water!」

ドクター・アゴン
「時間が止まった冬眠の中では、困難が降りかかってそこから抜け出そうと思っても
ほんのちょっとの時を刻むことも出来ないのです。」


「beat(時を刻む、鼓動する)」
「hibernation(冬眠)」
「hot water(お湯)」=口語表現で「困難」。

上記セリフは、「一度時を止めて冬眠してしまうと、自分たちでは困難を打ち払うことは出来ない。」という内容で、
「ゼニシア人たちは、自分たちの力ではゼニシアを再浮上させることは出来なったのだ。」
ということを示唆しています。


Dr Agon
「I'm so happy to see my old friends,
I've counted way past seventh heaven...I'm on cloud nine!」

ドクター・アゴン
「我が古き友人たちに会えて、私はとても幸せです。
過ぎ去ってしまった最上の幸福を取り戻すにはどうしたらいいだろうかと思ってましたが…
私は今、最上の幸福の真っ只中にいるんです!」


「seventh heaven」=「cloud nine」=「最上の幸せ(very happy)」

「セブンス・ヘブン(Seventh Heaven, 7th Heaven=第7天)」=ユダヤ教などでの天国の最高位。
「クラウド・ナイン(Cloud nine, Cloud 9=9番目の雲)」=おそらくユダヤ、キリスト教由来。

どちらも、「非常に幸せ」「天にも昇るような気持ち」という意味で使われます。


上記セリフは、
「過去、ゼニシアは天高く浮かぶことが出来ていた(on seventh heaven)。
しかし現在では、雲の上までしか飛べていない(on cloud nine)。
でも、どちらも同じくらいとても幸せなことだ(very happy)。」
というニュアンスを含んでいます。
ゼニシア城の状態と引っ掛けてアゴン自身の気持ちを表現している、非常に凝ったセリフです。



ドラクエ5 北米版 ゼニシア城6

Parry
「Dr Agon must've stopped the clock too,
during all those years going round and round in the Diggery Pokery.
Otherwise he would've starved to death!」

パリー
「ドクター・アゴンは、長いことカートに乗ってグルグル回ってたあの時も、
インチキして時間を止めてたんだよ。
そうじゃなきゃ、お腹がすいて死んじゃってたはずだもん!」


「Diggery Pokery」=不明。
おそらく「Jiggery Pokery(ジガリー・ポーカリー=インチキ、イカサマ)」のことだと思われる。



なるほど!そうだったのか!
いやー、疑問が解けましたね(笑)

20年間も飲まず食わずでカートに乗っていたのに餓死していないなんて変だと思いましたが、
まさか時間を停止させていたとは!

ま、これはあくまでパリーの予想に過ぎないわけですが、しかしそう考えれば納得がいきますね。

でも、それをインチキって^^;
辛口ですね(笑)
やむを得なかった状況だったと思いますけど(笑)



ドラクエ5 北米版 ゼニシア城7

Sancho
「These people from Zenithia, they are estrong like the Goddess, no?」

サンチョ
「このゼニシアの人々は、女神様のような強い力を持っているんですかね?」


ドラクエ5 北米版 ゼニシア城8

Madchen
「So they stop the clock and go into hibernation?
I had no idea Zenithians could do such a thing!」

マドチェン
「それじゃ、みんな時間を止めて冬眠してたの?
ゼニシア人の人たちにそんなことが出来るだなんて思いもしなかったわ!」



確かに、自分たちの周りに流れる時間を停止させることが出来るなんて、凄い能力ですね。
SFに出てくる「コールドスリープ」のようなものなのでしょう。

でも良く考えてみれば、彼らは翼を持っているし、こんなに大きな城を空に飛ばしているわけですから、
そういった凄い能力を持っていたとしても不思議ではないのかもしれません。
少なくとも彼らは、地上の人間よりは「女神に近い」力を持った存在なのかもしれませんね。




さて、アゴンのセリフの通り、
城が浮上したことによって、城の中で冬眠していたゼニシア人たちは既に全員目覚めています。



それでは次回、寝起きの彼らとお話しをしてみることにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: